目上の人には失礼にあたる?「助かります」の使い方と例文

「助かります」は目上の人に使うと失礼?

「〇〇してくれると助かるなぁ。」など、日常的に、助かるという表現は使うことが多いですよね。では、「〇〇していただけると助かります。」のように、目上の人に「助かります」という表現を使うことはどうなのでしょうか。実はこの表現、目上の人に対して使うと、失礼に当たるのです。

それはいったいどうしてでしょうか。助かるという表現について簡単に考えてみましょう。助かるというのは、助かる人は自分、そしてその自分が主体であり、助ける方すなわち従っている人は副の存在にあたる表現をしていることになります。

主であるのが自分、助けるあなたは副だということになります。一見、言い方は丁寧に感じるのですが、この表現の中には主従関係が見えてきてしまうのです。

目上の人に大して、上から目線になってしまっており、尊敬もしていなければ、謙遜もしていない状態になっています。

「助かります」の正しい言い換え・敬語表現

それでは、「助かります」の表現に代わる敬語表現を使って、同じ意味を伝えたい場合、どのようなものが適切でしょうか。

●Weblio類語辞典

助かります
ありがたく存じます。痛み入ります。

と記載されています。
ちょっと堅苦しいですね。

では、頂けると助かります。の類語はいかがでしょうか。

くださいませ。お願いします。頂けないでしょうか。
と表記されています。

依頼の文章ではありますが、目上の人を敬うという点では少し足りない表現ですね。

●角川類語新辞典

助かる

あの病人は助かるまい。助かったとほっとする
危険や死から逃れる
「今月は電気業金が安くついて助かる」
「手伝ってくれると助かる」など、負担・労力・苦痛・費用などが少なくて済み、楽である
という意味でも用いる。

と記載されています。
楽である、という表現からもわかるように、楽なのは助かる方であり、自分の利益を考えている表現であることがわかります。

ビジネスでは、「幸いです」という表現を使うと良いと考えられています。
「幸いです」は、相手に何かを依頼する時に使用するのに適しています。また、相手にやっていただけたら嬉しい、という気持ちを表す言葉でもあります。
より、敬語として丁寧な言い方をするならば、「幸いに存じます。」などの言い方が良いでしょう。

「助かります」の敬語を正しく使ったメールの例文

「助かります」を適切な表現「幸いです」に変えた例文をいくつかご紹介します。

「先ほどは、お忙しい中、内容確認をしていただきまして、ありがとうございました。」
訂正したファイルを再度添付いたします。お忙しいところ大変お手数ですが、再度ご確認いただけましたら幸いです。

「先日は、お忙しい中、面接の評価をありがとうございました。」
今後、就職活動を続ける上で、大変勉強になりました。
御社の最終面接にも伺わせていただけたら幸いに存じます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

「セミナー申込み書を送付させていただきます。」

ご確認の上、ご連絡いただけますと幸いでございます。

「助かります」という表現を使わないで表現する方法

「助かります」「幸いです」という敬語表現を使わないで表現するにはどのようにしたら良いでしょうか。

「お待ち申し上げております。」や、「願っております。」などもやんわりとした表現で自分の要求を相手に伝えることができます。
「〇〇していただけるとありがたいのですが。」や、「〇〇していただけるとうれしいのですが。」は、よりくだけた表現ですね。
「勝手を言って申し訳ございません。」や、「身勝手なお願いだとは承知しておりますが…」など、前置きをしたり、後に付け加えたりすることで、気持ちを添えることもできます。

「助かります」の敬語表現を使うときに注意すべき点

「助かります」という依頼・願望の敬語表現を使う時に注意すべき点は、やはり命令口調や上から見下したような口調、表現に相手を感じさせないような配慮が必要です。
本来は、〇〇すべきですが等、やっていただくことを普通だとは思っていないということをうまく相手に伝える表現にしたいですね。

