【業界研究】鉄鋼業界の現状・動向・課題について

鉄鋼業界の現状

鉄鋼業界の業績は、世間の消費行動と密接に関係があるため、景気の動向に左右される業界と言っても過言ではありません。

この世に鉄というものが存在しなかったら、車を作ることも、家を作ることもできません。つまり、鉄というものは目に見えないだけであって、現代の我々の暮らしの屋台骨を支えてくれている重要な材料なのです。2007年に起きた世界金融危機以前の鉄鋼業界は、年々拡大傾向にあり、規模も堅調に拡大してきていました。

しかし、サブプライム・ローン問題を発端とするリーマンショックなどの世界的な金融危機の影響によって、世界的に景気が低迷しました。その影響を間接的に受けた鉄鋼業界は、世界金融危機が始まった2007年以降は需要が急速に衰え、鉄自体の単価を下げざるを得ない状況にまで陥り、一気に業界を収縮させていきました。

ところが、世界的な景気の動向に影響を与えた金融危機も、今では約10年前の出来事となり、数年前からは消費者の購買意欲が戻ってきたことに連動して、業界の業績も上向いてきました。

大手不動産デベロッパーの新規プロジェクトは活況を呈していますし、自動車の販売台数も世界金融危機で世の中の景気の見通しが経たない時期と比較すると、信じられないほど回復しています。

今の就活生には聞き慣れない言葉かもしれませんが、かつて【鉄は国家なり】と言われていた時代があります。この言葉は第2次世界大戦の時代にドイツを統一して、ドイツをヨーロッパの中における強国にのし上げた宰相ビスマルクの演説から由来されているもので、鉄鋼の生産量というものは、その国の力を表す指標となる重要な数字になっています。そのため、鉄鋼業界を志望する場合は、この【鉄は国家なり】という言葉や背景は覚えておきましょう。

日本は資源が無いために、原料や素材を各国から集めて、それを元にものづくりをすることで栄えた国です。そのものづくりの基盤となるものが鉄なのです。
鉄は日本の戦後の経済発展を支え、更に世界的にも日本のものづくりの凄さをアピールした立役者でもあったのです。

現状1:基本情報

鉄鋼業界の市場規模は16兆1,282億円になり、昔ながらの業界ということや、ものづくりの基盤になる素材を提供しているため、比較的規模は大きめな業界と言えます。この業界で働いている労働者数は70,331人で、多くは高炉と呼ばれる鉄を作るための工場で働いています。

この工場は一つの街や島なのかと勘違いするほど大きく、敷地内には信号があるほど大規模なものになります。メーカーの工場というのはどこも大きいイメージがあると思いますが、鉄鋼業界の工場というのは群を抜いて大きなものになります。

鉄鋼業界で働く人の平均年齢は38.6歳で、15.5年が平均勤続年数になります。
平均年収は563万円という上場企業の中ではけっして多くない方ですが、サラリーマンの平均年収は400万円程度なので、それから考えるとかなり多くもらえる業界と言えます。

鉄鋼業界における仕事は、鉄を作り、それを国内外に販売する、というシンプルな仕事になります。鉄鋼業界はメーカーになるので、製鋼部と呼ばれる鉄を作る製造現場が花形の職種になります。

 

引用元:業界動向SEARCH.COM

現状2:業界シェアランキング上位3位

1位:新日鐵住金(売上高:5兆5,161億円  シェア率:34.2%)
2位:JFEホールディングス(売上高:3兆6,668億円  シェア率:22.7%)
3位:神戸製鋼所(売上高:1兆8,246億円  シェア率:11.3%)
4位:日立金属(売上高:8,079億円 シェア率:5.0%)
5位:日新製鋼(売上高:5,764億円 シェア率:3.6%)

この業界の中で圧倒的な売上とシェアを確立しているのが、新日鐵住金になります。この会社は約5年前に国内首位だった新日本製鐵が、国内3位の住友金属工業を吸収合併して誕生した会社になります。2位のJFEホールディングスも2003年にNKKと川崎製鉄が合併してできたい会社で、再編が進められている業界と言えます。

日本だけではなく、世界的に再編は行われていて、世界首位のアルセロール・ミタルも約10年前に当時の世界首位のミタル・スチールがアルセロールを吸収合併することで誕生した会社になります。

日本が誇る新日鐵住金は、世界ランキングでは2位の規模で、このアルセロール・ミタルに次ぐ規模の会社となっています。日本の市場ではラグビーの強豪で有名な神戸製鋼所が3位にランクインして国内ビッグ3を形成していますが、それ以外のメーカーは売上規模もシェア率も少なく、存在感の小さい会社ばかりとなります。

 

引用元:業界動向SEARCH.COM

現状3:平均年収ランキング上位3位

1位:JFEホールディングス(966万円)
2位:日立金属(766万円)
3位:東洋鋼鈑(722万円)
4位:大同特殊鋼(719万円)
5位:パウダーテック(707万円)

堂々の1位はJFEホールディングスで、業界2位の大企業がランクインしています。しかも2位に200万円も差を付ける圧倒的な開きを見せての1位となります。他の業界を見渡してみても、1位と2位が200万円以上も差がある業界は無いのではないでしょうか。JFEホールディングスは966万円という、かなりの高給がもらえる会社になっています。

2位以下のランキングを見ると、日立金属、東洋鋼鈑と続き、大同特殊鋼、パウダーテックという具合でランクインしています。業界最大手の新日鐵住金はかなり下の方に位置しており、14位にランキングされています。業界規模や売上高と平均年収に相関関係があまりない業界は珍しいかと思いますが、この鉄鋼業界はまさにその例が当てはまる業界と言えます。

