「真面目さ」をアピールしたいときの自己PRの書き方・例文

真面目さをアピールしたい時の自己PRの書き方

就活で真面目さをアピールしたいという就活生は多いでしょう。真面目な人柄というのは何より仕事の上で信頼されるものですから、アピールするデメリットなどどこにもありません。では、就活において真面目さをアピールするにあたり有効な方法は何でしょうか。

自分のことを「真面目な性格」と普段から思っている人はそう多くはいないとおもいますが、就活の時期に自分の性格を企業にアピールするとなると「私は真面目な性格です」と自己PRする就活生が急激に増えます。採用担当者からは就活生がどんな性格であるかは一見わかりませんし、「真面目である」と自称するのは簡単なことです。

また、「真面目な性格」というのは性格を問われた時には無難な答えですので、多くの就活生がそう答えようとします。企業側が欲しがる人柄ではあるけれどもみんなが自称するせいで埋もれてしまいがちな「真面目さ」をアピールするためには、他の就活生よりもしっかりとした説得力のあるPRにしなければなりません。

真面目さをアピールしたい時の自己PRの例文

真面目さをアピールするための自己PRの例を①学業編、②バイト編、③部活編、の3パターンに分けてご紹介します。

学業

私の大学在学中の研究テーマは○○でした。この分野を選んだきっかけは講義で教授がこの分野について触れた際に「この分野には現代社会が抱えている問題を解決するカギがきっとあるはずです」と述べていたのが特に心に残ったからでした。

卒論研究の過程ですが、まずは基本的な文献を調査しその後、ゼミの教授やその講義の教授、学部内の研究者たちに話を聞きその分野の概要と問題点、現状についてを把握しました。この分野はアメリカが研究の本場であるため日本ではまだほとんど研究対象とはされていないような分野でしたので、専門的なことを考察するにあたっては英語の論文や文献に当たる必要がありました。

幸い、私は高校時代から英語は得意だったので辞書を片手に片っ端から調査を始めたのですがこれは想像以上に困難な作業でした。文章の1カ所が分からないために論文の結論が分からず、1週間ずっと悩み続けて複数の教授たちに質問してようやく疑問が氷解するということもしばしばありました。

私の卒業論文は当初の計画を前倒しして進めていくことで、想定以上の深みを持ったものに仕上げることができそうでした。時間的に2か月ほど余裕ができたので、海外の研究者に手紙を送り、直に研究現場の声を聴き、自分の考えをぶつけてみました。

私は著作や論文の内容から5人の研究者をピックアップして彼らに対して質問状を送り、5人のうち3人から回答が返ってきました。この3人の回答は研究分野の最先端の知見などを盛り込んでくれていたので卒論の内容を一気に高度なものとしてくれました。

こうして無事私の卒論は出来上がり、ゼミの教授からは「大学院の博士論文レベル」だと褒めていただき、また学部の卒業研究発表会では特賞をいただくことができました。3年次以降は専ら卒業研究だけを毎日やっているような生活でしたが、自分の心血すべてを注ぎ込むことができたので満足しております。

このように私は自分のやるべき目標が定まったら全力でそこへと道筋をつなげようと試みる人間です。御社に入社できました暁には、新たな目標と道筋とを見つけたいと思っております。

バイト

私は奨学金で大学に通っているため、将来の返済を見越してバイトで稼ぐ必要がありました。単価で言いますと高時給の代表である家庭教師のバイトは一般的なバイトの2,3倍ほど時給が良いのですがあまり1週間のうちにコマを入れることができないという欠点がありました。

そこで週に2時間家庭教師をして、残りの週4日は飲食店のバイトをし、残った一日で集中的に大学の試験対策を行うようにしました。入学してから3年次まではそのようにして貯金をし、奨学金はほとんど使わないようにしました。

4年次となってからは卒業論文の作成もありますので少しバイトの量を減らしておりますが、学業以外はバイト尽くしであったからこそバイトとはいえ世の中のお金の流れや労働システム、社会的な常識などを学ぶことができました。飲食店のバイトなどは時折酔っぱらった客に絡まれたり、理不尽なクレームを受けたりなどと心が折れそうになることもしばしばでした。

しかし「お金をいただいている以上はその対価としてしっかりと働かねばならない」と自分に言い聞かせて頑張りました。大学入学までは「責任」という言葉に実感がない私でしたが、仕事をする際の雇用関係上の責任、店のタスクを任された身としての責任、店の一員としての社会的な責任など多くの「責任」についてを3年間で実感することができました。これらの経験は御社の業務に従事するにあたり必ず役に立つものと思っております。

