就活用にメールアドレスを変更するべきか|Gmailの設定方法

就活用にメールアドレスを変更した方がいいの?

就活を始めると就職支援サイトの登録やエントリー、企業の採用ページなどメールアドレスを登録する場面に何度も遭遇します。そのため就活用にメールアドレスを用意したり、使っているメールアドレスを変更する人もいます。メールアドレスについてはもともと使っているものでも問題ないこともありますが、携帯電話のメールアドレスの場合は変更しておいた方がいいかもしれません。

携帯電話のメール機能には迷惑メールを拒否するためのメールフィルターがあり、その設定を解除しないまま企業に知らせているケースも多く、その場合企業側がパソコンからメールを送った時に拒否されて弾かれてしまうので、メールが届かないといったことになりかねません。

またメールアドレスは人の性格を表すとも言われています。メールアドレスが独特などの理由で、選考を落とされることはないでしょうが、メールアドレスの奇抜さが面接官の印象に影響してしまい、選考に響くという可能性は十分に考えられます。自分が面接官の側で、メールアドレスが個性の範疇を超えて奇抜すぎるものだった場合、どのように感じるかを考えてみると良いでしょう。

中にはこれが個性だ!と高評価をしてくれる奇特な人もいるかもしれませんが、自分の人生を左右するかもしれない就職活動でその可能性にかけるのは、あまりにも危険すぎます。個性は違うところで発揮して、メールアドレスは無難なものにしておいた方がいいのではないでしょうか。

就活用にメールアドレスを変更するメリット

大切なメールを確実にチェックできる

就活用にメールアドレスを変更しておくメリットの一つに、管理がしやすいということがあげられます。長く使っているメールアドレスは大抵の場合、迷惑メールやメルマガなどのゴミ箱行きのメールが多く届くようになっていることもあります。その中に企業からの大切なメールが紛れてしまうので、最悪の場合気づかずに見逃してしまうかもしれません。

就活を始めると、就職情報サイトや企業から説明会の案内や面接日程についての連絡が多く入るようになりますから、それらを確実にチェックするためにもメールアドレスを変更して、管理をしやすくしておく方が良いでしょう。就職情報サイトや企業から届くメールの中には、後日再確認のためにもう一度メールを見なおすということもあります。

そういった場合にプライベート用のメールがメールボックスに溢れていると、探すのも一苦労ということもあるでしょう。就活生にとって時間は貴重な財産となりますから、無駄にメールを漁る時間はないに越したことはありません。

メールアドレスを適正なものにできる

これは序盤で触れたような奇抜なメールアドレスの場合は、迷う余地なく変更した方がいいでしょうし、適正なメールアドレスに変更することで、企業側も安心してメールを確認することができます。

特に大学指定のメールアドレスは、「大学生からのメール=就活生からのメール」だとすぐに判断できますし、ドメインが信頼できるものなのでメールを安心して開くことができます。メールアドレスに設定する時に、子音のアルファベットだけを入れる人もいますが、パッと見ただけでは名前の子音ということは判断できず、ただアルファベットの羅列のように見えてしまいます。

自動で生成されるメールアドレスには、アルファベットの羅列というケースもあり、そういったメールはあまり開いて確認したいとは思わないでしょう。メールの文章がどんなに誠意のこもった内容でも、開いて確認してもらわなければ意味がありません。メールを確認してもらうためにも、メールアドレスを適正なものに変更しておく方が良いでしょう。

就活用とプライベートを分けられる

これはメールアドレスの変更というよりかは新設になりますが、通常使っているメールアドレスと就活用のアドレスを一緒にしてしまうと、友人に送るつもりのメールを間違えて企業に送ってしまうリスクもあります。メールの内容次第では、就活をするにあたって不利な状況になってしまうこともあるでしょう。

そのようなリスクを排除するためにも、就活専用のメールアドレスを作っておいた方が安心ではないでしょうか。就活が終わった後も企業によってはメルマガを送ってくることもありますし、就職後に煩わされないためにも就活用のメールアドレスを作っておいて、就活が終わったら使わなくなっても問題がないようにしておくといいでしょう。

就活用にメールアドレスを変更するデメリット

知人や友人に変更を依頼しなければいけない

就活専用のメールアドレスを新設する場合を除いて、メールアドレスを変更すると当然これまで連絡を取っていた友人や知人に、メールアドレスの登録を変えてもらうように連絡しなければなりません。メールアドレスを変更したことがある人は分かると思いますが、これがなかなか大変な作業です。

また一時期フィッシングメールの中には、「メールアドレスを変更しました」というものが流行したこともあり、本当にメールアドレスの変更なのか怪しげな業者が送り付けてきたメールなのか、判断に迷ってメールを受け取った人が連絡先を変更せず、そのまま連絡が取れなくなってしまうこともあります。

