エントリーシートの学歴の正確な書き方

就職活動中の学生のみなさん、エントリーシートの書き方のマナーは守れていますか?アルバイトなどの応募とは異なり、就職活動では沢山の学生が1つの企業に応募しています。

その中で「エントリーシートがしっかり書けている学生」と「エントリーシートが雑に書かれている学生」とではその後の選考に大きく関わってきます。エントリーシートなんて、ちゃんと見てないのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。しっかりとエントリーシートで判断する企業もあるんです。しっかりとエントリーシートの書き方を知りましょう。

エントリーシートの学歴の書き方

エントリーシートに氏名や生年月日、住所、連絡先を記載したあとは学歴を記入する欄があるかと思います。この学歴の欄でマナーを守れていない学生さんが実はたくさんいます。これまでなんとなく書いていた方は、これからご紹介する内容をしっかりチェックしてください。

いつの学歴から書けばいいの?

エントリーシートに記載する学歴は、基本的に「中学校以上」から記載することになっています。

学校名の略称は使っていいの?

「◯◯中学 卒業」「◯◯高校 入学」と学校名を略称していませんか?エントリーシートは重要な書類であり、このような表記は控えることが一般的です。

正しく「◯◯中学校 卒業」「◯◯高等学校 入学」と書くようにしましょう。また、同じ名前だからと言って「〃」などの記号を書くのも控えましょう。

学部、学科名まで書くの?

大学・大学院の場合、しっかりと学部・学科名まで書くようにしましょう。高校でも学科名があるところもあります。企業はしっかりとこの学部・学科名まで確認しています。

卒業見込みも書くの?

卒業見込み年度は書くようにしましょう。新卒採用の場合、次年度の春または秋卒業を条件として採用することが大半です。そのため、しっかりと卒業年度はわかるように記載することが必要です。

学歴欄の締め方は?

大学・大学院の卒業見込み年度まで記載したら、一行空けて、右寄せで「以上」と記載しましょう。
ここまでが一般的なエントリーシートの学歴欄の書き方です。

学校を中退した場合はどのように記載するの?

中退した年月も隠すこと無く記載することがルールになっています。その際は中退した理由を添えておくと良いでしょう。

(例)「病気療養のため中退」「家庭の事情により中退」

エントリーシートの学歴欄の書き方例

以上のようなマナーを守ると、このような学歴欄になるはずです。

平成20年4月 □□中学校 入学
平成23年3月 □□中学校 卒業
平成23年4月 □□高等学校 入学
平成26年3月 □□高等学校 卒業
平成26年4月 □□大学 □□学部 □□学科 入学
平成30年3月 □□大学 □□学部 □□学科 卒業見込み
以上

学歴フィルターは本当に存在するの?

学歴によって選考のフィルターがあるか、ないかといった議論は沢山繰り広げられていますが、その正解はわかりません。企業によっては設定している可能性があります。

ではどんな企業が学歴フィルターを設置している可能性が高いのでしょうか?それは大人数から応募が集まる企業です。これは一般的に大企業と呼ばれている企業群に見られます。応募者が多いので、全員と面接を行う余裕がありません。

そのためエントリーシートである程度判別を行うための判断材料として学歴を見られることもあります。最近では人物重視で学歴不問と公言している企業も多くありますので、一概にはありません。ただ企業の中にはしっかりと勉強を頑張った人材がほしいというところもあるので、そういった企業は学歴も重視していると思われます。

ではどのようなフィルターが存在するのでしょうか?
下記が一般的に言われているフィルターとはこのようなものです。

A:旧帝大(東京、京都、東北、九州、北海道、大阪、名古屋の7大学)早稲田、慶応、上智、国際基督教+α
B:MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)、東京理科大学、学習院、日本女子、東京女子+α
C:日東駒専(日本、東洋、駒沢、専修)、産近甲龍(京都産業、近畿、甲南、龍谷)、大東文化、国学院、帝京、亜細亜+α
D:その他、新興大学など

ただし、学歴フィルターがあったとしてもそれは「書類選考まで」というパターンが多いです。面接に進むことが出来たならば、あなたの人物面などが知りたいということになりますので思う存分自分の魅力を伝えに行きましょう。

学歴の年号がわかるおすすめサイト

あれ、中学校を卒業したの平成何年だっけ?となることがありますよね。この年号を間違えてしまうと、学歴詐称になってしまう可能性もあるので間違いは避けたいところです。

そんなときは、このような「入学・卒業年計算」サイトを利用しましょう!

自己PRの書き方は?

