【業界研究】プラント業界の現状・動向・課題について

業界の現状

プラントとは?

電力プラント、通信プラント、化学プラントなど、プラントにはさまざまな種類がありますが、共通しているのがどれもモノをつくるのに欠かせない生産施設であるということです。そして、その生産施設の設計・調達・工事・試運転を一括して請け負う産業のことをプラントエンジニアリング業と言います。

日本の重化学工業の発展は、プラントエンジニアリング業の発展でもありました。昭和30年代以降、繊維、化学、鉄鋼、石油、機械、電気などの企業が設備投資としてプラントを建設する過程において、自社のエンジニアリング部門を分社化したり、メンテナンス専門の会社を設立するなどして、プラントエンジニアリングの専門業者が生まれ、プラント業界が形成されていったのです。

プラント業界の主な企業

世界的には、アメリカのベクテル社(サンフランシスコ)などが高いシェアを誇っていますが、日本の専業3社(日揮、千代田化工建設、東洋エンジニアリング)も国際的な評価を得ています。

また、造船、鉄鋼、化学、電気といったメーカーや、ゼネコン(大手総合建設業)なども特定分野に特化して、業績を伸ばしています。

プラントの種類

プラントは、主に11のプラントに分類することができます。

電力プラント

火力・水力・原子力発電プラントなどの、発電から送・変・配電に至るプラント

通信プラント

放送・電話などの各種通信施設

化学プラント

石油・天然ガスの生産・精製を行うプラント

製鉄プラント

鉄鋼を生産するプラント

その他産業プラント

紙パルプ、セメント、飲料・食料品、非鉄生産プラント、各種製品製造プラント

海洋施設

海洋石油・ガスなど資源開発のための施設

陸上鉄鋼物

鉄骨、橋梁、鉄塔、水門などの陸上の鉄鋼構造物

貯蔵・輸送システム

貯蔵施設、荷役運搬、陸上パイプライン、物流施設

環境衛生システム

産業廃棄物処理施設、し尿処理施設、上下水道設備などの都市環境に関わる施設

都市・地域開発システム

ウォーターフロント開発、遊休地利用といった都市開発システム、リゾート開発、産業立地、オフィスビル、マンションといった地域振興システム

交通網整備システム

道路、鉄道、港湾などの交通網の整備

基本情報

  • 市場規模:7兆5,706億円
  • 労働者数:16,849人
  • 平均年齢:42.4歳
  • 平均勤続年数:16.2年
  • 平均年収:718万円

市場規模が大きく、勤続年数や平均年収の数字も高いことから、仕事にやりがいがあり、且つ働くための環境が整っている業界であると推測できます。ただ、忙しいときは寝る時間もないくらいに忙しいとの声も上がっているようなので、そのあたりの状況と年収のバランスをどう考えるかによってこれらの数字の評価は変わるのかもしれません。

仕事内容

プラント業界の仕事は、人・材料・設備・機械を管理し、設計・調達・工事・試運転を行って、プラントを建設することになります。

そしてそのなかでも、一連のワークフローを管理し、運営する業務がプラントエンジニアリング業者の役務の根幹となるので、プロジェクト管理業務を担う「プロジェクトマネージャー」の役割が最も大切になります。

現在のプラント業界では、有能なマネージメント能力を持ったエンジニアが減っていることが課題の一つとなっており、優秀なプロジェクトマネージャーの育成が急務であると考えられています。

業界シェアランキング上位3位

1位:日揮:6,758億円
2位:千代田化工建設:4,461億円
3位:東洋エンジニアリング:2,301億円

平均年収ランキング上位3位

1位:日揮:983万円
2位:千代田化工建設:944万円
3位:東洋エンジニアリング:888万円

業界の動向

エネルギー関連設備の拡大

国内市場では、発電所、太陽光発電などのエネルギー関連設備への投資が拡大しています。

東洋エンジニアリングは2015年に、パシフィコ・エナジー古川より、宮城県に建設予定の大規模太陽光発電所を受注したことを発表しました。新発電所は、宮城県大崎市に建設される計画で、発電容量は56.87MW(DC)となり、完成後は、全量東北電力に売電される計画です。

日揮は2016年、軽米東ソーラー発電所建設プロジェクトの設計、機材調達、建設工事役務を受注したことを発表しました。これは、事業主体である合同会社軽米東ソーラー社が、岩手県九戸郡軽米町内に位置する約300ヘクタールの山林等を活用し、ソーラー発電所の建設を新設するもので、出力は、一般家庭の約2万5,000世帯の年間使用電力量に相当する約80.8MWとなるとのことです。

