就活は2月から始めるべき?2月にすべきこと・すべきでないこと

2月の時点で就活生がやるべきこと

2月の時点で就活生がやるべきことは、自分のやりたい仕事ができる業界について調べることです。日本のほとんどの企業は3月から採用に関する情報を提供し始める。しかし、その前からある程度の業務内容や業界に関する知識などをホームページなどで開示していることが多くあります。

就活生は2月の時点ではそのした業界などのことに関して詳しく調べるとともに、自分がやりたいと思っている仕事と近い業界を検討することができます。ごく稀に外資系の企業を中心として選考を始めていることもあるため、外資系の企業を中心に就活を行うと考えている就活生は事前に選考スケジュールを確認しておくことが大切になります。

また、多くの企業では2月にインターンシップを開催しています。インターンシップは、業界や企業の仕事の内容や雰囲気を知ることができるので、時間に余裕のある就活生は積極的に参加することで、就活を優位に進めることができます。

インターンシップには一日で完結するものだけでなく、複数の日数を要するものもあるため、就活生は自分に合うものを選択することができます。インターンシップなどに参加することで2月を有効に使うことができます。

以上のように基本的には2月に就活生は業界や企業について調べる他にインターンシップに参加することが大切です。また、インターンシップなどは大手の就職支援を行なっている企業が運営しているサイトが有効であるため、2月の時点で登録しておくことでスムーズに就活を進めることができます。

就活が始まってしまうと会社説明会や選考などで時間がなくなってしまうため2月の時点で大手の就職支援を行なっている企業の運営しているサイトに登録することが非常に重要である。

2月の時点で就活生がやらない方がいいこと

2月の時点で就活生がやらない方がいいことは、興味のない外資系の企業の選考を受けることです。面接になれることを目的に外資系の企業の選考を受けようとする就活生が多く存在しますが、ほとんどの場合はエントリーシート提出の時点で採用されずに、面接まで至らないことが多くあります。逆に会社説明会に行ったりエントリーシートを書くなどによって時間もお金を浪費してしまいます。

2月の時点では自分のやりたいことや興味のある仕事を検討し、それに合った業界を絞ることの方が重要になります。そのため、興味のある学生を除いて外資系の企業の選考を受けない方がいいと考えられます。

就活生が2月に旅行に行くのはアリか

就活生が2月に旅行に行くことは可能です。上述の通り2月には業界などについて調べる必要もありますが、自分のやりたいことが見つかっていない場合などは旅行に行くなどして自分のやりたいことを探すこともできます。また、旅行で学んだことを面接の際に話すことでより明確な記憶で会話ができ、選考が進みやすくなります。

2月の一ヶ月を全て旅行に費やすことは就活に悪影響を与えますが、ある程度の旅行は就活に良い結果をもたらすことになります。就活を間近にした緊張感などを払拭することもできるので時間やお金に余裕のある就活生は2月に旅行に行っても悪いことはありません。

就活生は2月のバイトのシフトはどうすればいいのか

就活生は2月のバイトのシフトは無理のない程度に入れることが大切です。3月から始まる就活に向けて体調を整えなければならないため無理をしたシフトはおすすめできません。特にこの時期は風邪が流行るなど体調を崩すことが多くなります。2月にシフトを入れすぎて体調を崩し3月の就活に間に合わないと、他の就活生より遅れを取ることになってしまいます。

また、2月の時点で自分のやりたい仕事について考えることも大切なことであるため、バイト以外の時間をとってゆっくりと自分の将来について考えることも大切です。しかし、就活には交通費などある程度の費用がかかります。

3月からの就活はほとんど休むことなく行うことが一般的です。そのため3月以降はバイトを行うことが難しくなります。そのため、2月のバイトで最低限、就活に必要となる費用を確保しておくことが大切です。

以上のことから無理のないシフトでバイトを最低限行うことが就活においては非常に大切になります。さらに、3月以降に就活が始まりシフトに入れなくなる旨を2月の時点ではバイト先に告げるようにすることも必要になります。就活が始まってからではバイト先にも迷惑をかけてしまうため事前にバイト先と相談することが大切です。

