就活用の革靴の選び方と手入れ方法|色・紐・デザインの選び方

就活用の革靴の選び方

就活生は身だしなみに気を使わなければなりません。なぜなら面接において、身だしなみは就活生の第一印象を決める大切な要素だからです。髪はボサボサ、シャツはしわくちゃ、なんて調子ではどんなに素晴らしい経歴を持っていても採用されることは無いでしょう。

就活における身だしなみの大切さは、大学や専門学校の就活セミナーでも習います。しかし、多くの就活生にとって落とし穴になりやすいのが、「革靴の選び方」です。特に学生は着慣れないスーツやネクタイに気を取られてしまいがちで、革靴選びがおろそかになりがちです。

「革靴であれば何でも良い」と思っている学生も少なくないようですが、革靴にもちゃんと「カジュアル」「フォーマル」の概念があります。もちろん、就活はビジネスの一環ですからカジュアルな革靴は相応しくありません。面接官に無用なマイナス評価をつけられない為にはフォーマルな革靴を選ぶ必要があるのです。

では、一体どのような革靴がフォーマルなのでしょうか。就活にも使える革靴選びでは、「色の選び方」「つま先のデザインの選び方」「紐のタイプの選び方」の3つのポイントがあります。ここからは、各ポイントを詳しく解説していきましょう。

1:色の選び方

就活にも使える革靴を選ぶとき、最も大切なのが「色の選び方」です。初歩的なことですが、色選びを間違えるとかなり悪目立ちしてしまうので注意しましょう。

結論から言えば、就活に使える革靴の色は黒だけです。さすがに白や緑の革靴を履いて就活をする方はいないと思いますが、茶色の革靴を履いて就活をしている学生は稀にいます。

なぜ就活には黒い革靴が適しているのかといえば、黒は一般的に「最もフォーマルな色」だからです。冠婚葬祭で黒いスーツが着用されるように、黒はフォーマルなシーンに適した色だと考えられています。そのため、就活のときには相手に敬意を払い、黒い革靴の着用が基本とされているのです。

茶色の革靴はわりとカジュアルな印象を与えるため、面接官によっては「真剣味が足りない」「洒落すぎている」という印象を受けることもあるでしょう。入社後のビジネスの場で茶色の革靴を履くぶんには特に問題ありませんが、就活はあくまでフォーマルを意識した黒の革靴を選ぶ必要があります。

2:つま先のデザインの選び方

革靴は、つま先部分の形によって10種類以上のタイプに分類されます。このうち、就活で履いていても問題ないのはわずか2タイプのみだと言われています。

最も就活に適しているのは、「ストレートチップ」というタイプの革靴です。ストレートチップはつま先部分に横一文字のラインが入った革靴で、冠婚葬祭からビジネスまでどのような場面でも履ける革靴として知られています。就活用の革靴選びで迷ったら、まずストレートチップにしておけば間違いはありません。

就活でも履けるもうひとつの革靴が「プレーントゥ」というタイプです。つま先が丸く、ストレートチップのようなラインや凝ったデザインが一切入っていないものをプレーントゥと呼びます。数あるデザインのなかで最もシンプルなプレーントゥは、どのような場面でも馴染む使い勝手の良い革靴です。ストレートチップほどではありませんが、プレーントゥもまたフォーマルな場で履ける革靴とされています。

この他に、就活生がよく履いている革靴に「Uチップ」という形のものがあります。Uチップは靴の甲の部分にU字型のラインが入っている革靴で、ビジネスの場でも人気のあるデザインです。

しかし、Uチップはデザイン性が高いため、フォーマルとカジュアルの中間に位置する革靴だと言われています。ビジネスの場で履くぶんには問題ありませんが、フォーマルな装いを求められる就活の場に最適とは言えません。見た目がかっこ良いのでついUチップの革靴を選んでしまいそうですが、あまりおすすめはできません。

このように、革靴にはつま先のデザインだけでも様々な種類がありますが、就活で履ける革靴の種類は限られています。一番良いのはストレートチップ、次点でプレーントゥ、許容範囲ギリギリがUチップです。

それ以外の革靴にはデザイン重視のものが多く、フォーマルな装いには適していません。なかには入社後なら履いても問題ないデザインもありますが、就活では上記いずれかのデザインを選ぶようにしましょう。

