エントリーシートの自己紹介の書き方・例文

エントリーシートの自己紹介の書き方

就職活動を有利に進めるために重要なポイントのひとつが、エントリーシートにおける自己紹介文の書き方です。エントリーシートの自己紹介は、企業にとって就活生の「第一印象」を決める重要なポイントになります。

自己紹介の書き方を間違えると、採用される可能性が低くなってしまいます。企業にエントリーシートの提出を求められたときの為に、自己紹介文を正しく書くためのポイントを学んでおきましょう。

エントリーシートの自己紹介欄には、無駄なことをダラダラを書かないようにします。企業によってはエントリーシートに400文字~800文字程度の制限をしているところもあり、余分な情報を付け加えるとすぐに文字数オーバーしてしまいます。

自己紹介欄に書くのは、主に以下の5つの事柄についてです。

  • 氏名
  • 出身校または前の勤務先について
  • 専門分野について
  • 趣味や特技について
  • 自己PRに繋がる予備知識

企業にアピールしたいことや意気込みを書いてしまいがちですが、そうしたアピール文は自己PR欄に書き込むものです。自己紹介欄には、これまでの経歴や専門分野などの「既に確定している事実」について説明するのが基本です。「これから頑張ります」や「採用されたら~」などの未来の話は自己PR欄で行いますので、自己紹介欄では最小限に留めておきましょう。

どうしてもアピールしたいことがあれば、自己紹介文に「自己PRに繋がる予備知識」を織り交ぜておきましょう。例えば「私は大学時代、○○という賞を受賞しました」のように書いておくことで、面接官の興味をひくことができます。面接官から「これはどんな賞なのですか?」といった質問を引き出すことができれば、自己紹介欄に直接書かずとも口頭で自己PRを行うことが可能になるのです。

エントリーシートの自己紹介の例文

エントリーシートの自己紹介欄は、企業によって制限文字数が異なります。
自己紹介に使える文字数は400文字まで、または800文字までというのが一般的です。文字数について制限が無いこともありますが、制限のない場合は400文字前後で書くのが良いでしょう。

ここでは、400文字以下の例文をご紹介しておきます。

エントリーシートの自己紹介例文①

○○大学××学部の山田太郎と申します。
大学では△△の研究を行っており、特に□□が専門分野です。学業以外では◇◇のサークル活動を行っており、昨年のコンクールでは金賞を受賞することが出来ました。本日はどうぞよろしくお願いいたします。

エントリーシートの自己紹介例文②

山田太郎と申します。
昨年12月まで株式会社○○の××事業部に勤務していました。前の勤務先では取引先との営業を担当しており、月間営業成績で1位を取ったこともあります。趣味は社会人野球で、学生時代には甲子園にも出場した経験があります。
本日は転職のために応募させていただきました。どうぞよろしくお願いします。

エントリーシートの自己紹介を書く時に注意すべき点

エントリーシートの自己紹介文を書くときは、文章の長さに注意しましょう。あまりに長すぎてもいけませんし、短すぎてもいけません。

企業から言い渡された文字数制限がある場合は、その文字制限より少しだけ短いくらいの長さで自己紹介文を書きます。400文字以内で自己紹介文を作成するよう言われたからといって、400文字ピッタリで書く必要はありません。

基本は「読みやすい文章」を意識して書くことです。あまり長く書きすぎると、ゴチャゴチャした読みにくい文章になってしまいます。「文字数」よりも「読みやすさ」を大切にした自己紹介を書いたほうが、面接官に最後まで目を通してもらいやすいのです。

企業によっては、面接官は1日何百枚ものエントリーシートに目を通しています。文字数ギリギリまで書かれたエントリーシートでは、よほどユニークで目をひく文章でも書かない限り、読み飛ばされる可能性が高いのです。

長い文字数の自己紹介を書けば、やる気は伝わるかもしれませんが、逆に「話を短くまとめるのが下手」だと判断されかねません。自己紹介文は読みやすく、簡潔に済ませることで面接官に好印象を与えます。

