エントリーシートの「会社に貢献できること」の書き方・例文

エントリーシートの会社に貢献できることの書き方

志望している企業の内定をゲットするためには、エントリーシートを充実させることは必至です。その中でも、「会社に貢献できること」の項目はとても重要度が高いことが多いです。人材として、より魅力的なセールスポイントを書きこむことで、あなたの内定率をぐっと上げることが出来るからです。

更に、「会社に貢献できること」は、エントリーシートが見事通過したあと、その後の面接選考において、掘り下げられることもあります。それだけ面接官も深くチェックしているポイントですから、徹底して注意を払う必要があるのです。

会社リサーチを徹底する

あなたが会社に貢献できることを知るためには、まず相手の企業について、深く理解することが重要です。会社の製品やサービスなどはもちろんのこと、どのような事業展開をしているのか、どういった理念を掲げて経営しているのか、将来どのような展望を掲げているのかなど、企業研究をしっかり行っておきましょう。

エントリーシートだけにとどまらず、就活をする上で、選考を受ける企業について、的確なリサーチを行い、知識を身に着けておくことはとても大切です。どんな人たちが働いているのかを知れば、自ずとあなたが会社に貢献できることも分かって来るでしょう。

いくつもの企業の選考を受けるからといって、ひとつひとつを決して疎かにしないようにしましょう。「下調べをしっかりしているな」「リサーチを十分にしてエントリーシートを作っているな」という印象は、選考にあたっているスタッフからも、評価が高くなりやすいです。

あなただけの強みをアピールする

エントリーシートは、あなたのセールスポイントをばっちりアピールするためのものです。その中でも、「会社に貢献できること」は、あなたを採用した場合のメリットを伝えるのに、うってつけのポイントとなっています。

もちろん、エントリーシートには他にも色々な項目があるでしょう。長所やセールスポイントを書きこむところもあるでしょうから、重なったことを書いてしまっては勿体ありません。長所や強みを取り入れつつ、企業サイドのニーズと照らし合わせてみましょう。あなたの長所が、選考を受けているその企業で、どのような形で発揮できるのかを詳しく書いておくことで、エントリーシートの通過率を上げることが出来ます。

チームワーク力をアピールする

会社に入社して働くということは、自ずと周囲の人と関わりながら、協力して仕事をするということでもあります。エントリーシートには、他人との関わり方についても、詳しく記載しておくと良いでしょう。

どんな仕事をしていても、信頼関係が欠かせないのは当たり前です。他者とどういった連携がとれるのかを詳しく確認しておくことで、会社に貢献できることを、効率よくアピールすることにも繋がるでしょう。

コミュニケーション力の高さは、就活において大きな武器となってくれることも少なくありません。エントリーシート以外の選考過程においても、コミュニケーションの力が高いほど、評価も高まりやすいのをチェックしておくと良いでしょう。

エントリーシートの会社に貢献できることの例文

それでは、実際にエントリーシートで「会社に貢献できること」を書く際の例文を、いくつかチェックしてみましょう。あなたがどのようなポイントに重きを置いて自己アピールをするかによって、内容や構成にアレンジが必要なことを忘れないようにしましょう。

前職の経験を活かす場合

私が貢献できることは、サービスや商品と合わせて、私自身を買って頂く営業力です。決して値下げ競争だけで顧客を勝ち取るのではなく、商品の品質アピールや、アフターサポート全力を注ぐ体制をスマートにご説明し、お客様の信頼を得てきました。そのため、過度な値下げ交渉を進めずとも、利益を守ったまま、適切な価格の取引を実現することが出来ます。

前職における営業の経験を活かし、お客様ごとに最適なアフターフォローを実現し、御社に貢献してまいります。

即戦力になれるスキルを活かす場合

システムエンジニアとして○年間活動し、システム開発における幅広い工程のスキルを養って来ました。上流工程から下流工程に至るまで、導入から運用までをトータルで進めて来ています。システム開発や運用におけるプロジェクトマネージャーを、大規模な案件において担当してきたため、御社の即戦力として、現場に入ることが出来ます。

御社は汎用系の大規模案件が多いと窺っておりますので、スケジュール管理やチームリーダーとしての役目においても、必ずお役立ちできると考えております。

未経験からモチベーションをアピールする場合

システム開発における経験はありませんが、元々強い興味があり、学生時代からVBでプログラミングをしていました。あくまでも一個人の趣味としてですが、簡単なCやJavaなどでソフトを自作していました。その後別の職歴を経て、プログラミングに仕事として関わりたいと思い、今回応募させて頂きました。

個人で培ったスキルはもちろん、プログラマーに対する強いモチベーションを活かし、御社の業務に熱意を持って取り組みたいと思っています。

採用側がエントリーシートで会社に貢献できることを聞く意図

エントリーシートや面接において、「会社に貢献できること」を質問する企業は非常に多いです。実際のところ、どのような意図を持って、この質問を投げかけているのでしょうか?

