エントリーシートの志望動機の書き方|例文と注意点と添削方法

エントリーシートの志望動機の書き方

エントリーシートの志望動機の書き方ですが、特に決まりがあるわけではありません。しかし、書き忘れてはならないポイントがいくつかありますので注意しましょう。

志望動機に記載しなければならないこと

  1. 自分がその企業に就職したいと思った理由。
  2. 自分が感じたその企業の魅力。
  3. その企業に就職した後、自分がどのようになりたいか。どのようにキャリアアップしたいか。

「1.自分がその企業に就職したいと思った理由。」ですが、その企業を選んだ理由をできるだけ具体的に書く必要があります。漠然とした理由ではなく、採用担当が読んで共感できる内容の方にしましょう。その企業の特徴と併せて、自身の志望理由として記載するようにしましょう。

「2.自分が感じたその企業の魅力。」ですが、採用担当は「うちの会社がどんなことをしているか理解しているのだろうか、どんなことに興味を持ったのだろう。」という部分を気にしています。事前に会社説明会やホームページなどで調べた内容を元に、その企業がどんな業務を行っているか、自分はその中のどんなところに興味を持ったということが説明できる内容を記載しましょう。

「3.その企業に就職した後、自分がどのようになりたいか。どのようにキャリアアップしたいか。」ですが、入社後のキャリアプランを記載しておくのも、採用担当にアピールできます。入社して3年後、もしくは5年後には、こんなポジションでこんな働きをしていたいというアピールも採用担当の目にとまります。ただし、前述の2点からずれた内容にならないように注意が必要です。

業界別エントリーシートの志望動機の例文

各業界毎の志望動機を考えてみました。それぞれの業界毎に、どういう点に気をつけて書いているかを考えながら確認してみてください。

1.公務員(市役所への志望の場合)

以前ボランティア活動をしていた際に、地域住民の方と触れ合い、住民の方にサービスを提供する仕事に就きたいと考えました。市役所では住民の方と窓口で直接会話しサービスを提供しているので、ボランティア活動をしていた経験が活かせると思い志望しました。住民の思いを仕事を通じて確認し、より良い住民サービスが提供できるようになれればと思います。

公務員の場合は、民間企業と異なり、地域住民へのサービスが一般的な仕事です。その中でどのように自分の経験を活かして、仕事に取り組みたいかを志望動機に記載しましょう。また、民間企業と異なり、自信のキャリアアップがイメージしにくい業種です。そういう場合は、自分の理想としている仕事のやり方や仕事を通じて自分がやりたいことを「3.その企業に就職した後、自分がどのようになりたいか。どのようにキャリアアップしたいか。」の部分に書くことも一つの方法です。

2.アパレル

学生時代からファッションには興味があり、アルバイトでもアパレル関連のバイトを経験しました。貴社のブランドの商品は私自身も所有しており、自分の好きなブランドで仕事がしたく志望しました。貴社ブランドの魅力をお客様に理解してもらい、ブランドの知名度を更に向上させたいです。

アパレル関連のような、専門的な仕事では興味を持っている理由も重要なポイントになります。自分がなぜこの業界を選んだかをアピールするのもポイントです。

また、公務員とは異なり民間企業ですので、「この人を採用するとうちの会社にどんなメリットがあるのか」ということも採用担当は考えています。自分を採用することで会社にこんなメリットがありますということをアピールすることも大事です。

3.銀行員

学生時代に経済学を学び、さまざまな企業の支えになる銀行のすごさがわかりました。学生時代に学んだことを活かすためにも、民間企業への融資やファイナンスなど、多くの業務を持つ銀行で挑戦したいと思い、志望しました。銀行業務の多くを経験して、様々な業務に精通し、誰からも頼られる銀行員になりたいと思います。

銀行のようなお金を扱う仕事は、採用担当もどういう志望動機を持って受けに来ているかを重視します。学生時代に勉強したことや、経験したことを志望動機に含めてアピールしてみましょう。また他の企業と異なり、専門的な知識も必要になる業種です。難しい仕事もこなすことが出来る、チャレンジすることができるという内容もあれば更にアピールができます。

4.食品

私はおいしいものを食べるのが大好きです。数多くの食品メーカーの商品を見てきましたが、その中でも多くヒット商品を提供している貴社で、商品開発の仕事をさせて頂きたく志望しました。よりお客様に喜ばれる製品を作り、貴社の売り上げに貢献できればと思います。

食品関連のような、主に食べ物を取り扱う仕事は、生活に身近な存在です。自分の興味・調べたこと・特技などをアピール材料にしながら、志望動機を記載するのもよいでしょう。また、この業界も民間企業ですので、「この人を採用するとうちの会社にどんなメリットがあるのか」ということも採用担当は考えています。自分を採用することで会社にこんなメリットがありますということをアピールするのも大事です。

このように、業種毎に記載する内容は異なりますが、先に述べた、3つの記載しないといけないことは共通しています。この3点はを忘れないず、さらにその企業が欲しい人材にマッチしていることをアピールする内容が志望動機に記載できているようにする必要があります。

エントリーシートの志望動機を書く時の注意点

エントリーシートに志望動機を書く際には、採用担当に分かりやすい内容になっている方が、採用担当の頭にも残りやすくなります。自分の思いを伝えようと志望動機をたくさん書くのも良いですが、たくさん書きすぎると逆に読んでもらえないこともあります。

簡潔にまとめられていないと文書作成能力が高くないと判断されることもあるので、注意しましょう。簡潔に自分の思いを書き、採用担当の目に留まって記憶に残るような文書にすることが大切です。

