面接での入質と退室のマナー・注意点|面接当日の全体の流れ

面接での入退室の仕方・マナー

就活の面接で成功を掴みとるためには、入退室のマナーを徹底することが重要です。就活生として、入室と退出の所作はきちんと理解し、ルールを正しく把握した上で、マナー違反がないように気を付けましょう。基本的な礼儀をわきまえて行動することは、就活を進める上でとても重要です。

入室の仕方・マナー

面接の際、名前を呼ばれたら「はい」としっかり返事をするようにしましょう。案内担当の人がいない場合、室内から名前を直接呼ばれることがあります。一枚ドアを隔てると、返事はいっきに聞こえにくくなってしまいますが、ここでしっかり届く声で返事が出来ると、ポイントも上がりやすいです。

別途案内係の人がいる場合、その人に対してお辞儀をし、お礼をするのも忘れないようにしてください。

ノックはゆっくり3回が基本です。室内にいる面接官にしっかり聞こえるように叩くと共に、乱暴になってしまわないように気をつけてください。ドアが開いている場合でも、ノックは必要です。また、ノックを2回で済ませてしまうと、空室確認の「トイレノック」と呼ばれており、マナー違反になってしまうケースもあるので気を付けてください。

ノックをして、相手の返事が聞こえたら入室します。ここはある程度型通りになっているため、焦っているとついノックをしてそのまま間髪空けず足を踏み入れてしまう人がいますが、気持ちを落ち着かせて、相手のリアクションを待ちましょう。大抵の場合「どうぞ」や「お入りください」といった返答をしてもらえます。

面接官の目を見て、「失礼致します」としっかり伝えたあと、ドアを開けて室内に入るようにしてください。複数人の面接官がいる場合は、中央にいる人と視線を合わせるのがコツです。

入室したあとは、ドアをきちんと閉めてください。このとき、体ごときちんとドアの方に向き直って閉めましょう。後ろ手で閉めてしまうのはマナー違反ですが、面接の緊張で、面接官から視線を逸らさないように意識するあまり、多くの人が失敗してしまいがちなポイントです。

「ご着席ください」と指示をされるため、椅子のそばに向かい、「本日はよろしくお願い致します」と挨拶をしてから着席します。個別面接の場合、この際に名前を名乗ってから、「本日はお忙しいところお時間を頂き、ありがとうございます」と述べるようにしてください。

「失礼致します」と言ってから着席して、荷物は足元に置きましょう。コートを持っている場合は、荷物の上に置くのが基本です。膝の上に置くことはマナー違反です。

退室の仕方・マナー

面接が終わると、つい気が抜けてしまいがちですが、退室しきるまで、緊張感を保つことが重要です。

面接終了を言い渡されたら、まずは座ったままで「本日はありがとうございました」というお礼を言うようにしてください。面接官と視線を合わせ、一礼をするのも忘れないようにしましょう。椅子の横に立ち上がったら、姿勢を改めて整えて、「よろしくお願い致します」としっかり頭を下げます。

このあと、初めて荷物やコートを持ちあげてドアに向かい、退室前にもう一度面接官の方を見ます。首だけで向き直ってしまわないように気を付けてください。全身できちんと室内を見てから、「失礼致します」とはっきり聞こえる声で挨拶し、退室します。

退室後は、入室時と同じように、後ろ手でドアを閉めないように気を付けましょう。ドアの前でもう一度軽くお辞儀をして、きちんと正面から向き直ってしめます。ドアをきちんと閉めるまで、退室の所作は終わっていません。ドアノブに手を添えて、荒々しい動作になってしまわないように気を付けることも重要です。

キビキビとメリハリのある動作を意識し、面接会場を完全に離れるまで、気を抜かないようにしてください。スマホをいじりながら歩いたり、気の抜けた電話をかけてしまったり、だらだらと面接会場に残ってタバコを吸っていたりしないようにしましょう。

面接での入退室の注意点

面接では、知らず知らずのうちに大きな失敗をしてしまう可能性もあります。折角良い受け答えや自己PRが出来ても、入室や退室のマナーが守れていなかったり、ちょっとしたミスをしてしまったりすると、それだけで選考全体の減点対象になってしまう危険性もあるので、絶対に注意してください。

入室の注意点

面接官をはじめとして、採用サイドの許可が出るまで、次の所作には移らないようにしましょう。ノックをしたら、「お入りください」の声がかかるまでは待つ、といったポイントです。

退室の注意点

退出時は、つい姿勢が悪くなってしまいがちです。緊張がほどけ、猫背がちになってしまったり、視線がきょろきょろと迷子になってしまうことも多いので、十分注意しましょう。終わってからも落ち着いた立ち振る舞いが出来ることで、あなたの良さが伝わりやすくなります。

「次の人に迷惑がかからないように」という気持ちが働き、つい速足になってしまう人もいますが、慌ただしさはマイナスの印象に繋がってしまうことが非常に多いです。お辞儀が浅くなってしまったり、挨拶が早口になってしまったりするのも、礼儀を欠いてしまう危険があります。

退室までは、余裕を持った行動を心がけましょう。面接官の態度のひとつひとつにも気を配り、リアクションをこぼしてしまったり、話を遮ってしまったりしないように意識を傾けてください。

面接の全体の流れ

面接の流れを正しく理解しておくことは、入室と退室をマナー良くこなすための重要なポイントとなります。

まずは受付です。企業の受付で、「本日採用面接で伺いました○○です」と簡潔に告げ、面接会場を教えてもらいます。早い段階の選考過程だと、企業ではなく、外部の大型の施設で面接をする場合もあります。

面接のあとは待機時間です。おしゃべりをしたり、スマホをいじったりしているのではなく、姿勢を良く落ち着いて待ちましょう。実は、この待機時間の様子をチェックして、就活生を判断しているところもあります。

名前を呼ばれたら、前述したマナーを守り入室し、面接がスタートします。それぞれの時間や内容は、選考によって異なっています。選考段階が進むほど、面接官の数も多くなりやすく、反対に就生の数は減っていく傾向にあります。

面接が終わったら、すみやかに会場を離れます。コートを着用するのは、面接会場を出てからにしましょう。歩きスマホやタバコに移らないようにしてください。

面接は入退室のマナーがものを言う

就活の面接において、実際に話す内容が最も重要であることは言うまでもありませんが、そこにたどり着くまでの様々なポイントも、就活生をチェックする重要なポイントとなっています。

服装や表情など、話す内容以外のポイントにも、就活生は気を配りますよね。身なりだけではなく、入室や退室のマナーも非常に大切なのです。銅さの丁寧さや、面接時間を取ってもらうことへの感謝、人としての礼儀など、色々なポイントを深くチェックできる場でもあるからです。

面接は、就活時でも特に気が張り詰めやすく、慌ててしまったり、ミスをしてしまったりすることが多いです。リラックスし、心を落ち着けて、より良いコンディションで臨めることが大切です。入室・退室のマナーは、頭で深く考えるのではなく、当たり前にこなせるよう、繰り返し行って自然に身に着けられるようにしておくと良いでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。