【業界研究】医療機器業界の現状・動向・課題について

医療機器業界の現状

医療機器業界は、数多くある業界の中でも、好況・不況の波を受けにくい業界として知られています。その象徴と言えるのがリーマンショック。世界的な金融危機は、日本を構成する数多くの業界に激震をもたらしました。急激に減る売上に頭を悩ませ、リストラに走る企業が増える中、不況の波を最小限に食い止め、大規模なリストラもなし。堅調な売上推移を見せています。

その背景にあるのは、皆さんもご存知だと思いますが、高齢化社会の進展です。日本はこれからも高齢化社会が進むことが明白で、医療機器が活躍するシーンがさらに増えてくるでしょう。国内で完結できる業界と言えるかもしれませんが、実は、輸出に力を入れている企業が多く、海外売上を事業の柱にしてきた企業も少なくありません。

しかし、原材料価格の乱高下、為替リスク、新興国における病院建設の延期、アメリカを中心とした民間病院や代理店の資金不足に伴う在庫調整など、様々な理由で海外売上の創出に苦戦している企業も少なくありません。

しかし、医療業界は可能性がある業界であることは間違いありません。海外に目を向けても、先進国を中心に高齢化が進行しており、予防医療が重視されるように。

そんな動向を受け、診療関連機器の需要が拡大しています。業績の拡大を目指し続ける企業は、これからも拡大する可能性を秘めています。医療機器業界だけでなく、業界を形成する各社の戦略という視点で業界研究をすることをおすすめします。

現状1:基本情報

今、医療機器業界の大きなトレンドとしてあげられるのが、異業界から参入する企業が年々増加していることです。たとえば旭化成。創業以来、医療機器業界とは縁遠いところで事業を展開してきましたが、近年、アメリカの大手医療機器メーカーであるゾール・メディカル社を買収しました。

その額は約1840億円。旭化成にとっても過去最大の買収案件として知られています。企業としてのリスクを背負った上で参入を決めるのは、医療機器業界が将来性あふれるフィールドであることの象徴です。

旭化成だけではありません。ソニーもオリンパスに500億円を出資して、ソニー・オリンパスメディカルソリューションズを発足しました。ソニーの映像技術、オリンパスの内視鏡技術を融合して、現在の医療機器業界にはない製品の開発に挑戦。動向に大きな注目が集まっています。

そんな医療業界のデータをまとめたのが下記。業界規模は上位23社の売上高合計で示しています。

  • 業界規模:2兆2,093億円
  • 労働者数:31,181人
  • 平均年齢:40.1歳
  • 平均勤続年数:13.6年
  • 平均年収:640万円

現状2:業界シェアランキング上位3位

第1位:オリンパス

売上高は4922億円。カメラをはじめとした事業で培った技術を凝縮した電子内視鏡システムが代表的な製品です。製品の提供に限らず、医師や医療従事者に向けた内視鏡・手術医療機器のサポートも実施。納品後も使い方などのサポートをしてくれることが、医療に携わる人々から高い支持を獲得しています。

第2位:テルモ

売上高は4673億円。体温計や血圧計などのメーカーとして知られる、医療機器業界内でも大規模の部類に入る企業です。ひとことに体温計といっても、一般用体温計、女性体温計と多種多様な製品を開発。また近年は、歩行強度計、体組成計、血糖測定システム、尿検査薬、圧迫ストッキング、口腔ケアシリーズなど、多岐にわたる分野にも多くの製品を輩出。多くの分野で「テルモ」の名前が着実に広がっています。

第3位:ニプロ

売上高は3007億円。透析、補助人工心臓、人工心肺、循環器、検査・診断薬、注射、輸液など、幅広い医療機器を開発・製造している会社です。小さな注射針から高機能な大型医療機器まで、多岐にわたるラインナップは、多くの病院・医院から高い支持を獲得しています。

特に透析治療や外科手術で用いる機器は国内外で高い評価を獲得しています。グローバル企業としても知られており、新市場の開拓、という観点でも実績を残しています。

現状3:平均年収ランキング上位3位

第1位:日本光電工業

平均年収は856万円。心電計、心配機能検査機器、呼吸検査機器、脳波計、筋電図・誘発電位検査装置、聴覚検査装置、眼科検査装置など、分野を問わず多岐にわたる検査を網羅する機器を開発・製造しています。医療機器の開発・製造にとどまらず、機器を納品した後のサポートも充実しており「日本光電工業の機器を使いたい」という医療従事者も増えています。

第2位:オリンパス

平均年収は826万円。電子内視鏡の開発・製造の面で大きな飛躍を遂げており、着実な業績アップを実現しています。売上を可能な限り従業員に還元する社風もあり、医療機器業界の水準より高い年収を実現しています。