また、記載するにあたり言葉遣いのルールもあります。実際の面接では「御社」といいますが、志望動機の中では「貴社」と記載するのが正しい書き方になります。言葉で発するのとは違う言葉を使う必要もあるので、このような基本的な書き方に関しては間違いがないように書きましょう。

また、あまりにも口語体が強い文章は駄目ですが、賢く見せようとして難しい言葉を使ってみたものの使い方を間違えたりすると元も子もありません。よく分からない言葉を無理に使う必要はありませんので、自分の伝えたいことを正しく伝えられる言葉を利用して、志望動機を書きましょう。

また、

  • 「てにをは」を正しく使用できているか
  • 主語がはっきりしているか
  • 伝えたい内容が先に書かれていて、その理由が後から書かれているか

という部分は採用担当の読みやすさにつながります。以上の点に気をつけて志望動機を書いてみてください。

エントリーシートを自分で添削する方法

エントリーシートに記載した志望動機の添削方法ですが、やはり第三者に添削してもらうのが一番良いです。しかしながら、常にその第三者がいるとは限りません。その場合は、自分で添削する必要があります。

自分で添削する際のポイントは、前述の「記載しないといけない3つのポイント」「『御社』のような間違った言葉を使っていないか」「内容がゴチャゴチャして分かりにくくなっていないか」等です。これに加えて、「句点ばかりの長い文章になっていないか」「日本語として間違った表現がないか」ということに注意して添削をしてみましょう。

また、最近ではインターネット上にも志望動機のサンプル文書などが公開されています。こちらを参考にして添削してみましょう。ただし、サンプルの方が良いと思って引用しすぎないようにしましょう。

採用担当は、貴方だけではなく多くの人間の志望動機をみてきているので、過去に似た志望動機をみていれば、本人の考えた志望動機ではないと直ぐに気づきます。添削の為に参考にしたとしても、最後の完成形は自分の文章になっていることの確認が必要です。また、声に出してみて違和感があるようであれば、自分なりの言葉に置き換えてみましょう。

志望動機がない時の対処法

志望動機があってた上で志望するのが普通なので、志望動機がなくて書けずに困っている場合は、本来であれば受けない方が良いです。ただし、どこかに就職しないとという考えの人は、そうもいかないのかもしれません。

その場合、自分が受ける会社を受けないが、同じ職種を希望して就職活動をしている友達に、志望動機を考えてもらう、もしくはその友達の志望動機をアレンジして、エントリーシートの志望動機を埋めるのもよいかもしれません。

ただし、このように作成した志望動機は頭の中に入りにくく、実際の面接の場で志望動機を聞かれた場合に、エントリーシートの志望動機と異なる内容をしゃべってしまうことも考えられます。面接の場で、書いたことを覚えていないということがないように志望動機の内容は頭にしっかり叩き込んで、声に出して、本番で忘れないようにしておきましょう。

エントリーシートの志望動機は箇条書きでもいいのか

エントリーシートの志望動機の書き方に明確なルールはありませんが、文章になっていることが一般的です。採用担当もエントリーシートを見るにあたって、記載内容も大事ですが、文章をまとめる能力も確認しています。

エントリーシート1枚の中を見て、採用の次のステップに進めても良いかを確認しているので、その少ない情報でどれだけ自分の情報が採用側に提供できているかも重要です。日々多くのエントリーシートをみている採用担当者の目にいかに留まるかを考えると、箇条書きでも問題ないかもしれません。

ただし、いわゆる大手企業などでは、一般的な形式を重視するケースもあるので、箇条書きのような、文章の中であまり利用しない書き方は、お勧めできません。創業から浅い企業や、システム開発をおこなうような企業では、箇条書きでも内容が伝われば問題ないと思います。

応募する企業の特性を見極めて、箇条書きを使っても問題なさそうか判断する必要があります。箇条書きのような書き方でも、最初と最後は文章になるようにしましょう。

箇条書きだけでは文章能力が低いと取られるので、志望動機の途中に書く具体的な理由にのみ箇条書きを利用するべきです。また、変わった書き方で採用担当の目にとまると、面接の場でどうしてこんな書き方をしたのか聞かれることも考えられます。その時に理由を説明できるように準備しておきましょう。

エントリーシートの志望動機の適切な長さ

エントリーシートの志望動機の適切な長さですが、あまり長くなると先にも述べましたが採用担当が読む事を拒絶するケースもあります。また短すぎても、内容が薄いとマイナスの判定をされることも考えられます。

エントリーシートの枠もそこまで大きくないので、200~300文字前後に収めておくと問題ありません。また記載する場合も、枠の中にバランスよく文章が入るように文字の大きさも考えて書くことも大事です。

その他に注意すべきこと

エントリーシートを書く場合、自分の字に自信がなくて困ることもあるはず。基本的にエントリーシートや履歴書は、手書きが良いとされていますが、最近ではPCの利用が当たり前になっていることから、ワードやエクセルでエントリーシートを作成しても構わないという企業も増えています。

例えば、前述でも少し触れたシステム開発をメインに行う企業では、「効率化を考えると手書きは非効率だ。PCで作成すれば効率よく作業できるのに。」と考えることもあります。自分の字に自身がない場合は、PCで作成する方が採用担当者も読み易いエントリーシートを作成することができます。

ただし、長く続いている企業は古い形式にこだわる傾向があります。やはり、今も主流は手書きですから、迷ったときには手書きで作成した方がよいでしょう。どうしても手書きに自信がない場合は、応募する企業に問い合わせてPCで作成した履歴書でも問題ないか確認しましょう。採用担当も問い合わせがあれば、どうすればよいか回答をしてくれるので、まずは確認してみましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。