就活生が2月頃にかかる費用まとめ

就活生が2月頃にかかる費用は主に企業のインターンシップに参加する際の交通費、業界研究セミナーなど大規模なイベントに参加する際の交通費があります。企業によってはインターンシップの際に交通費を配布することもありますが、ほとんどの場合は配布されないので交通費は2月の費用になります。

また、業界について詳しく知ることができる業界研究セミナーなどのイベントが開催されることがあります。こうしたイベントでは交通費が配布されることはほとんどないので、交通費がかかります。場所を確認しかかる費用を計算しておくことが大切になります。

基本的には以上のような交通費が2月の費用になりますが、就活生によっては就活対策本を購入する際の費用などもかかります。事前にかかる費用を計算しておくことで無理のない就活を行うことができるようになります。

就活生の2月の忙しさは?

就活生の2月の忙しさは、ある程度忙しいと考えられます。就活が本格的には始まっていないものの、インターンシップや業界研究セミナーなどに足を運ぶ学生が多く存在し、こうしたインターンシップや業界研究セミナーは一日費やすことがほとんどです。

特に新卒の学生は就活をしたことがなく緊張した状況が続くため精神的にも疲れがきて忙しくなります。また、3月以降の就活ではバイトをすることが困難であるため2月の時点で就活で必要となる資金を確保しなければなりません。そのため、バイトを最低限は行う必要があり、インターンシップや業界研究セミナーとの両立により忙しくなります。

しかし、業界研究セミナーなどは連日開催されるのもではないのである程度の休みを取ることは可能です。3月以降の就活では休みがなくなることもあるので、2月の忙しさはそれよりは休みがあります。

就活生はいつ頃から本格的に忙しくなるのか

就活生が本格的に忙しくなるのは3月からです。一般的にほとんどの企業が採用に関する情報を発信し始めるのは3月からになります。また、大手の就職支援を行う企業が開催する大規模なイベントも3月からに複数回開催されます。

経団連に所属していない企業の選考が3月からに始まることもあります。そのため3月は会社説明会、大手の就職支援を行う企業が開催する大規模なイベント、選考など多くのことがあります。そのため就活生にとって本格的に忙しくなるのは3月以降です。

就活生が2月の時点で何もしていないのは焦った方がいい?

就活生が2月の時点で何もしていなくても焦る必要はありません。採用に関する情報が提供され始めるのは3月であり、多くの企業で選考が開始されるのは6月からです。そのため取り立てて焦る必要はありません。

しかし、就活を早い段階から戦略的に始めている学生の中には、年始から動き始めている学生も少なくありません。特に、業界研究など自分だけでも動ける就活準備については、早め早めに始めておくことをおすすめします。

就活生は2月の時点でイベント、説明会などに参加した方がいいのか

就活生は2月の時点でイベント、説明会などに参加した方がいいです。特に自分のやりたい仕事が決まっていない就活生は2月の時点で説明会やイベントに積極的に参加して、自分の興味のある業界や企業について検討することが大切になります。3月より前にある程度の業界について調べておくことが大切です。

2月から就活対策をしてさらに就活サービス「イッカツ」を利用して差をつけよう

いかがでしたでしょうか?上記の通り、2月のうちから早めに就活対策をすることは非常に重要です。また、早い段階から準備を始めるとともに、効率的に就活を進められるのかも重要です。そのため、たくさんの企業を同時に見ていくのは必須なのです。

しかし、さまざまな会社を見比べながら、実際に複数の就職サービスに登録してみようとなったら、メール・説明会の管理や企業研究を同時に行っていくのに多大な労力がかかってしまうことになります。

そこで、その手間を最小限にするためには就職サービス「イッカツ」を利用するのがおすすめです。いろんなサイトに一括で登録することができるだけでも相当時間を短縮ができますが、メールをそこで一括して管理することができます。少しでも手間を減らしたい忙しい時期には、そういった時間短縮の方法を見つけることも必要です。企業を見極める際は「イッカツ」を利用して、より効率的な選び方を心がけましょう。