【業界研究】機械業界の現状・動向・課題について

業界の現状

機械業界とは

機械業界は、私たちの日常生活に深く関連する製品の生産に欠かせない設備機器を提供している業界です。家電や自動車、船舶、航空機から環境・宇宙開発といった技術まで対象とする産業は多岐にわたり、現代においてはほとんどの産業を支えているといっても過言ではありません。

機械業界の歴史は古く、その発端は明治時代の殖産興業政策まで遡ることになりますが、業界が急成長を遂げたのは戦後の経済復興や高度経済成長期になります。そして、欧米の最新技術を積極的に取り入れながら、さまざまな技術革新を成し遂げたことにより、1980〜90年代初頭には世界から技術立国といわれるまでの地位を築いたのです。

現在は、円高や中国・韓国といった新興国の台頭もあって苦戦を強いられていますが、積極的な経営再建策をとることにより2008年のリーマンショック以降、その市場規模は回復基調にあります。

機械業界の分類

機械に関連する産業であるならすべて機械業界に内包することも可能ですが、総務省の「日本標準産業分類」によると、第二次産業のなかの製造業として定義されています。

そして製造業のなかでは、はん用機械、生産用機械、業務用機械、電子部品・デバイス・電子回路、電子機械、情報通信機械、輸送用機械の7つに分類され、さらにそこから小分類に区分されています。

1. はん用機械(ボイラ・原動機)
2. 生産用機械(農業用機械、建設機械・鉱山機械、繊維機械、生活関連産業用機械、包装・荷造機械、金属加工機械、半導体・フラットパネルディスプレイ)
3. 業務用機械(事務用機械、医療用機械)
4. 電子部品・デバイス・電子回路
5. 電子機械(電子計測機)
6. 情報通信機械(映像・音響機械、デジタルカメラ、電子計算機、パーソナルコンピュータ)
7. 輸送用機械

基本情報

  • 市場規模:68兆3,436億円
  • 労働者数:239,909人
  • 平均年齢:40.9歳
  • 平均勤続年数:15.2年
  • 平均年収:581万円

日本のものづくりの技術は世界でもトップレベルの水準といわれますが、機械業界の場合はそれが金銭面にあまり反映されておらず、少し厳しい数字となっています。総務省の産業分類では、第二次産業のなかの製造業に分類されていると上述しましたが、この製造業自体がここ30年弱のあいだに生産額と就業者数を大きく減少させている業界であり、それを考えると平均年収が平均的なのも致し方ないのかもしれません。

ただ、機械業界は歴史のある業界でもあるため、労働環境が整っている企業が多く、勤務時間が一定で休みも取りやすいというメリットがあるようです。

仕事内容

機械業界の職種は開発、マーケティング、管理の3つに分けることができます。

開発

研究開発:開発テーマに基づいた実験・解析を繰り返し、テーマの実現性を検証するためのデータの収集・分析を行う仕事です。基本的には、基礎研究、応用研究、製品化研究の3つに分かれています。

生産:研究開発部門によって決定された新製品をプラント等で量産する仕事です。工程設計、生産性検討、生産技術開発といった業務も含まれます。

生産管理:決められた納期のなかで製品を経済的に生産するための管理を行う仕事です。近年では、プラントでの生産業務に携わるだけではなく、企画段階から出荷までを一元的に管理することが多くなっています。

マーケティング

営業:顧客のニーズをつかみ、課題を見出して、商品を提案していく仕事になります。商品を提供して終わりではなく、その後のフォローも大切な業務になります。

商品開発:市場のニーズを探って、商品を企画し、開発・製造を経て市場に送り出すまでの流れを管理する仕事です。市場動向調査、消費者ニーズ調査、コスト分析等の業務を行います。

広報:PR(パブリックリレーションズ)とも呼ばれ、自社の宣伝活動を行う仕事です。基本的には、社外広報と社内広報の2つの業務に分類されます。

管理

総務:企業の事業活動が円滑に進むように支援する仕事です。人事、法務、経営企画等、会社の潤滑油といわれるほど業務の幅が広いことで知られています。

経理:毎日の事業活動にともなう取引の流れを記録し、経営状態を把握するための資料を作成する仕事です。出納業務と会計業務の2つが基本になります。

財務:資金の調達と運用を行う仕事です。また、事業の予算編成や実績管理も行います。

業界シェアランキング上位3位

1位:三菱重工業:3兆3,495億円
2位:コマツ:1兆9,536億円
3位:ダイキン工業:1兆7,830億円

平均年収ランキング上位3位

1位:セガサミーホールディングス:890万円
2位:三井海洋開発:889万円
3位:栗田工業:848万円

業界の動向

各企業のIoT活用

さまざまなモノをインターネットでつなげることにより、さらに便利な生活を実現しようとしているIoT(Internet of Things)技術ですが、日本でも導入・運用する企業が目立つようになってきました。