第3位:フクダ電子

平均年収は764万円。透析付心電計、ベッドサイドモニタなど様々な製品を開発しているメーカーです。心電図検査、負荷心電図検査、ホルタ心電図検査、動脈硬化検査、超音波画像診断検査、呼吸機能検査など、多岐にわたる検査をサポートする機器を開発しており、取引先も多数。機能性やユーザビリティが高い支持につながっており、従業員の平均年収にもつながっています。

業界の動向

皆さんにとっても周知の事実ですが、現在、日本では急速な高齢化が進んでいます。65歳以上の高齢者の人口は、2015年には3395万人に。その後も増加の一途を続け、2042年には3878万人になり、ピークを迎えるだろうという予測が立っています。2060年には高齢化率が39.9%になり、2.5人に1人が65際以上である、という状態に。しかも、4人に1人が75歳以上、という予測も立っています。

ここまで高齢化社会が進む理由は、寿命が長くなっていること、少子化が大きな理由。前者については治療において医療機器を使うことが増えてきており、医療機器業界には引き続き、多くのニーズが発生します。

いわば、追い風である医療機器業界ですが、業界研究を進めていくと、課題などが出てくるのも事実。皆さんに知ってほしい「医療機器業界の事実」をお伝えしていきます。

動向1:市場動向

医療機器業界の市場動向として挙げられるのは、まず、診断・治療といった従来の医療保険市場自体が活性化、流動化する可能性です。そのためには、薬事法改正に伴う医療機器のスピーディーな審査と承認が欠かせません。

また、新技術を利用した医療機器に対して、適正な保険点数が加算され、診療報酬の償還が確立されることも大切になってくるでしょう。

次に挙げられるのは、医療保険市場のフィールド外にある自由市場が拡大する可能性です。予防医療、健康増進などの仕組みが構築されていくと、新しい概念の医療機器やヘルスケア機器が誕生して、今までにない市場ができあがる可能性が出てきます。

最後に挙げられるポイントは、海外市場の展開です。日本の企業が開発した医療機器は世界的にも高い評価を獲得しており、利用する海外の病院・医院も少なくありません。

そんな医療技術と医療機関、医療関係者が一体になって海外市場のシェアを広げることは、企業だけでなく、日本の医療機器業界全体に一層強い競争力を付与する意味でも重要なテーマになるでしょう。海外の医療関係者、研究者を積極的に受け入れるなど、医療分野における国際交流も重要になると思われます。

動向2:業界の課題

医療機器業界の課題として挙げられるのは、企業だけで解決できるケースが少ないことです。法律の改正に伴う医療機器の改良や新製品の開発は、医療機関や政府、大学・研究機関などと連携して実施する必要があります。

開発機関も他の業界よりは長く、ひとつのことを変えるために多くの時間と労力を必要とするのが医療業界の特徴です。改良・改善を絶えず繰り返して進める研究開発は、そんな医療機器業界のシステムを象徴したものです。

また、機器を開発・製造・納品したからといって、すぐに効果が出るわけではありません。大切なのは納品した後です。特に新しい製品は「使い方がわからない」という医療従事者の声が多く、ティーチングやトレーニングの機会を設けることが重要になります。今後、各社には、納品するだけでなくきめ細やかなサポートをする体制の構築が重要になるでしょう。

もちろん、医療支援を実施している会社は多いのですが、そのレベルは様々。医療機器業界として、高いレベルのサービスを提供できる体制を構築することも必要になるでしょう。

動向3:業界の今後の将来性

厚生労働省の薬事工業生産動態統計によると、日本の医療機器市場の規模は2004年以降増加の一途をたどり、2013年には過去最大を記録しました。高齢化社会の進行は確実なもので、医療機器業界もそれに伴い、着実に増加していくことでしょう。社会を構成する数々の業界と比較しても、景気の影響を受けにくい業界であることに変わりはなさそうです。

ただ、そこにあぐらをかくと足元をすくわれる可能性があります。前述したとおり、異業界からの参入が多く、今までにない形のビジネスモデルを確立・展開して業界の勢力図を変えてしまう可能性もおおいにあります。

医療機器業界自体は将来安泰かもしれませんが、業界を構成する各社は継続的なトライ&エラーが求められていくでしょう。そういう意味で、企業体力や戦略について業界研究を進めるのは有効かもしれません。

おすすめの業界研究本

川越満さん、布施泰男さん著の「最新〈業界の常識〉よくわかる医療業界(最新 業界の常識)」を一読することをおすすめします。医療報酬制度の改正がもたらす医療機器業界への影響、業界の仕組み、トレンド、就職状況まで幅広く網羅しており、これを読めば医療機器業界の基礎を学ぶことが可能です。

医療機器業界の業界研究をしたい方は、ぜひ読んでみることをおすすめします。その上で会社説明会などに参加すると、得られる情報もより深くなると思われます。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。