スーツのボタンマナー・正しい留め方とは|就活での適切なボタンの数

男性のスーツのボタンの留め方

スーツのボタンは、かけ方ひとつで全体の印象を大きく変化させるものです。カジュアルな聞く気崩し感やこなれ感を演出できる一方で、いかにもスーツに慣れていない野暮ったさを感じさせてしまうこともあるため、就活という場においても第一印象を左右する重要な役割を担います。

最近はオフィスカジュアルの考えが広まってきていますから、いざ働き始めれば色々な着こなし方を身に付けておくにこしたことはありません。しかし、就活の面接などで大切なのはスーツのこなれ感を見せることではなく、誠実な印象を与え、一緒に働きたいと感じさせることです。そんな就活の場では、マナー通りのフォーマルなボタンのかけ方をしておきましょう。

また、就活におけるボタンの留め方を学んでおくのは企業への印象だけてはなく、自分の気持ちにも影響します。

就活を行う人の多くは、初めてのスーツや企業への訪問でとても緊張しているでしょう。そんな時に、自分のボタンのかけ方が他の人と違っていたり、スーツの着方に不安があるとそればかり気になって肝心の就活に集中できなくなってしまう恐れがあります。

就活中は気持ちも昂り、小さなことでも落ち込んで普段のコンディションを保てなくなってしまう可能性があります。些細なことだから、と見逃さずに正しいボタンのかけ方まで確認しておけば、不安なく就活に望むことができるでしょう。

2つボタンの場合の留め方

2つボタンのスーツは、1つ目のボタンのみを留める着方が正式な着用方法です。

就活の場では、だらしがないと思われると心配しすべてのボタンを留めてしまう人も少なくないのですが、反対にマナーを知らないと思われてしまうこともあります。

また、下のボタンを留めてしまうとシルエットが崩れ、洗練されていない印象になってしまうのでボタンは1つ目だけ留めるようにしましょう。

3つボタンの場合の留め方

3つボタンのスーツには、1つ目のボタンが襟に隠れているタイプと隠れていないタイプの2種類が存在します。どちらのタイプも就活で利用できるのですが、それぞれボタンの留め方が異なります。

まず、1つ目のボタンが襟の折り返しに被っているタイプのスーツは、1つ目のボタンを留めてはいけません。2つ目のボタンのみをつけて着用するのが正式な着方となります。1つ目のボタンが襟に隠れていないタイプのスーツは1つ目と2つ目のボタンをかけて着用するのが正しい方法です。

ちなみに、3つボタンのスーツはボタンが均等についているもののほかに、モッズタイプと言われる若干上寄りにボタンがついているスーツがあります。モッズタイプは前のボタンをすべて留める着こなしもできるスーツですが、カジュアルな印象が強くなってしまいます。正式な場である就活に着用するのは避けておきましょう。

男性のスーツのボタンのマナー

スーツを正しく着こなすためのマナーは、就活の時だけではなく会社に入って社会人として過ごす上で欠かせないものです。ビジネスの場では安心して仕事を任せられる、という信頼を持たれることが成功への一歩です。

人は出会って初めの10秒で相手への第一印象を決める、と言われています。初めて会った瞬間のスーツ姿がだらしないと第一印象も頼りにならない、と言ったものになってしまうかもしれません。

そんなスーツの印象を左右するのが、ボタンの留め方です。どんなに良いスーツを着ていても、ボタン一つでだらしがない、TPOをわきまえていないという印象を持たれてしまうこともあるのです。頼りがいのある社会人としてのスタイルを崩さないためにも、スーツのボタンのマナーを把握し、身だしなみを整えることで相手からの好印象を手に入れましょう。

スーツの一番下のボタンは基本的に開けておく

基本的に、スーツの一番下についているボタンは飾りボタンと呼ばれ、留めないという正式なマナーがあります。これは、スーツを着る上で最も基本的なルールなので覚えておきましょう。

なぜ一番下のボタンを留めないのかというと、スーツは裾に向かって広がっています。一番下のボタンを留めてしまうと、この美しいラインを崩し、スーツに余計な皺を作ってしまう原因となるからです。スーツのシルエットはその人の印象を作る大切なものなので、皺が寄って崩れた姿にならないように、一番下のボタンは外しておきましょう。

ちなみにアンダーボタンマナー、アンボタンマナー等と呼ばれるこのマナーは、時代でスーツのデザインが変わってきたことによる習慣です。1920年頃に着用されていたスーツはボタンの位置が高く、舌のボタンを留めてもシルエットの邪魔にならなかったのですが、その後ボタンの位置が低くなり、一番下のボタンというデザインは残りながらも、実際は留めないというルールが一般的になったそうです。

就活できるスーツの適切なボタンの数は?

