OB訪問する際の服装マナー・例|私服やアクセサリーの対処法

OB訪問する時の服装のマナー

OB訪問の服装は、相手から特別指示がある場合を除いて、基本的にはスーツで行くのが一番適しています。面接ではないのでそれほどかしこまらなくても問題ありませんが、社会人は無意識的に服装で人となりを判断することも多く、取引先も含めてスーツを着ている人を見る機会が多いため、一番ベターな服装です。

なによりビジネスマンはスーツを着ていることが多いので、OB訪問の時に相手はスーツを着ているのに話を聞かせてもらう当人が私服では、立場がちぐはぐになってしまいます。

しかし、ただスーツを選べば大丈夫ということでもありません。せっかくスーツを着ていても、シワが入っていたりサイズが合っていないと、だらしない印象を与えてしまいがちです。スーツを購入する時は自分のサイズに合ったものを選び、一度着用したスーツはクリーニングに出すかアイロンをかけておきましょう。

特にズボンの折り目がしっかりとついていると清潔感がアップするので、気をつけるポイントです。スーツのボタンはすべて止めずに、2つボタンの場合は上の1つ目だけ、3つボタンの場合は上2つを止め、一番下のボタンはそのまま開けておくのがスーツを着用する際のマナーです。女性のスーツジャケットもボタンの止め方は同じで、スカートの丈は長すぎず短すぎずちょうど膝あたりの長さのものを選びます。

スーツの中に着るシャツは白の無地がベストで、こちらもシワがないようしっかりとアイロンをかけておきます。女性の場合、開襟タイプでも問題ありませんが、胸元が開きすぎないよう気を付けてください。

男性・女性ともに相手に好印象を与える上で、一番大切なことは清潔感です。鏡でチェックをする時に、自分が相手の立場だったらどう見えるかを意識すると良いでしょう。

OB訪問する時の服装の例

男性のOB訪問の服装例としては、黒のリクルートスーツに白いシャツ、青色やえんじ色のストライプ柄、もしくは無地のネクタイを締めます。靴下は黒やグレーのビジネスソックスを選び、座った時にすね毛が見えてしまうことがないよう、若干長めの丈のものを選びます。

靴も色は黒で、靴の先端が長いものや装飾がついているようなデザインが凝ったものではなくシンプルなものを選びましょう。出かける前にしっかり磨いておき、OB訪問前に汚れていないかチェックして、キレイにしてから建物に入りましょう。

女性の服装例も、スーツは黒のリクルートスーツに、白いブラウスか開襟シャツを中に着用します。ストッキングは自分の肌に近い色を選び、伝線してしまう可能性も考えて、予備のストッキングを2枚ほど用意しておきましょう。OB訪問直前に伝線がないかをチェックしておくと安心です。

靴は男性と同様、黒色のシンプルなデザインを選び、長く歩いても足が痛くならないようにヒールは低めにします。足が痛くなってしまうのが心配な時は、インソールを駆使してテキパキと歩けるようにしておきましょう。

カバンは男性も女性も色は黒で、A4サイズの書類が入る大きさのビジネス用のものを選びます。椅子に座ったときにカバンは地面に置くこともあるので、底が固くて自立するものにしましょう。

OB訪問する時に避けた方がいい服装

OB訪問にラフすぎる普段着はNGです。デニム素材やフリース素材、Tシャツなども避けキチンとした印象を与える服装を心がけましょう。

スーツの場合でもストライプなど柄が入っているものや、Yシャツのカラーが派手なものは自己主張が強すぎるので控えた方が良いでしょう。シャツの素材で綿が多く入っているものは、シワになりやすいので注意が必要です。ポリエステルや化学繊維が使われているシワになりにくいものを選びましょう。

女性の場合は、メイクの仕方にも注意しなければなりません。よほど理由がある場合を除いてノーメイクは避け、逆に派手すぎるメイクも控えてナチュラルメイクを心がけましょう。カラーコンタクトも基本的にはしない方がいいですが、どうしても必要な場合は黒や茶色など自然な色で、瞳の大きさが大きくなりすぎないものにしましょう。爪は短く切り、マニキュアは透明かベージュにして、派手な色やネイルアートは控えます。

