業界研究のやり方・研究ノートの作り方・おすすめの業界研究本

業界研究とは

業界研究とは、主に新卒の就職活動において、学生が業界について詳しく調べて研究することです。業界とは一般的に金融、IT・通信、建築、エネルギー、化学素材、電気機器、物流・運輸・倉庫、サービス、流通・商社、輸送機器、食品などに分類されます。

こうした業界ごとの特徴や業界の今後の成長性など学生が就職活動するにあたって、事前に調べて自分がどの業界に興味があるかを検討することを業界研究といい多くの新卒の学生が行っています。

業界研究の重要性

業界研究は前述の通り、自分の将来就きたい職業について調べるため、一生を左右するほど重要であるといっても過言ではありません。業界研究をあまりしないで就職活動に臨んでしまうと、内定を獲得することが難しくなります

なぜなら、業界にはそれぞれ特色があり、求めている人材も異なるからです。自分が就きたいと考えていても業界が求めている人材と一致していないと内定を獲得することは難しく、場合によっては一社からも内定を獲得できないという事態に陥ってしまいます。

また、内定を獲得し入社することができたとしても、業界研究が不十分で仕事に関しての事前の知識が足りなかった場合は自分の希望の仕事と合わず、数年で退社してしまうことも発生してしまいます。そのため、新卒の学生にとってこの業界研究が将来を左右する重要な作業となります。業界研究をおろそかにしたまま就職活動を行っても、いい結果が出にくくなります。

業界研究のやり方

業界研究として行うことができるのはインターネットを用いてその業界について調べることです。業界は多く存在するため最初は自分の興味のある業界を中心に調べることで、スムーズに業界研究を行うことが出来ます。業界研究をインターネットで行う際は、その業界における基本的な仕事の内容や、業界の規模などについて調べます。

基本的な仕事の内容が自分の就きたい仕事と合ってないと感じた学生はその業界は向いていないと判断することが出来ます。また、業界の規模を調べて業界同士で比較することで自分が就きたい規模の業界かどうかわかります。それほど大きな規模で仕事をしたいと考えていない学生は大規模な業界を志望する必要はないと判断できます。

逆に、大きな規模の仕事をしたいと考えている学生は大規模な業界を志望することで、大きな規模の仕事を行うことができる可能性が高くなります。業界研究を行うことで自分が就きたい仕事につける可能性が高くなり、業界研究を十分に行う学生ほど優位に就職活動を進めることができるようになります。

業界の仕事内容や規模について調べて、自分に合っていると考えた学生はその業界で大きなシェアを占める企業について調べることでより充実した業界研究を行うことが出来ます。その業界において大きなシェアを占める企業の仕事の内容が基本的にその業界の仕事内容と一致している点が多く存在します。そのため、自分が興味あると感じた業界の中で、大きなシェアの企業について詳しく調べることも非常に重要な業界研究になります。

特に規模の大きな仕事をしたいと考えている学生は業界において大きなシェアの企業についても調べておくことで、より綿密な業界研究を行うことが出来ます。さらに、業界研究はインターネット以外にも業界研究セミナーなどのイベントで行うことが出来ます。

また、大手の就職支援を行っている企業が主催するイベントなどでも業界研究を行うことができるため、学問に余裕のある新卒の学生は足を運んでみることで多くの業界について理解を深めることが出来ます。こうしたセミナーやイベントに足を運ぶことで直接その業界で働いている人と接することが出来て、インターネット上ではわからないことまで調べることが出来ます。

以上のように業界研究のやり方はインターネットを用いるだけでなくイベントなどに足を運ぶことも非常に重要であるため、学生は自分に合ったやり方で業界研究を進めることが大切になります。

業界研究ノートの作り方

業界研究ノートを作る際は、は基本的に業界ごとの特徴をそれぞれまとめることでわかりやすくなります。しかし、それだけでなく実際に業界研究をして自分が感じたことや興味を持った仕事などについても書き留めることで、より深い業界研究ノートを作ることが出来ます。

また、その業界に興味を持った理由や自分がやりたいと感じた仕事の内容についても詳しく記しておくことで、実際に就職活動が始まり面接などを行う際に有効に活用することが出来ます。業界研究の際に幅広く業界研究を行い興味を持った業界についてまとめることで、自分では考えたことのなかった業界についても興味を持つことが出来て、より充実した就職活動をすることが出来ます。

そのため、業界研究ノートの作成の際には業界に対する先入観などは持たずに、実際に自分が調べたことやイベントなどで聞いたことなどを忠実に書くことで、今まで考えたことのなかった業界にも関心を広げることが可能になります。業界研究の際にはこうした先入観や固定概念をなくすことで、本当に自分のやりたい仕事を見つけることができます。

時に新卒の学生は社会に出ていないため業界について詳しく知らないことが多いです。そのため、最初から業界に対する考え方を決めるのではなく実際に感じたことを素直に業界研究ノートに記すように心掛けることが大切になります。業界研究ノートは業界研究が終わって就職活動が始まっても活用し、面接などの選考の際にも自分が行った業界研究を基本とすることでより有利に選考を進めることが出来ます。

さらに、内定を獲得した後も業界研究ノートを活用し入社後の働くイメージなどを膨らませることで入社後の仕事にも役立たせることが出来ます。そのため、業界研究は細かく丁寧に行い、業界研究ノートは感じたことを忘れないように細かく記しておくことが非常に重要になります。こうした業界研究や業界研究ノートを作ることで人生が大きく変わっていくこともあるといっても過言ではありません。