・日立製作所:自社のプラントや交通インフラ設備にIoT技術を活用
・東芝:IoTサービス「マイスターシリーズ」を展開。現場作業から、データ分析まで対応
・富士通:IoT活用による工場の見える化を推進
・NEC:製造業向けIoTに着手
・オムロン:国内外の自社工場をIoTで連結
・三菱電機:スマート制御クラウドサービス「ダイヤプラネット」
・ファナック:工場の生産効率改善システムを開発

日本企業による現在のIoT活用事例は、大きく2つに分類することが可能です。

業務の変革

ものづくり、工事、介護、流通、小売、警備等の現場作業の変革を意図しており、人や物、環境をデータ化し、分析して業務の改善や自動化を実現するというもの

製品・サービスの変革

製造設備、ビル、商用車、スマートハウスといった製品に接続機能を持たせ、遠隔監視等のサービスを実現するというもの

ウエアラブル端末

ウエアラブルとは身につけるIT機器のことで、さまざまなセンサーや通信機能を備えています。最近では、メガネ型、腕時計型、リストバンド型等のタイプが登場し、体の状態を把握してスマホと連動させたりと用途は多様化しています。

・ソニー:腕時計やリストバンドなど
・東芝:活動量計の開発
・富士通:犬の首輪型の開発
・セイコーエプソン:医療やスポーツ分野中心に展開
・ブラザー工業:エアスカウターを展開
・NTTドコモ:汗で体脂肪の燃焼を計ることのできる端末を開発

市場動向

機械業界の市場規模は68兆3,436億円

経済産業省「生産動態統計」等によると、2015年度の機械業界の生産額は68兆3,436億円で、前年度比0.9%の減少となりました。

内訳をみると、飛行機・鉄道車両を中心とする輸送用機械が前年度比16.6%増、情報通信機械が同18.9%減、半導体が同10.7%減、はん用機械が同10.2%減、建設機械が同7.9%減となっており、輸送用機械以外のほとんどで減少するという厳しい状況にあります。

業界の課題

スマイルカーブと収益性

スマイルカーブとは、台湾のコンピュータメーカーであるエイサーが提唱したものといわれていますが、要は、収益源が製品の組立からアフターサービス等に移動する現象のことをいいます。笑った時の人間の口の形と同じような曲線を描くことから、そのように名付けられました。

製品の製造の流れをみると、川上から川下に向かって、企画・マーケティング→部品生産→組立→販売→アフターサービスとなるのが一般的です。そして、従来において最も付加価値が高かったのが、川上でも川下でもなく、川中にある組立でした。組立には高度な技術を必要としたからです。

しかし、近年、デジタル化が進んだことで、高度な技術がなくても組立を行うことができるようになり、組立の付加価値が一気に下がって、川上の企画・マーケティングや川下のアフターサービスの価値が高まる結果となりました。これが両側が高く中間が低いスマイルカーブの状態であり、価値の下がった組立では収益を上げることができなくなったことを意味しているのです。

ものづくりには定評のある日本の機械メーカーですが、そろそろ単にものをつくるだけのメーカーから脱却しなければいけません。

業界の今後の将来性

新しいスタイルへの転換を

機械業界各社は製造コストを下げるために積極的に海外移転を進めてきました。しかし、現地での人件費の高騰を理由に海外から海外へと移転を繰り返すことで、逆に収益を悪化させる企業も出てきたことから、日本国内への回帰志向が高まっているようです。

もちろん、国内は国内で少子高齢化が進み、為替の円高シフト等の影響から機械業界全体で低迷が続いている状況ですが、このようなときこそ発想の転換が必要で、ハードウェア中心のスタイルから脱却してソフトウェア中心のそれへと転換を図るべきでしょう。

ものづくりの技術は不要になったわけではなく、引き続き大切な要素であることに変わりはありませんが、ものをつくるだけでは生き残れない時代になったことは確かです。そして、そのような状況のなかでもいまだ技術に頼ろうとしている機械メーカーが多いのも日本の機械業界の特徴であり、このような低迷期こそチャンスととらえて、まずはマーケティングやサービスを重視するスタイルへの転換を経営意識のなかに持ってほしいところです。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『機械業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』川上清市

機械産業を総体的に解説している本で、工作機械業界、ロボット業界、建設機械業界、プラント業界、精密機器業界、重機械業界、農業機械業界、縫製機械業界、食品機械業界、印刷産業機械業界が掲載されています。各業界の情報量は少なめですが、機械関連業界が10業界も収録されていますので、とりあえず漠然と機械産業方面への就職を考えている方には業界研究の入門書として最適かもしれません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。