髪型も清潔感を重視して、男性であれば短く整え、女性であれば長い人はまとめて、前髪も目にかからないように気を付けましょう。ヘアアクセサリーは必要最低限のものにとどめ、装飾要素の強いものはOB訪問の服装には向いていないので控えます。カラーリングをしている人は明るすぎない色にし、生え際が伸びたまま色が違っていると良い印象は与えませんので、しっかりチェックしておきましょう。

夏にOB訪問する時の服装のマナー

近年クールビズが導入されている企業も増えてきましたが、OB訪問をする企業が導入しているとは限りません。夏は暑いのでスーツは大変ですが、就活中は耐えるしかありません。どうしても暑い場合は、ジャケットを脱いでも問題視されることはありませんが、腕にかけるなどしてあくまでもスーツという服装は変えない方が無難でしょう。

また夏用のスーツ生地は薄いのでシワが入りやすく、家を出る時はしっかりと折り目がついていたはずなのに、OB訪問についたら汗の湿気で折り目が消えて、だらしなく見えてしまうこともあります。これから夏用のスーツを買う場合は、形状記憶のものやポリエステルが入っている生地を選んで、綺麗な折り目がキープできるようにしましょう。

中のシャツは夏でも冬でも白い長袖が理想的です。今ではシャツに使われている素材でも、速乾性や通気性に優れたものなど暑さ対策が施されているシャツもありますので、そういったものをうまく利用しましょう。夏は特に汗をかいてシワになりやすいので、素材にも注意してください。

夏に濃い色のネクタイをしていくのは見た目も暑苦しく、汗がにじんだ時にも汗ジミが目立ってしまいます。夏は薄い水色やピンクなどのパステルカラーの方がいいでしょう。

汗をふくためにハンカチは忘れないようにしましょう。ハンカチで足りない場合はハンドタオルでも構いませんが、タオルの細かい繊維がスーツにつかないよう注意しましょう。

夏にOB訪問する時の服装の例

男性の夏用OB訪問の服装は、グレーの夏用生地が使われているスーツに白の長袖シャツを着て、薄い水色のドット柄のネクタイを締めます。スーツの生地から靴下、靴に至るまで夏仕様の生地や素材を選び、暑さでうだってしまうことのないよう自分なりに工夫をしましょう。

女性の夏用OB訪問の服装も基本はスーツで、色はグレーの方が黒よりかは暑さが軽減できるかもしれません。中に着るブラウスやシャツも白の長袖で、ジャケットは脱ぐ可能性もあるので、下着が透けてしまわないようキャミソールなどを着ておきましょう。

靴も冬同様、黒のシンプルなデザインのパンプスで、暑いからとオープントゥやミュールは控えた方がいいです。夏はとにかく汗をかくので汗ジミに注意し、暑がりな人や汗かきな人は汗取りパットを利用しましょう。汗を抑えるスプレーを使う時は、香りが強いものは避け無香料のものを選ぶようにしましょう。

相手方から指示がありクールビズにする場合も、襟付き長袖は原則で薄い水色のシャツにグレーのスラックス、カバンやベルト・靴などの小物は黒で統一しましょう。シャツをズボンから出す着方はどうしてもだらしなく見えてしまいますので、シャツをズボンに入れるコーディネートにします。

夏にOB訪問する時に避けた方がいい服装

どうせジャケットを着るからと、中のシャツを半袖にするのはNGです。場合によっては相手の配慮で、「暑いからジャケット脱いでいいですよ」と言われることがあります。その時にジャケットの中が半袖だと、脱げなくなってしまいます。

夏仕様の涼しい工夫がされている靴はOKですが、サンダルのような靴やミュールなど明らかにビジネス用ではない靴は控えましょう。

冬同様デニム生地やジャージのようなものも避け、スーツ以外で行く場合も襟付きのシャツを選び、Tシャツのようなラフな服装は避けます。また帽子をかぶったり、革靴以外のスニーカーやビジネス用のカバン以外のリュックなども控えます。

私服でもいいと言われた時の対処法

私服でもいいという指示があった場合でも、本当に私服で行ってしまうと他の学生はスーツばかりで目立ってしまったという失敗談が多くあります。他に学生がいない場合でも、相手方がどの程度の私服のつもりで指示を出したのかまでは判断することができません。