部活

私は部活で内務を担当しました。私の部活では「内務」は部のスケジュールや大会日程の調節、他校との連絡・交渉、大会時の運営・管理などを行う重要な役目でした。やるべきことが多すぎるために役員決めの時に同期部員の誰もやりたがらず、仕方なく私が引き受けることとなりました。

そのような消極的な就任の仕方だったのですがいざなってみると職務の責任が重大すぎてとにかく考える前に行動することが求められました。ただでさえ試合シーズンの時には移動手段や宿泊予約などで忙しいのですが、運が悪いことに私が役員の年に5年に1度回ってくる大きな大会の運営役の当番となりました。

大会の資料作りや役割分担、物品の発注や宿泊割り当てなどで徹夜する日が何日もありました。大会の最中は正直言って自分の部の成績そっちのけで大会運営にミスがないかどうかということの方に集中していたほどです。

非常に疲れる役職ではありましたが、これまでの人生で初めて大きな「責任」をもって何かを遂行した経験でしたので大きな糧となったと自分では思っております。御社で社会人として立派に「責任」のある仕事をしたいと存じております。

真面目さをアピールしたい時に注意すべき点

「真面目さ」をアピールする際には以下の項目などに注意するようにしましょう。

「真面目さ」の方向性を間違っていないか注意

自分の「真面目さ」をアピールしたいあまり、
「一日中部活の練習だけに全力を尽くしました」
「バイトに週50時間入りました、テスト期間中もそれを貫きました」
「海岸清掃に一生懸命取り組み、留年した年などは1年中海岸にいました」
など、といった方向性を間違えたアピールはしないようにしましょう。

学生の本分は勉学です。昔はともかくとして現代の日本の大学は「大卒」資格を取るための職業訓練施設であるといって過言ではありません。学業そっちのけで「学業以外のなにか」に「真面目さ」を向けたとアピールするならば、企業側に「私は本業そっちのけで何かに夢中になれる人間です」とアピールするようなものです。

あくまで本分である「勉学」を第一としていたことをアピールしましょう。もし学校の成績や常識問題の成績が芳しくない場合には、そこを挽回するための理由を用意しておきましょう。

『真面目』ってようは『愚直』とならないように注意

「真面目」に取り組むことが常に人から褒められるとは限りません。周りから見てあまりに無駄の多い「真面目さ」、改善点を改善もしない「真面目さ」をアピールする文章にはなっていないでしょうか。

企業は「真面目さ」と同時に「要領のよさ」「創意工夫」も求めています。よくありがちな部活の自主練を頑張った話などはややもすれば「愚直に」練習をやり続けたとみることもできなくはないことが多いです。あなたのその時の現状分析や思考過程を盛り込むことでただ単に工夫なしに取り組んでいたわけではないことをしっかりとアピールするようにしましょう。

「真面目さ」をアピールするあまり「性格に難あり」とみなされないように注意

「真面目さ」をアピールする時必ずその反対には「真面目じゃない人」が存在しています(「あなたに成績で負けた人」「部活でレギュラーに選ばれなかった人」「バイトをしなくても大学に通える人」など)。

アピールしていく上でこれらの「真面目じゃない人」を貶めるようなことを言ってはいけません。いくら「真面目」で成果を上げることのできる就活生であっても、面接の段階で他者を貶す人間はきっと周囲と問題を起こすだろうと企業側はそう見ます。

いくら鳴り物入りであろうが新入社員が即戦力となることはほとんどありません。会社内の配属先で学ぶべきことを吸収して経験を積んで初めて使い物になるのです。ですから企業側は「周囲と適切な人間関係を結べるか」を重視します。ですから自身の「真面目さ」をアピールするために他者を貶める発言をすることはデメリットしかありません。

真面目さをアピールしたい時に書くべきこと

真面目さをアピールする時に書くべきことを以下にまとめました。

「真面目に」取り組んだこととその成果を客観的にアピール

どれだけ言葉を費やして「真面目さ」をアピールしても客観的な証拠、事例がなければ企業側にあなたの「真面目さ」は伝わりません。

学業面ならば「全教科で優をとった」「試験はほぼ全て90点以上だった」「卒論の○○という点で教授に褒められた」、バイトならば「バイトを週に○時間入れて学業と両立させた」「バイトのリーダーとして~というようなタスクを任された」。

部活ならば「練習に励み試合で~という成績を出すことができた」というようにその成果を客観的にアピールするためには成績や肩書きといった「他者からの評価」が必要となります。

