OB訪問に手土産は必要なのか|手土産のマナー・オススメの手土産

OB訪問で手土産を渡す時のマナー

OB訪問に手土産を持っていくことで、対応してくれたOBの先輩に、より深い感謝の気持ちを伝えることが出来ます。

しかし、手土産を贈るためには、社会人として必要なビジネスマナーを、しっかり守らなくてはいけません。感謝の気持ちを伝えるためにしたことが、かえってネガティブな結果になってしまわないよう、マナーを前もってしっかり確認しておきましょう。

感謝の言葉を添えながら渡す

OB訪問に対して、手土産はあくまでもプラス材料です。重要なのは、金品を手渡すことではなく、好意に対する深い感謝の気持ちです。手土産を渡すときには、しっかり感謝の言葉を伝えてください。礼儀やマナーを重んじると共に、あなたの気持ちを込められるように意識しましょう。

「本日、お時間を作って頂いたお礼です」や「今回会って頂ける、心ばかりのお気持ちです」のような挨拶が好ましいです。

両手で渡す

しばしば起こしてしまいがちなミスなのですが、片手で手土産を渡してしまうのはNGです。会ってすぐに渡すときや、紙袋に入れたまま手渡したりすると、つい片手になってしまいがちなのですが、丁寧なものの受け渡しは、基本的に両手で行うのが、ビジネスにおける大切なマナーです。

そもそもOB訪問に手土産って必要なの?

OB訪問において、手土産を持っていかない人も少なくありません。手土産自体は、絶対に必要なものなのでしょうか?

手土産は必須マナーではない

OB訪問をする上で、絶対に守らなくてはいけないマナーはたくさんあります。お礼状の準備や、当日の応対におけるマナーなど、貴重な時間を割いてくれたOBの先輩に対して、失礼を働いてしまうのは絶対に避けたいところです。

一方で、手土産の用意自体は、必ずしも守らなければいけないマナーというわけではありません。相手の印象をより良くし、感謝の気持ちを伝えやすくするツールのひとつだというくらいの認識が良いでしょう。

相手の職業によっては受け取れないことも

OB訪問をする相手によっては、手土産を受け取れないケースもあります。勤務先で禁止されていることもあれば、受け取ることによって業界全体のタブーになってしまうケースもあります。

代表的なものでは、公務員が分かりやすいですね。手土産を受け取ることによって、「収賄罪」に問われてしまう危険性もあるのです。もちろん、就活生が持ってきたOB訪問の手土産で、そこまで厳重な対応をするばかりではありませんが、やはり親切に対応してくれた先輩に、敢えてリスクを負わせる意味はありません。OB訪問の相手の業界や事情を考え、感謝の気持ちは、手土産とは別の手段で伝えられるように工夫すべきシーンもあるでしょう。

二度断られたら引くようにする

OB訪問の手土産は、相手に二度断られたら、それ以上無理に進めないようにしましょう。OBの先輩は社会人ですから、手土産を渡しても、初めは遠慮して、穏やかに断ってくる場合があります。一度目に断られたら、「お礼の気持ちなので、是非受け取ってください」と押しても良いでしょう。相手に気遣いをさせないよう、ちょっとした会話のテクニックが使えるようになると良いですね。

しかし、更に断られたら、二度目で引くようにするのがマナーです。前述したように、職業や勤務先によっては、手土産を受け取れないこともあります。仕事の状況によっては、受け取ってしまっても困るケースもあり得るでしょう。

相手が断っているのに、無理やり進めることは絶対にしてはいけない、マナー違反と言えるのです。強引さは決して見せてはいけません。

OB訪問の手土産の選び方

OB訪問で持参する手土産は、具体的にはどのようなものがよいのでしょうか?相手の好みや勤務先の雰囲気などを考えつつ、より適した手土産が購入できるようにしてください。

大きすぎる菓子折りは避けた方が良い

OB訪問の手土産として、「たくさん入っているもの」と、大きな菓子折りは避けるようにした方が良いでしょう。これは、OBの先輩の負担になりすぎてしまう可能性があるからです。賄賂のように感じられてしまう可能性も高まりますし、仕事中や外回りの途中だったりすると、荷物になってしまって困らせてしまうこともあるからです。

