【業界研究】製紙業界の現状・動向・課題について

製紙業界の現状

製紙業界のここ最近をみると、原料価格の乱効果による景気の変動が大きな影響を及ぼし、安定が難しかった、というのが状況であると言えます。製紙大手各社は神の値上げを決断したものの、原料価格の高騰の影響を抑えることができず、各社ともに減収減益を記録。10年前は着実に市場規模と売上が伸びたものの、ひとつの正念場を迎えました。

リーマンショックもそんな正念場のひとつの要因です。内需・輸出の紙・板紙の売上が低迷して、2010年3月決算では主要製紙会社28社の中で24社が売上高前年割れを記録してしまいました。

しかし、3年後の2013年には景気回復に伴い、企業や消費者からのニーズが活性化して、徐々に増加傾向に転じています。現在もゆるやかではありますが、製紙業界全体として売上が回復しています。

ただ、国内の紙需要はもう劇的に伸びることがない、という見解が多くあります。人口が減少する一途をたどることもあり、市場規模は縮小していくでしょう。加えて、インターネットがさらに普及して、現在では会議やプレゼンをタブレットで実施するなどペーパーレス化が進み、紙・板紙の国内出荷量は伸び悩む見通しが立っています。国内市場は成熟時にあるのかもしれません。

このような動向がある中、製紙業会を構成する各企業は海外進出を画策し、実行しています。日本製紙グループ本社はオーストラリアに拠点を置くオーストラリアンペーパーを買収しました。王子製紙は中国で工場を設立しています。加えて2010年にはマレーシアの製紙企業であるGSペーパー&パッキングを買収して、アジア進出の足がかりを築きました。

また、2014年には中国工場の稼働をスタート。ニュージーランドの製紙会社の買収を発表。海外進出の動きは、製紙業界の中でも強くなりつつあります。

現状1:基本情報

過去には原料の高騰に左右されたり、国内市場の飽和によって伸び悩みが出たりしている製紙業界ですが、業績は好調をキープしています。エネルギー価格の安定、為替の円高推移、コスト削減施策の効果など、外的および内的要因などが背景となり、業界全体の先行きも透明になり、ここ数年は順調に伸びていたのですが、最近はまた不安定な時期に突入してきたかもしれません。

トイレットペーパー、ティッシュ、コピー用紙、雑誌、本、段ボール、包装紙、特殊紙と様々なジャンルの紙が製紙業界を構成していますが、紙別に業界研究を進めていくといいかもしれません。紙の種類によって見えてくる景色が全く違ってくるのも、製紙業界の大きな特徴です。また、下記に製紙業界を構成する主要企業を対象に調査した業界データを記載しますので、業界研究に役立てていただけると幸いです。

  • 業界規模:4兆7,374億円
  • 労働者数:27,130人
  • 平均年齢:40.1歳
  • 平均勤続年数:16.7年
  • 平均年収:554万円

現状2:業界シェアランキング上位3位

第1位: 王子ホールディングス

売上高は1兆3325億円。紙、産業資材、機能材をはじめ、多くの消費者や企業に密着した製品の開発・製造事業を展開しています。製紙業会でトップを独走する企業力、開発力、グローバル体制は特筆すべきもので、競合他社の追随を許さないほどです。

  • 売上高(連結):1兆3,473億万円
  • 経常利益(連結):704億円
  • 主要会社:王子製紙、王子ネピア、王子マテリア、王子コンテナー、王子エフテックス、王子イメージングメディアなど
  • 平均勤続年数:16.7年

第2位: 日本製紙

売上高は1兆812億円。日本製紙と大昭和製紙が統合して2001年より持ち株会社として発足しました。「クリネックス」「スコッティ」などのブランドは消費者の間で有名で、着実に売上高を伸ばすと同時に、ファンを増やしています。ティッシュペーパーを使う人の中には「クリネックスしか使わない」と話す人もいます。企業規模も製紙業界第2位で、安定した地位を確立しています。

  • 売上高(連結):1兆524億円
  • 経常利益(連結):232億円
  • 関連会社:日本製紙クレシア、日本製紙パピリア、日本製紙木材、四国コカ・コーラボトリングなど約180社
  • 平均勤続年数:21.2年
  • 平均年齢:42.2歳

第3位: レンゴー

日本で初めて段ボール事業を開始した企業として知られているのがレンゴーです。段ボール製品では業界でトップシェアを誇り、2007年には住友商事や日本製紙グループと事業提携を実現。さらに盤石な経営基盤の構築を実現しています。

段ボールとひとことで言っても様々な種類があり、防虫型、リサイクル可能な保冷型、低摩擦型、導電性型など多岐にわたる種類の製品を開発。今までにない段ボールを開発する企画力も大きな強みです。下記に会社データを記載しますので、業界研究に役立ててください。

    • 売上高(連結) 5,231億円
    • 経常利益(連結) 153億円
    • 事業所:中央研究所、包装技術センター、全国35工場、海外52工場、7拠点
    • 平均勤続年数:14.1年
    • 平均年齢:39.1歳

