【業界研究】ソフトウェア業界の現状・動向・課題について

ソフトウェア業界の現状

平成17年から19年にかけて市場規模は増加傾向に。しかし、平成19年から平成24年において、規模は平行線。平成25年以降は再び増加して今に至る。これが、ソフトウェア業界の推移になります。平成23年ごろまで拡大が鈍化していたのは、日本経済の影響を受けていたからです。円高やヨーロッパの債務危機、東日本大震災など社会の様々な動きを受けてソフトウェア業界の動きが緩やかになっていました。

しかし、平成24年に入ると、国内の景気や消費者の買い物などに対する意欲の向上に伴い、ソフトウェア業界に属する多くの企業の業績が回復傾向に出始めました。また、個人向けソフトウェアの販売業績も順調に上がり続けることに。ソフトウェア業界においては、これからも様々な面において成長していく見通しが立っています。

技術の面でも、クラウドやビックデータ、セキュリティなど社会からも大きな注目を集めているテーマがソフトウェア業界にはたくさんあります。特にクラウドについては個人の生活にも深く関わるシステムとして認識されており、ソフトウェア業界の中においても、クラウドに特化した開発を進める企業が少なくありません。

これからも新しい技術はバス想像される見通しが立っており、ソフトウェア業界の進化は世の中をさらに豊かなものにしていきます。業界研究をする上では、クラウドやビッグデータを始めとした新しい技術を理解すること、またソフトウェア業界がどのように社会と密接な関係にあるかをしっかりと調べておくことが重要になります。

現状1:基本情報

これからは、クラウド上に置かれているソフトを時と場合に応じて必要な部分だけを使用するスタイルが浸透していくといわれています。それに伴って、クラウドに対する社会からの期待やニーズは継続的にはまっていくことが予測されます。

このように、これからソフトウェア業界においては新しいシステムと社会のニーズを結合させることが重要になってきます。クラウドだけではなくビッグデータにおいても、解析やデータの管理において需要が継続的に高まる見通しが立っています。

また、セキュリティについても、近年は企業や金融機関を狙ったサイバー攻撃が多発しており、ときには個人情報が漏れてしまうケースもありました。このような事件が企業の信頼を失墜させてしまう事態にも至り、経営危機に追い込まれるケースも少なくありません。それだけにセキュリティに関するニーズは企業、個人ともに日に日に高くなっています。

情報に対する感度が年々敏感になっており、ニーズが多様化しているソフトウェア業界。どれだけセキュリティとかを強くしても行き着くところはないので、継続的な業績アップが見込まれています。「これからも伸び続ける業界で働きたい」という学生には絶好の了解であるといえます。

  • 業界規模:4,167億円
  • 労働者数:7,314人
  • 平均年齢:37.8歳
  • 平均勤続年数:8.7年
  • 平均年収:642万円

現状2:業界シェアランキング上位3位

第1位:日本オラクル

売上高は1549億円。サーバーの開発企業として圧倒的な知名度と地位を確立している日本オラクル。取引をしている企業は非常に多く、多種多様な業界のIT戦略を根本から支えています。ソフトウェア業界の中でも日本オラクルを知らない人はおそらくいません。それほどソフトウェア業界において重要なポジションにある企業で、ぜひ、業界研究のテーマとして取り上げることを推奨します。

第2位:トレンドマイクロ

売上高は1083億円。「ウイルスバスター」などの開発で知られる企業です。個人向け、企業向け共に豊富な種類のソフトを開発しており、安定的な売り上げを記録し続けています。年々バージョンアップが進むトレンドマイクロの製品は、セキュリティの面においても大きな信頼を獲得しています。セキュリティについてはトレンドマイクロの製品を使いたいあと考えているユーザーは非常によく、これからも継続的な成長が見込まれています。

第3位:オービック

売上高は550億円。統合業務ソフトウェアを中心にして様々なソフトを開発している会社です。取引先には多種多様な業界の企業が挙げられており、事業の幅広さを象徴しています。また、企画から開発、設計、プログラミング、保守・運用まで一貫して実施する体制が高い支持に結びついています。ソフトウェア業界の中でもオービックの名前は隅々まで知れ渡っており、盤石な経営基盤を築き上げています。