3:紐のタイプの選び方

革靴には、紐の結び方によって「外羽根式」「内羽根式」の2タイプがあります。外羽根式と内羽根式は、「シューレスホール」と呼ばれる靴紐を通す穴がどのように付いているかで見分けることができます。

「外羽根式」は、その名の通りシューレスホールが外側に付いた革靴です。シューレスホールが靴本体に覆いかぶさっているため、靴紐を外すとシューレスホールが羽根のようにヒラヒラします。外側に羽根がついているので外羽根式、と考えると覚えやすいかもしれません。

元々は海外の軍隊が履いていた軍用靴がモデルとなり、現在の外羽根式革靴となりました。外羽根式の革靴は、靴紐の結び方によって印象が変わることや、元々軍用靴だったことからも、ややカジュアルな印象を与えるデザインの革靴です。

「内羽根式」は、シューレスホールが靴の甲部分と繋がっている革靴です。シューレスホールが靴本体とつながっているため、外羽根式とは違い靴紐を外しても形が変わりません。元々はスコットランド王族が愛用していた貴族用の靴が、現在の内羽根式の革靴として流通しています。外羽根式よりもカッチリとしているので、内羽根式の革靴はよりフォーマルな印象を与えるとされています。

このうち、就活に適しているのは内羽根式の革靴です。内羽根式の革靴はフォーマルな場で履くために作られた革靴であり、就活の場でも相手に悪印象を与えません。

色やつま先のデザインさえ間違っていなければ外羽根式でも気にしないという企業も多いため、外羽根式が絶対にダメというわけではありませんが、最適とは言えません。外羽根式と内羽根式、就活で使う革靴をどちらにしようか迷ったら、内羽根式にしておくのが無難でしょう。就活生に外羽根式の革靴を認めないという企業はあっても、内羽根式を認めないという企業はまずありません。

就活用として不適切な革靴の例

就活には「内羽根式でストレートチップの黒い革靴」が最適です。それ以外の革靴でも多少は容認されることもありますが、あまりに突飛なデザインだと面接官に減点をくらうこともあるでしょう。

就活生は、出来る限りフォーマルな革靴を選ばなければなりません。革靴にはフォーマルなデザインのものもあれば、オシャレな装いに合わせるためにデザイン性を高めたものもあります。オシャレな革靴は魅力的ですが、就活では減点対象になることも珍しくないので注意しましょう。

例えば、「ウイングチップ」は絶対に就活で履いてはいけない革靴のひとつです。つま先がWの字の形にデザインされている革靴で、ファッション性は高いものの、フォーマルな場には相応しくない革靴です。

ウイングチップはビジネスの場でも履かれることのある革靴ですが、会社の食事会やパーティなど、比較的くだけた場で使用される靴です。少なくとも就活には不適格なので、面接にウイングチップを履いていくことはできません。

更に就活向きでないのが「ローファー」です。学生が好んで履くタイプの革靴ですが、ローファーは全ての革靴のなかで最もカジュアルなデザインとして知られています。そもそもローファーという名前は「怠け者」という意味で、紐を結ぶ必要すら無くスリッパ感覚で履ける革靴として使われているものです。同じ革靴だからといって、ローファーで就活を行うのはスリッパで就活を行うのと大差ありません。

ローファー以外にも、基本的に靴紐のついていない革靴は就活に使えないとされています。「シングルモンク」や「ヴァンプ」など、他にも靴紐の無い革靴はいくつかありますが、いずれも就活には適していません。これらの革靴は、面接官にマイナスの印象を与えることはあってもプラスには働きません。

就活時の靴紐の結び方

せっかく就活に適した革靴を手に入れても、靴紐の結び方が間違っていると台無しです。靴紐は綺麗に結ばなければだらしない印象を与えてしまうため、面接官に会う前に正しい結び方を学んでおきましょう。

就活で使える靴紐の結び方にはいくつかの種類があるのですが、最も良いのは「シングル」と呼ばれる結び方です。シングルは最もオーソドックスで、かつ最もフォーマルな結び方なので覚えておきましょう。

