就活面接の流れ・入室から退出までのマナー・面接事前準備

就活の面接の流れ

就活の面接の流れは一般的に入室して面接を行い退室する流れで行われます。面接では自己紹介から始まり志望する理由など内容についての話を行なっていきます。

就活の面接での入室のマナー

就活の入室でのマナーとしてあげられるのは、ドアのノックがあります。多くの企業では面接の流れとして最初に待合室に通されます。その後名前の呼ばれた学生から面接官の待っている部屋に入り面接を行う流れです。そのため、面接を行う際にはほとんどの場合でドアをノックする機会があります。

ドアのノックのマナーとして大切なことはノックの回数です。就活における面接の才能ドアのノックは基本的に三回するのがマナーとなります。まれに学生の中でノックの回数が二回であったり四回であったりする場合がありますが、マナーとして三回のノックをするように心がけることが大切です。また、ノックの強さにも気を配ることが就活の面接では大切になります。

面接をする部屋では事前に面接官が待機しています。そのため、ノックは中で待っている面接官にこれから入室する意思を示すものとなります。ノックの強さが弱すぎると中で待機している面接官が気づかず、面接の準備をしている最中のまま面接が始まってしまうことが起きてしまいます。

逆にノックの強さが強すぎると音が部屋の中で反響してしまい、中で待っている面接官に不快な思いをさせてしまいます。入室の際のノックの強さが原因で面接が始まる前に面接官に悪い印象を与えてしまうと、選考において思わしくない結果を生んでしまいます。

特に新卒の学生の面接の場合は緊張しているため、ノックの回数や強さにまで気が回らないことが多くありますので事前に気をつけるように心構えしておくことが非常に大切になります。就活においては入室時のマナーが面接の流れを左右する大事なものとなるといっても過言ではないので、面接を行うまでに自分で要点をまとめておくことが重要になります。

また、入室の際はノック後に中の面接官から入室を許可する返事が返ってきます。その返事に対し学生は「失礼します。」と回答してから入室するのが就活における一般的なマナーとなります。ノックの強さが弱く中の面接官が気づいてない場合は返事が返ってこないこともあるのでその時はもう一度少し強めにノックをして、自分の入室の意思を示すことが大切です。

入室時に「失礼します。」と回答するのは就活の流れにおいては大切なマナーとなります。これは、社会に出てからも必要となるマナーであるため、学生に最低限のマナーがあるかを面接官に判断されます。入室時の回答がない学生は働くときもマナーが守れないと思われてしまうことがあるため、選考がうまくいかないことが起きてしまいます。そのため、入室の際は就活の流れのマナーを守り回答することが、大切なマナーとなります。

最後に入室後に開けたドアを閉めることを忘れないことも非常に大切なマナーとなります。新卒の学生は緊張してしまい忘れることもあるので、必ずマナーを守りドアを閉めることを忘れないように心がけることが大切です。

以上のドアのノックについて、入室時の返事について、ドアを閉めることが入室時の基本的なマナーになります。面接の方式や部屋の形式によってはさらなるマナーも大切になることもあるのであらかじめ調べておくことが大切になります。

就活の面接での退室のマナー

就活の退室でのマナーとしてあげられるのは最後にお礼を言うことです。面接終了後に退室する際はドアの前で一度立ち止まり面接官に対してお礼を述べることで最後まで面接官にいい印象を与えることができます。逆に面接終了後に何もお礼を言うことなく退室してしまうと悪い印象を面接官に与えてしまい、選考が思わしくいかないことが起きてしまいます。

面接終了後も退室まで気を抜かずに振舞うことが大切なマナーとなります。退室時のマナーが良くないと面接全体の流れが悪くなってしまい、面接の内容が良くても採用が見送りになってしまうこともあります。内定を獲得するためにも最後の退室時まで気を配ることが大切になります。

就活の面接における退室時の一般的なお礼の例としては「ありがとうございました。失礼します。」ということが挙げられます。より丁寧に述べることもできますが面接官にも時間が限られているため簡潔にお礼を述べるように心がけることが大切です。

