就活時の企業/会社の選び方|大企業・中小企業・民間企業

就職活動の時の企業・会社の選び方

就職活動で企業・会社を選ぶ際、どのような選び方をすればいいのか。多くの就活生が悩むところだと思います。ですが、共通して必要なこととしては、先入観を捨てさまざまな業界・職種について調べてみることです。

就活生の皆さんはまだ若く多くの可能性に満ちています。まだどんな職種や業種が良いのか、わかっている人などほとんどいません。先入観からその可能性を捨ててしまうのはあまりにも惜しいです。せっかくの就職活動のこの時期に、皆さんの将来について幅広い視点を持って、いろんな企業のいろんな求人を見ていくような選び方をおすすめします。

では、具体的にどのようなサービスを使えば良いのかをご紹介します。就職活動で利用できるサービスというのは大きく分けて3つあります。

ひとつめは就活情報サイトを使った就職活動です。例えば、リクナビ、マイナビ、朝日学情ナビ、キャリタスなどです。これは、企業がそうした就活情報サイトに求人情報を掲載し、広く応募を募る方法です。

このメリットとしては数多くの企業の募集要項や仕事内容、仕事場の雰囲気を現地に赴くことなくWebページ上で比較検討することができることです。一方、写真や募集要項はどうしても良い面ばかりをクローズアップする傾向はあるため、情報をきちんと見極める力が必要になるでしょう。

ふたつめは人材紹介サービスを利用する方法です。こちらは、リクルート、マイナビ、インテリジェンスなどがサービス展開しています。これは、企業が紹介会社に募集要項やほしい人物像を、求職者が入りたい企業の業種や職種を伝えておいて、間のキャリアカウンセラーが企業に紹介するという方式です。

メリットとしては間にキャリアカウンセラーがいて、あなた方に合う合わないを考えた上で企業を紹介してくれるという点です。一方、そのキャリアカウンセラーの質や相性も非常に重要であり、ハズレを引いてしまった場合には大きなリスクがあります。キャリアカウンセラーの選び方も、工夫が必要となるでしょう。

三つめは合同説明会です。こちらは学情を先駆けとして自治体も含め多くの企業が開催しています。大きな会場に人材を求める企業と求職者が集まり、そのなかで説明会が行われている方式です。メリットとしては、採用担当者から実際に説明を受けることができる上、一度に数多くの企業を見ることができ、効率的な選び方をすることが可能です。

一方で、広告や紹介に比べれば人事担当者の負担は大きく、合同説明会に参加してくる企業というのはよっぽど体力のある企業か人材採用によっぽど力を入れている企業に限られます。

以上のように、就活サービスというものはどれも一長一短ありますので、どのサービスもすべて一度に利用してみて、自分にいちばん合った選び方で企業を探していきましょう。

大企業の場合

大企業の場合は多くの場合、広告サイトに掲載されています。大企業は一度の採用人数が多いため、一度に多くの応募を集められる広告での採用に適しているからです。そして、採用人数が多い分、採用プロセスも多いため応募の締め切りを早めに終わらせてしまう企業も多いです。

また、さらによっぽど人気の企業では募集広告すら出さずに自社のホームページでのみ募集を行っている企業もあります。そのため、早い段階から自己分析や業界研究を始めて会社を絞っておかないと、せっかく受けたいと思った企業の募集が終わってしまっていたり、いろんな大企業の選考が重なってしまったために本命の企業の分析が遅れて、採用が見送られてしまったりすることがあります。

そして何より、大企業では大学3年生のうちにインターンシップに行っておくと選考に有利に働く場合もあるのです。大企業に行きたいというのであれば、企業の選び方も慎重にし、早い段階からの準備をおすすめします。

中小企業の場合

中小企業といってもさまざまですが、多くの就活生はこのあたりの企業の面接にも絶対に行くことになります。先ほども言ったように、大企業の選考というのはなるべく早い段階からどんどん進んでいくため、あまり何十社も同時進行で受けることは時間的にも難しいのです。そのため、大企業の面接の合間に中小企業の説明会にも行って手駒を増やしておくと安心です。

そして、中小企業とくにベンチャー企業を受けるメリットはもうひとつあります。それは、大企業が経団連の定めた採用スケジュールにのっとって採用活動を行っているのに対し、ベンチャーはそれよりも早く動いている場合も多いです。

そういった企業を先に受けておくことで、面接の練習にもなったりします。そして、本命の企業に関連する業種に従事している企業から、その業種について説明を受けたりすると、よりその業種のイメージが広がって面接のときに自信をもって臨むことができます。