学歴の記入が完了したら、次は「自己PR」を記入する欄があることが多いです。この自己PRの書き方も自由なのですが、どう書いたらいいかわからないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。自己PRの書き方としてのポイントは次のとおりです。

(1)まずはじめに結論

自己PRは「まとめる」文章ではなく「人に伝える」文章です。だからこそ、相手が一番知りたがっていることをまず先に伝えましょう。自己PRの場合人事が知りたがっているのは、あなたの長所です。

なので、まずはじめに「私の長所は、継続力があるところです」や「私は最後までやり抜く人間です」などと一言で結論をまとめると良いでしょう。

(2)行動の背景を明らかにする

あなたの長所を表すような背景を書いていきます。なぜそのような結論に至ったのか、あなた自身の常に考えていることや価値観など不変的なものを書いていきましょう。

(3)結論を裏付ける経験や成果で説得力を持たせる

ここまでの話にさらに裏付けるための実際の体験談を書いていきます。この部分がないと「私はこう思っている」だけで実際にそれが出来るとは限らないということになります。なので、読んでいる側が納得するようなストーリーを記入していきます。ストーリーといっても物語調ではなく、論理的表現に基づいてくださいね。

(4)経験によって得たもの

自身の体験からあなたの長所をより強固にするような気づきや学びなどを記載するとしっかりと自分の糧になっているというように読んでいる側も判断するでしょう。また、この経験を会社に入ったあとにどのように活かしていきたいかという点を書いても良いでしょう。

(5)改行で読みやすさ、適度な文章量で読み手の立場を考慮

エントリーシートの自己PR欄は大体400字〜500字程度で記入するようにという指示があります。制限文字数の約90%以上は書くようにしましょう。ぎゅうぎゅう詰めにするのではなく、しっかりと相手が読みやすいように適度な改行を入れましょう。

(6)文体の統一

全体の文章は「です。ます。」調にして、バラつきがないようにしましょう。

志望動機の書き方は?

エントリーシートの中で自己PRと共によく聞かれるのが志望動機です。志望動機も書き方は自由ですが、例えば企業の商品をどれほど好きか?と言うようなファンレターになってしまってはいけません。

その会社で働くことでどんなことがしたいのか?何が出来ると思うのか?をハッキリと伝えることが大事になってきます。書き方のポイントとしては下記を意識してみましょう。

(1)企業が求める人材像を踏まえて、自分の理想像を書く。

新卒採用では人間面がとても大事になってきますが、その企業で働くことで描ける未来の自分が、自身の理想と照らし合わせてとても魅力的であるということを書いていきましょう。

(2)将来のキャリアビジョンを書く。

その会社に入ることが出来たらどんなことが出来ると思うのか、何がしたいのかをアピールしましょう。企業が採用する理由は組織の一員として貢献してくれる人です。ですのでここでどんなことがしたいのかという内容は企業側も非常に気になっているポイントです。

提出期限に気をつけましょう!

エントリーシートは提出期限を過ぎてしまうと受け付けてくれない企業が多いです。そのため、提出の期限に間に合うように計画的に作っていきましょう。期限を確認する際は「必着」か「消印有効」なのかを確認することを忘れないでください。

「必着」の場合はその日に企業に到着していなければ受理してもらえません。「消印有効」の場合は、郵便局にて受け付けられた日であるならば大丈夫というものです。特に「必着」の場合、期限ギリギリだと企業に到着していないか、あるいは企業内での配布ミスなどで新卒採用担当の人事まで届かないケースがあります。

Web上のエントリーシートでも、期限直前はアクセスが集中してしまって時間内に送信出来ない可能性もあるので前もって準備をしておくべきですね。

有利に就活を進めたいなら、就活サービス「イッカツ」を利用しよう

エントリーシートを書いたら、早速企業に応募しましょう!でも、どこに応募したっけ?

こういったことはよく起こります。さまざまなサイトから応募していると、たくさんのサイトから連絡が来てしまい、メールの管理だけでも大変です。さらに見落としで選考を受けられなかったということも!そうなるまえに、「イッカツ」に登録しておけば自分がエントリーした企業からの情報を1つにまとめることができますよ!

就活をもっとスマートに / イッカツ 

イッカツでは、1回自分の情報を登録すればあなたにオススメの就活サイトに自動登録してくれます!そして就活サイト経由で送られてきた企業からの連絡もすべて一元管理することが出来ます。スマートフォンのアプリがあるので、外出先でもスマートに確認することが出来ます!忙しい就活で管理に時間を割かないためにも、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか?