OB訪問はいつから始めればいい?|アポの取り方と質問例文一覧

OB訪問のピークの時期はいつなのか

まずは近年の就活スケジュールから、ピーク時期を把握していきましょう。2017年卒の就活スケジュールは、2016年3月に採用情報が解禁となり、2016年6月からは面接などの本格選考が開始されています。

2016年8月5日の経団連の発表によると、2018年卒も同様に採用情報は3月解禁、6月本選考スタートというスケジュールで調整しているとのことです。3月に採用情報が公開されると会社説明会や合同説明会が始まり、就学生側もある程度本選考を受ける企業が絞られてきます。

そして実際その企業で仕事をしているOB・OGに話を聞きたいと思う就活生が多くなり、OB・OG訪問も3月~4月あたりがピークになります。近年の就活スケジュールは以前よりも採用情報解禁から本選考に至るまでの準備期間が短いことから、OB・OG訪問が集中する時期も必然的に波が大きくなっており、就活生にとってはゆっくりと構えていられない現状となっています。

経団連に加盟していない外資系の企業や中小企業では、採用ルールにこだわっていないところも多く、いち早く優秀な学生を入社させるため、就活スケジュールが開始するよりも早く採用活動を行う傾向にあるようです。そういった企業への就職を希望している場合は、OB・OG訪問についても早めに動きだす必要があるでしょう。

OB訪問を始めるベストな時期

就活スケジュールから考えるとOB・OG訪問は、ピークが始まる前の2月~3月あたりがベストな時期と言えるでしょう。しかし、2月〜3月となると、企業は決算期にあたり上層部の社員は忙しくなりますし、3月採用情報の公開でバタバタしている可能性もあるので、少し早め時期の方がいいかもしれません。

というのも、OB訪問をするのに早すぎるということはないからです。本当に早い人は、大学1年からコツコツとOB訪問を重ね、着実に就職に向けて準備をしています。早ければ早いほどOB訪問の数もこなすことができますし、長い準備期間を持つことができます。OB訪問の数をこなせるということは、自分にとって有益な情報を得る機会が増えるということですから、ある程度興味のある業界や企業があるならば、すぐにでも動き出す方が良いでしょう。

企業側が忙しい時期にOB訪問をしても、先輩方も落ち着いて話をすることができないでしょうし、忙しいと精神的な余裕もなくなりがちですから、多忙期は避けて落ち着いている時期にゆっくりと話を聞く方が、有意義なOB訪問になるのではないでしょうか。

ピークより前にOB訪問をするメリット

長い準備期間は武器になる

ピークよりも早くOB訪問を始めるメリットは、やはり準備期間をより長く取れるということが一番ではないでしょうか。

自分の人生の、半分以上の期間を勤めることになる会社への理解度を上げることは、入社してすぐにこんなはずじゃなかったと後悔してしまうような結果を防ぐこともできます。

特にOB訪問では、パンフレットなどでは分かり得ない、社員の体験談を聞くことができるチャンスなので多くの社員に話を直接聞けるのは、就職先を決める上でも就職後安心して仕事をするためにも、自分の武器となります。当然多くの社員に話を聞くのであれば、多くの時間が必要です。OB訪問を始める時期が遅ければ、その分時間も限られて多くの社員から話を聞くことが物理的に不可能になってしまうので、開始時期は早ければ早い方がいいです。

日程調整がスムーズにできる

人気の業種や企業では、OB訪問のピーク時期には多くの就学生の依頼が集まります。そのためアポイントを取るのが難しくなりますし、忙しくて取り合ってもらえない、日程調整がスムーズにできないといったことが起こり得ます。

おそらくは就学生側も就活が忙しくなりますので、せっかくアポイントが取れても選考に行かなくてはならず、キャンセルをするというケースも考えられます。実際日程調整にばかり時間を取られて、結局OB訪問に至らなかったという先輩方の失敗談も多くあります。企業側が忙しくなる時期やOB訪問のピーク時期を避けることで、日程調整がスムーズにできるのは大きなメリットです。

OB・OG訪問はモチベーションが高いうちに聞くのが得!

