エントリーシートと面接で話す内容が違ってもいい?|就活面接対策

エントリーシートの内容と面接で話す内容が違ってもいいのか

エントリーシートの内容と面接で話す内容が違っていたとしても、ある程度方向性が合っているのであれば、違っていても問題ありません。面接の場は緊張することは採用担当も理解しています。

ただし、エントリーシートの内容と異なったことを話した場合は、記載した内容と異なりますが、こういったこともしていましたとか補足を付け加えるような表現で話をすると企業側にも違和感を得られないで済みます。志望動機や趣味、学生時代に頑張ったことなど、エントリーシートに記載したことをすべて話に盛り込むのは難しいため、内容が多少異なっても問題ありません。

むしろ、違う内容を話したときに、採用担当から質問を受けた時の対処に注力してください。ただし、学歴や資格などの情報については、エントリーシートの内容と異なったことを話してはいけません。その部分についてエントリーシートの内容と違ったことを話すと、採用担当はあなたに疑いを持つようになるかもしれません。

エントリーシートの内容を丸暗記して面接に臨んでもいいのか

面接の対策をしている人は、採用面接で志望理由を聞かれた場合に、エントリーシートの内容を丸暗記して答えるように練習してるのではないでしょうか。これは別に悪いことではありません。採用担当もエントリシートを見ながら質問をしているので、同じ内容を答えた場合は、「練習をしてきたのだろう」と素直に感じるでしょう。

しかし、これは誰もが行っている対策で、採用側からしてみれば、秀でたアピールとは感じません。

また、採用担当は、エントリーシートに書かれていることでは表現できていない志望理由も聞きたいと思い、面接の場で改めて志望理由を聞いています。エントリーシートを書いたあなた自身も、エントリーシートには書ききれなかった志望理由があると思います。

その書ききれなかった理由を面接の場で、エントリーシートに書いた志望理由に付け加えて説明することで、自分自身がその企業に入りたかった本当の理由を説明することができます。

そして、エントリーシートに書かれていなかった部分を聞いた採用担当は、この人は本当にうちの会社に入りたいんだと納得するはずです。

面接で話す内容の考え方

面接で話す内容ですが、基本的にはエントリーシートの内容を話すことが大事です。ただし、先にも述べたように、まったく同じ内容を話すだけではアピールとしては足らないので、エントリーシートに書ききれなかったことも含めて話すことが大事です。

採用担当もエントリーシートからでは分からないあなたのことを聞きたいと思っています。学生時代に打ち込んだこと、そこから学んだこと、それを入社してどのように活かすか、そのようなことを事前に考えておき、面接の場でうまくその話に流れを持っていくのもひとつの方法です。

採用担当もあなたを採用していいかを判断する為に、あなたにしゃべって欲しいと思っています。どんなことでもいいので、面接の場で詰まらずに話すことが出来るような自分の得意分野の話題は持っておくようにしておきましょう。

面接で話す内容の覚え方

エントリーシートを書いてもその内容をまったく覚えずに面接に挑むのは得策ではありません。面接で話す内容は、ある程度覚えておく必要があります。覚え方としては、人それぞれのやり方があると思いますが、まずはエントリーシートの内容を自分で声を出して読んでみましょう。何回か声に出して読むと覚えることができると思います。

また、エントリーシートに書ききれなかったことや、書いていないことで話したいことを、文章に起こして、それを声に出して読んでおくのも有効です。頭の中では整理できているから大丈夫と思っていても、面接の場では緊張してしまいます。

最悪の場合、頭の中で整理していた内容はどこかに飛んで言って、採用担当からそのことを聞かれても、思い出せなくなりしどろもどろに答えて悪い印象を与えることになります。何回か声に出して話す練習をすることで、一度しゃべったという経験が、緊張する面接の場でも活きて、スムーズに話をすることができます。書くだけ、頭の中で考えるだけではなく、声に出すということが覚える為に良い方法です。

グループ面接で他の人と言うことが同じだった場合の対処法

グループ面接の場合、採用担当からの一つの質問に順番に答えることもあります。この時先に答えた他の人が、自分の言うことと同じ内容だった場合があるかもしれません。この場合、慌てず自分の用意していたことを話しておきましょう。話す際に、「先程回答されていた○○さん(もしくは、先程回答された方)と近い内容になりますが、」と前置きをすると、周囲の話も聞いていて落ち着いた印象を採用担当に与えることもできます。