就活の面接で聞かれること

就活の面接で聞かれることは面接の段階によって多少異なります。面接の流れは一般的に一次面接、二次面接、最終面接という流れで行われます。企業によっては流れが異なることもあるので、事前に調べて選考に臨むことが大切になります。また、面接を受ける学生の人数が段階が進むにつれて少なくなるため、一人の学生の面接時間が長くなる流れが一般的です。

一次面接では多くの企業では志望する理由や動機について聞くことがあります。多くの学生の中からより熱意のある学生を獲得しようと企業はするため一次面接の段階で熱意のない学生を採用しないことがこの質問の目的となります。

さらに、多くの企業では学生時代の活動についても聞きます。これは事前に提出しているエントリーシートからはわからない人間性な性格などの内面について知るための質問になります。学生時代の活動は学問に関することだけでなくアルバイトのこと、留学に関すること、部活動に関することなど幅広く質問されます。

この学生時代の活動に関する質問は人間性を知るための非常に大切な質問であるため、二次面接や最終面接でも聞かれることが多くあります。特に新卒の学生は面接に臨む前に自分の学生時代の活動について整理しておくことが大切になります。

二次面接では自分がやりたい仕事について聞かれることが多くあります。一次面接を通過した学生は企業の業務についてある程度知っているため学生の希望の仕事を聞き、企業が求めている人材と一致するか判断します。企業が行なっている業務と学生の希望の仕事が一致しない場合は数年で学生が退社してしまうことがあるため二次面接の段階で聞いて、より求めている人材を獲得しようとします。

最終面接では入社する意思があるか聞かれることがあります。たとえ内定を出しても内定を辞退されてしまうこともあるため最終面接の段階で学生の入社の意思を確認することが多くあります。また、同業他社との違いなどについて聞かれることもあります。学生の志望する理由が他の企業でも当てはまると考えられる場合はこと質問によりより詳しく企業への熱意を判断することができます。最終面接に臨む学生はその企業に関することだけでなく他の会社との比較を含め調べておくことが大切になります。

また、最終面接は一次面接や二次面接よりも時間が長く取られていることが多くあるため、一次面接や二次面接で聞かれたことが繰り返し聞かれることがあります。最終面接ではより詳しく聞かれることがあるので学生は事前に一次面接や二次面接の内容を思い出して整理しておくことが非常に重要になります。

一般的に一次面接は若手の社員が中心の面接官であり、二次面接は中堅の社員が中心の面接官であり、最終面接は役員や場合によっては社長が面接官を務めることがあります。質問の内容とともに言葉遣いなどにも気を配り面接を進めていくことが大切になります。

就活の面接持ち物

就活の持ち物は一般的に筆記用具、エントリーシートが基本です。選考が面接だけの場合は特に持っていくものが必要ではないが名前の記入を行うなどが考えられるので筆記用具は必要になります。

また、面接の際に必要となる志望動機などを記したエントリーシートの提出を求められることもあるため事前に確認しておくことが大切になります。それ以外にも企業によっては印鑑が必要な場合もあるので面接の前日までに必要なものを確認し揃えておくことが大切になります。

就活の面接を受ける前の事前準備

就活の面接を受ける前の事前準備としてはまず服装の確認があります。日本の企業の多くは面接の際の服装としてスーツを指定します。就活を予定している学生はスーツを事前に準備する必要があります。また、スーツの他にもシャツや靴などの小物にも気を配り準備する必要があります。スーツにシワが入っている場合はアイロンを使うなど細かなところまで気を配ることが内定獲得につながります。

また、就活の面接の場所や流れも事前に確認して準備しておくことが必要になります。場所を確認するとともにその場所までのアクセス方法やかかる時間も事前に調べておき準備しておくことで当日慌てることなく面接に臨むことができます。当日の流れを把握しておくことで心に余裕ができて面接がうまくいくことがあるため、前日までに当日の流れを確認しておくことが大切です。

