【業界研究】鉄道業界の現状・動向・課題について

業界の現状

鉄道業界の歴史

日本の鉄道の歴史は、1872年(明治5年)新橋〜横浜間の開通から始まり、83年(明治16年)に民営の日本鉄道が設立されたことが契機になったといわれています。その後87年(明治20年)に私鉄条例が公布され、各地で民鉄の設立が相次ぎ、官民での鉄道整備が進められました。

そして、1906年(明治39年)に鉄道国有法が公布され、民間17社の約4,500kmの路線を国が買い上げ、主要幹線は官営、私鉄は地域輸送という現在の鉄道業界の骨格が形成されたのです。

主要鉄道会社

JRグループ(旧国鉄)

  • JR東日本:鉄道業界最大手。駅ナカ事業も好調
  • JR東海:東海道新幹線が収益の柱
  • JR西日本:山陽新幹線を保有。大阪ステーションシティなどの不動産事業も強化
  • JR四国:JR6社で営業キロ数最短
  • JR北海道:北海道新幹線開通
  • JR九州:九州新幹線が全線開通。寝台列車「ななつ星 in 九州」も人気
  • JR貨物:モーダルシフトとして注目

関東私鉄

  • 東武鉄道:関東私鉄で路線最長
  • 東京急行電鉄:渋谷駅を中心に再開発進める
  • 京浜急行電鉄:羽田空港関連と品川地区の再開発
  • 小田急電鉄:箱根観光に強み
  • 京成電鉄:成田空港輸送に注力
  • 京王電鉄:東京多摩地区開発に強み
  • 西武ホールディングス:傘下にプリンスホテル、西武鉄道など
  • 相鉄ホールディングス:相模鉄道。沿線にビジネスホテル建設

関西私鉄

    • 近鉄グループホールディングス:路線距離は私鉄最長。あべのハルカス開業
    • 阪急阪神ホールディングス:阪急電鉄、阪神電気鉄道。不動産・ホテル経営も強化
    • 京阪ホールディングス:大阪〜京都間の路線が中心

・南海電気鉄道:大阪南部が地盤。関西空港への乗り入れも

その他

  • 東京地下鉄:9路線を運営。収益性が高い
  • 名古屋鉄道:愛知等の中部地区が地盤。不動産に強み
  • 西日本鉄道:九州北部に展開。主力はバス事業

基本情報

  • 市場規模:14兆1,353億円
  • 労働者数:156,326人
  • 平均年齢:42.5歳
  • 平均勤続年数:15.9年
  • 平均年収:545万円

命やお金を守る医者や銀行員は高所得といわれていますが、乗客の安全を守る鉄道員の平均年収は極めて平均的というデータになりました。安全確保の最前線にいる運転士だけは給料的に優遇されているという声もありますが、バブル経済崩壊後の合理化により今ではそこまでの優遇はなくなってしまっているようです。

ただ、このあたりの問題は各鉄道会社によっても変わってきますので、気になる方はご自身の手で調べてみることをおすすめします。

仕事内容

鉄道業界の職種は総合職と鉄道現業職に分かれています。

総合職

経営戦略

長期的視点に立って鉄道会社の経営戦略を策定する仕事です。新技術、新車両の導入、新路線の開発等がその主な業務内容になります。

営業

季節ごとの観光キャンペーンや割引切符の企画等、集客のための企画・マーケティングに携わる仕事です。

不動産開発

沿線の活性化を図るために、駅ビルの開発等を行う仕事です。不動産を扱うので、不動産の幅広い知識と専門性が要求されます。

事業・サービス企画

改札や駅ビル内の商業スペース等の企画をする仕事です。

鉄道現業職

運転士

列車を運転する仕事です。一般的には、駅員、車掌を経て運転士になります。とうぜんのことながら車両用の運転免許が必要になります。

車掌

列車のドアの開閉、アナウンス、空調管理等を行う仕事です。また、トラブル対応や安全管理も大切な任務になります。

駅員

改札業務、窓口業務、ホームの安全管理等を行う仕事です。切符や路線に対する幅広い知識が求められます。

車両メンテナンス

車両の保守・点検・修繕を行う仕事です。

保線

線路の管理を行う仕事です。線路内を巡回して異常がないか確認しなければなりません。

土木・建設

駅施設、トンネル等の保守・点検を担当する仕事です。土木や建造物に関する専門的知識が必要になります。

電気設備

電車や駅構内の電気設備を管理する仕事です。信号、通信、電灯等、その設備は多岐にわたります。

業界シェアランキング上位3位

1位:JR東日本:2兆7,029億円
2位:JR東海:1兆6,525億円
3位:JR西日本:1兆3,310億円

平均年収ランキング上位3位

1位:相鉄ホールディングス:934万円
2位:阪急阪神ホールディングス:896万円
3位:西武ホールディングス:774万円

業界の動向

北陸新幹線と北海道新幹線

2015年に北陸新幹線が長野駅〜金沢駅間で営業を開始し、2016年には北海道新幹線が新青森〜新函館北斗間を開業しました。

JR西日本によると北陸新幹線の2016年度の利用者数は、829万5,000人で前年同期比8%の減少となりました。開業効果の大幅な減速を心配する声もありましたが、JR東日本や北陸3県等とのキャンペーン効果もあり、高水準の利用を維持しています。