そういう片手間な気持ちで受けるのは相手にも申し訳ないという気持ちになるかもしれませんが、相手もプロです。そういった片手間な気持ちで説明会や面接に来た相手が来ることもわかった上で、どうすれば本気にさせることができるかも考えて対策してきています。そこは、お互いビジネス上での駆け引きです。躊躇することはありません。中には本当に良い出会いになる企業もあるかもしれません。そういった意味でも、企業を見極める際は、慎重な選び方をしましょう。

民間企業の場合

ざっくりと大まかに大企業、中小企業の選び方、受ける際の心構えののようなものをお伝えしてきましたが、民間企業というものはあまりにも多様性があり十把一からげに論じきれないものがあります。しかし、それが自分の価値観に合った企業を見極める選び方ができるということで良い点でもあります。

そして、企業にとって採用するまで就活生のみなさんは大事なお客様にすぎないということを忘れないようにしてください。親切にしてもらったからその企業に入りたい、と思う就活生も多くいるようですが、お客様に親切にするのは企業としては当たり前。感情で企業を評価していくという選び方も大切ですが、一番大事なのはあなたがその会社に入ってイキイキと働くことができるかということです。

就活生は企業研究をしよう

ネームバリューがあるからその会社に入りたい。その商品が好きだからこの企業に入りたい。そんな就活生もかなりいます。ですが、実際にあなたが入社するのは、そのブランドでもなければ商品でもありません。会社です。

そのために知らなければいけないことは、本当にその会社は自分のやりたいことをやっているのだろうか。自分がイキイキと働ける環境なのだろうか。そういったことではないでしょうか?そのためになにをすべきで、何を重視した選び方が大切なのでしょうか。

企業・会社を選ぶときはまず自分を知ろう

とにかくたくさん給料がほしい、プライベートの時間を充実させたい、会社の雰囲気が自分にあっているところがいい、将来やりたいことがありスキルアップを考えている、働く中で社会を変えたい。それぞれ目的はさまざまでしょう。大企業、中小企業という括りにとらわれず、まずは自分がどういう価値観を大事にしているのかを見極めた選び方が大切です。

どれもこれも手に入る企業というのは、まずないと考えていいでしょう。自分がどういったことを重視しているのか、また、どういったことは重視していないのか。紙に書き出すなどしながら、自分自身を見つめ直してみてください。

会社説明会や企業見学、企業訪問をして企業を知ろう

会社をWebページや紹介会社、合同説明会を通して選んだあと、必ず必要になるのは説明会や見学、訪問です。先ほどのどの方法でも、まずは就活生の気を惹くために魅力的な条件や文言を並べ立てる、というのはよくあることです。

そして、それが全て事実で魅力的な会社をだったとしても、実際にあなたに合った企業であるという保証はありません。あなたが入社する企業なわけですから、あなたが自分の目で見て、納得してから選考に進むという選び方をしましょう。

OB訪問をすることも会社を・企業を知る一つの方法

多くの大学ではない自分の出身大学を卒業したOBを紹介してもらい、実際に話を聞きに行くことができます。大企業の場合だととくに、採用担当をしている人は採用の部署しか経験していないために他の部署の実態があまりわかっていないという場合もあります。そのため、紹介してもらったうえで自分が働くことになるかもしれない職場の雰囲気を聞いてみると、そこで初めて会社の雰囲気がわかる場合もあります。

もちろん、その場合OBたちというのはあなたの先輩としてではなく会社の代表として、会社での仕事の時間を削ってやってきてくれていることを分かっていてください。もちろん、中には本当に親切心で訪問を受け入れてくれる先輩もいますが、あくまでも社内の雰囲気を知るために利用してください。すべてを鵜呑みにしては、後悔することになるかもしれません。

大企業に固執しすぎるのも良くない

大企業しか受けるつもりがありません。という就活生も中にはいますが、大企業だけにとらわれている時点で、本当にその会社で働きたいのかどうか面接官に疑問を持たれてしまいます。「うちの会社で働きたいわけじゃなくて、大企業だからうちで働きたいってだけなんじゃないの?」と。

また、大企業というのは若手にはいろんな経験を積んでもらうためにいろんな部署を転々とさせるところも多いです。人間関係の安定したところで働きたいであったり、ひとつの職種でスキルアップをするために働きたいと考えている人にとっては、むしろ大企業はマイナスになる可能性もあります。大企業の労働環境やネームバリュー、社会的影響力というものは確かに魅力的ですが、それだけでは就職先を決める材料にはなりません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です