相手の迷惑になりそうなものは避ける

OBの先輩の嫌いなものや苦手なもの、アレルギーがあるものなどを手土産から除外するのはもちろんですが、香りの高すぎるものや、大きすぎるもの、重すぎるものは避けるようにしましょう。

OB訪問は、勤務先の外で行うことも多いものです。先輩がもらって、そのまま職場に持って帰ることが出来る手土産を選ぶようにしてください。

アルコール類も避けましょう。どうしても重くなってしまいがちですし、手土産としてもらったところで、勤務先に堂々と持ち帰ることが難しいからです。職場によっても異なって来ますが、やはりOB訪問に対応していたスタッフが、アルコール飲料を持って帰りにくいという環境は少なくないでしょう。

生菓子やこぼれやすいものは避ける

ケーキや和菓子など、要冷蔵の手土産は避けるようにしましょう。特に、外でOB訪問をするとき、相手が持ち帰る負担になってしまうことがあります。

職場で食べるにしても、こぼれやすいものや食べにくいものは、迷惑になってしまいやすいです。シュークリームやエクレアなどは、分かりやすい例ですね。大きすぎて口に入れにくいものや、皮がぼろぼろにはがれやすいものなどは、避けておくのが無難であり、社会人としてのマナーでもあります。

飲み物のボトルや缶

「相手の負担になりすぎない」というメリットを考えた上で、「感謝の気持ちを伝える」というポイントを合わせると、その場でさっと手渡せる飲み物はおすすめです。

しばしば戸惑ってしまう人も多いですが、OB訪問では、大仰な菓子折りなどを用意する必要はありません。そのため、コンビニで買ったドリンクであったとしても、「本日はありがとうございました」という心からのお礼が伝われば、十分感謝の気持ちを伝えることが出来るのです。失礼にも当たらないですしね。

ただし、相手の好みを把握しておくことは大切でしょう。コーヒーが嫌いな人に、缶コーヒーを贈ってはいけませんからね。また、結露して水浸しになっているボトルや、熱すぎて持てないような手土産を渡してしまうのは、相手の迷惑ですからマナー違反です。重すぎる大きなサイズも避けた方が良いです。

缶から500ミリリットルのペットボトル程度にしておくと良いでしょう。少し良いお店のものだったりすると、印象も良くなりつつ、相手の負担にもなりにくいです。

「気軽なものを贈ってしまう」という不安があるのであれば、「本当は菓子折りなどをお贈りしたかったのですが、ご負担になってしまうと思いまして」といった言葉を添えられるようにしておくと良いでしょう。

栄養ドリンク

日々慌ただしく働いている社会人にとって、栄養ドリンクは喜ばれやすい手土産のひとつです。もちろん大量に購入してくる必要ありません。エナジードリンクや、女性向けであればビタミン飲料なども喜ばれやすいでしょう。コンパクトですし、コンビニやドラッグストアでも購入出来て、やや高めなので手土産としても心もとない事態は避けやすいですよね。

ただし、これは相手の先輩によって、受け止め方が異なりやすいものでもあります。人によっては、「もっと働けということか」というネガティブなイメージを抱いてしまうパターンもあり得ます。健康的に取り入れるものではないという認識が強いほど、この傾向になりやすいので、相手のタイプなどを考え、失礼のない手土産に出来るようにしましょう。

茶葉やドリップパックなど

菓子折りのかしこまった感じは避けたいけれど、なにかまとまったものを手土産に選びたい場合、コンパクトなお茶葉やティーパック、ドリップパックなどを贈ると良いでしょう。五個パック程度の小さなものもあるため、手頃な価格で購入しやすく、相手も軽くて持ち帰りやすいでしょう。粉末タイプの飲料なども、手軽に購入しやすく、社会人のブレイクタイムに喜ばれやすいアイテムです。