逆に、自己紹介文が短すぎるのも問題です。いくら簡潔に済ませるべきだからといっても、「山田太郎です。よろしくお願いします」という一文で済ませるような自己紹介文はアウトです。これでは読みやすさ以前に、「やる気が無い」と判断されてしまいます。

少なくとも、出身校または前の勤務先と、自分の専門分野くらいは説明しておきましょう。それだけでも、およそ100文字~200文字程度にはなるはずです。

文字数が少ないからといって無駄な情報を付け加えるのも良くありません。スムーズに文章を構成するための情報なら問題ありませんが、明らかに文字数稼ぎだと思われるような情報を付け加えると面接官に悪印象を与えます。エントリーシートの自己紹介欄は、読みやすさと情報量のバランスを取って適度な文字数で作成しましょう。

自己紹介と自己PRの違い

エントリーシートの自己紹介欄を書くときに注意したいポイントは、「自己紹介と自己PRを混同しない」ことです。自己紹介と自己PRを混同してしまうことは、エントリーシートを作成するときに最もやってしまいがちなミスではないでしょうか。

一般的なエントリーシートのフォーマットには、自己紹介欄とは別に自己PR欄が用意されています。この2つを混同すると、ほとんど同じ文章を2回続けて書くはめになり、エントリーシート全体が「少ない情報をダラダラと引き延ばして書いた薄い文章」という印象になってしまいます。間延びしたエントリーシートを作ってしまわないためには、「自己紹介」「自己PR」という2つの項目の違いをハッキリとさせておく必要があります。

自己紹介は、自分のこれまでの経歴や専門分野などの説明を中心に、「自分がどんな人間であるか」を説明する文章です。自己PRは、自分の経験や知識の深さを売り込み、「自分が企業にとってどれくらい有益か」をアピールするための文章です。名前こそ似ていますが、自己紹介と自己PRでは文章に込める意味が全く異なるのです。

商品を売り込む時に例えると違いが分かりやすいかもしれません。

例えば、従来品よりも効率的に汚れを落とす洗剤があったとしましょう。販売員は「これはA社が発売した○○という洗剤です。××という成分を含んでいるので従来品よりもよく汚れを落とします」というように商品を説明します。

この場合、最初の「これはA社が発売した○○という洗剤です」の部分が紹介、後半の「××という成分を含んでいるので従来品よりも汚れをよく落とします」がPRにあたります。お客さんに対していきなり「××という成分を含んでいるので従来品よりも汚れをよく落とします」とだけ説明しても、「何が?」となりますよね。先に「これはA社が発売した○○という洗剤です」という説明を入れているからこそ、そのあとにPR文が活きてくるわけです。

この例文のように紹介とPRが一文で済むなら話が早いのですが、エントリーシートの場合は「自己紹介」と「自己PR」の部分が分かれています。そのため、自己紹介欄にPR文を書きこんでしまうと後半の自己PR欄で書くことが無くなってしまうのです。あくまで最初の自己紹介欄では、自分がどのような人間であるのか、どんな経歴があるのか、という紹介に終始しましょう。

自己紹介と自己PRの共通点

自己紹介と自己PRは似ていますが、書き込むべき内容が違います。自分の経歴などの「事実」を紹介するのが自己紹介であり、自分の有益性などの「可能性」をアピールするのが自己PRです。それぞれ書き方は全く異なり、エントリーシートを作成するときは自己紹介と自己PRを混同してはいけません。

しかし、「企業に自分を売り込む」という最終目的は、自己紹介も自己PRも同じです。そのため、この2つの項目を使って、いかに自分の力を企業にアピールできるかということが大切なのです。自己紹介と自己PRは、自分のアピールポイントを簡潔に表現するという点で共通しています。