日本政府のインフラ輸出支援策が追い風に

国外市場では、北米やアジアを中心とした日本政府のインフラ輸出支援策を追い風にインフラ整備への設備投資が堅調に推移しています。

日揮は2016年、現地法人のJGCアルジェリア社と共同で、アルジェリア国営炭化水素公社が操業するガス処理プラント向け分離・昇圧設備の増設プロジェクトを受注しました。同社が受注したガス処理プラントは、ハッシルメル地区にある天然ガス田に建設されます。

ガス田の埋蔵量はアルジェリア内の半分以上あり、日産1億9,000万立方メートルとも言われています。プラントで二酸化炭素などの不純物を取り除き、一部は海底パイプラインで欧州に輸出する予定となっています。

市場動向

プラント業界の市場規模は7兆5,706億円

経済産業省「特定サービス産業受動統計」によると、2015年度のプラント業界の受注高は前年度比11.1%減の7兆5,706億円となりました。

国内外の内訳では、国内は電力プラントやその他産業プラントが好調で同2.4%増、一方、国外は新興国の経済減速や原油価格の急激な下落の影響から産油・産ガス国を中心にプラント設備投資の延期や削減が行われ、同41.8%減と大幅な減少となりました。

業界の課題

プロジェクトリスクの拡大

近年、石油・金属価格の高騰により資材価格やプラント建設のコストが増加しています。また、プラント建設におけるプロジェクト数の増加などから、建設現場での労働力の確保も難しくなるなど、プロジェクト推進上のリスクが高まっています。

これまでのプラント業界では、顧客とプラントエンジニアリング企業のあいだで一定の金額で契約を結ぶことが基本となっていましたが、これからはプロジェクトリスクを考慮に入れた柔軟な契約に変えていく必要も出てくるでしょう。

プロジェクトマネージャーの確保

現場に精通したプロジェクトマネージャーや技能労働者の存在がますます重要になっています。

近年、プラント業界の市場拡大とともにそのプラント建設案件の規模が大きくなっており、プラントエンジニアリング各企業は国内外における人材の確保に苦労しています。

大規模プロジェクトの遂行は、一連の仕事の流れを管理・運営するプロジェクトマネージャーの能力に左右される部分も多く、各企業は外国人のプロジェクトマネージャーを積極的に採用するなどの対策を行っていますが、国内における人材は産業としての認知度が低いこともあって頭打ち状態となっています。

単一ビジネスモデルからの脱却

プラント業界は、プラント建設という単一のビジネスモデルに依存しているため、受注があるときには業績が好調となり、受注が減ると業績が悪化するという構造になっています。

近年、世界的なインフラ整備需要が拡大するなかで、プラントの運営や保守管理事業の需要も高まっており、こうした事業に進出して経営の多角化を行い、プラント建設事業のみに依存するビジネスモデルから脱却することが急務となっています。

業界の今後の将来性

設備の自動化を

現在、プラント業界の環境は大きく変化し、プラントに対する要求も変わりつつあります。

国内の労働人口は2005年の6,870万人を頂点に年々減少し、2025年には6,260万人にまで減少すると予想されています。また、それにともない30〜40代を中心とした労働者がとくに減少し、生産現場では深刻な若年労働力不足に陥るとの予測もあります。

中国、韓国、インド等の新興国における生産性は格段に上がり、先進国のそれに匹敵するものになっています。労働力が減っていくという状況のなかで、プラント業界は、これらの新興国に立ち向かい、生産性の向上という問題に立ち向かわなければならないのです。

これまでのプラント業界では、たくさんの優秀な技能者たちの勘と経験に頼っていた部分が少なからずありました。技能者が多いということは、それだけコストがかかるということでもあります。

つまり、プラント業界が全体として変革のときにあるということです。生産設備の効率的な運転をはじめとする人為的な業務を、そろそろ理論化して自動化する必要があるのではないでしょうか。

自動化によってもたらされるメリットはたくさんあります。品質と生産性が確保できます。そして勘と経験も要らなくなります。カギは、近年における環境の変化を好機ととらえ、業界自体で変わることです。変化に対応できれば、自ずと未来は開けるでしょう。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『プロジェクトマネジメント 成功するための仕事術』東洋エンジニアリング

専業3社のうちの1社である東洋エンジニアリングが、プラントエンジニアリング業について実務者の視点から解説した本で、プラント業界の「プロジェクトマネジメント」の在り方に特化した内容になっています。

発行が2003年と古く、情報として時代遅れになってしまっている部分が多々ありますが、プラント業界についての業界研究本はほとんど見当たらないので、この業界を志望される方は参考程度に目を通しておくといいかもしれません。