さらに面接の内容についても前日までに準備しておく必要があります。自分が書いたエントリーシートの内容についても改めて確認するだけでなく、最終面接の際には一次面接や二次面接の内容についても整理しておくことが重要です。自分が書いたエントリーシートの他にその企業についても詳しく知っておくことも就活の面接の事前準備として大切になります。

業務内容だけでなくその企業の特色などについても調べておくことで当日の面接で思いがけない質問があった場合にも確実に対応することができます。最終面接の際にはその企業に関することだけでなく同業他社についても詳しく調べて企業の特色をつかむことでより内定を獲得しやすくなります。

面接の前日までの事前準備として、服装や持ち物について、面接する場所や流れについて、面接の内容についてなどをすることが非常に重要になります。事前準備をおろそかにしてしまうと当日慌ててしまったり、質問に答えられなかったりすることが起きてしまい選考に落ちてしまうことがあります。前日までに欠陥がないように準備することが大切です。

就活面接を受ける時の注意点

就活面接を受ける時の注意点は小さな声で喋らないことです。自分の考えややりたいことが企業の考えと一致していても声が小さいと面接官に聞こえずに選考から落ちてしまったり、たとえ伝わったとしても自信が無いように思われてしまいます。

面接が苦手な学生は特に声の大きさが小さくなってしまい、内容が良くても落ちてしまうことが起きてしまうためより注意が必要になります。大きければいいというものでもありませんが自分の考えややりたいことを面接官にアピールする気持ちを持って面接を行うことが就活の成功につながります。

就活の面接対策の方法

就活の面接対策の方法としてはまず、内容を整理するとともに質問に対する回答を考えておく必要があります。その際にオススメするのは、ダイヤモンド社が発行する杉村太郎著の『絶対内定』です。

面接を受けたことない新卒の学生は、特にどのような質問をされるのかわからないことが多いので、事前に上記の本を参考に質問に対する回答を考えることで当日慌てることなく回答することができます。上記の本には一般的な質問と質問に対する解答例も記されているため事前に熟読しておくと面接でもいい結果を生むことができます。

就活の面接後のメールの送り方

就活の面接後のメールは面接を行なった当日に送るのがマナーです。企業は一日に何人もの学生と面接をすることがあるため、数日後にメールを送っても遅かったり、結果が出ていることが起きてしまいます。当日帰宅してからメールを送ることが大切になります。

また、メールの内容は面接に対するお礼を基本にすることが大切です。面接を行う面接官は非常に忙しいことがあるためあまり長文のメールを送ってしまうと逆に不快な思いをさせてしまいます。面接の際のお礼を簡潔に述べるとともに、面接の際に非礼があった場合はメールを通じて謝罪するようにすることが大切です。

そして、メールを送る時間もあまり遅くならないように心がける必要があります。業務が終了したにもかかわらずメールが来てしまうと、業務が長くなってしまい迷惑をかけてしまうことになります。そのため、就活の面接後のメールは当日の帰宅後になるべく簡潔にお礼を述べることが非常に大切になります。メールを送る時間にも気を配ることが大切なマナーになります。以上の流れでメール送ることで面接官にいい印象を与えることができます。

面接の流れを把握し、さらに就活を有利に進めよう

いかがでしたでしょうか?以

上で、面接の大まかな流れは掴めたことと思います。そしてここから重要になるのは、企業をより効率的に見極めていくことです。いくら面接の流れを把握して冷静に面接をこなせるようになったとしても、そもそも自分に合った企業を最初から受けていきたいですよね。

そんなとき、就活をより効率的に進めてくれるのが、就活サイト一括登録・一括管理サービス「イッカツ」。

いろいろな就活サイトに一括で登録することができるだけでも相当時間を短縮できますが、メールをそこで一括して管理することができます。少しでも手間を減らしたい忙しい時期には、そういった時間短縮の方法を見つけることも必要です。企業を見極める際は「イッカツ」を利用して、より効率的な選び方を心がけていきましょう。