一口にスーツと言っても多くのタイプがあり、ボタンの数も1つボタンから4つボタン以上まで様々です。就活用のスーツを購入するときには、どのタイプのスーツを選べばいいのか迷ってしまうかもしれません。それぞれのスーツの中から、就活に適切なボタンの数を見ていきましょう。

1つボタンと4つボタンはリクルートスーツには適さない

まず、1つボタンのスーツですが、一般的にタキシード等の礼服や喪服に使われるタイプです。そのため、就活にこのタイプを着用していくと、正装のスーツを使いまわしているという印象を持たれてしまう可能性があります。

また、1つボタンは前の空きが大きいので、他のスーツに比べて華やかでドレッシーな印象になってしまうので、堅実で真面目な就活の場にはあまりおすすめできません。

次に4つボタンやそれ以上ボタンがあるスーツですが、これらのスーツはかなりファッション的な要素が強く、モード系な印象になってしまいます。就活用のスーツを探していると言った時、4つボタンのスーツを進められることはほぼあり得ないので心配はいりませんが、家にあるスーツを代用しようと考えている人は4つボタンではないかしっかり確認して着用しましょう。

こういった就活用のリクルートスーツではないスーツを着用していくと、常識が無く真面目に就職活動を行っていないという印象を抱かれてしまう可能性もあります。また、就活において服装の違いで周囲から浮いてしまうのは、けして良い目立ち方ではありません。

自分を主張したいという気持ちはプライベートでのファッションで発散し、就活では一般的で無難なタイプを選ぶようにしましょう。

就活用のリクルートスーツに適切なのは2つボタンか3つボタン

就活で一番適している、とされるスーツは2つボタンと3つボタンのどちらかです。この2種類の場合は、どちらがより有利に就活を進められるといった差はほとんどありません。実際に試着してみて自分の体形や印象に合っている方を購入しましょう。

ちなみに、2つボタンのスーツはシャープで洗練された印象を持つタイプです。また、どのような業種への就活でも利用できるオールマイティなスーツなので初めてリクルートスーツを購入する、3つボタンとどちらがいいか悩んでいる、といった方は2つボタンを選んでおけば就活に使う分にはまったく問題なく使用できるでしょう。

3つボタンは2つボタンのスーツよりもやや堅実、真面目といった印象を与えます。その為、金融や公務員など硬めな社風の会社では好印象を与えることができると言われています。ただし、ファッション業界や不動産業界など柔軟な思考が重要視される企業では、堅実過ぎる印象は業界に合わないと思われる可能性もあります。3つボタンのスーツは自分が受ける会社によって使い分けるようにしましょう。

体型によって合うタイプが変わる

どちらでもいいと説明した2つボタンと3つボタンですが、体形によって似合うタイプは存在します。3ボタンのスーツはデザイン的に、身体の線にフィットしたスリムタイプが多く、着こなしさえ注意すればとても美しいシルエットを作ることができます。しかし、少し太ぎりみの人や体格のいい人はこのタイプを選んでしまうと、むっちり、のっぺりといった印象が強くなってしまう傾向にあります。

2つボタンは体型を適度にカバーし、痩せ形の男性でも太り気味の男性でも無難に着こなすことができるので、自分がちょっと太り気味かもしれないと感じている人は2つボタンのスーツから試してみましょう。

座るときにボタンは外すのか?

男性の場合、スーツ姿で座るときはボタンを全部開けたほうがいいとされています。これは、座った時にスーツのボタンが留まっているとスーツが持ち上がってしまいシルエットが崩れてしまうためです。

型の崩れたスーツ姿は見た目も美しくありませんし、野暮ったい印象になってしまいます。スーツで座るときには、まずボタンをすべて外して座り、立つ時に再び止めるのが正式なマナーです。

しかし、これはあくまでスーツを着用しているときの正式なスーツのマナーです。就活の時には、一概にすべてボタンを外すべきとは言えない理由があります。就活で着席する際、ボタンをすべて外すというのは確かにマナー通りではあるのですが、「生意気」という印象を持たれてしまう危険性があるのです。

日本は目上の人、立場が上の人の前であまり自由に振る舞ってはいけないという風潮があります。この社会的な風潮に従うのならば、就活での着席時にはスーツのボタンを外さない方が好意的な印象を持たれるでしょう。

もしかしたら、面接官が着席時にはボタンをすべて外すというマナーを知っているかもしれません。しかし、当日どんな面接官が面接を行うかは誰も分からないですよね。もし、正式なマナーがあることすら知らない面接官が担当してしまったら、ボタンをすべて外すという行為はただの非常識な行動と捉えられてしまうでしょう。

反対に、例え正式なマナーを知っている面接官に当たったとしても、ボタンを外さないで座ったからと言って非常識だと悪い印象を持たれることは少ないでしょう。慣れないスーツや緊張する場面でマナーを忘れてしまっているのか、元々知らないのかと思われる程度です。

正式なマナーに則ってボタンを外し、生意気な人物だと思われるよりは、ボタンを外さずに座って、緊張しているのだろう、と思われた方が就活の場では良いのではないでしょうか。