【業界研究】金融業界の現状・動向・課題について

金融業界の現状

金融業界の現状をお伝えする前に、金融業界というものが具体的にどの範囲までを指しているのか、ご存じの就活生は多くないのではないでしょうか。ひとえに金融業界と言っても様々な分野がありますが、金融業界というのは銀行、証券、損害保険、ローン・消費者金融、クレジットカード、リースに大きく分けることができます。

金融業界は人々のお金を扱う非常にセンシティブなビジネスのため、基本的には変わることを良しとしない風潮があります。しかし、1990年代に起こった金融ビッグバンという業界の規制緩和によって、それ以降大きく業界の様相が変わりました。

金融ビッグバンというのは、世界的に金融業界の自由化を求める声のもと、日本でも金利や各種手数料、資金の国をまたぐ移動などを自由化し、業界各社が独自にサービスを設定できるように制度を緩和したものです。

金融ビッグバンによって、業界各社が自由にサービス料金を決めることができるようになっただけでなく、銀行、証券、保険などの各分野の垣根を越えて、銀行が証券や保険を販売することができるようになったことも非常に大きな変化となっています。

また、持ち株会社によって、グループ会社を傘下に持つことが許されるようになったことを受けて、メガバンクはメインであった銀行業以外にも信託銀行、リース、消費者金融、証券などの会社を傘下に置いて、いまや一大金融会社としての運営をしています。

金融業界の規制緩和によって、具体的に変化した内容をここで勉強しておきましょう。

  • 各分野の垣根を越えた商品の販売ができるようになって、競争力がたかまりました。それによって、商品開発力やサービスの質が飛躍的に向上した。
  • お金を出し入れしたり、おススメ証券の情報を届けたりするサービス業という枠組みを超えて、新しい取り組みや利益を追及する意識改革が図れたことによって、莫大な収益をもとにグローバル競争に一躍買っている業界にまで成長した。
  • コンプライアンス重視の風潮がより強化され、安心、安全な取引がさらにできるようになった。

上記の通り、金融ビッグバンによって、業界の意識が変わり、意識が変わることによってビジネスのあり方が大きく変わりました。インバウンドによって海外から来日する外国人向けに海外のキャッシュカードやクレジットカードが使えるATMを設置したり、富裕層のニーズに対して生前贈与を目的とした商品を提供したり、地元のスポーツチームを応援するための金融商品までもが売られるようになりました。

昨今の金融業界はフィンテック(Financial Technology)という、金融と情報技術(IT)を掛け合わせることによって、最新のサービスとテクノロジーを利用者に提供しよう、という動きが非常に活発になっています。ソニー銀行や楽天銀行などに代表されるようにネット銀行といわれる店舗展開を極力抑えた、インターネットでの取引をメインとした銀行が台頭してきています。

その他、ブロックチェーンという鍵暗号技術が新しい概念として登場し、世界中の大手金融機関が一大プロジェクトとして参画を表明し、この新しい技術を使った新サービスの開発に各社取り組んでいます。

現状1:基本情報

金融業界の市場規模は49兆4,890億円で、業界全体で見ても10位以内に入る大規模な業界になります。市場規模に合わせて労働者の数も非常に多く、225,677人もの人達がこの業界で働いています。

この巨大な市場規模を支えるには、これだけの多くの人が必要ということになります。この業界で働く労働者の平均年齢は40.1歳で、平均勤続年数は13.8年です。他の業界と比較すると、多くの人が長い期間、この業界にずっと従事していることが分かります。

学生にとって一番気になる待遇面ですが、678万円がこの業界の平均年収になります。メガバンクだけで見るとかなり高い年収を誇りますが、金融業界全体で均すとこのような年収に落ち着きます。

金融業界の仕事は営業がまずあげられます。銀行で言う営業というのはお金を個人、法人から集めたりすることです。保険では保険商品を売る外交員と呼ばれる人達が営業になります。

金融業界では、集めたお金を運用する仕事もあります。個人、法人が預けてくれたお金に対して利子として還元するために、銀行では企業や個人にお金を貸して利息として運用利益をもらいます。

そして、お金を運用するために、運用先の信用度を調査するのにリサーチをする仕事もあります。また、金融業界はその時代のニーズに合わせて、商品を企画、開発する仕事があります。そして、これら全ての事務の役割を担う事務関連の仕事が金融業界にはあります。

現状2:業界シェアランキング上位3位

金融業界のシェアランキングはこのようになっています。
1位:三菱UFJフィナンシャル・グループ(5兆1,761億円 シェア率 10.0%)
2位:三井住友フィナンシャルグループ
(売上高:4兆6,418億円 シェア率9.1%)
3位:第一生命保険(売上高:4兆3,532億円 シェア率:7.7%)

金融業界のシェアランキングはメガバンクの2社がトップ2を獲得し、第一生命保険が3位に食い込んでくるという状況になっています。

現状3:平均年収ランキング上位3位

金融業界の年収ランキングをご紹介します。

1位:野村ホールディングス(1,488万円)
2位:シティグループ・ジャパン・ホールディングス(1,470万円)
3位:東京海上ホールディングス(1,387万円)

金融業界の年収ランキングは野村ホールディングスが一番高く、日本の証券会社トップ企業がその存在感を示しています。2位には外資のシティグループ、3位には保険会社がランクインするという、業界シェアの順位とは関係のないランキングになっています。

業界の動向

動向1:市場動向

金融業界で注目されているのは、金融×ITの新しい金融系サービスです。各々の頭文字をとって、フィンテックと呼ばれていますが、すでに色々な取り組みやサービスがローンチされています。