おすすめの業界研究本

おすすめの業界研究本は、東洋経済新報社が発行している会社四季報の就職活動版です。この会社四季報の就職活動版には大手の企業を中心としたもののほかに、優良な中小企業を中心としたものも存在するため業界研究する際にはかなり役に立ちます。

また、女子学生を中心としたものもあります。女子学生を中心としたものには育児休暇の取得率のほかにも女性幹部社員の有無など受精の視点から就職活動に必要な情報がまとめられているため、女子学生には非常におすすめの業界研究本になっています。大規模な企業を中心として業界研究を行いたいと考えている学生は一般的な会社四季報の就職活動版を利用することが出来ます。

この会社四季報には従業員数のほかにも、主となる業務の内容や業界でのポジションなど業界研究を行う上で大切なことが多く記されています。また、ほかの業界と比較することで自分のやりたい仕事ができる業界を見つけですことが出来ます。

もし大きな規模の仕事をしたいと考えていない学生は優良な中小企業を中心としたものを活用することで、自分に合った業界を見つけ出すことができるようになります。

学生はそれぞれ自分の考えにあった会社四季報を業界研究に用いることで、自分がやりたい仕事をしている企業だけに絞って就職活動を行うことが出来ます。そのため業界研究の際には十分に会社四季報を活用しることが非常に重要になります。

業界研究セミナーとは

各業界で開催される業界の仕事の内容などについて説明をけることが出来るイベントです。多くの業界には業界で大きなシェアのある企業を中心とした連合が結成されており、そうした連合が主体となって開催することがあります。

業界研究セミナーでは業界に関する基本的な知識や仕事の内容について知るだけでなく、実際にその業界で働いている社員の話を聞くことができる機会もあるため、業界研究を行う際には一度は足を運ぶことが非常に大切です。

業界研究セミナーでは業界の特色などインターネットでは調べてもわからない情報を聞くことができるので、時間に余裕がある学生は足を運ぶことで優位に業界研究を行うことが出来ます。

また、自分がやりたい仕事が明確に分かっていない学生は業界研究セミナーに行き実際に話を聞くことでその業界が自分の考えにあっているかどうかを判断する材料にすることが出来ます。業界研究セミナーで話を聞いて自分の考えにはあっていないと感じた場合は就職活動ではその業界を志望しないことで就職活動を成功させることが出来ます。

業界研究セミナーに参加する際は多くの場合服装が指定されます。多くの業界研究セミナーではスーツの着用が必要になりますが、特に指定がない場合は私服で言っても問題ありません。しかし、半そでに半ズボンなどビジネスの場にふさわしくない服装は避けるようにする必要があります。

業界研究セミナーには実際にその業界で働く社員が多く参加しているため悪い印象を与えない服装を心掛けることで就職活動が始まってからもよりスムーズに内定まで獲得することが出来ます。もし服装に関して不安がある学生はスーツを着用していれば問題ないので、迷った場合はスーツで業界研究セミナーに参加することで失敗することはありません。

業界研究時の着眼点

業界研究時で着目すべき点は、基本的に業界の規模、業界の仕事内容や業界で働く際のやりがい、業界の今後の成長性や将来性、採用に関する情報、福利厚生について、業界に存在する企業の現状などになります。

以上のような項目について業界研究をすると共に調べた内容が自分の考えややりたい仕事に一致するかを十分検討することが非常に大切になります。業界研究をする際には上記の項目ごとに業界研究ノートにまとめて整理すると就職活動をスムーズに行うことが出来ます。

今まで記した業界研究を十分に行ったら次に企業研究を行います。業界研究は就職活動において枠組みを定めたと考えられるのに対して、企業研究では就職活動の中身を考えていきます。就職活動で選考を受けるのは業界ではなく企業であるため、企業研究も十分に行わなければ内定を獲得することはできません。

業界研究において自分がやりたいと思った業界の中でさらに細かい視点から企業について研究していくことを企業研究といいます。就職活動では最初に業界研究を行い、そのあとに企業研究を行い実際に選考を受ける企業を選択していきます。

自分が興味を持った業界の中でも企業によってわずかに業務内容に差が生じています。企業研究ではそうした細かな差にまで気を配り企業について調べていくことで、より自分が働きたいと思える企業を選別していくことが出来ます。

業界研究の段階では興味を持っていたが、その中の企業でも自分がやりたいと思うことのできない業務内容の企業は選考を受けるか入念に検討する必要があります。自分が興味を持った業界の企業が必ずしも自分のやりたい仕事と一致するとは限らないため、業界研究同様に企業研究も十分に行わないと就職活動を成功させることはできません。

企業研究の際にはインターネットなどで従業員数や簡単な業務内容について調べるほかに、実際に企業に問い合わせをするなどの方法で情報を集めることが出来ます。また、新卒の学生は大学を通じてその企業に務めている先輩に話を聞くことが出来ます。業界研究では大枠の業務内容についてのみ理解していることが多いため企業研究の際にはより細かな業務内容について調べて、その仕事が自分に合っているかどうか十分に吟味することが大切になります。

また、企業研究の際には実際にその企業の商品やサービスを体験することがとても大切なことになります。実際に商品やサービスを受けることで企業での仕事についての魅力を確かめることが出来て、仕事に対するイメージをつかみやすくなります。

実際に商品やサービスを体験しないで就職活動を行いその企業に入社してしまうと、自分が想像していた仕事と異なり数年で企業を退社してしまう可能性もあります。自分で直接商品やサービスを体験することも重要な企業研究であると言えます。

以上のように就職活動ではまず上記で示した着眼点から業界研究を行い、次に企業研究を行うことが就職活動を成功させるために大切になります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。