自己紹介と自己PRはどちらも「アピールの場」であり、本質的には同じものであるといえます。しかし、素性も知らない人間の自己PRを長々と書いた文章は、読み手にとって解りにくい文章にしかなりません。

どれだけ素晴らしい経歴を紹介しても、それがどんな人物の経歴なのかが解らなければ、印象に残らないのです。そのため、自己PRの前に人物像を紹介しておくことで、自分の存在を読み手である面接官に想像させるのです。

このように自己紹介は、自己PRをスムーズに進めるための潤滑剤のような役割を果たします。自分の能力ばかりをアピールするのではなく、自分がどんな人物なのかを説明して、後半の自己PR欄を読みやすくしておきましょう。

採用側はエントリーシートの自己紹介のどこを見ているのか

面接官は、エントリーシートから様々な情報を読み取ります。最初に目を通されることが多い自己紹介欄は、就活生の人物像を想像するために重要な項目になります。

自己紹介を読んで面接官が何を感じるかは個人の裁量によるため、必ずしも「企業はここを見ている!」と断言できるようなポイントがあるわけではありません。しかし、多くの場合は自己紹介文から「有用性」「要約力」「コミュニケーション能力」を見ている可能性が高いといえます。

「有用性」は、就活生を雇った場合にどれくらいのメリットがあるのかという点です。経歴や得意分野などを見て、その人を雇ったときにどれくらい会社の役に立ちそうかを想像しています。これは自己PR欄などでもチェックされる重要なポイントですね。

「要約力」は、文章をいかに解りやすくまとめるかという点です。就活生は、少なくとも20年以上の人生をたった400文字~800文字の文章にまとめなくてはなりません。そのため、本当に伝えるべき情報のみを厳選して、わかりやすい文章に要約する必要があるのです。

社会人にとって情報の取捨選択は必須スキルのひとつであり、これが苦手な人は話や文章が長くなってしまう傾向があります。自己紹介文に無駄な情報がいくつも紛れ込んでいると、要約する力が無いと見なされ、採用の可能性が薄くなるため注意しなくてはなりません。

「コミュニケーション能力」は、他人とコミュニケーションをとる力を表しています。自己紹介文は400文字前後の短い文章なので、限られた文字数で出来るだけ解りやすい表現を使うことが求められます。コミュニケーション能力の低い人には、他人に読みやすい文章を書くのが苦手な傾向があります。

読み手の気持ちを想像せずに書いた自己紹介文は、助長で読みづらい文章になってしまいます。そのため、自己紹介文が雑だと単に「文章力がない」だけではなく「コミュニケーション能力が低い」と思われかねないのです。

エントリーシートの自己紹介を自分で添削する方法

エントリーシートの自己紹介は、何度も添削して完成度の高い文章を提出できるようにしましょう。大学の講師や、就職センターの方に添削してもらえるなら何よりですが、中には他の人の協力が得られないという環境の方もいるでしょう。
誰か他の人に添削を頼めない場合は、自分で添削することも可能です。

自分で添削する場合は、自己紹介文を声に出して何度も読み返すのがポイントです。声に出して読むと、書いている時には気付かなかった誤字脱字に気付きやすくなります。また、目で読むのと声で読むのとでは、文全体の印象が大きく異なる場合があります。同じ言葉が繰り返される部分や、無くても意味が通じるような無駄な部分はどんどん削りましょう。

気を付けたいのは、語尾を統一することです。最初は「~です」と「ですます調」の語尾だったのに、いつの間にか「~である」というような語調に変化してしまうことがあります。ありがちですが、文章を書き慣れていないことが一発でバレてしまうミスです。語尾をどうするかはあらかじめ決めておき、一度決めた語尾は後から変えないようにしましょう。

どこか1ヶ所を添削したら、また最初から全文を通して読み直してみます。文章は、1ヶ所を書き換えたことで他の部分に矛盾や違和感が生じることがあるため、少しでも変更を加えたらその都度読み直すのが基本です。何度も読み直し、全ての文章が違和感なくスムーズに読めるようになったら自己紹介文の完成です。

