「会社説明会」で聞くべき質問・押さえておくべきマナー一覧

会社説明会ですべき質問内容の例

会社説明会における質問は、あなたの情報を増やす重要なものであると同時に、あなた自身の意識やポテンシャルをアピールする材料になることもあります。是非チェックしておきたい、質問内容の例を紹介していきましょう。

一日のスケジュール

仕事内容については、あらかじめ会社説明会内で教えてもらえることが多いでしょう。しかし、一日のうちどのように仕事が進行していくのか、どういった割り振りで仕事を進めていくのかは、質問しないと分からないことが多いです。仕事の配分は、スケジュール意識にも繋がるので、是非質問しておきましょう。

仕事をする心構え

日々業務をこなしていく上で、どのような心構えを持って仕事をしているのか、質問しておくことで、入社を意識した強いモチベーションをアピールすることも出来ます。説明会以降の選考プロセスにおいても、どういう心構えでいるべきなのかという参考にすることが出来ます。

入社前と入社後で変わったイメージ

説明会で質問に答えてくれる人が、どのようなイメージを持って入社したのか、実際に入社してからは、どのような変化があったのかを質問しておくことで、より具体的な志望動機を練り上げることが出来ます。イメージだけではなく、実際のワークスタイルを知っておくことで、高い適性を見出すきっかけにも繋げられるかもしれません。

一番やりがいを感じるとき

働いている上で、どんな仕事に最もやりがいを感じるのか質問をしておくと、志望動機や長所を練り上げるのに役立ちます。面接はもちろん、その前のエントリーシートや履歴書でも、企業への適性をアピールするきっかけに出来るでしょう。

一番大変だった仕事や詳しいエピソード

仕事をする上で、決して楽なことばかりではないということは、誰もが分かっているでしょう。しかし、それを実際に説明会でアピールして来ることはあまりありません。苦労をする部分や、その具体的なエピソードを質問しておくことで、自分の入社後のスタイルをイメージしやすくなります。

一番成長したと感じるところ

入社してから、どんな成長をすることが出来たのかを質問しておくと、自分のキャリアビジョンをより具体的にイメージしやすくなります。ステップアップのために、この会社ではどんなことが出来るのかを知るきっかけにもなるでしょう。

また、「働きながら成長したい」というあなたの強い意識をアピールすることにも繋がります。

一番嬉しかったこと

仕事をしている上で、やりがいや苦労などとは別に、感情の意味で「嬉しかったこと」を聞き出しておくと、あなたの働きたいという気持ちを奮い立たせることが出来るかもしれません。質問に答える立場から見ても、ポジティブな内容について話していると、自然と心が安らぐというケースは多いですよ。

活躍している社員の特徴

説明会のあと、実際に採用選考を勝ち進んでいくためには、企業が求めている具体的な人材像を、より詳しく知っておいた方が有利になりやすいです。社内で活躍しているスタッフの特徴を聞いておくと良いでしょう。質問に対応する人も、求めている人物像について、語ってくれる可能性があります。

入社までに必要なスキル

内定はゴールではなく、スタートです。入社するまでに身に着けておきたいスキルや、読んでおきたい本などを質問しておくと、将来を見据えた就職活動を進めやすいと言えるでしょう。質問に答える担当者からのイメージも、良くなりやすいと言えます。

新入社員に求める姿勢

スキルはもちろん、どのような姿勢で仕事に取り組んでほしいのかを質問しておくと、採用選考で役立てやすいです。現場の社員が求めている人材に、より自分が近いということをアピールしていくことが出来るからです。

入社を決めた理由

自らの就職活動の参考にするためにも、質問に答えてくれる人が、どんな理由から、現在の職場を決定したのかを聞いておくと良いでしょう。その人が抱いているキャリアプランや、理想の叶え方、現在の職場に対するモチベーションなどを知ることもできる可能性があります。