求人内容を正しく理解しているのか

企業が求人情報を出している内容について、正しく把握しているか否かはとても重要です。社会人として、求められている内容を正しくくみ取り、自分をそれに合わせてプロデュース出来るというスキルは、非常に重要なものだからです。

また、募集内容に適した、自らの強みを発掘し、よりスマートな形でアピールできる人とは、業務の上でも活躍してくれる可能性が高いです。

採用する人材に適しているのか

「会社に貢献できること」は、その人自身が抱いている、入社してからの働くイメージとなっています。実際に活躍するイメージが、現在の職場とあまりにも食い違っている場合は、そのすり合せをしなければいけません。実現したいキャリアビジョンが強い人であれば、イメージの食い違いから、折角採用をしても、間もなく退職されてしまう危険性があります。

そのため、エントリーシートの段階から、「働くイメージが固まっているか」、その上で、「自社で働くのに適している人材なのか」ということをチェックするために、「会社に貢献できること」を尋ねているケースもまた珍しくないのです。

入社に対するモチベーションを確認する

エントリーシートにおける「会社に貢献できること」が、より具体的であり、かつ実現性が高いものであると、企業との相性が良いというだけではなく、モチベーションの高さや、熱意の度合を理解してもらえることもあります。

同程度のスキルや経験を持っている人材の場合、やる気が強い人の方が、企業としては採用したいことが多いです。「念願の企業で絶対に働きたいと思っている」という人材を探すために、質問をしていることもあるのです。

エントリーシートで会社に貢献できることを書く時の注意点

それでは、実際にエントリーシートの「会社に貢献できること」を書くとき、どのようなポイントに注意すれば良いのでしょうか?

いくつかの代表的な注意点をまとめてピックアップしていきましょう。

前置きが長すぎてしまう

採用担当者が知りたい内容にたどり着くまでの前置きが、やたらと長くなってしまう人は、実は珍しくありません。エントリーシートはもちろん、面接などでもこのミスをしてしまう人は多いです。

分かりやすく簡潔な答えが出来ることは、優れた人材である証拠です。その反対になってしまうのは避けましょう。前置きを削り、まずは結論から述べて、補足を告げる程度のまとめ方がおすすめです。あとは、エントリーシートの書式として、どのくらいの長さが使えるかによって構成を考えるようにしましょう。

ネガティブな内容が入ってしまう

業界の動向や、職種の傾向、経歴やスキルに対する不安など、エントリーシートを作成する時点で、様々な気がかりなポイントがあるでしょう。

しかし、ネガティブな内容を織り交ぜすぎてしまうと、却ってモチベーションが低いと感じられてしまうことがあります。言い訳じみてしまうと、社会人としてのマナー力を疑われてしまいますし、相手に嫌な思いをさせてしまう危険性もあります。

「経験はありませんが、精一杯尽くす所存です」くらいの内容で留めておきましょう。必要以上の謙遜も、採用シーンにおいてはマイナス評価になってしまいがちです。

絶対に不可能なことは書かない

大きな目標に対して、高い意識をアピールするのは、エントリーシートを構成する上でとても重要です。具体的なキャリアビジョンがある人ほど、活躍しやすいというメリットもあるでしょう。

しかし一方で、あまりに大きすぎて、「それは無理だろう」と採用担当者に判断されるようなことを書いてしまうと、マイナス評価に繋がってしまう可能性もあります。「私の力で御社を上場させます」など、確かに叶えば理想的で、「会社に貢献できること」そのものですが、具体性と実現方法をアピールできない内容は、避けておくのが無難です。

エントリーシートを入れる封筒のマナー

封筒は白い角二サイズを用意する

しばしば「茶封筒でも可」という人はいますが、茶封筒は基本的に、社内のような見知った間柄でやり取りをするためのものです。エントリーシートや履歴書のような、かしこまった書類を送付する際は、白い封筒を用意するのがマナーです。