エントリーシートを入れる封筒のマナー

エントリーシートを郵送するときには、社会人としてのマナーに則って適切な封筒に入れる必要があります。封筒はどのようなサイズと色でも良いというわけではないため、事前に準備しておきましょう。

エントリーシートの郵送に適しているのは、「角2」サイズの封筒です。角2サイズの封筒は、一般的なエントリーシートのサイズであるA4用紙を折り曲げずに入れることが可能です。市販の履歴書に同梱されているような縦長の封筒を使ってはいけません。

また、エントリーシートを郵送するときの封筒は、白もしくは茶色のものを選びます。ひと昔前までは履歴書やエントリーシートを茶色の封筒に入れるのはマナー違反だと言われていたため、心配な場合は白い封筒を選ぶのがベターです。

茶封筒がマナー違反だとされたのは、ダイレクトメールなどと一緒に埋もれてしまう可能性があるため、エントリーシートが紛失する可能性があると考えられていたためです。しかし最近では、白と茶色、どちらの封筒でも構わないという企業が増えてきています。

封筒の表側には、宛先、採用担当者名のほかに「エントリーシート在中」と赤文字で記入しておきましょう。この一文があるだけで他の書類と混同されにくくなり、企業側はエントリーシートの管理をスムーズに行うことができます。

エントリーシートを郵送する時に送付状は必要か

エントリーシートを送るときには、封筒に送付状を入れておきましょう。学生にはあまり馴染みの無い文化かもしれませんが、相手に書類を送るときに送付状をつけることは、社会人にとって当たりまえのビジネスマナーです。

送付状には、封筒に入れた書類の枚数や内容を記入しておく必要があります。履歴書などを同封する場合はもちろんですが、仮に送るのがエントリーシート1枚であったとしても、送付状には「応募書類 エントリーシート1枚」と記載しましょう。応募書類が1枚であることを送付状で示しておくことで、エントリーシートが企業に届くまでの間に書類が紛失していないことを証明することができます。

また送付状には、郵送した書類が「誰に対して」「どんな目的で」送られてきたものなのかを表す働きがあります。企業には、毎日たくさんの書類が送られてきますが、中にはほとんど意味のないダイレクトメールや、誰に読んで欲しいのか不明瞭な書類もあるのです。

エントリーシートに送付状をつけることで「採用担当者に向けた応募書類」であることを一目で解るようにするのです。これが出来ているのといないのとでは、採用される確率も大きく変わってくることでしょう。

エントリーシートは手書き?パソコン?

エントリーシートの作成は、手書きで行う場合とパソコンで行う場合があります。企業によっては、パソコンで作成するようにと指定される場合がありますが、特に何の指定も無い場合、エントリーシートは手書きで作成するのが基本です。

なぜ手書きで作成するのかというと、主に理由は2つあります。

一つ目の理由は、企業側が就活生の文字を書く能力を見たいからです。昨今ではほとんどの書類をパソコンで作成するようになりましたが、重要な書類になると手書きで作成しなくてはならないという場面がまだまだ少なくありません。

そうした重要な書類を作成するとき、読めないほど下手な字を書く社員では、取引先に迷惑をかけることになりかねません。そのため、企業はエントリーシートを通して、重要な書類を手書きで作成する能力を見ているのです。

二つ目の理由は、企業はパソコンでコピーした量産型の文章を嫌うためです。
パソコンを使えばものの数秒で全く同じ文章が何十枚も作れてしまいます。就活生の中には、複数の企業に応募するためにコピーしたエントリーシートを使い回しているという方もいます。そうした手抜きを避けるため、簡単には量産できない手書きのエントリーシートが評価されるのです。

エントリーシートがパソコンで作成されたものだからといって即座に不採用になるというケースはあまりありませんが、良い評価に繋がることは稀です。特に指定が無い以上、エントリーシートは手書きで作成するのが無難だと言えるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。