【業界研究】繊維業界の現状・動向・課題について

業界の現状

繊維業界の歴史

繊維産業は、明治時代の初期に富国強兵策の一環として綿の生産が奨励されたことを発端としています。

その後、レーヨン(人造絹糸)製造を主体としながらも、繊維各社が海外のデュポン社などから積極的に技術導入をしたこともあり、1940年代の高度経済成長期のはじめまで生産・輸出・雇用のすべてにわたって重要な地位を占め、日本の工業化を大きくリードしました。

現在、繊維業界は、高度経済成長の終焉から続く長い衰退期のなかにありますが、その長い歴史によって培われた技術は建築、自動車、医療、ITなどに応用され、毎日の生活になくてはならないものとなっています。

繊維の種類

糸を織ったり編んだりする技術は人類の歴史とともに発展してきました。その原料である繊維は天然繊維と化学繊維に分類することができます。

天然繊維

天然繊維とは、自然界にすでに繊維の状態で存在し、古来から人類に使われてきた繊維のことで、植物(セルロース)繊維、動物繊維に分けられます。

  • 植物(セルロース)繊維:綿、亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)
  • 動物繊維:羊毛、カシミヤ、モヘア、らくだ、絹、羽毛、ダウン、フェザー

化学繊維

化学繊維とは、人間が化学的な方法を用いて人工的に作り出した繊維のことで、再生セルロース繊維、半合成繊維、合成繊維、高性能繊維、無機繊維の5つに分けられます。

  • 再生セルロース繊維:レーヨン、ポリノジック、キュプラ、リオセル
  • 半合成繊維:アセテート、トリアセテート、プロミックス
  • 合成繊維:ナイロン、ビニロン、ビニリデン、ポリ塩化ビニル、ポリエステル、アクリル、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリウレタン
  • 高性能繊維:アラミド、ポリアリレート、超強力ポリエチレン、ポリアセタール
  • 無機繊維:グラスファイバー、炭素繊維、セラミック繊維、金属繊維

現在、化学繊維が全繊維供給量のほぼ7割を占め、そのなかでも合成繊維が8割強を占めます。そして、合成繊維のなかで最も生産量が多いのはポリエステルになります。

主要大手メーカー

繊維業界の主要大手メーカーは、化学繊維系が東レ、帝人、クラレ、旭化成、三菱レイヨン、ユニチカの6社、天然繊維系が日清紡ホールディングス、クラボウ、ニッケ、日東紡、富士紡ホールディングス、オーミケンシの6社、化学繊維&天然繊維系が東洋紡、ダイワボウホールディングスの2社となっています。

近年の傾向としては、国内衣料用繊維の需要低下にともない、化学繊維系メーカーを中心に世界的な需要や価格競争力のある高付加価値商品へとシフトしています。とくに、航空機の機体などに使われている炭素繊維や海水淡水化などに使われる水処理膜は、世界のなかでも日本メーカーが高いシェアを誇っています。

基本情報

  • 市場規模:3兆8,223億円
  • 労働者数:32,143人
  • 平均年齢:42.0歳
  • 平均勤続年数:16.5年
  • 平均年収:533万円

繊維業界は、他の業界と比較すると給与水準が低いと言われているように、平均年収が少しさみしい数字になっています。日本の給与水準の平均は超えていますが、これは長いあいだ続く業界全体の低迷を反映しているとも考えられます。

ただ、平均年齢が高く、平均勤続年数も長いことから、仕事をする上での環境は整っているとみていいでしょう。

仕事内容

繊維業界の仕事は、事務職と技術職に大別することができます。

まず事務職には、営業と管理という2つの職種があります。営業は、販促活動を基本としながらも、企画やマーケティングを行ない、素材開発のプロデューサー的役割を担います。そして管理は、会社が事業を円滑かつ健全に運営できるように間接的な支援を行います。

一方、技術職は主に研究、開発、生産に細分化されます。研究によって課題や技術を深化させて可能性を広げ、その成果を開発が製品というカタチにし、生産がプラント等の生産設備を駆使して大量生産するというのが基本的な流れになります。

業界シェアランキング上位3位

1位:東レ:7,554億円
2位:帝人:3,777億円
3位:旭化成:1,208億円

平均年収ランキング上位3位

1位:旭化成:845万円
2位:ダイワボウホールディングス:761万円
3位:日清紡ホールディングス:701万円

業界の動向

業界再編が加速

近年の繊維業界縮小の流れを受けて、大手繊維各社によるM&Aが相次いでいます。

旭化成は、2012年に約1,800億円で米救命救急機器メーカーのゾール・メディカルを買収し、2015年にはリチウムイオン電池向けセパレーター大手の米ポリポアインターナショナルを約2,600億円で買収しました。

