【業界研究】卸売業界の現状・動向・課題について

業界の現状

卸売業の成り立ち

卸売業は、商品を生産者から仕入れて、小売業者に販売することを業としています。

その成り立ちは、江戸時代において、まず生産地の問屋に生産物を集めて大阪などの問屋に送り、そこから消費地の問屋経由で消費者に届けるという道筋ができたことがきっかけとされています。そしてそういった流れから、問屋抜きでは商売は進まないとする「そうは問屋が卸さない」という言葉が生まれました。

卸売業の種類

卸売業界は、その種類から以下のように大別されます。

生産財卸

生産者向けに生産用の原材料や機械設備を取り扱う卸。

消費財卸

消費者の生活維持のための商品を扱う卸。さらに業種卸と総合卸に分類されます。

  • 業種卸:酒類卸、化粧品卸といった単品主体のもの
  • 総合卸:食品と日用品といった2つ以上の分野を扱うもの

また、営業範囲からは全国卸・地方卸に分類され、取引関係からは、
1次卸(メーカーと直取引)
2次卸(1次卸と取引)
3次卸(2次卸と取引)
と分類されます。

卸売業界の主要企業

日経流通新聞によると卸売業界には13もの業種卸があるとされていますが、今回はその代表的な業種卸を紹介します。

商社

  • 伊藤忠商事:伊藤忠食品、日本アクセス(食品卸2位)
  • 三菱商事:三菱食品(食品卸1位)
  • 三井物産:三井食品
  • 丸紅:食料部門にも強み

食品卸

  • 国分:食品卸3位
  • 加藤産業:食品卸4位
  • トモシアホールディングス:旭食品などの地方3社が経営統合

書籍卸

  • 日本出版販売:書籍卸最大手
  • トーハン:書籍卸2位

酒類卸

  • 日本酒類販売:酒、飲料、食料品など

日用雑貨卸

  • PALTAC:日用雑貨卸最大手
  • あらた:ダイカ、伊藤伊、サンビックの3社が合併

医薬品卸

  • メディパルホールディングス:医薬品卸最大手
  • アルフレッサホールディングス:福神とアズウェルが経営統合
  • スズケン:医薬品卸3位

基本情報

  • 市場規模:37兆5,828億円
  • 労働者数:159,566人
  • 平均年齢:40.3歳
  • 平均勤続年数:12.8年
  • 平均年収:587万円

ありとあらゆる業界の生産と小売を結びつけている卸売業界だけあって、市場規模が大きいものとなっています。これだけの規模の経済活動が下敷きとなることで私たちの生活が成立しています。

労働者数が多いこともあり、年収は平均的ですが(それでも日本の給与水準の平均は上回っています)、取り扱う商品によっては需要が伸びているものもあり、そういった業者では給与などの待遇も良くなっています。

仕事内容

卸売業界の職種は、主に営業、物流、開発に分かれています。

営業

小売店に対しての商品提案を基本に、市場や商品情報を収集・分析し、小売店ごとに商品構成や売場づくりの企画・提案を行う仕事です。

物流

日々の商品の入出荷に関わる仕事です。正確に遅滞することなく商品を届けることが大切になります。またそれを実現するためにスタッフのマネジメントも行います。

開発

物流システムの設計・開発から運用までを行う仕事です。また、効率的で高精度な物流システムを確立するために既存の物流機器を改良するといった業務も必要になります。

業界シェアランキング上位3位

1位:豊田通商:7兆7,432億円
2位:三菱商事:7兆6,351億円
3位:丸紅:7兆0,557億円

平均年収ランキング上位3位

1位:伊藤忠商事:1,383万円
2位:三菱商事:1,355万円
3位:三井物産:1,351万円

業界の動向

食品業界を中心に再編の動きが活発化

卸売業界全体の経営環境の悪化を背景に、国内の食品メーカーや卸のあいだで生き残りをかけた再編の動きが活発化しています。

食品卸の国分と丸紅は2015年に、卸売事業での業務提携について合意したと発表しました。国分は丸紅子会社の冷凍食品卸に51%出資して傘下に収め、丸紅は国分子会社の常温食品卸に20%出資しました。これは、両社がお互いの中核子会社に相互出資することで、弱みの補完を図ろうとするものです。

卸売業界では、地域でのシェア獲得を目的に買収・合併することが増えており、とくにここ最近の再編では、都市部を中心としたシェアをどう獲得するかが課題となっています。つまりこれは、ゼロから地域を開拓するのではなく、既にある程度のシェアを持ってる中堅・中小企業を買収してシェアを獲得しようとする方法が主流になっているということです。

