【業界研究】リース業界の現状・動向・課題について

業界の現状

リースとは何か

リースとは、顧客企業が必要とする設備をリース会社が代わりに購入して、顧客企業に貸し出すサービスのことです。一般的に、企業は設備を所有するためではなく使用するために導入しますが、このときリースは企業に対して2つの「価値」を提供できるところに特徴があります。

金融機能

通常、企業が設備を購入する場合は代金を一括で支払う必要があります。一方、リースの場合は毎月の定額制になっていますので、企業は購入資金をすべて調達する必要がなくなり、初期費用を抑えることが可能になります。

サービス機能

企業が設備を購入すると、会計、税務、損害保険等の事務手続きが必要になりますが、リースを利用する場合はこれらの手続きをすべてリース会社が行いますので、面倒な手間をカットすることができます。

つまり、「起業したい」「事業を拡大したい」「最新機器を導入したい」といった企業のニーズに応えて、さまざまな企業のビジネスをサポートするのがリース業界なのです。

リースの対象物件

リースの対象となるものは、パソコン、コピー機、工場用設備、医療機器、自動車、船舶、航空機、エネルギー設備といった動産がほとんどです。また、コンピュータ・プログラム等の無形のソフトウェアもリースの対象となっています。

レンタルや割賦販売との違い

リースと混同しやすいものにレンタルと割賦販売がありますが、両者ともいくつかの点において明確な違いがあります。

レンタル

レンタル会社があらかじめ賃貸用に所有している物件を複数の利用者に利用してもらうことです。リースの場合は、利用者の指定した物件を、リース会社が購入して利用者に貸与するため、最終的に利用者1社にすべてを負担させることになります。一時的にしか使わない物件であればレンタルを利用するほうがよいといえます。

割賦販売

代金の支払いを分割して支払うことで、週賦・旬賦・月賦・年賦などの方法があります。リースとの違いは、リースが賃貸借契約であるのに対して、割賦販売は売買契約になるということです。要は、契約が終われば返却するのがリースであり、購入時または割賦金の支払い終了時に所有権が購入者に移るのが割賦販売になります。

主要なリース会社

リース業界の企業は、主に4つの系統に分類することができます。

独立系

  • オリックス:業界最大手。投資、カード、生命保険等多角展開に強み
  • 九州リースサービス:業界12位。

銀行系

  • 三菱UFJリース:業界2位。M&Aを積極的に推進
  • 東京センチュリーリース:業界4位。航空機リース最大手
  • 興銀リース:業界8位。中古物件に強み
  • 芙蓉総合リース:業界6位。英航空機関連会社を買収
  • 三井住友ファイナンス&リース:業界3位。航空機、新エネルギー資源拡大

メーカー系

  • 日立キャピタル:業界5位。日立グループの連携を強化しつつ、海外事業に強み
  • NECキャピタルソリューション:業界11位。情報機器に強み
  • リコーリース:業界10位。医療・介護分野を強化

その他

  • NTTファイナンス:業界7位。カード事業も展開
  • JA三井リース:業界9位。農業分野に強み

基本情報

  • 市場規模:5兆393億円
  • 労働者数:15,524人
  • 平均年齢:41.3歳
  • 平均勤続年数:15.0年
  • 平均年収:676万円

リース業界は、市場規模の5兆393億円という数字からもその規模の大きさがわかりますが、バブル経済崩壊後(1990年代半ば)の市場規模は7〜8兆円前後を推移していたので、未だそのときの水準には戻ることができていないというのが現状です。

ただし、リーマンショックや東日本大地震後の2012年に3兆5,760億円にまで落ち込んだことを考えれば、アベノミクスの経済効果等により徐々にではありますが回復しているということができるでしょう。

仕事内容

リース業界の職種は営業職と一般職に分かれています。

営業職:契約の獲得から契約後の管理までを担う仕事です。お客さまのニーズはその分野によって多種多様に変化しますが、さまざまな製品・サービスをつないで、1つの形にすることが何よりも大切になります。

一般職:専門的な知識やスキルを活かして、お客さまの満足度向上のための土台づくりを行う仕事です。企画、資材調達、品質保証、経営管理、法務、人事、経理等の部署に分かれます。