また、JR北海道によると、北海道新幹線の2016年度の利用者数は、229万2,000人で前年の在来線の64%の増加となっています。これは1日平均だと6,300人という数字になり、在来線の利用者数と比較すれば約2倍の増加、そして想定の5,000人を上回る結果ともなりました。

観光列車ブーム続く

JR九州は2017年3月から熊本〜人吉間に「かわせみ やませみ」を投入し、観光列車のラインナップを充実させています。「かわせみ やませみ」は内装に沿線のヒノキや杉をふんだんに使用しており、車内は木の香りに包まれた落ち着いた雰囲気になっています。

土日祝日には地域住民が手掛けた弁当や「球磨焼酎」も車内販売される予定で、同社は人吉球磨エリアへの観光客を増やし、熊本地震からの復興に役立てたい意向を持っています。

また、JR四国は「四国まんなか千年ものがたり」の運行を開始し、JR東日本も小海線で新しい観光列車を導入する予定となっています。私鉄では、伊豆急行が横浜〜伊豆急下田間に「ザ・ロイヤル・エクスプレス」を、東武鉄道は鬼怒川線にSL「大樹」を走らせることになっています。

豪華寝台列車が登場

JR東日本とJR西日本は2017年に相次いで豪華寝台列車を投入する予定となっています。

JR東日本の「トランスイート四季島」は5月からの運行予定で、上野〜熱海〜房総半島を巡る「1泊2日コース」や上野〜酒田〜花巻〜那須塩原を巡る「2泊3日コース」等、その季節ならではの旬を楽しむことができるコースを用意しています。

また、JR西日本も「トワイライトエクスプレス瑞風」を6月から運行開始予定となっており、大阪・京都〜下関間を山陽周りや山陰周りで走る1泊2日または2泊3日のコースが準備されています。

これで、JR九州の「ななつ星 in 九州」と合わせて、日本国内に3つの豪華寝台列車が生まれることになりました。

市場動向

鉄道業界は北陸新幹線と訪日外国人効果で増収増益傾向

国土交通省によると、2015年度の鉄道の旅客輸送量は242億8,870万人で前年比2.9%の増加となりました。

国内の景気が回復基調にあることと北陸新幹線の開業効果が旅客数増加の要因になったとみられています。また、訪日外国人客数の増加も堅調な業績に寄与しています。

業界の課題

鉄道業界は規制業種である

鉄道業界は、公共性の高さから国の監督・規制を受ける規制業種となっています。ですので、バリアフリー化や他社路線との乗換向上等、自社の利益に直結しない施策についても取り組まなければなりません。

近年、大手私鉄16社は、混雑の緩和を目的とした新線乗入れ、複線化、停車場改良等の輸送力の強化に巨費をつぎこんできました。また、輸送力の強化以上に安全対策への投資も積極的に行ってきました。

安全対策の具体例としては、ホームドア・ホーム柵の設置、踏切の高架化・地下化等があげられますが、輸送力の強化策も安全対策もともに巨額な投資が必要であり、それらの支出が鉄道会社の経営を圧迫するようになっています。

少子高齢化の影響

鉄道業界の最大の顧客は就労者・就学者になりますが、少子高齢化の影響から国内の就労者・就学者人口の大幅な増加は見込めない状況となっています。各社ともにコストのコントロールや業務のさらなる効率化を図ることによって対応していく必要があります。

業界の今後の将来性

鉄道を中心とした地域開発を

鉄道業界の事業はすでに成熟しており、今後、輸送という観点での代替交通機関や新しいビジネスモデル等は生まれないとみられています。また、地球環境の観点でも鉄道は省エネルギー性に優れているため、現在の時点でモーダルシフトとしての役割を十分に果たしているということも可能です。

さらに、鉄道業界におけるM&Aに関しても、すでに事業者間の相互直通運転が実現しているため、統合によるシナジー効果等のメリットは生じにくい状況となっています。また、公共性という側面から、一度運転を開始したら不採算路線であっても撤退は困難になるという特性もあり、経済的合併等を含めた業界再編は起こりにくいと考えるのが一般的です。

つまり、鉄道事業そのものの成長はこれ以上望めないということであり、今後は駅周辺の再開発を中心とした事業の高度化や、路線を中心とした地域社会のインフラ整備事業の推進が何よりも大切になるのです。

3. おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『鉄道業界の動向とカラクリがよ〜くわかる本』佐藤信之

JR・私鉄・地下鉄各社の概要や各種データが最新トピックス等を交えながら紹介されています。日本に存在する鉄道会社をすべて掲載していることもあって、1社ごとの情報量は少なくなっていますが、鉄道業界の基本的な情報はしっかりと抑えてありますので、業界研究の入門書としては最適な1冊ということができるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。