現状3:平均年収ランキング上位3位

第1位:日本オラクル

平均年収は1010万円。第2位のジャストシステムを大きく引き離して1000万円の大台に乗せている日本オラクル。会社の知名度、高い技術力や商品力が売り上げに結びついており、それらを従業員に還元する体制も確立されています。業界研究をする上で、日本オラクルをサーチすることは必要不可欠であるといえます。

第2位:ジャストシステム

平均年収は827万円。一太郎やATOKなど、個人・法人を問わず多くのクライアントにとって必要不可欠なソフトを多数開発している企業です。一つ一つのソフトが高い支持を獲得しており、安定的な売り上げに結びついています。ソフトウェア業界の中でも高い安定度を誇る企業だけに、学生からの人気も非常にあります。

第3位:オービック

平均年収は773万円。ソフトウェア業界の中でも、利益を従業員に還元する企業として知られています。開発から保守・運用まで一括して担当できる体制、独自に蓄積した高い技術力が大きな支持を獲得しており、高い利益率に結びついています。これからも売り上げのアップが見込まれる会社になるので、平均年収のアップも予想されます。

業界の動向

ソフトウェア業界が属するIT業界において、ソフトウェアの事業が占める売上高と従業員数は非常に高いものがあります。また、社会が進化するためにはソフトウェアの進化が必要不可欠であるともいわれており、これからもその動向は多くの注目を集めていきます。

特に今後は、クラウドやビッグデータ、セキュリティなど新しい技術の開発がさらに評価されていきます。これからも社会において必要とされ続ける業界だけに「社会と強い繋がりを持っていたい」という学生には絶好の選択肢になります。

動向1:市場動向

ソフトウェアの活躍の幅は年々広がっています。企業の基幹システム、生産管理システム、物流システム、勤怠管理システムなど様々なシステムが開発されています。しかもこれらのシステムは、コストの適正化や納期の短縮、不良の防止などさまざまな観点に基づいて、継続的なカスタムやバージョンアップが実施されています。

加えて近年は社会のグローバル化に伴い、国内外を結ぶシステムの開発のニーズも着実に増えています。そのためには、各国のIT環境などに対応する必要が出てきます。ソフトウェア業界においてもグローバル化は重要なテーマとして認識されていますが、これからは海外に進出する会社・しない会社という点で大きな分かれ道ができてきます。

動向2:業界の課題

まず挙げられるのが、人材の不足になります。専門的な技術を要することもあり、仕事や案件は溢れているものの、対応しきれていないのが現状です。しかも、これらのしわ寄せが一人ひとりのエンジニアに集まり、勤務の状況が非常にハードになりつつあります。

他の業界では職場環境の整備が進んでいますが、ソフトウェア業界ではなかなかそれが進んでいないのが現実。エンジニアが腰を据えて働ける環境を作ることで、技術が蓄積され、新しいシステムを開発できる。そんなスパイラルを描ける環境づくりが大きな課題になっています。

次に挙げられるのが、新しいビジネスモデルの確立です。他の業界でも利益の創出がなかなか難しくなっていますが、ソフトウェア業界も例外ではありません。仕事はたくさんあるのになかなか売り上げを伸ばすことができない、そんな状況が続くと、エンジニアも疲弊して、業界から離れることを選択する人が増えることになります。

今、多くの企業に求められるのは、不利益をしっかり確保できる体制を構築すること。そのためには、新しいビジネスモデルを構築する必要があります。企業の将来性を考える意味でも、新しい挑戦をしているかどうかという視点で業界研究をしてみましょう。

最後に挙げられるのが、クラウドやビッグデータ、セキュリティなどの新しい分野における収益化なります。これまでは、研究という視点が多く利益を度外視していた企業が多々ありますが、売上と利益を出し続けていくためには、そろそろ、新しい分野をビジネスとしても構築する必要があります。

動向3:業界の今後の将来性

ソフトウェア業界でこれから重要になるのは、人材の確保になります。ハードな職場環境では、たとえ従業員を採用したとしてもすぐに辞めてしまいます。一度採用した人が長く働き続けられる環境作ることがソフトウェア業界においては重要なテーマになります。

各社ともに独自の取り組みを展開していますが、それらの効果がいち早く業界内で現れ、腰を据えて働く人が増える。そんな相乗効果を生み出すことがソフトウェア業界の更なる活発化につながることは間違いありません。

おすすめの業界研究本

  • 「会社四季報」業界地図 2017年版
  • この1冊ですべてわかる SEの基本
  • 図解 ソフトウエア業界ハンドブック

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。