同時に、海外への進出も課題の1つになっており、国内企業が海外企業を買収する動きも広がっています。メインターゲットとなるのは、ジャパンブランドが力を持っているタイ、インドネシア、マレーシアで、海外からの仕入に頼っている材料の価格高騰に加えて、消費者からの値下げ要請の声もあり、その板挟みを打破するためにも買収・合併が加速しています。

三井物産の養殖魚加工販売

三井物産は、マダイやブリなどの養殖がさかんな愛媛県で養殖魚の加工販売をはじめました。

同社は、養殖魚加工の地元企業ダイニチや生鮮食品加工のオンスイと「宇和島海道」を設立し、ダイニチが地元養殖業者から養殖魚を仕入れ、オンスイの冷凍加工技術を活用することで流通量を安定させる考えです。2016年には工場が完成して、子会社などを通じて国内外に1,000トンを販売し、売上高20億円を目指しています。

マイナス150℃の超低温配送

医療分野の専門商社であるメディパルホールディングスは、JCRファーマが開発して承認を得た「テムセルHS」と呼ばれる幹細胞を、JCRファーマとメディパルで共同開発した超低温管理物流システムを稼働して流通させています。

この物流システムは、マイナス150℃という超低温を10日間以上維持して配送・保管できることが特徴で、薬剤等の製品の品質を維持しての流通に大きく貢献しています。

市場動向

卸売業界の市場規模は37兆5,828億円

日経流通新聞「第45回日本の卸売業調査」によると、全業種の卸530社の2014年度の売上高は37兆5,828億円で前年度比0.4%の減少となりました。

全13業種中9業種が減収で、卸全体で5年ぶりに前年度を下回り、これは消費増税前の13年度の駆け込み需要の反動があったほか、小売業からの価格引き下げ要請が強かったことが影響していると考えられています。

業界の課題

インターネット通販の拡大

スマートフォン等の普及によるインターネット通販の加速が、卸売業界を追い込んでいます。

製造業はネット販売で直接消費者へ商品を販売する直販ルートを開拓し、小売業は製造小売業へと進化し卸売業界に頼らないビジネスモデルを構築しようとしています。こうした状況は、卸売業の売上と利益の低下に追い打ちを掛けており、卸売業界として対応策を考えなければいけません。

業界全体でさらなる情報化・効率化が必要

卸売業界は流通の中間にあり、常にメーカーと小売の板挟みになる傾向があります。

近年、メーカー側の値上げ要求と小売側の値下げ要求は強くなっており、卸売業界の経営環境は厳しさを増しています。とくに中小の卸売業において売上高の伸びもマイナスとなる企業が増えており、今後は取引先への提案力の強化と、同業者やメーカー、小売業と連携して商品情報のデータベース化等の情報化・効率化を図ることで、経営環境を改善していく必要があります。

業界の今後の将来性

新しい需要を作り出すこと

近年における訪日外国人によるインバウンド需要や、東京オリンピック特需とも言える景気浮揚など、近視眼的には市場の活況が期待できる状況となっていますが、人口の減少、少子高齢化、都心部のみに人口が集中する過疎化減少など、国内市場は縮小の一途をたどっています。

従来通りのビジネスモデルを踏襲することは、需要の低下や、小売業界や卸売業界だけではない日本経済そのものの衰退をまねく危険をはらんでおり、今後は、成熟する社会の人口構造の変化などに対応した仕掛けを行うことで需要を作り出すといった新しい施策が必要となります。

そして、その施策の1つとして近年注目されているのが製造小売・製造卸というビジネスモデルです。これは、どこでも買えるナショナルブランドだけの物販業にとどまらずに、小売や卸も積極的に生産・加工に参入して、既存の流通経路で生じるコストを省いてオリジナル商品開発に注力するといったもので、すでに多くの企業に採用されています。

また、仕事の範疇を同一企業内グループだけに限定するのではなく、農協、生協、駅といった地域コミュニティにまで拡大して卸売業界全体でオムニチャネル化していくことも地方創生の起爆剤となり得るでしょう。

利便性を追求するネット通販は、消費者の支持を得ていることもあり、さらに勢力を拡大すると考えられます。卸売業界だけに限らず、単に商品を売るだけのやり方では変化に対応できない時代となっているのです。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『流通の基本』小林隆一

複雑でわかりにくい流通というものを体系的にわかりやすく説明してくれている名著です。初版の発行は1994年と古いですが、数年おきに改訂されており現在は第5版となっています。流通を生産・卸・小売とわけて解説しているため、卸に割り当てられているページ数は少ないですが、それでも非常に明快にまとまっているので業界研究の際にはまずこの本から目を通すといいでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。