紅茶やコーヒーなどであれば、職場で気軽に使用することもできますし、万が一自分の好みに合わない場合は、勤務先で分けることも可能です。パッケージに凝ったものや、少し良いブランドものなどを選べば、手土産としての箔も付きやすいです。高級すぎるものや、消費しきれないほどの大量のものを避けるようにすれば良いでしょう。

クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子

手土産の定番である、クッキーやマドレーヌ、フィナンシェなどの焼き菓子は、OB訪問の際にも取り入れやすいです。日持ちもしやすいですし、温度にもそこまで気を配らなくて良いからです。

大げさになってしまないよう、ごくコンパクトなアソートタイプなどにしておくと、喜ばれやすい上に、OBの先輩の負担にもなりにくいでしょう。箱詰めのものよりは、ビニールをはじめとしたプチギフトのようなものの方が、OB訪問には適しているかもしれません。「ほんの気持ちです」といったニュアンスを大事にすると、大げさすぎないものが選びやすいですよ。

地域のお土産

地方からOB訪問のために出てくる場合、その地域ならではのお土産を持っていくのはおすすめです。特に、同じ出身のOBの先輩に話をしてもらうなどの場合、懐かしさを感じてもらいやすいですし、その場の話題にもなるので、盛り上げにも一役買ってくれる可能性が高いです。

その土地の名産品や特産品、地方限定のちょっとしたお菓子などが良いでしょう。高級すぎるものや、生もの、相手を選ぶような特殊なものなどを避ければ、予算はややアップさせやすいです。OB訪問の手土産というより、「私の地方のお土産です」といった言葉も添えやすいので、受け取ってもらいやすい状況も作れます。

OB訪問の手土産の値段相場はいくらくらい?

OB訪問をする際、手土産はどのくらいの値段相場のものを選べば良いのでしょうか?「相手に負担にならない程度の金額」とは、具体的にどのくらいになるのかをチェックしてみましょう。

ドリンク類は200円程度で良い

缶コーヒーやペットボトル飲料などを手土産にする場合、100円から200円程度が平均の金額です。「安すぎるのではないか?」と心配する人もいますが、元々手土産自体は必須マナーではないので、特に問題はありません。

栄養ドリンクは300円前後

栄養ドリンクやエナジードリンクなどを手土産にする場合、大体300円前後が良いでしょう。大量のセットバックで持っていくと、結局のところ相手の負担になってしまいやすいので、一本で構いません。

焼き菓子類は500円前後から1000円程度

焼き菓子や紅茶・コーヒーのパック類を手土産にする場合は、500円前後が妥当の金額です。少し奮発するとしても、1000円程度に収めておくのが平均的です。

地方のお土産は1000円程度

地方からOB訪問に出てくる場合、現地のお土産を手土産にするのであれば、1000円前後のものが良いでしょう。

OB訪問時の手土産を渡すタイミング

手土産を渡すタイミングには、迷ってしまう人も多いものです。特にOB訪問のようなシーンにおいて、手土産はどこで手渡すのが良いのでしょうか?

今後社会人になっていく上で、手土産を渡すシーンはたくさんあります。ビジネスマナーの一歩先取りだと思って、きちんと把握しておけるようにしましょう。

OB訪問を始める前に渡すのが基本

手土産は、いざOB訪問を始める前に渡すのが良いでしょう。具体的な話を始める直前に渡すことによって、その場の雰囲気を和ませることもできますし、話のきっかけにすることも可能でしょう。先輩からの、あなたの対するイメージも良くなりやすいため、より有意義な話をしてもらえる確率も、ぐっと上げることが出来ます。

OB訪問の手土産マナーを知っておこう

いかがでしたか?

OB訪問において、手土産は必ずしも持っていかなければいけないというわけではありません。しかし、ちょっとした気遣いの贈り物が、あなたの感謝の気持ちをより大きく伝えるためのツールになってくれることも少なくありません。

相手の好みを知っていれば、もちろん対応するようにしましょう。好みがよく分からない場合は、相手の負担にならず、かつ贈りやすいものをチョイスして持っていきましょう。あなたのビジネスマナーを鍛えるチャンスでもあります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。