また、同じ内容の場合は、自分自身のチャンスにもなります。他の人を同じ内容を話した後、エントリーシートに書ききれなかった内容を話すことで、他の人より多く話しをすることになり、採用担当の記憶にも残ります。先に同じ内容を言われたとしても、焦らず、逆にチャンスだと考え、用意していた自分の伝えたいことを話すようにしてみましょう。

エントリーシート・面接に役立つ本

エントリーシートに関する書籍はたくさん出版されています。役に立つものをいくつか紹介しますので、エントリーシートの作成の助けにしてください。

「内定勝者 合格実例集&セオリー エントリーシート編2018」

有名企業の内定者たちのエントリーシートが、カテゴリー別(学生時代に頑張ったこと、自分の強み、志望動機等)に掲載されています。原文を省略せずに掲載されているので、文章構成や、使えそうな表現を参考にできて非常に便利な一冊です。解説も詳しく丁寧なのでお勧めです。

「キャリアデザイン入門」

この本自体はエントリーシートの対策として出版された本ではありませんが、「将来の目標」「自分がどんな仕事をしたいか」「5年後、10年後のキャリアプラン」など、志望動機に書く内容の参考になることが書かれています。

「私たちはこう言った! こう書いた! 合格実例集&セオリー2018 エントリーシート編」

エントリーシートに使えるパターンや実例も豊富なので、エントリーシートの作成に役立つ一冊です。参考にしながら、自分なりの表現に変えることを前提に利用してみましょう。

「絶対内定2018 エントリーシート・履歴書」

大手企業内定者の生のエントリーシートが掲載されています。どの内定者も過不足が無く、自分の情報をアピールしているため読みやすくなっています。エントリーシートの書き方や文章表現方法に関しては非常に参考になる一冊です。

「受かる! 面接力養成シート」

面接で気をつけるポイントが掲載されています。面接前の準備や、質問のシミュレーションもできる内容です。面接直前に目を通すだけでも役に立つ内容ですので常に持ち歩いても良いかもしれません。

「絶対内定2018 面接の質問」

面接で聞かれる質問と、その質問の意図するところ、その質問にどう答えていけばいいのかなどが掲載された質問集になっています。この本に掲載されている質問に、自分なりの回答を考えておけば、面接の時に慌てなくてもよいかもしれません。

面接に行く時の服装のマナー

面接の時の服装ですが、基本的には男性は黒、もしくは紺のリクルートスーツで良いです。靴の色は黒でスーツの色とあわせておくと無難です。茶色系の靴は、浮いてしまうのでやめておいた方が良いです。ワイシャツは白で、最近流行りのボタンダウンではなく普通のワイシャツにしておきましょう。

おしゃれな格好をしたいのも分かりますが、企業もおしゃれだから採用する訳ではありません。おしゃれな格好に走りすぎると軽い印象を持たれてしまうので、落ち着いた服装を心がけてください。ネクタイの色はあまり地味にすると暗い印象を与えるので、明るめの色が良いです。白のワイシャツに赤系のネクタイをすると、相手に快活な印象を与えることができます。

女性の場合も、黒系のスカートかパンツのリクルートスーツで問題ありません。靴の色も黒系でスーツとあわせておくと無難です。女性の場合は髪色にも注意しましょう。髪の色はあまり薄くならない方がいいです。最近は明るめな髪色も許可している会社が増えてきましたが、中にはカラーゲージで髪色の指定をしている会社もあります。そのような規則は入社するまでわからないので、あまり明るい色は避けておきましょう。またロングヘアーの場合は、まとめておくと面接の際にも髪の毛が気にならなくなりますし、採用担当にもきっちりしている良い印象を与えることができます。

面接の入退室のマナー

入室の際には、まずノックを軽く3回してください。面接室の中から「どうぞ、お入りください。」の声が聞こえてから入室します。入室の際には「失礼致します。」の一言は忘れないようにしましょう。

また、ドアは自分の手で静かに閉めるようにしましょう。入室したら室内の椅子の横まで進み、「本日はよろしくお願い致します」の一言を伝えましょう。採用担当から「お座りください。」の言葉を受けてから、椅子の前に進んで、鞄を椅子の横に置き椅子に座ります。

退室の際には、「本日はありがとうございました。」の挨拶をした後、鞄を持って椅子から立ち、ドアに向かいます。ドアの前で再度「失礼致します。」の一言を言って、ドアを開けて部屋からでます。出た後も、軽く室内をみてお辞儀をして静かにドアをしめましょう。