また、お願いする相手との関係によっても変わりますが、日ごろから学校・仕事等で接している相手の場合は、日ごろのコミュニケーションも非常に重要です。
お願いごとをする時だけ急に連絡が来るというような状況では、やはり相手もいい気分がしませんね。
それはビジネス上でも当然同じです。相手も人間です。自分と同じように、よくしてもらっている相手にはよくしてあげたいと思うもの。日ごろから積極的にコミュニケーションを取っておくことが、交渉成功の鍵になってくれるでしょう。

「助かります」が失礼に当たる理由

もう少し詳しく見て行きましょう。
そもそも、「助かる」とはどのような意味の言葉なのでしょうか。

●広辞苑 第六版

1.死・わざわい・罪・苦しみなどをまぬかれる。救われる。
「崖から落ちたが命は助かった」
2.労力や負担などを省くことができる。手助けになる。(一部略)「よく働いてくれるので助かる」

●明鏡国語辞典

1.危機的な状況をまぬがれる。特に、命を落とさずにすむ。
「全力で逃げて命だけは助かった。」「そこまで重態なら助かるまい。」「危ないところ助かった。」「奇跡的に助かった。」
2.災難・被害をまぬがれる。難が及ばなくてすむ。

それぞれの辞典にある、1は、命や苦しみなどから助かるという事実を示しています。
今回、着目したいのは2番目ですね。
労力や負担などを省くことが出来る。誰が?助かる人がです。
難が及ばなくてすむ。誰が?こちらも、助かる人がですね。
さきほどの類語辞典にもあったように、助かるということばあくまでも、助かる人目線の言葉だということがわかります。

それでは、「敬語」とは何か。改めて確認してみましょう。

●広辞苑 第六版

話し手(または書き手)と聞き手(または読み手)と表現対象(話題の人自身またはその人に関する物・行為など)との間の地位・勢力・尊卑・親疎などの関係について、
話し手(または書き手が持っている判断を特に示す言語表現。
普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分ける。待遇表現。

とあります。
つまり、広義に敬語とは、尊敬語・謙譲語・丁寧語にわけることができます。
相手を尊敬する。敬う。または謙譲、へりくだって相手の位置を挙げる。自分の立場は相手より下という表現を使うことが大切なのです。このことからわかるように、助かる人目線の言葉である「助かります」は、目上の人に対しては、失礼にあたるのです。

「助かります」は目上の人に使うと失礼?

「〇〇してくれると助かるなぁ。」など、日常的に、助かるという表現は使うことが多いですよね。
では、「〇〇していただけると助かります。」のように、目上の人に「助かります」という表現を使うことはどうなのでしょうか。
実はこの表現、目上の人に対して使うと、失礼に当たるのです。

それはいったいどうしてでしょうか。
助かるという表現について簡単に考えてみましょう。
助かるというのは、助かる人は自分、そしてその自分が主体であり、助ける方すなわち従っている人は副の存在にあたる表現をしていることになります。
主であるのが自分、助けるあなたは副だということになります。
一見、言い方は丁寧に感じるのですが、この表現の中には主従関係が見えてきてしまうのです。

目上の人に大して、上から目線になってしまっており、尊敬もしていなければ、謙遜もしていない状態になっています。

「助かります」の正しい言い換え・敬語表現

それでは、「助かります」の表現に代わる敬語表現を使って、同じ意味を伝えたい場合、どのようなものが適切でしょうか。

●Weblio類語辞典

助かります

ありがたく存じます。痛み入ります。

と記載されています。
ちょっと堅苦しいですね。

では、頂けると助かります。の類語はいかがでしょうか。

くださいませ。お願いします。頂けないでしょうか。
と表記されています。

依頼の文章ではありますが、目上の人を敬うという点では少し足りない表現ですね。

●角川類語新辞典

助かる

あの病人は助かるまい。助かったとほっとする
危険や死から逃れる
「今月は電気業金が安くついて助かる」
「手伝ってくれると助かる」など、負担・労力・苦痛・費用などが少なくて済み、楽である
という意味でも用いる。