みなさんがOB・OGの立場だったら、と考えてみましょう。ピーク時期になると、複数の就学生からOB訪問の依頼が来ます。最初のうちは学生との話も楽しく、いろんなことを教えてあげたいという気持ちで対応できますが、数を重ねるごとにだんだん面倒に感じてくるのではないでしょうか。

イメージしてみるだけでも、容易にその気持ちの変化を察することができるほどですから、おそらく実際OB訪問を受けているOB・OGの方は後半になれば、もうウンザリしているかもしれません。そのような状態では、これも教えておきたい、あれも言っておこうというモチベーションを保つのは難しく、とりあえず形だけ対応しておけばいいというような対応になってしまうはずです。

もちろん、熱意を持って教えて下さるOBの方もいらっしゃいますので、全員が全員そうだとは限りませんが、人間は序盤が最善のコンディションな生き物なのです。モチベーションが高い時期に、色々な話を聞かせてもらえるというメリットは、同じOB訪問を経験した学生よりも有利になるでしょう。

印象に残りやすい

OB訪問がピークになると多くの学生と対話することになる先輩方は、最初の頃に話した学生の方が印象に残りやすいというメリットもあります。言い方が悪いですが、ピーク時期にくる学生は、「その他大勢」という一括りにされて記憶されてしまいます。

よほど話術に長けているとか、よほど先輩と折が合ったとかでなければ、名前すらうろ覚えになってしまうかもしれません。OB訪問をしてくださる方が、選考に関わっているとは限りませんが、印象に残らないよりかは印象に残った方がいいのではないでしょうか。早めにOB訪問をすることで、企業への熱意と行動力を評価してもらえるチャンスにもなるのです。

OB訪問をすると就職で有利になるのか

企業によっては面接で「OB訪問を何人くらいとしたか?」といった質問を投げられるところもあります。そこで「これからやります」と答える学生とすでに何人のOB訪問をしたという学生では、面接官なら後者を評価します。

しかし、OB訪問はやれば就職が有利になるというものでもありません。あくまでも、自分が就職する企業についての理解力を深めることが目的なので、自分が興味を持って知ろうとしなければ有益な情報を得ることはできないでしょうし、やっても意味がないと感じてしまうかもしれません。

就職したいと思う企業についてリサーチをする中で、疑問に思うことや実際に勤務している社員さんの話を聞きたいと思うことがなければ、OB訪問をしても就職に有利に働く可能性は少ないでしょう。

OB訪問はそこで何を得るかが重要です。得たものによっては、自分の就職に大きく影響する可能性もあるでしょう。OB訪問を極めて企業について知り尽くした人と、パンフレットやホームページ上で情報を集めた人とでは、話の厚みが全く違います。

大手企業になればなるほど、パンフレットやホームページ、合同説明会だけでは知り得ない情報が多いものです。OB訪問でそういった実際の体験談を聞くことで、企業への理解力を深めることもできます。

学生のうちからたくさんの社会人と触れ合うことで、自分のネットワークを広げることができますし、自分は社会の中で何ができるのか、どういうことをしていきたいのかが明確に見えてきます。こういったことも面接で大いに活かされます。

また、場合によってはOB訪問の対応してくださった方が、他の社員さんを紹介してくれたりする可能性もあります。もちろん紹介したいと思うに値する人物でなければそういった話にはなりませんが、熱意をもって話をしていればそれが伝わり、思わぬ収穫が得られる可能性があります。

ピーク前にOB訪問したい場合にアポをとるのはいつするべきなのか

日程調整なども考えると、ピーク前にOB訪問をするためには1月にアポイントを取り始めましょう。1月は年も明けて気持ちの切り替えがしやすいですし、OB・OG側も余裕がある時期です。

メールの場合であれば、やり取りに時間がかかりますから、余裕を持っておきたいところです。企業が年末忙しくなる業種でなければ、12月頃にアポを取り始めてもいいですが、逆にアポを早く取ってOB訪問までに期間が開いてしまうと、忘れられてしてしまうことも考えられますので、注意が必要です。アポをとってから期間が開く場合は、直前に確認の連絡を入れましょう。

OB訪問のアポの取り方

顔見知りの先輩がいて興味がある企業に入社しているのであれば、直接コンタクトを取ってもいいでしょう。顔見知りの先輩がいない場合は、大学のキャリアセンターの名簿でOB訪問のアポを取る連絡先を調べるのが一番簡単です。

