間違いも多い「わざわざ」の正しい意味・使い方・例文

「わざわざ」は目上の人に使うと失礼?

目上の人に対して、わざわざという表現を使うことが失礼かどうかは使い方にもよります。

言う側にとっては、「わざわざありがとうございます。」や、「わざわざ来ていただいてすみませんでした。」のように、相手の行動をねぎらったり、感謝の気持ちを伝えたりしようと思って表現することが多いでしょう。しかし、捉え方によっては、「本来しなくても良かったのにわざわざ」や、「する必要がなかった」などと、敢えて「わざわざ」を曲げて捉える方もいます。

相手への感謝を伝えるつもりで使った「わざわざ」という表現が、そのように捉えられるのは不本意ですよね。普段何気なく使っている言葉を一度振り返って、正しい言い回しが出来るようにしていきましょう。

「わざわざ」の正しい言い換え・敬語表現

それでは、「わざわざ来ていただきました。」などと、大変だったことに感謝の気持ちがあるということを、スマートに相手に伝えるためには、どのような表現をしていけばいいのでしょうか。また、「わざわざやらせていただきました。」などと、自分自身が頑張ったことを、好印象にさりげなく伝えるためにはどのような表現が適しているでしょうか。

基本は相手を敬うこと、が大切です。例えば、「お忙しいところ、お越しいただきまして、ありがとうございました。」などと、「わざわざ」の部分を、相手の具体的な行動=お忙しいなどに変えることで代用できます。

咄嗟に話すことは、難しいことですので、日頃から文例を頭の中に入れておくことが良いでしょう。また、手帳に「わざわざ」の言い換え一覧表を作っておくのも、1つのアイデアかもしれません。

自分自身がわざわざ頑張ったということを、さりげなくアピールしたい場合は、
「微力ながら、試行錯誤しながら、奮闘いたしました。」等、自分を謙遜しつつも、頑張ったことを伝えるといいでしょう。

「わざわざ」を正しく使ったメールの例文

「わざわざ」という表現が必ずしも悪いわけではありません。他の言葉に言い換える方がスマートではありますが、わざわざを使いたい場合は、その文章の前に自分を謙遜、遜る(へりくだる)文面を入れると、相手に伝わりやすいです。

「わざわざ」の例1

本日は、大変ありがとうございました。本来なら、私が御社に向かうべきところ、わざわざこちらへお越しいただきまして、ありがとうございました。

この文では、自分が行くべきだったという謙遜表現を、「わざわざ」の前に入れています。

「わざわざ」の例2

先ほどは、ご丁寧な説明資料をありがとうございました。本来は私が調べるべきところ、わざわざ送ってくださったので、内容を素早く理解することが出来ました。

ここでも、「わざわざ」の前に丁寧な謙遜表現を使っています。
このように、前後の表現を省略することなく、しっかりと気持ちを伝えることで、わざわざという表現を使っても、相手に不快な思いをさせることなく、気持ちを伝えることが出来るでしょう。「わざわざ」という表現を使ってしまいそう、という方は、普段から前後に謙遜、へりくだり、感謝の気持ちをつけるように心がけてはいかがでしょうか。

「わざわざ」使わない表現に言い換えるという選択肢もある

「わざわざ」の類語には次のような表現があります。Webilio類語辞典によると、次のようなわざわざに代わる類語があります。

特別・特に・言うほど・殊更・これと言って・取り立てて・格別・格別に・敢えて・然程・手間暇かけて・労力をかけて

これらの言葉を状況に応じてうまく使い、言い換えていくのも一つの方法だと思われます。しかし、ただ当てはめるだけでは、良い表現が出来ないので、前後の言い回し等を考えて文を作る必要がありますね。わりと高度な方法かもしれません。

そもそも「わざわざ」の意味ってなに?

何気なく使っている言葉「わざわざ」。正しい意味はどのようなものでしょうか。見て行きましょう。

広辞苑 第六版

わざわざ(態態)
1.その事だけのために、特に行うさま。特別に。とりたてて。
2.ことさらに。故意に。わざと。
(一部省略)

明鏡国語辞典

1.期待できる以上の手間暇をかけるさま。
例:「わざわざ忘れ物を届けてくれた」「作らせた特注品」

2.しなくてもいいことを意図的に行うさま。わざと。故意に。
例:「わざわざ意地悪をすることはないじゃないか」

1は、行為者へのねぎらいを、2は非難を表す。「わざわざ/わざと 不良品を買うことはない」では、ともに非難を表すが、「わざわざ」は行為者の意図とともにその手間に「わざと」は行為者の意図に注目していう。

「わざわざ」という言葉には、意味合いの違いがあるようですね。

「わざわざ」を使う時に注意する点

2つの辞典の意味合いからもわかるように、「わざわざという表現」は、良い意味にも悪い意味にも捉えられる言葉です。悪い意味合いにならないように、前後を省くことなく、丁寧に謙遜表現をつけることが大切というのは、先ほどの説明にあった通りです。

