【業界別】就職活動に強いおすすめの資格ランキングベスト5

業界別就職に強いおすすめ資格ランキング

将来のため、モチベーションを上げるため、普段から勉強をするクセを付けるため、人は色々な目的で資格を取るための勉強をします。資格は就職活動においてもアピールポイントの一つになりますから、何か取っておきたいと思う就活生も多いのではないでしょうか。

自分が就職したいと思っている業界内で推奨されている資格を取ることは、業務に関する知識の土台があるという点で選考に有利に働くでしょうし、業界とは無関係な資格であったとしても資格を取るために日々努力をした証となりますから、決して無駄になることはないでしょう。

資格が取れるまで勉強したということは、仕事をしていく上でも結果が出るまで取り組める素質があると認められることが多いため、目指す業界とは関係がない資格しかこれまで取ってこなかったとしても、胸を張ってアピールポイントにしましょう。

資格取得は就職活動だけではなく、長い人生の中でも必ず役に立つ日がきます。資格そのものが役に立つこともあるでしょうし、資格取得までの過程において得たものが役に立つこともありますから、ただ黙々と勉強だけに励むよりも目標に向けて勉強する方が積極的に取り組めるのではないでしょうか。

これから資格取得を考えている人やどの資格を取るかさっぱり分からないという人は、就職を希望している業界で役立つスキルの方が、会社側が求めるスキルと合致する可能性も高くなりますから、せっかくならエントリーする業界に関係する資格を目指しましょう。

人気業界の中から、不動産業・旅行業・化粧品業界・気象予報士・ホテル業界・保険業・テレビ局・販売士・ラジオ局の9業種を目指す場合に有利な資格ランキングをまとめていますので、ランキングを見て興味を持てるものが見つかったら、資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

不動産業界に就職する時に有利な資格ランキング

1位:宅地建物取引主任者資格試験
2位:管理業務主任者試験
3位:マンション管理士試験
4位:測量士・測量士補試験
5位:インテリアコーディネーター

不動産業とは無縁の人ですら不動産業界と言えば「宅建」と言われる程、宅地建物取引主任者はメジャーな資格です。この資格は国家資格で、不動産の売買をする際に必要な資格なので、不動産会社には一定数の宅地建物取引主任者を雇わないといけません。

そのため業界内での需要も比較的安定しており、資格を持っていると就職活動において圧倒的なアピールポイントとなるでしょう。それ以外でも不動産の価値を知るため測量士・測量士補などの試験もおすすめですし、不動産販売や賃貸借契約を獲得するために役に立つインテリアコーディネーターなどもおすすめです。

旅行業界に就職する時に有利な資格ランキング

1位:旅行業務取扱管理者
2位:TOEIC(R)
3位:通訳案内士
4位:観光英語検定
5位:世界遺産検定

旅行業界に就職するにあたって資格は必須ではありませんが、国内旅行だけではなく国外旅行も取り扱うことになり、外国語で不自由なく商談ができる語学力は必ず役にたちます。

英語だけではなく多国籍に渡って語学力を身に着けるのも良いでしょう。旅行業務取扱管理者の資格は、旅行業界では唯一の国家資格で一度取得すれば生涯有効ですし、全国で通用しますから取得をしておいて損はないでしょう。

通訳案内士の試験では、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、タイ語(中国語と韓国語は平成28年度より免除)とかなりの種類の語学について勉強をしなければなりませんが、資格を持っているということはマルチバイリンガルとして認められることになり、旅行業界以外でもアピールポイントにすることができます。

化粧品業界に就職する時に有利な資格ランキング

1位:スキンケアカウンセラー
2位:スキンケアアドバイザー
3位:コスメコンシェルジュ
4位:美容薬学検定
5位:コスメマイスター

化粧品業界では様々なコンセプトから化粧品に関する商品開発をすることになりますので、肌に関する専門知識を持っていることは就職活動において有利に働くでしょう。

知識が豊富であれば、アイディアの幅も広がり商品企画力も上がります。入社直後から商品開発の仕事に就くことはないかもしれませんが、お客様との接客においても専門知識がきっと役にたつはずです。

お客様との接客で伺う悩みは、将来の商品開発のアイディアになります。カウンセラーの資格を持っていることは、将来有望な人材として認めてもらえるはずです。

気象予報士になりたい時に有利な資格ランキング

1位:気象予報士
2位:天気検定
3位:防災士
4位:環境コンサルタント
5位:環境マネジメント実務士

気象予報士になるためには、なによりも「気象予報士」試験に合格して、気象庁に登録をすることが条件となります。これは気象業務法の改正によって法的に義務付けられているので、必須条件とも言えます。

気象予報士は自然界に対して、自然と関心を持ち日々疑問に感じたことを研究していく探求心が必要ですし、天気を予報するだけではなく防災関係の知識も十分に持っていなければなりません。

