インターンシップのお礼状の書き方と例文|便箋・封筒の書き方

インターンシップ参加後のお礼状の書き方

インターンシップに参加したら、お世話になったお礼状を出すのが、一般的なマナーです。マナーにのっとった、正しい書き方が出来るようにしておきましょう。

縦書きのお礼状の書き方

インターンシップのお礼状は、まず頭語から始めます。時世の挨拶を続け、季節に合った表現をしましょう。縦書きの際、一番右端の列から書き始め、一文字分あけてお礼を続けます。「拝啓 このたびは○日間に渡り、インターンシップのお時間を頂き誠にありがとうございました」といった形式です。

インターンのお礼を主文として述べたあと、今後の指導を願う言葉などで、志望度が高まった旨を伝えます。相手の繁栄や発展を願う言葉をつづけ、結語で終わりにするのが一般的なルールです。結語は行を改めて、最下部から一文字分空白を開け、下でまとめます。

その後改行し、一番上に年月日、自分の氏名と所属、相手の企業名や部署を書き、更に改行して、相手の名前を書きましょう。「課長」などの肩書がある場合、氏名の前につけるようにします。敬称のつけ方は、「営業部○○課長様」というパターンは、よくやってしまいがちな間違いです。正しくは、「営業部課長○○様」か、あるいは「営業部○○課長」です。「様」の取り扱いに気を付けてください。

横書きのお礼状の書き方

インターンシップのお礼状は、縦書きで送るのが基本です。これは、横書きの文書が、長らくカジュアルなものと認識されてきたため、友人や親しい間柄に送るのには向いていても、かしこまったインターンシップのようなシーンには、あまり適していないと考える人が多いからです。

ただし、横書きでお礼状を出すことで、マナー違反になってしまうというわけではありません。基本的な書式ルールを守り、正しい言葉遣いをして、インターンシップのお礼を例日に述べることが出来れば、横書きでも失礼には当たらないでしょう。特に、相手から既に横書きの文書を受け取っていた場合などは、問題なく送ることが出来ます。

また、手書きの便箋ではなく、ワープロ打ちでお礼状を送る場合も、横書きは選ばれやすいです。文書の構成は、基本的に縦書きの際と同様です。結語でしめたあと、改行して左端に、年月日を記載します。横書きでも、改行の際には一文字下げるのが基本です。頭語と結語は、相手に合わせて、適したものを選べるようにしておきましょう。

インターンシップのお礼メールの書き方と例文

ボールペンか万年筆で書く

インターンシップのお礼状は、かしこまった形で送るものです。そのため、シャープペンシルやエンピツ、熱で消えるタイプのインクなどは、決して使用しないようにしてください。また、黒色以外のインクを使用しないようにしましょう。たとえ濃い色であったとしても同様です。

宛名は便箋のふちから書く

インターンシップのお礼状は、便箋のふち辺りから書きはじめるようにしましょう。

長くなる場合は、改行を挟んでも問題ありません。封筒に記載していても、同じ内容をきちんと便箋の冒頭に書き入れるようにするのを忘れないでください。

複数の人にお世話になり、お礼状の宛名に個人を指名するのが難しいという場合もあるでしょう。その際には、「人事部 採用ご担当者様」のような書き方をしても、マナー違反にはなりません。個々人に出す必要はなく、まとめてのお礼で問題ないでしょう。

お礼状の例文をチェックしよう

○○株式会社

人事部人事担当○○様

拝啓

この度は、○日間に渡り、インターンシップという大変貴重な体験をさせて頂き、誠にありがとうございました。貴社の皆様の大変温かなご指導、心より感謝しております。

実際に業務の一端を経験させて頂いたことで、マニュアルでは知りえることのなかった、様々な苦労ややりがいを知ることが出来ました。想像よりもはるかに細やかな気配りがあることを感じ、就職活動におけるモチベーションを、より高めるきっかけにもなりました。大変意義深いものとなり、改めて貴社で働かせて頂きたいという思いを強くなりました。

まずはご丁寧に指導頂きましたお礼を申し上げたく、お便り致しました。お忙しい中、貴重な体験をさせて頂き心から感謝しております。

貴社のご発展、並びに、○○様のますますのご活躍をお祈り申し上げます。大変ありがとうございました。

敬具

平成◯年◯月◯日

○○大学○○学部○○学科○○専攻
名前○○ ○○

インターンシップのお礼状を送付する際の封筒の書き方

封筒のサイズ

お礼状を入れる封筒のサイズは、大体長形四号が良いでしょう。B5の便箋を三つ折りにして封入することが出来るので、最も綺麗な形で、お礼状を収めやすいというメリットがあります。

