【業界研究】ガラス業界の現状・動向・課題について

業界の現状

世界的寡占業界

ガラスは、建築、自動車、ディスプレー、生活用品(ガラス瓶など)などさまざまな用途で使われています。ガラス業界各社の資料によると、世界でのガラス用途の割合は建築物が83%、自動車が7%、太陽光発電などの特殊用が10%となっています。

さらに、ガラス業界を事業内容で区別すると、主に建築用と自動車用の「板ガラス」と、薄型テレビやPCなどのディスプレーに使われる「液晶ガラス」の2つに分類することができますが、どちらも世界的寡占状態にあります。

板ガラスは、
1位:旭硝子(18%、日本)
2位:サンゴバン・セントラル硝子(17%、仏・日本)
3位:日本板硝子(17%、日本)
4位:ガーディアン(13%、米)
と4社で世界の65%のシェアを占めています。

一方、液晶ガラスは、
1位:コーニング(27%、米)
2位:コーニング・プレシジョン・マテリアルズ(25%、米)
3位:旭硝子(24%、日本)
4位:日本電子硝子(17%、日本)
と4社で93%という高い寡占状態にあります。

この寡占の原因としては、ガラス製造が装置産業という巨大な設備を必要とする産業であることに加えて、割れやすいというガラスの特性から輸送等が難しくなり参入障壁となっていることが挙げられます。

基本情報

  • 市場規模:3兆1,435億円
  • 労働者数:17,906人
  • 平均年齢:39.7歳
  • 平均勤続年数:16.0年
  • 平均年収:572万円

3兆1,435億円という市場規模は、菓子業界、パチンコ業界、太陽光発電システム業界と同程度の規模になります。

平均年収572万円という比較的高めな数字になっていますが、これは残業代込の数字であり、基本給をベースに考えるともっと安くなってしまうようです。ただ、大手を中心に残業代をすべて支給するという会社も多いので、全体としてはホワイトな業界と言えるかもしれません。

仕事内容

ガラス業界の仕事は、会社によって異なりますが、大まかに「技術系」と「事務系」に分けられています。技術系には、「開発」「製造」「生産管理」「情報システム」などの職種があり、その仕事は基礎研究、商品開発、お客さまへのテクニカルサービスと多岐にわたります。

事務系には、「営業」や「物流」といった職種があり、製品企画、販売戦略策定、物流ルートの開拓、物流システム構築などに携わります。

業界シェアランキング上位3位

1位:旭硝子:1兆3,262億円
2位:日本板硝子:6,292億円
3位:HOYA:5,057億円

平均年収ランキング上位3位

1位:旭硝子:802万円
2位:HOYA:738万円
3位:日本板硝子:731万円

業界の動向

日本板硝子が赤字に転落

2015年は、ガラス業界各社とも波のある1年になりました。自動車用ガラスは北米を中心に海外で好調でしたが、国内はエコカー減税制度の改定や軽自動車の不振の影響もあり低調でした。

日本板硝子は、ディスプレー用ガラスの供給過剰による価格競争激化や、中国子会社撤退の損失もあり最終的に赤字に転落しました。自動車用ガラス、建築用ガラスともに今後の国内需要は横ばいの見通しとなっています。

複層ガラスが4.6%の減少

経済産業省「窯業・建材統計」によると、2015年の板ガラスの生産数量は前年比1.9%増となりましたが、住宅の窓に使われる複層ガラスは同4.6%と減少しました。

複層ガラスは、2枚以上の板ガラスの間に空気やガスの層を設けて断熱性を高めたもので、さらに熱を反射する特殊な金属膜をガラスの表面に塗布するなどの工夫を重ねることで、夏は太陽からの熱を抑制し、冬は室内熱を外に逃さない効果があります。

複層ガラスの生産量は年々減少していますが、ガラス業界の各社は流通を改善することで、複層ガラスの受注増加を図っています。板ガラス市況は複層ガラスの受注数次第とも言われており、今後の複層ガラスの動向に注目が集まっています。

旭硝子は自動車用ガラスに販路拡大

液晶テレビ市場の成長鈍化により、液晶テレビ用ガラス基板を主力商品としていた旭硝子が苦戦に陥っています。

液晶テレビ市場はその営業利益をピーク時の6割にまで減らしており、旭硝子は紫外線を約99%カットする自動車用ガラスを販売するなどして業績改善を図っています。旭硝子によると、今後はビルや住宅の窓、車のフロントガラスなどに使うことができる薄くて軽い科学強化ガラス製品の開発に注力していくとのことです。

市場動向

ガラス業界の市場規模は3兆1,435億円

現在のところ、ガラス業界全体についてのデータは存在していませんが、ガラス大手12社の売上高合計から市場規模を推測すると、その市場規模は3兆1,435億円となります。