気象予報士以外の資格については必須条件ではありませんが、気象予報士になりたいと思っている人には必要な知識が多く得られるため、資格取得を機に様々な観点から勉強してみるのもいいのではないでしょうか。

ホテル業界に就職する時に有利な資格ランキング

1位:ホテル実務技能認定検定
2位:ホテルビジネス実務検定
3位:サービス接遇実務検定
4位:TOEIC(R)
5位:レストランサービス技能検定

ホテル業界に就職をするためには、きめ細やかなサービスが要求されます。またホテルに滞在するお客様の中には外国人の方もいますから、最低限英語に対応できなければならないでしょうし、その他の国の言語についても多ければ多いに越したことはありません。

採用試験でも英会話力は重視されるポイントです。サービス業では最高峰ともいえるホテル業界ですから、資格を取得するための勉強をすることで、良質なサービスを提供できる素質を身につけて置くと就活ではかなり有利になるでしょう。

レストランサービスについては結婚式や各種パーティなどでも必要となりますから、興味がある場合は検定を受けておくのもいいかもしれません。

保険業界に就職する時に有利な資格ランキング

1位:ファイナンシャル・プランニング技能士
2位:ファイナンシャルプランナー(CFP)
3位:生命保険協会が主催する一般課程試験
4位:ファイナンシャルプランナー(AFP)
5位:証券外務員

保険業界では生命保険を選択するか損害保険を選択するかによっても違いますが、生命保険を扱う会社に就職したい場合は、生命保険協会が主催する一般課程試験が必要となります。

生命保険・損害保険共に必要になるのは、ファイナンシャルプランナーでしょう。ファイナンシャルプランナーと一言で言ってもAFP・CFPとランクによって資格が分かれCFPの方が難易度は高くなります。人生設計についての知識を身に着けることは、自分自身の将来設計にも役に立つでしょう。

ファイナンシャルプランナーの資格は保険業界にとどまらず、投資や金融業界でも活躍できる資格なのでおすすめです。

テレビ局に就職する時に有利な資格ランキング

1位:映像音響処理技術者
2位:TOEIC(R)
3位:運転免許
4位:第一級陸上無線技術士
5位:アナウンス検定

テレビ局に就職を希望する場合には、正直なところ資格はあまり重視されません。様々な知識よりもキャラクターや素質、コミュニケーション能力などが重視されるでしょう。

テレビ局に入社するためにはコネが必要とよく言われますから、その中でも有利に就活を進めるためには、アピールポイントを多く持っていた方が良いでしょう。テレビ局の中でも志望する仕事内容によって有利になる資格が大きく違い、アナウンサーなどを目指す場合は資格以外の容姿や原稿を読む能力や、相手にうまく伝えられる会話能力などを最重要視されますし、語学力もある程度必要となるでしょう。

取材やロケで機材を持って出かけることもあることから、どの部署でも必要と言われているのが運転免許だと言われています。運転免許は業種職種問わず応募資格に入っていることも多いので取っておきましょう。

販売士になりたい時に有利な資格ランキング

1位:販売士
2位:ファッション販売能力検定
3位:ファッションビジネス能力検定
4位:カラーコーディネーター
5位:パターンメーキング技能検定

販売士検定は販売に関する専門的な知識を認められる検定で、リテールマーケティング検定とも呼ばれており、百貨店などに就職を希望する場合は取っておくと有利です。特に近年では小売りに関する知識について、高く評価する企業も多いようです。

初学者受けの3級から1級まで3段階に分かれており、難易度が低い3級でも販売以外にも経営に関する知識を得ることができますから、アパレル業を自分で経営したい場合も取得しておいた方がいいスキルです。マーケティング力は消費者のニーズを計る上で必要なスキルで、販売業だけではなく様々な企業でも非常に重要な分野です。

ラジオ局に就職する時に有利な資格ランキング

1位:Pro Tools技能認定試験
2位:舞台機構調整技能士
3位:サウンドレコーディング技術認定試験
4位:第一級陸上無線技術士
5位:運転免許

ラジオ局はテレビ局と同様に資格よりかはキャラクター性や素質、コミュニケーション能力が重視される傾向にあります。やはりラジオ局もコネクションを持っている人が強い業界ですから、その中で戦っていくためには強いアピールポイントが必要でしょう。

ラジオ局でも公共の交通機関がない場所に出向く機会もあるため、運転免許は最低限取っておいた方が良いでしょう。現代社会において音楽の録音や再生技術はデジタル化が進んでおり、特にラジオ業界では映像を使わず音だけで表現するため音響が非常に重視されています。

音響に関係する試験だけでも色々な種類があり、中でもPro Tools技能認定試験はプロレベルの音楽録音現場には欠かせない、標準機とも言われている音響設備に関しての知識や操作技術を習得することができるため、資格を持っていると有利になるでしょう。

第一級陸上無線技術士の資格は、難易度がかなり高い資格と言われていますから、「無線ってなに?」というレベルであればアマチュア無線技士などから取り組んでみるのもいいかもしれません。