職場内の雰囲気

職場内の雰囲気は、働き始めてからとても重要なポイントになって来ます。あなたがより働きやすい職場を見つけるためにも、どんな雰囲気で働いているのかを知っておきましょう。「風通しが良い職場」「アットホームな職場」「みんなが仲の良い職場」など、求人情報のざっくりした内容以外のことを知れば、あなたに適している会社かどうかを見定める材料にもなります。

会社の強みと弱み

実際に働いている人に、企業の強みと弱みを質問しておくことで、今後の業界研究にも役立てることが出来ます。また、就職先を選ぶ指針にすることも出来ますし、弱みに対する具体的なアプローチ方法を知ることもにも繋がるでしょう。

会社説明会で避けるべき質問の例

一方で、会社説明会の場においては、避けておいた方が良い質問もあるでしょう。その代表例をいくつかピックアップして、紹介していきます。

どのくらい休めるか

休日について、入社前に気になってしまうのは当たり前です。しかし、求人情報の時点で、基本的な休日制度については、既に説明されています。それから更に突っ込んだ休日制度における質問は、「働きたいより、休みたい気持ちの方が強そう」というイメージを抱かれてしまうため、避けた方が良いでしょう。

有給休暇の消費率

こちらも、働き方より休み方についてばかり気にしているように取られてしまうので、説明会での質問は避けましょう。また、実際に業務が忙しく、なかなか有給休暇が取れないでいる社員も、会社説明会という公の場で、それを「ぶっちゃけ休めません」と言うことは出来ません。相手を困らせてしまう可能性の高い質問は、出来るだけ避けるようにしたいところです。

休日出勤や残業の時間

「已む得ない休日出勤の場合は振替休日を設定」、「残業は規定の時間内で、手当は支給」という、基本的な情報以外は、会社説明会の質問で答えることは出来ません。確かに、働く前には、こういったディープな部分は気になってしまうものです。特に近年、ブラック企業の問題が浮上していますからね。説明会での質問以外の手段で、リサーチを勧められるようにするのが良いでしょう。

サービス残業について

休日出勤や有給休暇、残業時間などと合わせて、サービス残業に関する質問も、会社説明会ではタブーです。口コミをチェックしたり、その後のより進んだ選考過程において、別とチェックできるようにしましょう。たくさんの就活生がいる中で、ブラックな一面に触れてしまうといこうとは、社会人としてのマナー不足と感じ取られ、説明会の時点からマイナス評価をされてしまう危険性もあります。

福利厚生について

福利厚生について気になるのは当たり前なのですが、会社説明会のようなシーンで質問をすると、「自分が受ける待遇についてしか興味がない」と感じられてしまうこともあります。求人情報に書かれている程度の内容を把握しておけば良いでしょう。

ノルマについて

営業職をはじめとして、自分が達成しなければいけないノルマや、その厳しさも気になるところではありますが、説明会での質問はしないようにしておきましょう。

会社説明会で質問する時のマナー

それでは、具体的な質問の内容が決まったら、どのようなマナーやルールにのっとって質問をすべてなのでしょうか?基本的なマナーについて、代表的なものをチェックしていきましょう。

大学名と名前を名乗ること

質問をしていいと許可を得たら、立ち上がり、まずは大学名と名前を述べるようにします。いきなり質問に入ってしまうのはマナー違反です。自己紹介をしてから始めるようにしましょう。

挨拶を付け加える

大学名や名前を告げたあと、一言挨拶を入れると良いでしょう。あるいは、自己紹介の前でも構いません。「本日は貴重なお話をありがとうございます。○○大学○○学部の○○です」という一言を添えて質問すると良いでしょう。

調べれば分かるような質問はしない

会社説明会において、調べればすぐに分かるような内容を質問してはいけません。相手に手間をかけさせてしまいますし、全体の時間も浪費してしまいます。何より、「そんなことも調べられないのか」という、ネガティブなイメージを抱かれる原因になってしまう可能性も高いです。経常利益率や、現在の海外展開など、ホームページをはじめとした資料をチェックすれば、すぐに把握できることは、敢えて質問するとマナー違反になってしまいます。