東レは、2013年に炭素繊維大手の米ゾルテックを約600億円で買収すると、繊維・水処理膜大手の韓国ウンジンケミカルも約400億円で買収しました。さらに2014年には、米サウスカロライナ州に総額1,000億円で炭素繊維工場の建設構想を発表しています。

クラレは、2013年に米デュポンのビニルアセテート事業を約650億円で買収しました。

東洋紡は、2014年にタイ繊維大手と共同でエアバック用糸を生産販売する独PHPファイバーズの買収を発表しています。

東レの炭素繊維

東レの展開する炭素繊維が、ホンダが2016年に発売した新型燃料電池車(FCV)に採用されました。

炭素繊維は、FCVの心臓部分にあたる燃料電池本体の電極基材用カーボンペーパーや、高圧水素を貯める貯蔵タンクに使われています。炭素繊維によってカーボンペーパーのガス拡散性や耐久性が上がり、燃料電池本体の性能向上や省スペース化も可能となりました。さらに、貯蔵タンクには高強度炭素繊維「トレカ」が使用されています。トレカは航空、自動車、船舶などさまざまな産業で利用されています。

東レは、日本の繊維業界の最大手というだけではなく世界トップの炭素繊維メーカーであり、FCVや電気自動車など環境対応車向けの材料開発を積極的に進めています。

市場動向

繊維業界の市場規模は3兆8,223億円

経済産業省「工業統計表」によると、2014年の製造品出荷額等は前年比1.4%増の3兆8,223億円で、増加傾向にあります。しかし、1991年のピーク時の数字が12兆8,500億円であったことを考えれば出荷額は大幅に減少しており、繊維業界は依然として苦しい環境下にあります。

少子高齢化や人口の減少にともなう国内市場の縮小、中国や東南アジアからの安価な衣料品の大量輸入が主な原因と考えられますが、近年では、2008年のリーマンショックと2011年の東日本大地震の影響が大きく、未だそのダメージから回復できていないというのが現状です。

業界の課題

国内の衣料向け繊維は厳しい状況

衣料向け繊維の状況が苦しいものとなっています。

世界の繊維需要は新興国の人口増加と経済成長の影響でその数字を伸ばし、とくにポリエステルの生産を中心に拡大していますが、国内の衣料向け繊維は消費増税後の買い控えなどを受けて伸び悩んでいるのが現状です。

また、衣料向け繊維を扱う国内工場においても、最新の設備を導入して効率化を目指している大規模工場から、小規模の昔ながらの家内工場まで存在していますが、国内の衣料向け繊維の縮小は、とくに小さな家内工場の経営を苦しいものにしています。

さらに加速する技術革新のスピード

近年において、繊維業界が積極的に取り組んでいるのがウェアラブル端末向け素材の開発です。

心拍数などの生体情報を計測できる素材や、曲げる、ひねるといった生地の動きを計測できる素材が登場しており、各社はスポーツ、ユニフォーム、介護、医療といった分野での事業化を進めています。

ただ、こうした高機能製品に関しては、人々の生活様式を変えうる可能性を持ったものとしての期待が高まっていることは事実ですが、衣料関係と比べても市場の変化が早く、技術革新のスピードも早くなっています。

このため、製品開発において、さらに高度なマーケティングや技術が要求されるのは当然であり、開発への注力やコスト削減といった経営判断がより一層求められる状況になっています。

業界の今後の将来性

新素材を開発して、製品の競争力を高めること

日本化学繊維協会の「繊維ハンドブック2015」によると、化学繊維の2012年の全世界生産量のうち日本の生産量はわずか1.1%となっており、今後もこの数字は変わることはないと予想されています。

化学繊維生産の主役となるのは、これからも中国、インド、台湾、インドネシア、韓国といった繊維的新興国であり、そういった新興国と価格競争で戦っていくのは日本にとっても得策とは言えません。

化学繊維の分野において、日本が世界をリードしてきたのは新合織(しんごうせん)と呼ばれるポリエステルをベースとした新素材でありました。近年ではアパレルメーカーと繊維大手メーカーが共同開発した保温機能に優れたTシャツが世界的にヒットし、日本の繊維メーカーの技術力の高さを改めて証明する形となっています。

つまり、付加価値の高い新素材を開発して、製品の競争力を高めることが繊維業界の生き残りには必須であり、化学繊維だけでなく、これから開発される新素材が環境問題、省資源、省エネルギーといった諸問題をクリアして、産業資材や先端材料といった分野で成長できるかどうかが大きな鍵となっているのです。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『繊維産業(産業経営史シリーズ)』阿部武司、平野恭平

繊維産業の歴史がわかりやすく描いてあります。化学繊維についての記述が多く、天然繊維についての情報が若干手薄になってはいますが、繊維各社の違いを経営という観点から解説してくれていますので、業界研究の入門書として最適の1冊と言えるでしょう