例えば、SquareやPaypalなどの、スマートフォンを使ってクレジットカード決済ができるようなサービスです。また、SuicaやWAONといった電子マネーによるオンライン決済サービスやビットコインなどの仮想通貨の登場など、近年の金融業界を盛り上げるニュースには事欠きません。

その他、マネーフォワードというサービスは、登録者の資産状況がひとつのプラットフォームで管理できるサービスで、その便利さが受け入れられて急激に利用者を増やしてきました。

これまで、変化を嫌ってきた業界が、ITとの掛け合わせによって急激にサービスの改善や新規サービスの登場が相次ぎ、迅速に改革が行われています。

また、金融業界では2010年に資金決済法が制定されるという、大きな節目がありました。この法律が制定されることによって、銀行でなくても振込や送金のサービスを提供して良いことになりました。

「1回あたりの取扱金額は100万円以下」、「送金途中にあり滞留している資金の100%以上の額を資産保全する必要がある」などの規制はありますが、サービスを提供するのに銀行業等の免許は不要になったことは、金融業界に激震を走らせました。

その結果、この法律を利用して、他業界から金融業界への新規参入が相次ぎました。LINEやGMOなどのIT業界からの参入や、Metapsなどのベンチャー企業なども続々と参入をしてきています。

動向2:業界の課題

金融業界の課題は薄利ビジネスになってしまっていることです。その要因は業界の垣根を越えたサービス提供ができるようになった、金融ビッグバンによる競争過多、一向に上がる気配のない低金利、資金調達方法の多様化などがあげられます。

これまで、企業が資金繰りに困ったときは、銀行が唯一の資金調達先でした。しかし、信用力の高い企業にとって、今般は金融市場から直接資金を調達できるようになったり、クラウドファンディングの台頭によって、良いビジネスモデルやコンセプトを持った個人や企業に簡単に資金が集まるようになったのです。

そのような状況が広がりを見せるほど、銀行からお金を借りる企業や個人が減り、収益を得られるチャンスが減ってしまってきています。銀行はお金の貸出先が少なくなってきており、さらに薄利になっているにも関わらず、貸し渋りを以前として継続しています。

経済の血液であるお金を供給する銀行が貸し渋りをしているようでは、経済が活性化しないことは明白なので、貸し渋りをしないように審査基準を見直したり、しっかり個々の企業に寄り添って実態を把握したりする努力が求められています。

動向3:業界の今後の将来性

金融ビッグバン以降、業界の垣根が薄くなったことで、決済分野を皮切りに他業種からの参入が後を絶たない状況になっています。小売業界の雄である、セブンイレブンやイオン、またはインターネット店舗の老舗である楽天が現在では金融業として存在感を示しています。

特に楽天の売上比率を見てみると、約半分のも売上を金融事業で上げていることが分かります。楽天カードによるクレジットカード決済、銀行業ともに金融業界で大きな存在感を示す企業となりました。

金融業界は新規参入の話だけでなく、新規サービスも続々と登場してきています。ソーシャルレンディングやクラウドファンディングなどの、オンラインでの資金調達サービスは今後も益々加速していくと言われています。

また、今後の金融業界において注目されているのはブロックチェーン技術です。ブロックチェーンの秘密鍵を使った暗号化技術は、世界中が注目している新しい技術です。ネットワークに全ての取引履歴が記憶される仕組みになっているため、改竄ができない点が非常に優れています。

取引履歴が記憶される仕組みのため、銀行や政府のような通貨を発行する大本がいなくとも、通貨がどこからどこに移動したかを把握できるので、銀行や政府を介在させなくても成立するような仕組みになっているのが、この技術の優れた点です。

このブロックチェーンの技術は国内外の大手金融機関がこぞって研究をしており、金融機関におけるコスト削減や業務効率化を図ることができるためだと考えられています。

大手金融機関最新技術の取り組みが、従来のサービスを圧倒的に便利にしていき銀行業を変えていくのか、それともTransfer Wiseのように為替手数料をゼロにしてしまうような業界にイノベーションを起こすスタートアップが銀行ビジネスを破壊していくのか。今後もこの業界の動向は、既存のビッグプレイヤーとイノベーターの対決の様相を呈する状況が続いていくと思われています。

おすすめの業界研究本

  • 金融業界大研究
  • 図解入門業界研究最新金融業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第4版]
  • 手にとるように銀行がわかる本
  • 世界一わかりやすい銀行業界の「しくみ」と「ながれ」

業界研究をすれば、就活の戦い方がわかる

いかがでしたでしょうか。

この記事だけでも、業界の展望や各企業の力関係など、様々な発見があったかと思います。業界研究をせずに企業だけを調べても、業界全体の流れがわからず、狭い視野での企業研究になってしまいます。

自分の志望する業界は、かなりの時間を割いてでも研究するべきでしょう。

しかし、会社説明会・Webテスト・ESなど、就活生は時間がないことでよく知られています。就活サイトにいくつも登録し、別々のアプリで管理している方がほとんどでしょう。別々の就活サイトで説明会が被ってしまったり、説明会の予定を忘れてしまったり、という悩みもよく耳にします。

そんな、「時間がなく、スケジュール管理に苦労している」就活生におすすめしたいのがイッカツというサービス。

イッカツ」に登録するだけで、数ある就活サイトに自動でユーザー登録をでき、さらに、大量に送られてくるメールも一括管理することができます。大事な企業からの連絡を見落とすなんていう悲惨な自体を招かずに済み、業界研究・ES・Webテストの勉強にも時間を使えるようになります。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めましょう。