就活で好印象を与えるネクタイの色や柄|おすすめのブランド

就活で好印象を与えるネクタイの色は?

ネクタイ選びは、スーツ姿の印象を決める重要な要素です。色を変えるだけでも相手に与える印象が大きく違ってくるため、就活生はネクタイ選びに気を使う必要があります。

就活時に着用するネクタイの色に悩んだら、面接官にどう見られたいかを考えるのがポイントです。「色彩心理学」という学問があるほど、色は人間の脳に大きな影響をあたえます。特に、見た目の印象に結果が左右されがちな面接の場では、ネクタイの色ひとつで面接官の心を掴むことも可能なのです。

色によって与える印象は変わるため、自分の性格に応じた色のネクタイを選ぶとよいでしょう。ただしあまりに派手な色は逆に悪印象を持たれてしまうため、就活では以下のようなネクタイを選ぶのがおすすめです。

赤色のネクタイ

赤は心理的に情熱や興奮のイメージを与える色です。そのため赤色のネクタイを締めていると、やる気に満ち溢れた活力的な人間に見られやすくなります。

ただし、就活ではあまりにも真っ赤なネクタイをつけていると悪目立ちしてしまうことがあります。就活では落ち着いた色合いのネクタイが好まれるため、真っ赤ではなく赤系のエンジ色などを選ぶのが良いでしょう。エンジ色だと少し地味に思えるかもしれませんが、青系のネクタイを選ぶ就活生が多いので、エンジ色でも十分に個性を出すことができます。

水色のネクタイ

青は穏やかさや冷静さのイメージを与える色です。ネクタイに青色のものを選べば、落ち着いた人間に見られやすくなります。

その反面、寒色系である青は憂鬱さや冷酷さといった負のイメージを持っている色でもあります。あまりに濃い青色のネクタイを締めていると、やや暗い人間に見えることもあるため使い方には注意が必要です。

そこで、青系のネクタイなら水色のものを選ぶのがおすすめです。水色は青に比べると爽やかに見えやすいので、青色が持つネガティブなイメージを吹き飛ばしてくれます。就活生には若々しさや元気なイメージが必要なので、水色は最適なネクタイの色のひとつといえるでしょう。

黄色のネクタイ

黄色は希望や明るさなどのイメージを与える色です。「コミュニケーションカラー」と呼ばれるほど人に親近感を与える色なので、元気で親しみやすい印象を与えやすくなります。

ただし濃い黄色だと警戒色になってしまうので、ネクタイには薄い黄色を選ぶのがポイントです。就活生は無難な青系のネクタイを選ぶことが多いため、黄色のネクタイをつけている方は多くありません。上手く行けば面接官の印象に残りやすくなるので、勝負をかけたい時におすすめの色でもあります。

紺色のネクタイ

紺色は権威や堅実さのイメージを与える色です。ネクタイの中では最も保守的な色だと言えるでしょう。落ち着いた色合いの紺色は、相手の警戒心を和らげる働きも持っています。相手に悪印象を与えずに済むため、やや保守的な企業の面接には適していると言えます。

ただ、ネクタイとしては最も無難な色だけに、個性を重視する企業では評価されにくい傾向にあります。紺色は警戒心を与えないと同時に、相手の印象に残りにくいというデメリットもあることを理解しておきましょう。もし紺色を選ぶなら、無地ではなく柄の入ったものを選ぶと印象を変えることができるかもしれません。

あまりおすすめできない色のネクタイ

就活で使うネクタイは、出来る限り落ち着いた色合いを選ぶようにしましょう。派手な色を選んだことが個性として評価されることもあるかもしれませんが、それが決して無難であるとは言えません。

赤ならエンジ色、青なら水色や紺色、黄色なら玉子色というように、少しづつ色調を変えて対応するのがおすすめです。目がチカチカするような濃い色のネクタイは、何色であっても歓迎されません。

あまりおすすめできないのは、ピンクやパープルなどの派手な色です。また、蛍光色やショッキングカラーは全て就活のネクタイには使用できません。個性を出すためだったとしても、派手な色のネクタイを使うと悪目立ちしてマイナス点をつけられる可能性があります。

落ち着いたスーツの着こなしは社会人として当然のたしなみです。就活では、ネクタイ選びやスーツの着こなしも採点されているのだと考えて面接に臨みましょう。

就活で好印象を与えるネクタイの柄は?

ネクタイ選びで色と同じくらい大切なのが、ネクタイの柄の選び方です。レジメンタル、リバース、クレスト、チェックなど、ネクタイには様々な柄があります。せっかく良い色のネクタイを選んでも柄が不適切だとバランスが悪く見えてしまいます。

就活では、誰もが同じようなリクルートスーツを着て活動しています。ネクタイはそんな中で唯一オシャレが許された部分であり、柄はネクタイのオシャレさを左右する要素です。面接官に好印象を与えて採用を勝ち取るために、柄のデザインが優れたネクタイを選びましょう。就活生におすすめのネクタイの柄は以下の通りです。

レジメンタル

レジメンタルは斜めにストライプの入ったネクタイの柄です。日本では最も定番のネクタイですが、ファッション性も高くバリエーションも多いのが魅力です。無難すぎて個性が出しにくいという側面もありますが、まず間違いのないデザインのひとつです。

レジメンタルのネクタイを選ぶときに注意したいのは、外資系または外国人との取引きがある企業での着用は控えたほうが良いということです。元々レジメンタルのネクタイはイギリスの軍隊で生まれたものなのですが、実はあのストライプ模様は「学歴」や「所属団体」を表しています。

学校の制服や、軍人の腕章をイメージすると分かりやすいかと思います。つまり、レジメンタルのネクタイはその模様が表す団体に属していない人間が着用してはいけないものだったのです。