各社を売上高別でみると、
1位:旭硝子(1兆3,262億円)
2位:日本板硝子(6,292億円)
3位:HOYA(5,057億円)
4位:日本電子硝子(2,511億円)
5位:セントラル硝子(2,500億円)
と上位5社で国内市場の約94%になり、国内の寡占も高くなっています。

業界の課題

海外市場、国内市場ともに不透明

いくつかの要素が重なり、ガラス業界全体で先行きが見えなくなっています。

国内市場では、消費税増税による駆け込み需要が期待されていましたが、増税が延期となったため、自動車用ガラスと建築用ガラスの数字は伸びませんでした。各社とも高付加価値化製品を発売するなど対応を強化していますが、収益は上がっておらず、先行きに不安を抱えています。

海外市場では、英国のEU離脱決定が、主力市場の欧州や北米にマイナス影響を与えるのではないかと懸念材料になっています。また、スマートフォン市場の減速から、液晶ガラスの販売価格が下落する恐れもあり、こちらも今後の見通しが不透明となっています。

中国企業の台頭

中国でのガラス生産量は世界の約半分を占めていますが、中国国内での建築ラッシュでガラス需要が増加するとみた中国ガラスメーカーが、設備を増やして勢力を拡大しています。

中国大手のフーヤオは米素材大手のPPGインダストリーズの買収を機にシェアの拡大を狙っており、日本勢にとっては脅威となる可能性があります。旭硝子は高級車向けの板ガラス販売を強化し、日本板硝子はより軽量化した自動車用ガラスを開発し、増産するなど、ガラス業界大手は対応に迫られています。

値上げの影響

ガラス業界各社は2014年以降、建築用ガラスの価格を上げています。

値上げの要因は、円安を背景とした燃料価格の上昇や、中国製を中心とした輸入品価格の上昇などが挙げられます。中国は、中国国内での板ガラスが供給過剰になったこともあり、余剰分を日本に出荷していますが、円安で日本向けの価格も引き上げられつつあり、安い輸入品という価格メリットは薄れつつあります。

しかし、その結果として日本産の板ガラスも値上がりし、今後の板ガラス受注に影響が出るのではないかと懸念されています。

業界の今後の将来性

何よりも技術力の強化を

ガラス製品は、建築、自動車、オフィス機器、携帯型電子機器などに不可欠なものとなっています。そして、依然として海外との競争は激しく、国内市場は縮小傾向にあります。

板ガラスの製造は、エネルギー消費が大きいため設備のフル稼働が必要となり、需要の変動に応じて生産量を調整することが難しくなってしまうというリスクを抱えていますが、世界的に見れば、この業界は技術力が競争力強化の決定的要因となります。

世界経済の停滞もあり、エコ型ガラスの需要は今後さらに高まっていくと予想されています。複層ガラスは新築住宅でもリフォームでも需要があり、海外でも数字を伸ばせると期待されています。

技術力を武器に、生産性を向上させて高機能製品を開発し、かつ循環型社会に配慮した製造環境を整えることができるかどうかが、ガラス業界にとっての今後を左右することになるでしょう。

また、飽和状態である国内市場を考えても、新興国の開拓は不可欠なものとなりますが、新興国経済は好不調の波が大きいため、マーケティングを重視してしっかりとその需要を見極めたいところです。

日本板硝子はブラジルに2ヶ所ある自動車工場の1ヶ所を閉鎖して1ヶ所に集約しています。旭硝子はウクライナの問題を抱えるロシア工場でリストラを断行しました。今後も状況によっては、そういった対策を積極的に進める必要があります。

おすすめの業界研究本

『日経業界地図 2017年版』日本経済新聞社

日本経済新聞社の記者が徹底取材をして、日本の180業界の最新動向や課題、将来の見通しを解説しています。企業間の相関図、企業・製品のシェア、業界のトレンドを示す表やグラフがビジュアライズされており、業界のことが一目でわかるようになっています。業界研究をするにはまず目を通しておきたい1冊です。

『会社四季報 2017年 2集春号』東洋経済新報社

国内の全上場企業の業績予想を中心に、所在地から財務情報まで、会社のことを知るのに欠かせない情報をまとめたハンドブックです。就職活動における業界研究から、株式投資といったビジネスユースに至るまで幅広く使えるのが人気の理由です。

『ガラスの科学(おもしろサイエンス)』ニューガラスフォーラム

ガラスという素材の性質から近年におけるガラスの進化発展まで、タイトルの通り、科学的に解説している本です。いわゆる業界研究本ではないので、ガラス業界についての記述は一切ありませんが、この業界を志望するのであれば目を通しておくといいでしょう。