「真面目に」取り組んだ、その内容をできるだけ具体的に書く

「真面目な」取り組みもただその「真面目さ」のアピールだけでは何の事だか分かりません。具体的にその内容やあなたの工夫を述べることによって初めて聞いている側に対して「説得力を持った」内容となります。

「真面目」以外の言葉で「真面目さ」を強調するテクニック

「真面目」という単語を自分に対して使うのは少し恥ずかしいという人もいることでしょう。またただ安直に「私は真面目な性格で~」と書いたところでありふれすぎていて採用側はあまり気にも留めずに見過ごしてしまう可能性もあります。

それに何度も「真面目」というキーワードを用いるのも不格好なものです。そのため「真面目」というワードを使わずに真面目さをアピールするというテクニックが有効になる場合もあります。

「ひたむき」「やると決めたことはやり通す」「慎重を期さなければ気が済まない」「自分の力を出し尽くす」など「真面目さ」が伝わる言い回しというのはいくらでもあります。「真面目」以外にもこのようなワードを巧みに駆使して、何回もあなたの「真面目さ」を読む側に刷り込ませるようにしてみましょう。

「真面目さ」を応募先企業でどのように活かせるかをアピールしよう

これが一番重要なことかもしれません。「真面目な」あなたを採用することで企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。企業に対して「自分の熱意」「企業への熱意」を示す意味も兼ねて「○○で見せた真面目さを企業でも発揮したい」というような内容をアピールしましょう。

採用側は自己PRのどこを見ているのか

リクルート社の就職白書2017には約1200社に対して行われた「企業が採用基準で重視する項目」のデータが載っています。

これによりますと
第1位は「人柄」で92.9%
第2位は「自社への熱意」で76.1%
第3位は「今後の可能性」で68.8%
第4位は「性格適性検査の結果」で38.9%
第5位は「基礎学力」で35.8%となっています。

この結果からも分かるように「人柄」「自社への熱意」「今後の可能性」をほとんどの企業は重視し、中でも「人柄」を重要視する企業は全体の90%以上にのぼります。

「能力」や「専門的なスキル」も大事な要素ではありますが、新卒社員というのは会社員としてはいわば卵の状態ですから、それら以上に「周囲とうまくやっていけるか」「与えられた仕事をきちんと遂行できるか」というほうが重要視されるということがこのことから分かると思います。

では企業が重視する項目No1である「人柄」ですがどのような「人柄」を企業側は喜んで採用しようとするのでしょうか?

このように企業が重視するのは「周囲と適切な人間関係を結ぶことができるか」ということです。また「入社してから責任をもって仕事ができるか」「与えられた仕事を熱意をもってこなせるか」も重要なポイントです。

したがって「人柄」もそれらに準じた観点から評価されるとみてよいでしょう。就活生の「人柄」について普段の実態を知らない採用側が知るためにはエントリーシートに書かれたわずかなエピソードや面接時の恰好・受け答えなどの印象しか手段がありません。そのわずかなエピソードであなたの「人柄」を企業側に伝えていかなければならないのです。

余談ですが外資系金融・BNPパリバのエントリーシートの質問項目には「あなた自身の小学生時代を振り返り、どのような学生であったか客観的に述べてください。」というものがあります。「人柄」を見るために小学校にまで遡るという発想は興味深いですね。

就活で真面目さがマイナスに働くことはあるのか

「真面目さ」は美徳であり、多くの日本人が好むものです。そしてビジネス上では「真面目さ」は何よりの信用・信頼の根拠足りえますのでアピールの方法さえ誤らなければ能力があって真面目な人を企業が採用しないわけがありません。
「真面目さ」をアピールしてマイナスに働いてしまう場合とは真面目さをアピールしたい時に注意すべき点でも述べたような、その「真面目さ」が意味のないものである場合、「真面目さ」本来の価値を失ってしまっている場合などです。本業以外のことに真面目になりすぎて、本業をおろそかにする人や真面目ではなく愚直な人に果たして企業が魅力を感じるでしょうか。

「真面目さ」をアピールして内定に近づくためには
①「真面目さ」が仕事に向けられるものである
②具体的に成果を残せる「真面目さ」である
③周囲の人間とも調和できる「真面目さ」である
以上の3点を満たしておくと良いでしょう。

就活における自己アピールでは就活生の性格は必ず注目される題材です。
「はつらつとした性格」
「負けず嫌いな性格」
「周囲を明るくさせる性格」
「前向きな性格」
など企業側にプラスの評価で捉えられる正確には何種類もありますがその筆頭格が「真面目さ」だと言って良いでしょう。

方法を誤らなければ「真面目さ」をアピールすることは内定に非常に有効な戦略となるのです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。