目上の人である相手はスーツを着ているのに、こちらが私服ではやはり不自然ですし、私服の場合自由度が広がる分センスも必要になってきます。もし「私服でいいと言ったのになぜスーツを着てきたのか」と聞かれた場合は、「目上の人にお会いする時に私服は心苦しいので」というようなことを伝えれば、マイナスのイメージがつくことはありません。

私服を選ぶ場合でも、完全に普段着と見える服は避け、フォーマル寄りの私服にしましょう。ビジネスカジュアルにする場合は、必ず襟付きの長袖シャツにベージュやグレーのスラックス、スカートにします。女性の場合は下着が透けないよう気を付けましょう。

現在のOB訪問の服装は基本的にスーツを選ぶ学生が多いので、私服やクールビズ、ビジネスカジュアルを選ぶ場合は目立つことは覚悟しておきましょう。あえて個性を出すために私腹を選ぶ場合でも、礼節を欠くような服装は避けなければなりません。

OB訪問は面接ではありませんが、お会いするのは目上の方だということを忘れないでください。OB訪問の際の相手方が、わざわざ人事部に報告するようなことはないとは思いますが、どのような形で選考する方の耳に入るかは分からないのです。就活の時点では自己主張は抑えておく方がリスクは少なくてすみます。

OB訪問の時につけるアクセサリー類のマナー

OB訪問の際は極力不必要な装飾は、避けた方がいいでしょう。高級時計やネクタイピンを付けていくと、相手の顰蹙を買ってしまう可能性も考えられます。学生に不相応なブランド品は避け、どうしてもアクセントで付けたい場合は質素なデザインのものを選びましょう。

女性も派手なピアスやネックレスを付けていくことで、相手方に良い印象を与えることはほぼありません。OB訪問に着飾って必要はないのです。社会人の素質には、服装を時と場合に合わせて切替えができることも大切なスキルの一つです。

社会人全員がそれほど細かくチェックするというわけではありませんが、中にはアクセサリーを見てこちらが意図しない印象を持ってしまう人もいます。OB訪問の相手方がどのような印象をもつのかは、こちらが判断することはできませんので、マイナス評価を与える可能性があるものは控えた方が無難なのです。目上の人に会う時は、あくまでも謙虚にというポイントを忘れないようにしましょう。

OB訪問の時のコートのマナー

コートのマナーは、相手に余計な気を遣わせないためにも覚えておく必要があります。人によっては特に気にせず会場内で脱ぎ着する人もいますが、スマートではありません。会場のある建物に入る前に脱ぎ、出る時も建物から出てから羽織るということを覚えておきましょう。

コートを脱いでいる間は、軽くたたんで腕にかけておきます。コートは外で着るもので外のホコリや汚れを室内に持ち込まないため裏返して折りたたみます。また裏返しに折りたたむことで、コートの型崩れを防止することができます。

たたみ方はコートの内側が自分の方を向くように持ち、両肩にそれぞれ左右の手を入れます。そのまま両手を合わせるようにして両肩を合わせ、右手で左肩の部分を持って左手を抜き、そのまま左側の前身ごろを右手にかぶせます。この時左右どちらの手を使っても構いません。実際にやってみてやりやすい方の手を使いましょう。そのまま縦に二つ折りになるように腕にかければOKです。

たたんで置く場合は、コートの長さに応じて三つ折りや四つ折りにしてたたみます。この時に注意しなければならないのは、コートのポケットにお財布やスマホを入れている場合です。

たたむ時ポケットがさかさまになるとポケットの中のものが落ちてしまいます。コートを脱ぐときにポケットの中のものは出してカバンに入れておくか、そのままたたむ場合もポケットの向きに十分注意しましょう。

冬のコートは会場の建物の外で脱ぎ着しますが、夏のジャケットも同じです。ジャケットを脱いだまま建物に入ってしまわないよう注意してください。これは建物内で脱ぎ着をすることにより、面会する相手方に寒い中(または暑い中)来させてしまったという気を遣わせないためのマナーです。

とても細かいことですが、こういった気遣いができるかどうかは社会人になる上で、今後もずっと必要なスキルなので忘れないようにしましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。