現状3:平均年収ランキング上位3位

第1位: 王子ホールディングス

平均年収は862万円。グループ各社で待遇・福利厚生は変わりますが、ほとんどが完全週休2日制。リフレッシュ休暇、失効年休を最大60日積み立てできる保存休暇など、王子ホールディングス独自の休日・休暇制度がたくさんあります。長く働く人も多数。魅力ある待遇・福利厚生と休日・休暇が大きな支えになっています。

第2位: レンゴー

平均年収は688万円。独身寮や社宅を完備。財形貯蓄や住宅資金貸付、家賃補助、持株会、福利厚生代行サービスなど、こちらも待遇・福利厚生が充実しています。休日についても、完全週休2日制、夏季、年末年始、祝祭日(本社部門勤務の場合)と充実しています。もちろん、年次有給、保存、リフレッシュ、その他特別休暇などがあります。

第3位: 日本製紙

平均年収は671万円。製紙業界きっての待遇・福利厚生を誇る同社。スポーツ施設、保養所、独身寮・社宅、カフェテリアプラン、退職金・退職年金制度、財形貯蓄制度、従業員持株会など多くの制度があります。完全週休2日制で年間休日が122日あるなど、休日・休暇も魅力的なものがあります。

業界の動向

製紙業界内でも、特に段ボールの市場が拡大しています。国内の生産量約90%を占める企業が加盟する全国段ボール工業組合連合会の発表によると、2017年の段ボール需要予測は過去最高を実現する見通しが立っています。紙の需要は社会の経済と密接に連動すると言われていますが、2016年の見込みも前年実質日1.6%アップを実現しました。

他の紙についても、横ばいもしくは微増が見込まれています。紙に対するニーズの多様化、量の増加などが理由として挙げられますが、インターネットのさらなる普及は大きな脅威になることでしょう。多くの企業が実施する印刷枚数の軽減を推進するペーパーレスは、紙の需要減を促進する活動のひとつ。各社ともに、紙の新たな使い道を模索することが求められます。

動向1:市場動向

新聞や雑誌用の紙、包装紙、ティッシュペーパーなど、製紙業界を構成する紙の種類はたくさんあります。紙と板紙の生産量のピークは2000年の3200万トン。出版物の減少、ペーパレス化、経済の動きが鈍くなったことなどの影響を受け、生産量が少しずつではありますが減少しつつあります。

2010年頃から少しずつ回復傾向にありましたが、中国をはじめとした新興国の経済の動きが活発でなくなってきたこともあり、各社ともに伸び悩んでいる状態です。ただ、国内においては、2013年頃から景気回復に伴う企業や消費者の消費活動の活性化が進み、少しずつ売上が上昇傾向にあります。

国内市場と海外市場などを分けながら業界研究を実施すると、製紙業界の様々な側面が見えてくるかもしれません。

動向2:業界の課題

社会の動向の影響を大きく受けやすい製紙業界。外的要因で業界の勢いが大きく変わります。ここでは、その要因をいくつか紹介していきます。

まず挙げられるのが原料高。輸入原料や原料高に伴い、利益を圧迫されるケースが多々有ります。原料高がそのまま価格に反映されるだけに、値上げを検討せざるを得なくなり、実際に値上げをすると消費の落ち込みが懸念される事態に。原料高の変動と販売価格のバランスをどこで取るかは、製紙業界に属する企業にとっては避けられない課題といえるでしょう。

次に挙げる課題は海外進出です。製紙業界でも新しい市場を獲得することは各企業の命題と認識されています。しかし、製紙業界全体が他業界の海外進出から遅れていると言われており、早急な進出が重要になります。かといって、軽率な行動や戦略のミスは大きな損害につながるものです。迅速に、かつ確実に、いかに海外市場を開拓するか。そのロールモデルが少ないのは業界の大きな課題です。

最後に挙げるのがペーパーレス化。電子書籍や電子書類の登場は、これまで「印刷された紙でできた本を読む」という行動を根底から覆すものになっています。また、タブレットで商談を進めるなどビジネスシーンにおけるペーパーレス化も、製紙業界には大きな影響をもたらすと認識されています。近年は契約書もWEBで交わすなど、さらなるペーパーレス化が促進されており、製紙業界全体として対策が必須になるでしょう。

動向3:業界の今後の将来性

インターネットの台頭やペーパーレス化が進んでも、紙がなくなることはありません。ティッシュペーパーやトイレットペーパーがなくなったら?と想像すると、多くの方が「そんな生活は嫌だ!」と思う人がほとんどではないでしょうか。紙はそれほど多くの人々の生活に密着しており、大切な役割を果たしていることは間違いありません。

ただ、それに甘えていると市場規模は縮小を続け、製紙業界全体のバランスが崩れ始める、という事態が発生します。前述したように、新しいニーズの発掘、海外市場の開拓などを推進することが急務になると考えられます。

おすすめの業界研究本

王子製紙が出版した「紙の知識100」は、業界研究をする前に、紙の知識を蓄えておく上で有効な一冊になるでしょう。その上で業界研究をしてみると、製紙業界の奥深さに驚いたり、多くの発見ができたりすると思います。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。