間違いも多い「なるほど」の正しい敬語表現・使い方・例文

「なるほど」や「なるほどです」は目上の人に使うと失礼?

相手の言葉に納得したときの返答として、「なるほど」や「なるほどです」といった表現があります。これらは日常の会話のなかで何気なく登場する言葉ですが、実はビジネスの場においては失礼な表現にあたることがあります。特に、目上の方に対して「なるほど」「なるほどです」という言葉遣いはふさわしくありません。

「なるほど」という言葉は、漢字で書くと「成程」となります。「成」には「実現する」、「程」には「限度」という意味があることから、もともと「成程」は「できるかぎり」という意味で使われていた言葉でした。いつしかその意味が変化し、相手の言葉に納得した時の相づちとして使われるようになったのです。

ただし、意味が変化したとはいえ「なるほど」は敬語ではありません。「そうだよね」などの言い方に比べれば少し丁寧な印象を受けるかもしれませんが、目上の方に対して使うのは失礼にあたるのです。社会人にとって、正しい敬語を使うことは仕事をする上での必須条件です。相手に不快にさせないよう「なるほど」や「なるほどです」という表現は、正しい敬語に置き換えて話しましょう。

「なるほど」や「なるほどです」の正しい言い換え・敬語表現

「なるほど」や「なるほどです」という言葉は「理解」と「同意」という二つの意味を持っています。これらの言葉を敬語に言い換えるためには、自分がどちらの意味で「なるほど」を使ったのかを考える必要があります。

相手の話を理解した時に言う「なるほど」は、敬語では「おっしゃる通りです」に置き換えることができます。そして相手の話に同意した時には、「そうですね」「私もそのように感じます」と言い換えます。

また、話の途中で相づち代わりに「なるほど」を使う場合は、「はい」を使いましょう。状況によって、どのような敬語に置き換えるのが正しいのかを判断することが大切です。

「なるほど」や「なるほどです」の敬語を正しく使ったメールの例文

「なるほど」や「なるほどです」は、「おっしゃる通りです」「私もそのように感じます」「はい」などの敬語に言い換えることができます。これは目上の方に対して送るメールの文面でも同じことです。例として「なるほど」を使ったメールと、正しい敬語に直したメールの例文を見てみましょう。

×「プロジェクトの改善点について部長からご意見を頂き、なるほどと思う点がいくつもありました。」
○「プロジェクトの改善点について部長からご意見を頂き、おっしゃる通りだと思う点がいくつもありました。」

目上の方からの指示や注意に関するメールには、特に正しい敬語での返信が求められます。面と向かって話す時には「なるほどです」といった言葉遣いが許されているような間柄でも、文面でのやりとりでは敬語の使い方に注意しましょう。

「なるほど」や「なるほどです」の敬語を使うときに注意すべき点

基本的に、目上の方に対して「なるほど」や「なるほどです」を使うのは避けるべきです。しかし、会話が長くなる場合は「おっしゃる通りです」「私もそのように感じます」を連呼すると相手の話の邪魔になってしまいかねません。相づちとして「はい」を使うこともできますが、それだけでは会話が単調になりがちです。

そうした場合に限り、相づち代わりに「なるほど」を使っても良いでしょう。
ただし「なるほど」は敬語ではありませんので、「なるほど、その通りですね」といった具合に、後にキチンとした敬語を付け加えるように話します。

気をつけたいのは、敬語を付け加えたとしても、目上の方が「なるほど」と聞いた時点で誤用だと判断されてしまう場合です。本来「なるほど、その通りですね」という言い方なら敬語として問題ないはずですが、目上の方が不快に思っているようであればただちにやめましょう。

また「なるほどですね」に関しては、末尾に「その通りですね」と付け加えても正しい言葉遣いにはなりませんので注意してください。そもそも「なるほどですね」は、「なるほど」と「そうですね」が混ざってしまった言い方なので、意味が二重になってしまいます。