日本ではデザイン性の高さがうけてビジネスの場でも着用されるようになったレジメンタルですが、海外では今でも公共の場でレジメンタルのネクタイを締めてはいけないという風潮があるようです。あくまで念のためにという話ではありますが、外国の方と関わる機会が多い企業でのレジメンタルのネクタイ着用は控えたほうが無難なのです。

ドット

日本では「水玉模様」と呼ばれているのがドットという柄です。ドットのネクタイは個性的ではありませんが、大人しい印象を与えてくれます。落ち着きを表現したいときにはドットを選ぶと良いでしょう。

この柄は、ドットの大きさに応じて「ピンドット」「ポルカドット」「コインドット」の3種に分かれています。このうち就活に適しているのは、最もドットの小さい「ピンドット」だけです。

ドットが大きくなると、自然にカジュアルな印象が強まってしまいます。面接では極力フォーマルな装いを心がけなくてはならないため、ポップなデザインの多いポルカドット以上の着用は控えるべきでしょう。

クレスト

クレストは、外国風の小さな家紋が入ったネクタイのことです。

デザインによっては派手になりがちなので注意が必要ですが、個性的なネクタイを選びたいならクレストがおすすめです。比較的就活生には選ばれない柄ですが、ビジネスの場に適していない柄というわけではありませんので安心して着用できます。

また、あしらわれた家紋が日本風の場合はクレストではなく「小紋」という柄になります。こちらも就活生が着用することには何の問題もありません。

あまりおすすめできない柄のネクタイ

就活では、落ち着いた柄のネクタイを選びましょう。ドットが大きすぎるものや、派手なデザインがあしらわれたものは着用できません。特に、キャラクターが描かれたネクタイは減点対象になりやすいため注意が必要です。

クレストや小紋のように、色合いとのバランスが取れていれば絵柄の入ったものでも構いません。しかし、明らかに目立ちすぎるイラストの入ったネクタイの着用は控えましょう。

就活生におすすめのネクタイの結び方

実はネクタイの結び方には80種類を超える方法があります。しかし一般的には、1~2種類の結び方さえ押さえておけば問題はありません。特に就活生はあまり突飛な結び方にチャレンジしても生意気な印象を与えるだけなので、初歩的な結び方だけ覚えておけば良いでしょう。

就活生が覚えておくべきネクタイの結び方は、最も初歩的な「プレーンノット」です。プレーンノットは簡単ですが、一度締めると結び目が小さくなりほどけにくいのが特徴です。かなり実用的で、見た目も悪くないのでおすすめです。

プレーンノットの作り方は、ネクタイを首にかけ、大剣を小剣に巻き付けるように一周させ、首まわりに出来た輪っかの中から通して引っ張るだけです。
最初はネクタイの長さの調節に手間取るかもしれませんが、一度覚えたら忘れないようなシンプルな方法です。

ただしプレーンノットは結び目が小さいので、体格の大きな人には向いていません。体格の大きい人は、ネクタイの結び目が大きく三角形になる「ウインザーノット」をおすすめします。プレーンノットに比べると少しだけ複雑ですが、こちらも一度覚えるとすんなり出来るようになると思います。

プレーンノットかウインザーノットのどちらかがしっかり出来ていれば、問題なく就活を行えることでしょう。どちらの結び方を選ぶかは、鏡の前で調節して決めてみてください。

就活でネクタイピンは必要?

結論から言えば、就活でネクタイピンをつける必要はありません。ネクタイピンは昔からネクタイのズレを防ぐために使われてきたものですが、現在はスーツやネクタイそのものの品質が向上しているため、気にするほどのズレが起こらなくなっているためです。そのため最近では、ネクタイピンはビジネスマン向けのファッションアイテムとして扱われることも多くなってきているのです。

ただ、就活生がネクタイピンをすることがいけないかと言えば、決してそのようなことはありません。ファッションアイテムとしてではなく、ネクタイピン本来の役割を果たすために使うのであれば、就活生がネクタイピンを使っても問題ありません。就活でネクタイピンをつけるなら、何のデザインも付与されていないフォーマルのネクタイピンを選びましょう。

就活におすすめのネクタイのブランドは?

就活で着用するためのネクタイブランドとしては、国内最大級のネクタイブランド「フェアファクス」がおすすめです。フェアファクスは1976年に東京青山で創業して以来、品質の高いネクタイを作り続けてきたブランドです。

なぜフェアファクスが就活生におすすめなのかといえば、それは「高級すぎないから」です。企業の社風にもよりますが、面接官によってはあまり高級なブランドのネクタイをつけている就活生を敬遠することもあります。就活では落ち着いた装いをすべきですが、高級ブランドのネクタイが「派手」と見なされてしまうためです。そのため、ブランドロゴが入った高級ブランドのネクタイは就活に向いていないのです。

では安いネクタイならば良いかといえば、それも違います。一日に何十人もの就活生を相手にする面接官は、スーツやネクタイの質を見る目を持っています。あまりに安価なネクタイを着用していることがバレると、「あまり本気で面接に臨んでいない」と思われかねません。

そのため、就活では「高品質で高級すぎないネクタイ」を選ぶべきなのです。

フェアファクスのネクタイは1本1万円以下の手頃な価格のものが多く、それでいて国内メーカーならではの品質の良さがウリです。また、就活生が使うのに適した落ちついた色合いのネクタイが多いのも特徴です。

就活で使うネクタイのメーカーに悩んだら、フェアファクスの商品を参考にしてみてください。高品質でデザイン性も高く、また値段も手ごろなネクタイメーカーはなかなか無いのでおすすめです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。