と記載されています。
楽である、という表現からもわかるように、楽なのは助かる方であり、自分の利益を考えている表現であることがわかります。

ビジネスでは、「幸いです」という表現を使うと良いと考えられています。
「幸いです」は、相手に何かを依頼する時に使用するのに適しています。また、相手にやっていただけたら嬉しい、という気持ちを表す言葉でもあります。より、敬語として丁寧な言い方をするならば、「幸いに存じます。」などの言い方が良いでしょう。

「助かります」の敬語を正しく使ったメールの例文

「助かります」を適切な表現「幸いです」に変えた例文をいくつかご紹介します。

先ほどは、お忙しい中、内容確認をしていただきまして、ありがとうございました。
訂正したファイルを再度添付いたします。お忙しいところ大変お手数ですが、再度ご確認いただけましたら幸いです。

先日は、お忙しい中、面接の評価をありがとうございました。今後、就職活動を続ける上で、大変勉強になりました。
御社の最終面接にも伺わせていただけたら幸いに存じます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。


セミナー申込み書を送付させていただきます。
ご確認の上、ご連絡いただけますと幸いでございます。

【「助かります」という表現を使わないで表現する方法】
「助かります」「幸いです」という敬語表現を使わないで表現するにはどのようにしたら良いでしょうか。

「お待ち申し上げております。」や、「願っております。」などもやんわりとした表現で自分の要求を相手に伝えることができます。
「〇〇していただけるとありがたいのですが。」や、「〇〇していただけるとうれしいのですが。」は、よりくだけた表現ですね。
「勝手を言って申し訳ございません。」や、「身勝手なお願いだとは承知しておりますが…」など、前置きをしたり、後に付け加えたりすることで、気持ちを添えることもできます。

「助かります」の敬語表現を使うときに注意すべき点

「助かります」という依頼・願望の敬語表現を使う時に注意すべき点は、やはり命令口調や上から見下したような口調、表現に相手を感じさせないような配慮が必要です。
本来は、〇〇すべきですが等、やっていただくことを普通だとは思っていないということをうまく相手に伝える表現にしたいですね。

また、お願いする相手との関係によっても変わりますが、日ごろから学校・仕事等で接している相手の場合は、日ごろのコミュニケーションも非常に重要です。
お願いごとをする時だけ急に連絡が来るというような状況では、やはり相手もいい気分がしませんね。
それはビジネス上でも当然同じです。相手も人間です。自分と同じように、よくしてもらっている相手にはよくしてあげたいと思うもの。
日ごろから積極的にコミュニケーションを取っておくことが、交渉成功の鍵になってくれるでしょう。

「助かります」が失礼に当たる理由

もう少し詳しく見て行きましょう。
そもそも、「助かる」とはどのような意味の言葉なのでしょうか。

●広辞苑 第六版

1.死・わざわい・罪・苦しみなどをまぬかれる。救われる。
「崖から落ちたが命は助かった」

2.労力や負担などを省くことができる。手助けになる。(一部略)「よく働いてくれるので助かる」

●明鏡国語辞典

1.危機的な状況をまぬがれる。特に、命を落とさずにすむ。
「全力で逃げて命だけは助かった。」「そこまで重態なら助かるまい。」「危ないところ助かった。」「奇跡的に助かった。」

2.災難・被害をまぬがれる。難が及ばなくてすむ。

それぞれの辞典にある、1は、命や苦しみなどから助かるという事実を示しています。

今回、着目したいのは2番目ですね。労力や負担などを省くことが出来る。誰が?助かる人がです。難が及ばなくてすむ。誰が?こちらも、助かる人がですね。さきほどの類語辞典にもあったように、助かるということばあくまでも、助かる人目線の言葉だということがわかります。