業界シェアランキング上位3位

1位:オリックス:1兆3,416億円
2位:三井住友ファイナンス&リース:1兆0,372億円
3位:東京センチュリーリース:8,285億円

平均年収ランキング上位3位

1位:芙蓉総合リース:822万円
2位:三井住友ファイナンス&リース:809万円
3位:東京センチュリーリース:789万円

業界の動向

リース業界で進むM&Aの動き

三井住友ファイナンス&リースは、米GEから日本でのリース事業を買収することで合意しています。日本GEの営業資産は約5,000億円であり、2016年には業界2位になると予想されています。

三菱UFJリースは、日立キャピタルに出資し関連子会社としました。また、日立キャピタルは2012年に、インドネシアの自動車リース会社を買収し、東銀リースと共同で新会社を設立して物流を中心としたリースに注力しています。

東京センチュリーリースは、IT機器リースを中心に取り扱う米CSI社に出資していましたが、2016年には完全子会社とすることを発表しました。同社は他にも、アジアの新興国を中心とした海外市場の開拓も進めています。

エネルギー事業に注目が集まる

オリックスは、インドでの風力発電事業に参入しています。これは原発1基分に相当する最大出力100万キロワット分の発電能力を現地企業と共同で確保するというもので、同社は、国を挙げて再生エネルギーの普及に取り組んでいるインドでの電力需要を取り込み、アジアでのエネルギー事業の強化を図りたい考えです。

また、三菱UFJリースは2015年に、太陽光発電事業を買収して数百億円程度のファンドを設立すると発表しました。太陽光発電はメンテナンスの難しさ等から事業売却が増えるとみられており、同社は、発電設備のリース事業を通じて蓄積したノウハウを生かして、引き継いだ事業の収益を改善できると判断した模様です。

市場動向

リース取扱高は2年ぶりの増加

リース事業協会「リース統計」によれば、2015年度のリース取扱高は5兆393億円で前年度比4.4%の増加となりました。また、リース設備投資額も4兆7,213億円で同7.0%増となり、ともに2年ぶりの増加に転じています。景気回復と企業の設備投資増加がその主な要因とみられています。

種目別の取扱高では、産業機械が同12.4%増、工作機械が同29.2%増、理化学機械を含むその他が同22.5%増と大幅な伸びを示している他、医療機器と情報通信機器が増加となっています。一方、事務用機器、土木建設機器、輸送用機器、商業用およびサービス業務機器は減少となりました。

業界の課題

新興国の多様なニーズへの対応を

これまでの大口ユーザーであった製造業の需要は完全な回復には至っておらず、リース業界大手各社はM&Aによる海外事業を強化しています。とくに、三菱UFJリース、オリックス、東京センチュリーリース、三井住友ファイナンス&リースはアジアに進出して攻勢を強めており、今のところ各社は、海外資産残高を1年で3割近く増加させるなど活況となっています。

ただ、アジアの新興国における言葉や文化、法規制といった問題は簡単に乗り越えられるような障壁ではありません。新興国は設備投資に占めるリースの割合が小さく、今後の経済成長とともにリース市場はさらに成長するものとみられていますが、新興国の多様なニーズにどこまで対応することができるかでリース業界の未来が変わるといっても過言ではないでしょう。

業界の今後の将来性

リース業界はさらに伸びる可能性あり

リースは、単なる賃貸借契約ではなく、金融機能とサービス機能を合わせた総合的な取引になっています。現在の日本で、リース市場が回復基調にあり、リース業界大手各社がその業績を伸ばしているのも、リースというものの優れた面が評価されている証といえます。

テクノロジーの進化とともに、社会は大きな変革の渦中にあります。そして、企業における事業手法も時代に呼応するように急速に変わろうとしています。ただ、そのような大きな変革のなかにあっても、企業にとって大切なことは基本的には変わらないはずです。

すなわち、それは企業にとっての貴重で有限な経営資源を、企業の根幹的な活動に集約させることに他なりません。

つまり、事業を営むに当たって必要な資金の調達や管理といった事務作業を、高い専門性を備えたリース会社へアウトソースすることができれば、事業の作業効率は大きく改善し、ライバルとの生存競争において有利になるということです。リースは多様化する社会の事業展開に相性の良いサービスであり、専門性を高めることによりリース業界は新たなステップに上ることが可能となるのです。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『リースの実務 いちばん最初に読む本』六角明雄

リース取引に関する入門書です。リース業界についての記述が少ないこともあり、業界研究本として使うにはいささか物足りない内容になってしまいますが、法律や税務といったリース業のわかりにくい部分を丁寧に解説してくれていますので、この業界を志望される方は目を通しておくといいでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。