A4サイズの便箋でお礼状を書く場合は、三つ折りであれば長形三号、四つ折りであれば長形四十号が適しています。

封筒の色

お礼状を出すときの封筒は、白色のものを選ぶようにしましょう。柄がついているものや、色がついているものは避けてください。シンプルな白無地のものが良いですね。

インターンシップに参加したあと、ついやってしまいがちなのが、茶封筒を使ってお礼状を出してしまうミスです。茶封筒は、内輪でのやり取りに使用するものであるため、ビジネスシーンのような改まった場面で使うのは避けてください。お礼状の場合は、マナー違反になってしまいます。

宛名の書き方

封筒の宛名は、お礼状が縦書きか横書きかで、宛名の向きを変えてください。

インターンシップの担当部署宛てであれば、「人事部人事課採用担当 御中」といった書き方をします。先方の部署名の下に、「御中」を入れるのを忘れないようでください。無理して一行におさめなくても構わないため、見やすいよう適宜改行しましょう。

担当の相手の名前が分かっている場合は、役職や肩書をかき、その下にやや大き目のサイズで、相手の名前を書くようにしましょう。肩書と名前は、本文の宛名と同様に、改行して書いたあと、「様」でまとめます。

インターンシップのお礼状を書く際の便箋の大きさ

手書きのお礼状は、基本的にはB5サイズの便箋が適しています。最もオーソドックスなビジネス便箋のサイズなので、社会人としてのマナーにのっとっているでしょう。

こちらも封筒と同様に、基本的に白色で無地のものを選ぶようにしましょう。別の色がついているものや、柄つきのものなどは避けるようにしてください。

インターンシップのお礼状が遅れた時の対処法

インターンシップのお礼状は、出来るだけ早めに出しましょう。何日もお世話になった相手であればなおさらです。基本的に、インターンシップが終わってから、三日以内には、ポストに投函出来るようにしてください。一週間以内には、相手の手元に届くようにするのが良いでしょう。

あまりに時間が経ちすぎてしまうと、相手に不快な思いをさせてしまうケースもあります。お礼状をメールで出す場合は、インターンシップが終わったその日のうちに送るくらいの心づもりが賢明です。

ただし、已む得ない事情があり、お礼状を出すのが遅れてしまうこともあるでしょう。それでも、お礼状はきちんと出しておいた方が、社会人の振る舞いとして適しています。

その場合、「先日は○日間に渡り、インターンシップという大変貴重な体験をさせて頂き、大変ありがとうございました」と書いたあと、「お礼のご挨拶が遅れてしまい、大変申し訳ございません」や「お礼を申し上げるのが遅くなり、大変失礼致しました」といった一言お詫びを入れてから、具体的なインターンシップの内容に触れていくと良いでしょう。頭語、時世の挨拶に続けて、謝罪を加えるようにしてください。

主文が終わったあと、「忙しい時間を割いてご指導を頂き、重ね重ね本当にありがとうございました。どうか今後もご指導のほど宜しくお願い申し上げます」と書いておくと、誠実さを更に伝えることが出来るでしょう。

万が一、何らかの事情で、二週間以上経過してしまった場合は、遅くなってしまった具体的な理由を伝えるようにしましょう。

「インターンシップから間を置かず、他県で研修に入ってしまった為、お礼状が遅くなってしまいました。ご挨拶が遅れてしまい、申し訳ございませんでした」などと伝えておくと、相手にも納得されやすいでしょう。

ただし、言い訳じみたことを、長々と述べてしまうのは避けてください。無礼を働いてしまったのは事実ですから、謝罪の言葉は決して欠かせてはいけません。

インターンシップのお礼状は出さないほうがいい場合もある?

インターンシップのお礼状は、基本的には出した方が良いでしょう。それが直接選考に関係しないことがほとんどではありますが、社会人としてのマナーが守られているということが、あなたの印象をプラスにしてくれることもまた、珍しくはありません。

短期間のインターンシップは出さないことも多い

一日だけで終了するインターンシップの場合、お礼状を省略するケースも多いです。短期間の場合は、就活生をチェックするというより、企業サイドも、広報活動の一環という趣旨で開催していることも少なくないからです。

もちろん、お礼状を出すこと自体がマナー違反になるわけではありません。

インターンシップのお礼状について把握しよう

インターンシップのあとのお礼状は、忙しい時間を割いて、インターンシップで指導に当たってくれた相手に対し、心からの感謝を伝える、とても重要なものとなっています。採用可否に直接関係がないのであれば、出さなくても良いと感じる人もいますが、お世話になったお礼を、丁寧に伝えるということは、社会に出る上で非常に大切なマナーであり、心遣いでもあります。

あなたの心をしっかり伝えるために、便箋や封筒、言葉遣いなどのマナーも存在しています。相手の貴重な時間や手間をもらった感謝を、しっかり伝えられるようにしてください。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。