シングルで靴紐を結ぶためには、まず一番下にある両側の穴に外側から靴紐を通します。次に片側の紐を逆側の一番上の穴に内側から通し、もう片方の紐は逆側の一番下の穴に内側から通します。下の穴に通した靴紐を、空いている穴に下から順に通していき、一番上まで来たら蝶結びをしましょう。これでシングル結びの完成です。

ほとんどの革靴は、購入した時点でこのシングル結びの状態になっています。購入した状態から靴紐をほどいていないのであれば、特に結び直す必要はありません。

また、革靴は蝶結びにした部分が縦にねじれないように注意する必要もあります。蝶結びを作るとき、両側の紐を同時にねじると回転して縦結びになることがありますが、だらしない印象を与えるので縦結びは必ず直してください。心配なら、面接当日に慌てて結び直す必要がないよう、あらかじめ二重蝶結びなどの解けにくい結び方で靴紐を整えておくのも良いでしょう。

就活で使う革靴の手入れ方法

革靴は、スニーカーとは違い手入れに気を使わなければならない履き物です。スニーカーなどの運動靴は丸ごと水洗いすることも可能ですが、革靴は細かく手入れしなければすぐに傷んでしまいます。

革靴を綺麗に保つためには、まずブラシで汚れを落とすところから始めましょう。最近は100円ショップでも靴磨き用のブラシを購入することができるので、あらかじめ用意しておきます。つま先部分からかかと部分に向けてブラシを動かし、泥やホコリなどの汚れを落としておきます。水は使わず、また強く擦りすぎないよう注意しましょう。

目に見える汚れが落ちたら、次はクリーナーを塗ります。クリーナーは直接塗るのではなく、布に染み込ませて薄く延ばすように塗っていきます。あまり多く塗るとシミになってしまうので、慎重に行いましょう。クリーナーはあくまで汚れを落とすためのものなので、塗り終わったら丁寧にふき取ります。

ブラシとクリーナーで靴を綺麗にしたら、同系色のクリームを塗りましょう。クリームは革に水気を補給し、ひび割れや乾燥を防いでくれます。全体にクリームが行きわたったら、布で拭き取りながら磨いていきます。こうすることで、革靴に光沢が出てきます。

十分に光沢が出たら、最後に撥水スプレーをかけておくのがおすすめです。撥水スプレーをかけなくても問題はありませんが、革靴は水に弱いので撥水スプレーをかけておくだけでかなり寿命が変わります。

こうして手入れを行った革靴は、できれば「シューツリー」にかけて保管しておきましょう。シューツリーが無い場合は、湿度の高くない場所に保管しておきます。靴用の乾燥剤などを使用するのも良いでしょう。

就活における革靴の重要性

大企業になるほど、就活生の革靴をしっかりと確認するそうです。「オシャレは足元から」という言葉があるように、足元に気を使うことは身だしなみの基本だと考えられているのです。就活生にとっての正しい身だしなみといえば、スーツの着こなしや、ネクタイの結び方に目が行きがちです。

しかし、革靴も「ただ履けば良い」というものでは決してなく、革靴の履きこなしは就活生が守るべきマナーとして企業に周知されているのです。

ある企業は「足元が悪い学生は採用しない」と公言しています。それは「常識的なスーツの着こなしすら出来ない者に将来性は無い」という考え方から来ているのだそうです。このように公言している企業は稀ですが、公言こそしていなくとも、革靴の履き方が採用基準の一つになっているという企業は他にも存在すると考えられます。

いくら学生時代に素晴らしい功績を残していても、転職前に大きな実績があっても、ただ「革靴の履き方が間違っていた」というだけで落とされてしまう可能性があるのです。いわば革靴選びは、社会人として守るべき「最低限のマナー」であり、普段よりフォーマルな装いであるべき就活の場で革靴選びを間違えるということは「普段からマナーを守れない人間」だと思われても仕方ないのかもしれません。

革靴の種類など気にしない、という企業も多くあるでしょう。しかし、採用先の企業がどの程度革靴のマナーを気にしているのかは、就活生には最後まで分かりません。革靴が原因で落とされるというリスクを減らすために、就活に使う革靴選びは慎重に行いましょう。もしかするとそれが、アナタの合否を決める判断材料になるかもしれません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。