面倒くさい

実は就活中でもメールアドレスを変更しないという人もたくさんいます。その一番の理由は「面倒くさい」ということです。確かに知人や友人への連絡も大変ですし、特にメールアドレスも元から無難なもので、迷惑メールやメルマガも届かないといった人は、就活用のメールをわざわざ用意する必要はないでしょうし、変更をする手間が面倒くさいと感じてしまうでしょう。メールの管理もできて不便を感じなさそうであれば、変更しなければいけないというものではないので、変更しないまま今のメールアドレスを使用してもいいのではないでしょうか。

メールアドレスが覚えづらい

メールアドレスは、自分で決める部分と@の後に続くドメインで構成されていますから、必然的に長いアルファベットになります。自分が希望しているメールアドレスがすでに使われている場合は、改変を加えなくてはいけませんからそうなると更に長くなってしまいます。

そして長くなればなるほど覚えづらくなってしまいます。書類などに記入する時は、記憶していなくても確認をしながら書けばいいのでさほど問題はありませんが、OB訪問でメールアドレスを聞かれてすぐに答えられる方がスマートです。

就活用のメールアドレスを作る方法

メールアドレスを考える

就職用のメールアドレスを作るためには、どのようなメールアドレスにするかを考えなければいけません。就活専用のメールアドレスを作る場合、「苗字-誕生日@~」「氏名-誕生日@~」など氏名と誕生日を組み合わせたものが無難です。

珍しい氏名の場合を除いて、メールアドレスにしようと思っていた文字列が既に使われていて使えないということもあるので、いくつか候補を考えておくと良いでしょう。メールアドレスの例やアドレスを作るときに気を付けた方がいい例を、後で解説しますので参考にしてみてください。

どこのメールアドレスを使うか

大学のメールアドレスは@から後が大学のドメインになるため、企業側が大学生からのメールだと気づくことができますし、メールを安心して開くことができるのでおすすめです。しかし大学指定のメールアドレスはスマートフォンとの同期ができないことが多く、就活生にとって不便と感じることも多いようです。

そういった場合はフリーメールを使用するのも一つの手です。学生の中にはフリーメールは失礼にあたるという考えの人もいるようですが、企業側はフリーメールかどうかはさほど気にしていません。むしろ連絡を取りたい時に取れるかどうかというのを重要視しています。

メールを送っても戻ってくる携帯メールや、いつまでも返事がこない方が困ります。無料フリーメールのGmailはアクセスする端末を選びませんから、パソコン・スマホ・タブレットなど持っているデバイスを連動させておけば、外出中でもメールを確認することができますし、スマホにGmailアプリを入れて通知をONにしておけば、メールが届いたことにすぐ気づくことができるのでおすすめです。

ビジネスシーンにおいてメールに出来るだけ早く気づいて、すぐに返信ができるのは大きなメリットとなります。またGoogleアカウントを使用しますから、Googleカレンダーなどと連携させてスケジュール管理もできるのでOB訪問や面接日時などを入れておくことができます。ラベルをうまく使い分ければメールの整理もしやすいですし、検索機能も充実しているので便利です。

アカウントを作る

Gmailでアカウントを作るには、アカウント作成フォームに必要事項を入力すれば作成が完了します。アカウントを作れたら、署名を設定しておきましょう。署名は就活で起業にメールを送るときにはメールの最後に自分の名前や連絡先を必ず入れるので、デフォルトで入るようにしておけば忘れることもないでしょう。

パソコン・スマホの同期をしておく

アカウントを作成したら忘れずにスマホと同期させておきましょう。受信の通知もONにしてバナー通知が出るように設定しておくと、見逃すこともすくなくなります。

就活用のメールアドレスを変更するときの注意点

なるべくなら就活が始まった後は変更しない

メールアドレスや電話番号はなるべくならば、就活が始まる前に変更しておきましょう。就活が始まると、様々な企業や就職サイトにメールアドレスを登録しますので、変更した後の連絡が大変ですし、連絡をし忘れて企業側が連絡が取れない状態になってしまうと辞退とみなされてしまうこともあります。

就活を始める前の準備として、就活専用のメールアドレスを作る・メールアドレスを適正なものに変更しておくなど、就活に集中できる体制を作っておきましょう。

変更したら必ず採用担当者に連絡を

どうしても変更しなければいけない場合は、登録している就職支援サイトやエントリーした会社、企業の採用ページなど登録したところは必ず変更の連絡を忘れないようにしてください。就活中のメールアドレスには、エントリーシートの合否連絡や企業説明会・面接の案内・日程調整などの連絡が入ります。

変更の連絡をしておかなければ、そういった重要なメールを受け取れず、企業側はあなたのことをメールを送っても返事をしない人と認定されてしまう可能性もあります。

就職サイトだけの登録であれば、就職サイトの情報を変更すれば企業側も確認することができますが、企業側に直接伝えてあるメールアドレスであれば、メールアドレスを変更することをメールで連絡し、念のため採用担当者にも電話で連絡しておきましょう。