知り合いではない限り相手方は、突然連絡を受け取ることになるので、驚かれないよう十分に配慮してください。当然のことながら目上の人にあたりますから、言葉遣いには十分に気を付け、失礼がないよう心がけましょう。

メールアドレスが分かる場合は、メールの方が相手の時間を煩わせることがないですし、こちらも落ち着いて文章をまとめることができるので、都合が良いでしょう。目に留まらなければ、読まれずにスルーされてしまうリスクがあるので、件名にはしっかりとOB訪問の依頼であることが分かるよう入れておきましょう。

メールの場合はやり取りの回数を削減するために、こちらから日程をいくつか提示して都合がいい日がないか伺います。メールを送ってから1週間程度は様子を見て、返信がないようであれば会社に電話をして、直接話してみた方がいいかもしれません。

直通の電話ではない限り、企業に電話して受付の方に取り次いでもらう必要があります。所属部署や先輩のフルネームを正確に伝えて、取り次いでもらいましょう。電話の場合は日程の調整は、基本的には先方から提案してもらい自分が調整するというスタンスですが、場合によっては向こうから都合のいい日程を聞かれることもありますので、いくつか都合がいい日を候補に持っておきましょう。

電話の場合は緊張してしまうでしょうから、事前に伝えたいことをメモにまとめて通話中確認ができるようにしておきましょう。

OB訪問に行く前に聞くべきことをまとめておこう

OB訪問での質問は、ある程度事前にまとめておきましょう。当日話の中でふと疑問に思うこともあるかもしれませんが、話の糸口はたくさんある方が話はふくらみます。これだけは聞いておきたいと思うような内容があれば、事前にメールで伝えておくのもいいかもしれません。相手方も事前に質問が分かっていれば、考えをまとめておくことができますし、聞き忘れることもありません。

OB訪問において何を得たいのか、何を知りたいのかを見つめながら、質問をまとめます。ここで注意してほしいのは、調べればわかることを質問にしないということです。会社の事業内容や入社後の初任給、福利厚生などは会社のホームページやパンフレットを見れば分かります。OB訪問のために、わざわざ時間を割いて出向いてくださった方に対して失礼になりますし、勉強不足を露呈することになり、悪い印象を持たれてしまいます。

募集要項にはない企業が求める人材や、入社後具体的なイメージをするための材料、自分との相性を推し量る上で必要となる情報など、人によって聞きたい内容は違うでしょうから、自分なりにまとめておくことで有意義なOB訪問となるでしょう。次にあげる質問一覧から、ほかの質問へと膨らませましょう。

OB訪問で聞くべき質問一覧

  • この職種・企業を選んだ理由を教えてください。
  • 入社前と入社後でそれはどう変わりましたか?
  • 今はどのような仕事をされているのですか?
  • どういったことを考えながら仕事をされていますか?
  • 仕事は楽しいですか?or大変ですか?
  • 会社の雰囲気はどのような感じですか?
  • 会社に向いている人と向いていない人はどういうタイプですか?
  • 企業はどのような人材を望んでいますか?
  • どうすれば入社できるかアドバイスをください
  • 自己PRはこれでいいと思いますか?(添削してもらう)
  • 面接はどういう質問をされましたか?面接の対策でアドバイスはありますか?
  • 退職した人はどういう理由で退職されたのですか?その後の状況をご存知ですか?

OG訪問限定の質問

  • 産休や育休を取る人はどのくらいいらっしゃいますか?
  • 女性管理職は全体の何割くらいいらっしゃいますか?

OB訪問に行く時の服装のマナー

OB訪問に行く時の服装は、リクルートスーツが基本です。というのも来て下さる方は、仕事中であればスーツを着てこられるでしょうし、目上の人でわざわざ時間を取って来てくださるのに、ラフな格好や私服で行くのは失礼にあたります。

相手方によっては私服でいいと言われることもありますが、そういった場合でもTシャツやパーカーにジーパンというようなスタイルではなく、襟付き長袖のシャツにスラックスまたはスカートという、フォーマル寄りの私服にしましょう。高級ブランドの時計やアクセサリーは、控えましょう。あまり自己主張をしすぎず、謙虚な姿勢と誠意の気持ちが伝わる服装にしましょう。