それでは、「敬語」とは何か。改めて確認してみましょう。

広辞苑 第六版

話し手(または書き手)と聞き手(または読み手)と表現対象(話題の人自身またはその人に関する物・行為など)との間の地位・勢力・尊卑・親疎などの関係について、話し手(または書き手が持っている判断を特に示す言語表現。普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分ける。待遇表現。

とあります。
つまり、広義に敬語とは、尊敬語・謙譲語・丁寧語にわけることができます。相手を尊敬する。敬う。または謙譲、へりくだって相手の位置を挙げる。自分の立場は相手より下という表現を使うことが大切なのです。このことからわかるように、助かる人目線の言葉である「助かります」は、目上の人に対しては、失礼にあたるのです。

「助かります」は目上の人に使うと失礼?

「〇〇してくれると助かるなぁ。」など、日常的に、助かるという表現は使うことが多いですよね。では、「〇〇していただけると助かります。」のように、目上の人に「助かります」という表現を使うことはどうなのでしょうか。実はこの表現、目上の人に対して使うと、失礼に当たるのです。

それはいったいどうしてでしょうか。助かるという表現について簡単に考えてみましょう。助かるというのは、助かる人は自分、そしてその自分が主体であり、助ける方すなわち従っている人は副の存在にあたる表現をしていることになります。主であるのが自分、助けるあなたは副だということになります。一見、言い方は丁寧に感じるのですが、この表現の中には主従関係が見えてきてしまうのです。

目上の人に大して、上から目線になってしまっており、尊敬もしていなければ、謙遜もしていない状態になっています。

「助かります」の正しい言い換え・敬語表現

それでは、「助かります」の表現に代わる敬語表現を使って、同じ意味を伝えたい場合、どのようなものが適切でしょうか。

●Weblio類語辞典

助かります

ありがたく存じます。痛み入ります。

と記載されています。
ちょっと堅苦しいですね。

では、頂けると助かります。の類語はいかがでしょうか。

くださいませ。お願いします。頂けないでしょうか。
と表記されています。

依頼の文章ではありますが、目上の人を敬うという点では少し足りない表現ですね。

●角川類語新辞典

助かる

あの病人は助かるまい。助かったとほっとする
危険や死から逃れる
「今月は電気業金が安くついて助かる」
「手伝ってくれると助かる」など、負担・労力・苦痛・費用などが少なくて済み、楽である
という意味でも用いる。

と記載されています。
楽である、という表現からもわかるように、楽なのは助かる方であり、自分の利益を考えている表現であることがわかります。

ビジネスでは、「幸いです」という表現を使うと良いと考えられています。
「幸いです」は、相手に何かを依頼する時に使用するのに適しています。また、相手にやっていただけたら嬉しい、という気持ちを表す言葉でもあります。
より、敬語として丁寧な言い方をするならば、「幸いに存じます。」などの言い方が良いでしょう。

「助かります」の敬語を正しく使ったメールの例文

「助かります」を適切な表現「幸いです」に変えた例文をいくつかご紹介します。

●先ほどは、お忙しい中、内容確認をしていただきまして、ありがとうございました。訂正したファイルを再度添付いたします。お忙しいところ大変お手数ですが、再度ご確認いただけましたら幸いです。

●先日は、お忙しい中、面接の評価をありがとうございました。
今後、就職活動を続ける上で、大変勉強になりました。
御社の最終面接にも伺わせていただけたら幸いに存じます。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

●セミナー申込み書を送付させていただきます。
ご確認の上、ご連絡いただけますと幸いでございます。

【「助かります」という表現を使わないで表現する方法】
「助かります」「幸いです」という敬語表現を使わないで表現するにはどのようにしたら良いでしょうか。

「お待ち申し上げております。」や、「願っております。」などもやんわりとした表現で自分の要求を相手に伝えることができます。
「〇〇していただけるとありがたいのですが。」や、「〇〇していただけるとうれしいのですが。」は、よりくだけた表現ですね。
「勝手を言って申し訳ございません。」や、「身勝手なお願いだとは承知しておりますが…」など、前置きをしたり、後に付け加えたりすることで、気持ちを添えることもできます。