自分にしか関係がない質問はしない

しばしば多くの就活生がやってしまいがちなミスですが、会社説明会において、自分にしか関係のない質問はしないようにしましょう。「御社ではOB訪問を受け付けていますか?」「○○大学からの採用者はいらっしゃいますか?」いった、局地的な質問は、避けるようにするのが無難です。どうしても質問したい場合は、別途、個人で問い合わせをするようにしましょう。

自己アピールばかりをしない

あくまで質問タイムは、質問をするための時間です。質問の内容によって、相手からの評価が高くなることもありますが、ここで自己アピールをしてしまうのはマナー違反です。自分が進めた企業研究の内容を長々と語ったり、求める人物像を尋ねるとき、「私はこういう人間なのですが~」といった形で、不必要な自己紹介を入れるのはやめておきましょう。

離職率や人数について

「どのくらいの人が辞めるのか?」「新入社員の離職率はどのくらいか?」という質問は、説明会においては非常に答えにくいです。公表している会社は、四季報に離職率を公表しているため、どうしても気になる場合は、別紙で自分で確認するようにしましょう。

いい質問を考える方法・コツ

会社説明会において、より良い質問を考えるとき、どのようなコツを意識すれば良いのでしょうか?どんな質問をすれば、今後に有益な情報を引き出すことが出来るのか、代表的なポイントをチェックしてみましょう。

具体的な質問をする

良い質問は、具体的であるという特徴があります。具体的であるほど、担当者は答えやすいという特徴もあるでしょう。

「やりがいはありますか?」と質問するよりも、「これまでに働いてきた中で、どのような部分に最もやりがいを感じましたか?」と質問した方が、答えてもらいやすいだけではなく、より有益な情報にも発展させやすいのです。

逆に言えば、答えにくい質問とは、抽象的すぎていたり、あまりに漠然としすぎていたりします。実のある回答にするのは、あなたの質問だということも意識しましょう。

ただし、「はい」「いいえ」だけで済んでしまうような質問にはならないよう、気を付けることが重要です。

相手が答えたくなるような質問を考える

自分が企業の担当者であった場合、説明会でどんな質問をされたとき、積極的に答えたいと思うのか、しっかり考えてみてださい。質問とは、就活生と担当者とのコミュニケーションです。どんなコミュニケーションを取りたいと思うか考えると、自然と、相手が話したいと思う話題について、切り出しやすくなるでしょう。

企業にとっても、質問の内容によっては、自社の良いアピールになります。会社説明会とは、より良質な人材を獲得するための準備段階でもありますから、ネガティブな内容を話すより、ポジティブな内容を話した方が、メリットが大きいのです。

たくさんの人に役立つ質問をする

会社説明会において、良い質問とは、より多くの人に役立つ内容の質問でもあります。質問の時間は、質問をしている当事者はあなた一人だとしても、実際はその説明会に参加している、多くの就活生の時間でもあります。たくさんの就活生が参加している場合、一部の限られた質問にしか答えられないこともあるでしょう。

そのためには、少しでも多くの就活生が引き出したい情報について、詳しく質問出来るようにしておくと良いですね。個人的な質問があまり適していないのは、こういった面もあるのです。

会社説明会での服装のマナー

会社説明会に参加するとき、服装のマナーは非常に重要です。質問をすることになったときも、服装がマナーにのっとっていない人は、マイナス評価を集めやすくなってしまいます。

基本はスーツで参加

会社説明会は、採用選考に含まれていないことも多いですが、就職活動の重要な一環です。そのため、特に企業サイドから支持がない場合は、スーツで参加するようにしましょう。これは男女問わず同様です。女性であれば、スーツスーツでもパンツスーツでも良いです。

ネクタイはきちんと閉め、派手すぎる柄やカラーは避けましょう。シャツの色も同様です。そのまま採用選考に移るような会社説明会もありますから、ビジネスマナーに反するような服装はやめておきましょう。