「わざわざ」と似ている「せっかく」という言葉は少しまた意味あいが違います。同じように、調べてみましょう。

広辞苑 第六版

せっかく

名詞

1.力を尽くすこと。骨を折ること。心を砕くこと。
2.困難。難儀。
3.めったになく、大切であること。「せっかくの休日が雨になった」

副詞

1.十分気をつけて。つとめて。
2.努力や期待が酬いられなくて残念だという気持ちを表す。

明鏡国語辞典

せっかく
ある物事や行為が、大きな価値をもっているという話し手の気持ちを、その価値が有効に生かされたかどうかの観点からという語。

「せっかくの御厚意ですからお受けしましょう。」「これではせっかくの景観が台無しだ。」「せっかく帰郷したのだから、しばらく滞在しなさい。」「せっかくおいで頂いたのに何のもてなしもできません。」「せっかくですからちょうだいいたします。」「せっかくだが先約がある。」

お気づきになったでしょうか?「せっかく」という意味は、「わざわざ」という意味とは異なり、否定的に感じる表現がありません。「せっかく」という表現を使って、気持ちを表すのもまた、一つの方法でしょう。

「わざわざ」意外に気をつけるべき敬語表現

知っているようで意外とみなさん使っているものをあげてみましょう。

「ごくろうさま」

ごくろうさまは、目上から目下に対してかけるねぎらいの言葉です。諸説あるようですが、一般的な認識はそのようになっています。会社の面接等で目上の人に使うことは絶対にさけたいところです。

「了解しました」

了解しましたも、同僚や目下の人に向かって使う言葉です。
正しくは、「承知しました」がいいでしょう。

「お世話様です」

敬意を表す表現にはなるのですが、目上の人に使うには、丁寧さに欠けます。
「お世話になっております。」を使うのが良いですね。

「〇〇なんで」

日常的に使われている話言葉ですが、比較的年配の方には好まれない傾向があります。「〇〇なので」という表現に変えると良いでしょう。

「ご覧になられる」

正しくは、「ご覧になる」ですね。「ご覧になる」は「見る」の尊敬語です。
「られる」という尊敬語を重ねて使うことは二重敬語になり、好ましくありません。

「拝見されましたか?」

「拝見」は「見る」の謙譲語です。尊敬語、と丁寧語、謙譲語の区別がついていない人が多く見られますので、気をつける必要があります。正しくは、「ご覧いただけましたか?」です。

この他にも気になる敬語表現は数多くあります。まずは、尊敬語、丁寧語、謙譲語の3つ。日本人として、小学生、中学生と義務教育の頃に習った知識をおさらいして、社会人として正しい敬語を使うようにしたいものです。

「わざわざ」という表現が気になってしまう原因

「わざわざ」という表現が気になってしまう原因はどうしてでしょうか。みなさんは、「わざわざ」を日常的に使う時、どのような場面で使うでしょうか。

「わざわざ〇〇しなくても良かったのに。」と、否定的な意味合いで使うことが多いのではないでしょうか。もちろん、人によって使い方はそれぞれ違うでしょうが、否定的な意味合いで使っている人は、捉える時も否定的な言葉として捉えるでしょう。

また、「わざわざ」という表現は、同じ音の繰り返しのため、より耳に印象づく表現です。耳に残りやすいですし、記憶をしやすい表現なのです。そのため、気になってしまうこともあるのでしゃないでしょうか。

就活において正しい敬語を使うことの重要性

正しい敬語を使えることは、すなわち義務教育、その後の教育をしっかりされてきていて、それらを身に着けているとみなされます。服装や髪型などは、その日1日でいくらでも取り繕うことが出来ます。いつもは明るい髪の人が黒く髪の毛を染めたり、いつもは派手な格好をしている人がきちっとしたスーツを着れば、ごまかすことができるのです。

しかし、言葉はどうでしょうか。いつも間違った言葉遣いや、汚い言葉遣いの人、間違った敬語を使っている人が、急にある場面で教養を身に着けた話し方をしようとしても、できるものではありません。その人の育ち、環境、学習意欲など、色々な側面が一気に見えてしまうのが、話し方、特に面接においては「敬語の使い方」なのです。

正しい敬語を使用し、さらに有利に就活を進めたいなら就活サービス「イッカツ」を利用してみよう

イッカツ」は、就職サイトを一括で登録し、メールをすべて管理できるサービスです。1つ1つをバラバラに登録して管理不十分になることは、就職活動においては大きな失敗のもとにもなります。

1つの場所で管理するというのは、手帳に全ての出来事を書き込み管理する感覚と似ているのではないでしょうか。余分な手間を省き、その分の時間を正しい敬語を身に着けたり、面接のシミュレーションをしたりするなど、別の時間に充ててはみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です