「なるほど」や「なるほどです」以外に気をつけるべき敬語表現

「なるほど」や「なるほどです」以外にも、ビジネスで使ってしまいがちな間違った敬語表現をご紹介しましょう。

  1. ご苦労さまです
    相手の労をねぎらう言葉として「ご苦労さまです」がありますが、これは敬語ではありません。この言葉は親しい相手や目下の相手に対して使う表現であり、部下が上司に使って良い言葉ではありません。目上の方の労をねぎらう場合は、「お疲れ様です」と言い換えましょう。
  2. 了解しました
    上司からの指示に対して「了解です」と返すのはマナー違反です。了解という言葉には「理解した」という意味しかなく、親しい間柄でのみ使えるフランクな表現です。目上の方に対する返答としては「承知致しました」が正しい敬語表現となります。
  3. ご一緒します
    目上の方に食事に誘われた時など、「ご一緒します」と言ってしまいがちですが、これも間違いです。「一緒」という言葉は対等な関係を表すため、友人や家族などの親しい間柄でしか使えない言葉です。目上の方にお誘いを受けた場合は「お供させていただきます」と返しましょう。

「なるほど」や「なるほどです」が失礼にあたる理由

「なるほど」という言葉は、日本語の分類上は副詞にあたります。本来は「なるほど、その通りですね」といった具合に、他の言葉を装飾する役割をもっている言葉です。

現代では「なるほど」が相づち代わりに使われるようになり、単体でも意味の通じる語となりました。しかしあくまで敬語ではありませんので、「なるほど」という言葉自体には相手に対する敬意が全く含まれていません。これが「なるほど」を目上の方に使うのが失礼にあたる理由です。

「なるほど」をより丁寧に言おうとして「なるほどです」と言ってしまう方もいらっしゃいますが、これは更に間違った表現です。「なるほどです」は、「なるほど」と「そうですね」が混ざった言葉で、敬語どころか日本語としても正しくありません。そればかりか「そうですね」という言葉を使うと、やや高圧的な態度に捉えられてしまうこともあります。

就活において正しい敬語を使うことの重要性

正しい敬語を使えることは、就職活動の中で大きな武器になります。なぜなら、社会に出てからすぐに敬語を使いこなせる方はそう多くないからです。入社面接でも、正しい敬語を使いこなすと面接官の心証がが良くなります。

正しい敬語を使える新入社員と、言葉遣いから指導しなくてはならない新入社員、どちらを採用したいかは面接官の立場になってみると一目瞭然です。敬語が使えることは、社会人としての‎即戦力に成り得ます。これから就職面接がある方にとって、正しい敬語を学ぶこはとても重要な要素ですよ。

正しい敬語を使えていないとどうなるの?

正しい敬語を使えない方は、就職面接に受かりにくくなります。入社時に筆記試験のある会社なら成績で多少はカバーできるかもしれませんが、多くの会社では面接試験での印象を重要視しているからです。

入社面接では、30分にも満たない面接時間の中で、自分がどれだけ会社に利益をもたらせる人間かをアピールしなければなりません。短い時間で好印象を与えなければならないからこそ、正しい敬語が使えることは必須条件です。

面接の場において、面接官は目上の方にあたります。必死に自分の長所をアピールしたとしても、その言葉遣いが面接官の失礼にあたるなら好印象を与えることはできません。同じ学歴や資格をもった就活生であれば、より正しい敬語を使いこなせる方が合格する確率が高くなります。

また、仮に入社できたとしても正しい敬語が使えるまでは他の社員と同じ仕事をさせてもらえないこともあります。間違った言葉遣いの社員を取引先の方に会わせるわけにはいきませんから、正しい敬語を話せるようになるまで、他社の方と関わる仕事をさせてもらえなくなります。そうしている間に、始めから正しい敬語が喋れた同期に差をつけられてしまいます。

正しい言葉遣いは、面接時にも、もちろん入社後にも長きに渡って使える一生物のスキルと言えるでしょう。

敬語を勉強するときに役立つ本

敬語は、できれば社会人になる前にマスターしておくべきです。そのためには、ハンドブック形式の敬語本がおすすめです。普段から話したいことをいつでも敬語に変換できるよう意識しながら生活し、もしも敬語表現に直せない言葉があれば、すぐにハンドブックを取り出して調べます。いつでも持ち運べる敬語ハンドブックは、敬語を習慣化するために役立つのです。

他には、間違えやすい敬語用例などの本も読んでおくと良いでしょう。「なるほど」や「了解です」などの社会人が間違って使いがちな言葉をまとめた本がいくつも出版されています。多くの人が間違える表現をあらかじめ確認しておくことで、同じ過ちを繰り返さないよう対策することができますよ。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です