エントリーシートのサイズによって、封筒のサイズも替えるのが一般的ですが、大体の場合、A4判を収納できる角二サイズの封筒が良いでしょう。小さいものに折りたたんで小さくなったエントリーシートを入れないようにしてください。

クリアファイルに入れる

封筒が雨でぬれてしまったり、何らかのトラブルに見まわれてしまったりしたときのために、エントリーシートはクリアファイルに入れて送付しましょう。

表面に内容物を書いておく

宛名の左下に、内容物を記載するのも、エントリーシートを送付する上での大切なマナーです。履歴書などをはじめとして、就活の際に知っておきたいポイントですね。

基本的には赤いペンを使用します。専用のスタンプも売られているため、物量をこなす際は活用しても良いでしょう。「エントリーシート在中」と記載して、四角で囲んでおくと、書類をチェックする採用担当者にも気づかれやすく、その後の選考がスムーズに進めやすくなります。履歴書と合わせてエントリーシートを送付する場合は、「応募書類在中」としておくのが、分かりやすくておすすめです。

宛名の記入例

エントリーシートを送付する封筒の表面には、応募する企業の住所、名前を書いたあと、「人事部 人事課 御中」と各ようにしましょう。宛名が個人名になっている場合は、「人事課 ○○様」と記入するのがマナーです。

封筒の裏面には、右半分に自分の住所を書いて、左半分に名前を書きます。新卒の就活の場合は、大学名、学部名、年次も記載してから、あなたの名前を書くようにしましょう。その上に、エントリーシートを投函した年月日を記載します。

エントリーシートをはじめとして、すべての送付物を封入したあと、剥がれないようにしっかりのり付けをしてから、トメ口に「〆」か「封」のどちらかを記載しておいてください。

エントリーシートを郵送する時に送付状は必要か?

エントリーシートを用意する際、しばしば頭を悩ませてしまうことが多いのは「送付状」の存在です。「添え状」ということもありますね。

企業サイドから、求人に際して「送付状・添え状は必要ありません」と提示されている場合は、封入の必要はありません。しかし、基本的には、簡潔なものでも封入しておいた方が、丁寧な印象を抱かせることが出来るでしょう。

ビジネスマナーをわきまえていると思ってもらえますから、特に既卒者の就活や、転職活動などの場合、やはり送付状は入れておいた方が良いものです。ビジネスシーンにおいては、添え状が欠かされてしまうということは、まずありえないので、取り入れておいた方が、失敗が少なくて良いでしょう。

送付状は日付から書き始め、「株式会社○○ 人事採用担当 ○○様」と初め、自分の住所、名前、新卒の場合は大学、学部、学科を記載してから、メールアドレスや電話番号を付けて、「応募書類の送付につきまして」といタイトルをつけます。

時世の挨拶をつけたあと、「貴社の求人に応募させて頂きたく、応募書類一式を同封させて頂きました。是非一度ご確認頂き、面接の機会を頂けましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます」と挨拶をしたあと、「記」で実際に同封した内容物を一覧記載しておきます。「履歴書 一枚」「エントリーシート 一枚」といった形式です。

誤字や脱字がないかどうかしっかりチェックした上で、すべての書類がそろっていることを確認し、記載漏れがないかどうかも改めて確認しておきましょう。

エントリーシートは手書き?パソコン?

フォーマットにのっとって作成する

エントリーシートは、基本的に企業から開示されているフォーマットにのっとって作成です。データ送付の場合は、パソコンで作成するのが一般的です。相手が出して来ている形式から、敢えて外れたことをする必要はありません。他の応募者と差がつくと考えてしまうこともありますが、悪い意味で差がついてしまっては、意味がありません。

特記事項がなければ手書きがおすすめ

「パソコン、手書き、どちらでも構いません」という記載になっている場合、エントリーシートは手書きにしておくのがおすすめです。

確かに、手書きの方が手間がかかってしまいますが、文字を丁寧に書くことで、本気度が伝わりやすいという一面があります。流れ作業で作るイメージが払拭されやすいです。

また、丁寧に文字を書けるということは、社会人として重宝されやすいスキルのひとつでもあるのです。マメな性格や、真面目な資質をアピールすることにも繋がるでしょう。