平服指示がある場合はビジネスカジュアルで参加

「スーツ以外の服装で参加してください」や「平服でお越しください」という指示がある説明会もあります。もちろん、スーツで参加することで基本的にはマナー違反にはならないのですが、制服指示があった場合は、ビジネスカジュアルくらいの服装にしておくと良いでしょう。

男性はワイシャツ、女性はワイシャツかブラウスをチョイスし、季節によってプラスのアイテムを整えてください。派手すぎるカラーや柄を避けた方が良いのは、スーツのときと同様です。ボタンはきちんと閉め、だらしない印象が出ないようにしましょう。露出が激しい服装も避けてください。

着こなしも重要

スーツ、ビジネスカジュアルの両方に共通することですが、説明会に参加する服装は、着こなしも重要です。だらしない印象が出ないよう、ラフなスタイルは避けましょう。男性は、すねが見えるパンツを選ばないようにしたり、女性は丈が短すぎるスカートを選んだりしないようにします。

更に、シワがないようにきちんとアイロンをかけることも大切です。メイクや髪型にも気を配り、説明会に相応しい、かっちり目のコーディネートを心がけましょう。

会社説明会で説明を聞く時のマナー

質問以外のパートでも、会社説明会に参加するときは、マナーを守った振る舞いが重要です。ここできちんとマナーを守っておかないと、実際の選考になっても、思いがけないタブーを犯してしまう危険性があるので気を付けましょう。

開始時間は余裕を持つ

ギリギリに駆け込んだり、遅刻をしてしまったりするのは、就職活動における最大のタブーです。余裕を持った行動を心がけましょう。

必要なことは都度メモをとる

会社説明会では、重要な情報がたくさん説明されます。メモ用具を用意し、必要なところはしっかりメモを取れるようにしておきましょう。

目を見て、相槌を打てるようにする

たとえ、一対一の説明でないにしても、多くの就活生全員に向けて説明がされています。真剣に聞いているということをアピールするためにも、相槌を打ち、担当者の目を見て説明を聞くようにしましょう。

説明中にアンケートを書かない

会社説明会によっては、アンケートが配布されることがあります。白紙のままで提出したり、「特に無し」で提出してしまうのは出来るだけ避けましょう。また、時間を大切にしたいからといって、説明中に記載するのはマナー違反ですので気を付けましょう。

退出時は挨拶を忘れない

説明会が終わり、質問の時間も終了したら、退出です。担当者に一礼をして、お礼を言ってから退室するようにしましょう。

会社説明会での持ち物

会社説明会に参加する際、用意しておきたい持ち物についてチェックしていきましょう。

カバン

スーツと合った、ビジネス用カバンを用意しましょう。A4サイズの書類が入るようにして、クリアファイルと一緒に持っていきましょう。

スケジュール帳

就職活動の予定をいつでも確認できるようにしておきましょう。

筆記用具

シンプルなもので、機能性の高いものを選びましょう。ビジネスシーンに相応しくないキャラクターものなどは避けてください。

携帯電話

企業からの連絡に、出来るだけ迅速に対応できるように持ってきましょう。ただし、会場に入る前に電源を切り、説明会中に鳴ってしまうような事態は絶対に避けてください。

靴磨き

説明会をはじめとして、就職活動において、つい目につきやすい靴の汚れ。解消するための靴磨きを持ち歩いておくと、マナーをしっかり守ることが出来ます。

ハンカチ・ティッシュ

社会人の必須アイテムです。思いがけないアクシデント対策にも、ひとそろえ携帯しておけるようにしましょう。

会社説明会を有意義なものにするために

いかがでしたか?

会社説明会は、企業が自社の採用について詳しく説明するためのものです。受動的にしようとすると、いくらでも受け身でいられますが、積極性を持ちだすことで、どんどん有意義なものにしていくことが出来ます。

参加のマナーをしっかり守った上で、より良質な質問が出来るようにしておきましょう。あなたの就職活動が、より良いものに変わっていくはずです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。