就活用のメールアドレスの例

・フルネーム
tanaka.taro@ドメイン
tanaka-taro@ドメイン
taro-tanaka@ドメイン
taro.tanaka@ドメイン

・名前(もしくは苗字、フルネーム)+生年月日
tanakataro.0601@ドメイン
tarotanaka0601@ドメイン
tanaka0601@ドメイン
taro0601@ドメイン

このように組み合わせによっては使用できるものが見つかるかもしれませんので、色々な組み合わせを試してみてください。電話番号をメールアドレスにすることもありますが、セキュリティ面を考えるとあまりおすすめできません。電話番号にするとしても下4ケタだけというようにした方がよいでしょう。

名前と組み合わせる数字については、生年月日が一番無難です。適当な数字を入力していると本人はそのつもりがなくても、語呂合わせで何か意味があるのではないかと深読みされてしまうこともあります。電話番号の下4ケタも「4649」や「9641」などであれば控えた方が良いでしょう。

就活用のメールアドレスとして避けた方がいい例

プライベートすぎるものはNG

「.U_U.」や「-_-」などのように記号を組み合わせて顔文字にしたり、「love」や「princess」「forever」などの英単語を入れるものは、プライベートすぎるのでビジネスシーンには向いていません。また座右の銘や名言、ことわざなどを登録する時には、内容をよく吟味して不適切なものにならないよう気を付けましょう。

個性を出しすぎているもの

個性を出そうとするあまり、痛々しい内容になっているメールアドレスを時々見かけます。メールアドレスで個性を主張しても、良い結果に結びつく可能性は限りなく低いのでやめておきましょう。

反社会的な表現

社会的な秩序や道徳から大きくかけ離れた内容のものや、偏った政治思考・政権批判などをメールアドレスに組み込むのも控えましょう。これから社会に出ていこうとする若者が、メールアドレスにそのような内容を入れていると、企業側から要注意人物のレッテルを貼られても文句は言えません。

下品な言葉

卑猥な言葉やアダルト用語などは言うまでもなくNGです。

アルファベットや数字の羅列

ただ適当にアルファベットを羅列したものは、自動生成されたメールアドレスと思われてしまいます。また数字の羅列についてもそのつもりがなくても何かの語呂合わせなのかと勘繰られてしまうこともありますから、避けた方が良いでしょう。

記号の併用

メールアドレスに入っている「.(ドット)」や「-(ハイフン)」「_(アンダーバー)」は間違えてしまいがちなので、まったく使用しないか使用するとしても併用するのは控えましょう。企業側が就活生にメールを送るときに、ドットなのかアンダーバーなのか判断しにくかったり、メールを送信しても届かず色々なパターンで送る羽目になります。

細かいことのように思えるかもしれませんが、そういった企業側への細やかな気配りができることも社会人の基本的なマナーです。

Gmailメールアドレスの変更方法

Gmailアドレスは変更することができません。メールアドレスを変えたい場合は、古いアカウントとは別に新しくアカウントを作る必要があります。古いメールのアカウントは削除するか、重要なメールが届く可能性がある場合は新しいアカウントに自動転送する設定をしておけば、新しいアカウントの方でメールを確認することができます。

Gmail:新しいアカウントを作る

新しいアカウントを作る方法は、Gmailのアカウント作成ページから氏名やユーザー名、パスワード、生年月日、電話番号などの必要情報を入力して画面の手順に沿ってアカウントを設定すれば完了です。

Gmail:古いアカウントを削除する

古いアカウントの削除方法は、Gmailにログインしてアカウント設定ページにある「サービスを削除」をクリックすればできます。削除したアカウントに届いていたメールは全て削除されますし、今後使用することができません。

アカウントを削除してしまった場合は、メールの自動転送はできません。自動転送をしたい場合は、アカウントは削除せずに下記を参照してください。

Gmail:古いアカウントから新しいアカウントにメールを自動転送させる

古いアカウントから新しいアカウントにメールを自動転送させる設定は、以下の手順に沿って操作すれば完了します。

1.パソコンから古いアカウントにログイン
2.右上の設定をクリック
3.「メール転送とPOP/IMAP」タブをクリック
4.「転送」セクションで、「転送先アドレスの追加」をクリック
5.新しいアカウントのメールアドレスを入力
6.「次へ」→「続行」→「OK」の順でクリック
7.新しいアカウント宛に送信される確認メールを開いて、メールに記載されている確認リンクをクリック
8.古いアカウントの設定ページに戻ってブラウザを更新
9.新しいアカウントのメールアドレスを選択
10.古いアカウントに受信したメールをどのように処理するかを選択して、ページ下にある「変更を保存」をクリック

以上です。

メールの自動転送は特定の種類のメールだけを転送することもできますので、必要に応じて登録をしましょう。