「助かります」の敬語表現を使うときに注意すべき点

「助かります」という依頼・願望の敬語表現を使う時に注意すべき点は、やはり命令口調や上から見下したような口調、表現に相手を感じさせないような配慮が必要です。
本来は、〇〇すべきですが等、やっていただくことを普通だとは思っていないということをうまく相手に伝える表現にしたいですね。

また、お願いする相手との関係によっても変わりますが、日ごろから学校・仕事等で接している相手の場合は、日ごろのコミュニケーションも非常に重要です。
お願いごとをする時だけ急に連絡が来るというような状況では、やはり相手もいい気分がしませんね。
それはビジネス上でも当然同じです。相手も人間です。自分と同じように、よくしてもらっている相手にはよくしてあげたいと思うもの。
日ごろから積極的にコミュニケーションを取っておくことが、交渉成功の鍵になってくれるでしょう。

「助かります」以外に気をつけるべき敬語表現

敬語表現では、二重敬語には要注意です。
社長がおっしゃられていました→社長がおっしゃっていました。
社長がお帰りになられました→社長がお帰りになりました。
等です。

また、店舗などでよく見られる、
〇〇円からお預かりします、という表現も変ですね。
〇〇円をお預かりしますという表現が正しいです。
気をつけるべき敬語表現はこの他にもたくさんあります。一度調べてみると良いでしょう。

「助かります」が失礼に当たる理由

もう少し詳しく見て行きましょう。
そもそも、「助かる」とはどのような意味の言葉なのでしょうか。

●広辞苑 第六版

1.死・わざわい・罪・苦しみなどをまぬかれる。救われる。
「崖から落ちたが命は助かった」

2.労力や負担などを省くことができる。手助けになる。(一部略)「よく働いてくれるので助かる」

●明鏡国語辞典

1.危機的な状況をまぬがれる。特に、命を落とさずにすむ。
「全力で逃げて命だけは助かった。」「そこまで重態なら助かるまい。」「危ないところ助かった。」「奇跡的に助かった。」
2.災難・被害をまぬがれる。難が及ばなくてすむ。

それぞれの辞典にある、1は、命や苦しみなどから助かるという事実を示しています。
今回、着目したいのは2番目ですね。
労力や負担などを省くことが出来る。誰が?助かる人がです。
難が及ばなくてすむ。誰が?こちらも、助かる人がですね。
さきほどの類語辞典にもあったように、助かるということばあくまでも、助かる人目線の言葉だということがわかります。

それでは、「敬語」とは何か。改めて確認してみましょう。

●広辞苑 第六版

話し手(または書き手)と聞き手(または読み手)と表現対象(話題の人自身またはその人に関する物・行為など)との間の地位・勢力・尊卑・親疎などの関係について、話し手(または書き手が持っている判断を特に示す言語表現。普通、尊敬語・謙譲語・丁寧語に分ける。待遇表現。

とあります。

つまり、広義に敬語とは、尊敬語・謙譲語・丁寧語にわけることができます。相手を尊敬する。敬う。または謙譲、へりくだって相手の位置を挙げる。自分の立場は相手より下という表現を使うことが大切なのです。このことからわかるように、助かる人目線の言葉である「助かります」は、目上の人に対しては、失礼にあたるのです。

就活において正しい敬語を使うことの重要性

日本人は上下関係を非常に重んじます。特に会社などの組織の場合、敬語を正しく使えるということは最低限の常識。新卒・転職組に限らず、一般常識として要求されます。

正しい敬語を使えていないとどうなるの?

いうまでもなく、恥を書きます。その人の教養は、まず言葉遣いに現れるでしょう。日本人なのに、私は日本語が出来ません、と言って歩いているようなものなのです。いくらTOEICの点数が良くても、敬語が使えないようでは本末転倒。日本人として最低限のマナーなのです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です