 

引用元:業界動向SEARCH.COM

動向1:市場動向

市場動向を占う業界の営業利益率にフォーカスを当ててみると、鉄鋼業界における営業利益率は、中国の経済発展に伴う旺盛な中国国内需要の拡大によって、2005年の段階では他の業界を大幅に上回る水準を記録していました。

しかし、世界金融危機による不景気の影響を間接的に受けた鉄鋼業界は、車の販売台数、建物の新規建設需要が冷え込んだ影響で、リーマンショック以前の3分の1までに需要が下落してしまいました。それは、景気事態が底をついていたことも理由としてありますが、他にも中国と韓国が生産能力を飛躍的に向上してきたり、鉄鋼の販売価格が悪化の一途をたどった末の結果でもありました。

鉄鋼業界は日本国内に目を向けると景気減退、住宅着工件数の減少、公共事業の発注減、そもそもの日本の人口の減少など明るい要素はあまり見当たりません。それが、海外に目を向けると、人口の多い新興国の発展や有り余る新しい建物の建築需要、旺盛な自動車や情報電子機器の購買意欲、インフラへの投資などなど鉄鋼業界において嬉しいニュースは多々あります。

そのため、縮小する内需を頼りにするのではなく、より外に目を向けて需要を取り込んでいけるかが今後の日本の鉄鋼業界に必要な姿勢と言えます。

動向2:業界の課題

鉄鋼は自動車に次ぐ基幹輸出品目であり、日本で生産された鉄鋼の4割は海外向けとして販売をしています。日本における人口減少、内需の縮小、経済停滞の影響を直接受ける業界だけに、海外への販売を強化していくことが業界の底上げになることは火を見るよりも明らかです。

ただ、海外への販売はいくつかの要因により近年は苦戦を強いられています。そのひとつに中国、韓国メーカーの技術力向上による台頭が上げられます。日本が世界に誇る新日鐵住金は、これまで何十年と世界の生産量で世界一を常にキープしてきました。また、それ以下もアメリカのUS Steelや欧州のBritish Steelが上位をキープしていました。

しかし、2013年以降は業界の再編や、新興企業の台頭で世界の勢力図が大きく変わりました。新日鐵住金は2位に落ち、トップの生産量を誇る会社は欧州のArcelor Mittalに取って代わりました。それ以下は中国勢の企業が急伸したり、韓国のPOSCOがシェアの一角を担うようになってきています。特に中国企業の躍進はめざましく、トップ10のうち6社が中国企業という状況になっています。

新興企業の台頭は業界の切磋琢磨、消費者へのサービス改善に非常に良いことですが、この鉄鋼業界においてはその新興企業の成長によって、世界的に鉄鋼の供給過多が起きています。需要に対する供給力が強すぎて、鉄鋼の販売価格にまで影響を及ぼすようになってきています。

売っても売っても利幅が少なすぎて、全然利益が上がらない、という状況に陥っているのです。それもそのはず、中国で鉄鋼を作ることに比べて、日本の人件費は非常に高く、原価率が他の国と比較して高くなってしまっているからです。

また、国内には高炉メーカー(川上から川下まで対応)が4社もあり、日本という単体で鉄鋼業界を見ると、無駄が非常に多くなっています。これまで再編を行ってきたとは言え、高炉メーカーが4社もあることにより、国内需要に対しても有り余るほどの生産力を持っています。

1社に統合したほうがヒト・モノ・カネを効率的に使えて大幅な改善を見込むことができると思いますが、公正取引委員会による独占禁止法の定めがある限り、それは夢のまた夢と言うしかありません。鉄鋼業界の日本企業は、生産規模を落とさずに雇用を維持しつつ、収益を確保するための構造を見直すことが喫緊の課題と言えます。

課題を多く抱えた日本の鉄鋼業界ですが、暗い話ばかりではありません。日本にはこれまで培ってきた高い技術力があります。海外のメーカーでは生産することが難しい高級鋼材と呼ばれる自動車向けの鉄や、石油や天然ガスの採掘に使われる鋼板は、かなり高度な技術が求められ、それらは日本のメーカーの独壇場となっています。

強みを生かして新たなマーケットの開拓をしていくことが、世界の強豪と生き残りを賭けた戦いで有利に戦いを進めていくことができる唯一の方法と言えるでしょう。

動向3:業界の今後の将来性

World Steel Associationレポートを見てみると、鉄鋼の需要は世界的に伸びていることが分かります。

その中での日本企業は、生産量で1位の座こそ譲ったものの、得分野である高級鋼材の品質が世界的に認められており、堂々の2位の地位をキープしています。高い技術力と品質が、自動車や電子機器などの産業では欠かせない存在感を示しています。

また、様々な理由があるにせよ、生産量の約4割は海外向けとして輸出しており、着実にグローバル体制を築いています。世界の鉄鋼業を日本の企業が支えていることは間違いなく、今後も時代のニーズに応えていくことで将来性の期待できる業界と言えます。

おすすめの業界研究本

ここでは、就活生が鉄鋼業界を研究するときにオススメの本をご紹介します。

  • 図解入門業界研究最新鉄鋼業界の動向とカラクリがよ~くわかる本
  • よくわかる鉄鋼業界 (業界の最新常識)
  • 鉄鋼 (日経文庫―業界研究シリーズ)
  • 鉄鋼業界大研究

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。