就活生が知りたいITエンジニアの種類|年収・必要なスキル・関連資格まとめ

就職活動でITエンジニアを目指す方も多いことでしょう。現在ITエンジニアは人手不足であり、各企業から求められている職業でもあります。
ITエンジニアはひとくくりにされがちで、ともすればプログラマやシステムエンジニアの仕事が目立ちますが、他にも様々な種類の職種があります。
今回は、このITエンジニアの職種を詳しくみていきましょう。

ITエンジニアの種類13個

ITエンジニアの職種は、主に次の13種類に分けられます。
(1)システムエンジニア
(2)プログラマ
(3)ネットワークエンジニア
(4)データベースエンジニア
(5)webエンジニア
(6)マークアップ/フロントエンドエンジニア
(7)制御・組み込みエンジニア
(8)テストエンジニア
(9)セールスエンジニア
(10)社内SE
(11)サービスエンジニア/カスタマーエンジニア
(12)ブリッジSE
(13)プロジェクトマネージャ
それぞれ仕事内容、平均年収、必要なスキル、関連資格は大きく異なります。一つずつ、詳しく見ていきましょう。

なお、平均年収は特に記載がある場合を除き、マイナビ「職種別モデル年収平均ランキング」によります。

システムエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

ITエンジニアとして最も一般的な種類の仕事です。
新規に構築するシステムについて、どのような機能を持つ、そしてどのような動作をするシステムなのかということを設計書としてまとめることが主な仕事です。同時に、プログラマがコーディングするための設計書も作成します。
システムで実現できる内容、他のシステムとの入出力、画面や帳票類のフォーマット等も決定し、設計書にまとめます。
仕様決定にあたっては顧客担当者と詳細部分まで打ち合わせを行う必要があり、外出することも多い仕事です。また設計書の数も多く、書類作成も多い仕事です。専任テストエンジニアがいないプロジェクトでは、テストを担当することが多いです。

机に座ってプログラミングを行うこともありますが、顧客やチームメンバーと会話する時間の方が長いということも珍しくありません。そのため、「システムエンジニアは文系の方が向いている」という人もいるほどです。
納期や顧客担当者の対応が厳しい場合もあり、決して楽な仕事ではありません。ですが、自分が主体となって関わったシステムが本稼働を迎えた時の喜びは何物にも代えがたいものがあります。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、488~604万円となっています。

必要なスキル

担当システムに関するOSやデータベース、ネットワーク等のIT知識は必要なスキルです。自らプログラミングを行うこともありますので、プログラミングの技術も必要でしょう。
加えて、担当業務に関する業務知識、顧客担当者との折衝能力、チーム内メンバーとのコミュニケーションスキルも必要です。

関連資格

システムアーキテクト、応用情報技術者等があります。あわせて、担当業務に関する資格(例えば、経理ならば簿記)も取得すると良いでしょう。

プログラマの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

かつてITエンジニアの代表格であった種類の仕事ですが、現在でも重要な職種です。
プログラム単位での設計書を作成し、コーディングを行うことが基本的な仕事です。コーディング後のデバッグやプログラム単体のテストも行います。
近年ではオフィス内でチームメンバーとして作業を行うことが多いので、コミュニケーションが必須となる仕事も多いです。

各プログラマの実力差がコーディングの結果に顕著に現れます。後々改修が必要になる時のために、見やすいコーディングや、センスの良いコーディングが求められます。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、438~524万円となっています。

必要なスキル

担当業務に関するプログラミング言語のスキルは必須です。加えて、誤動作のないことはもちろん、他の人が見やすく理解しやすいコーディングスキルも求められます。コーディングスキルを高めるには、自分で様々な種類のプログラムを書くことや他人が書いたプログラムを見ることが必要です。
また、チーム内メンバーとのコミュニケーション能力も求められます。

関連資格

情報処理技術者のうち「応用情報技術者」「基本情報技術者」、C言語プログラミング能力認定試験、Oracle Certifilied Java Programmer等があげられます。

ネットワークエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

パソコンやサーバ、スマートフォン等のIT機器が他の機器と通信をする際に必要なネットワークの設計や構築・保守を行うITエンジニアです。セキュリティを守り、かつ通信速度や処理速度等、要件に合った性能を出せるよう様々な種類の調査を行い提案・実装します。また、構築・保守の際にはプログラミング業務や、ネットワーク機器の不具合調査・対応という仕事もあります。
最近ではネットワークを介した攻撃が多く、これに備えてネットワーク機器の監視をする仕事も多くなっています。この場合は交替制勤務の場合もあり、夜中に勤務することもあります。

止められないシステムに関わることも多く、そのため慎重に作業を行う必要があり緊張を強いられる仕事です。
しかし、生活やビジネスの基盤となるシステムに関わることができる機会は、この仕事ならではのものです。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、469~531万円となっています。

必要なスキル

無線・有線問わず、様々な形態のネットワークに精通する必要があります。またルータやスイッチといったネットワーク機器、LinuxやWindows等のサーバOS、ファイアウォールやDNS等のネットワークサービス、通信規格のプロトコル等にも精通する必要があります。

関連資格

情報処理技術者「ネットワークスペシャリスト」、CCNA、LPIC、MCP等があります。

データベースエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

各企業で保有する「情報」を格納するシステムの設計や構築・保守を行うITエンジニアです。セキュリティを守り、かつ通信速度等や処理速度等、要件に合った性能を出せるよう様々な種類の調査を行い提案・実装します。
構築時にはSQL等でスクリプトを組むことも多いです。処理速度が遅いというトラブルはよくあり、原因調査やデータベースチューニング等を行うことも多いです。

企業において重要なシステムに関わることも多く、作業手順を誤るとデータを削除してしまうこともあります。そのため慎重に作業を行う必要があり緊張を強いられる仕事です。
その一方、求められる処理速度、処理件数が達成できた時は嬉しいものです。

平均年収

平均年収は520万円となっています。

必要なスキル

担当業務で使用するデータベースはもちろん、OracleやSQL Server、MySQLなど、主要なデータベースについての深い知識が求められます。

関連資格

情報処理技術者「データベーススペシャリスト」、Oracle Master、MCP等があります。

Webエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

現在主流のWebに特化したITエンジニアです。Web上にあるサイトやスマホサイト等で使用するアプリケーションの開発や、ブラウザからのアクセスで動作するプログラムの開発、システム保守を行います。また、インフラ周りの設計・構築も行うことがあります。

BtoC、すなわち一般ユーザが利用するシステムも多く、自らが関わったシステムが多くの人に使われるという喜びがあります。反面、問題が起きたときの影響範囲が大きく、セキュリティを守るための対応を施すことは必須です。

平均年収

平均年収は520万円となっています。

必要なスキル

PHPやJava、Perl、Rubyなどのプログラミングスキルが求められます。また、他の開発メンバーとのコミュニケーション能力も必要です。

関連資格

PHP技術者、Oracle Certifilied Java Programmer、CIW Perlスペシャリスト資格、Ruby技術者等、各ベンダーが実施する資格があります。

マークアップ/フロントエンドエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

Webサイトやアプリ開発の中でも、Webブラウザ上に表示されるWebページのコンテンツ部分を作成するITエンジニアです。
単にコンテンツを作るだけではなく、ユーザーの見やすさや操作しやすさ等、UIにも気を配る必要があります。このため、Webページのデザイナーとしての業務も担うことがあります。

マークアップエンジニアとフロントエンドエンジニアを使い分けている企業では、マークアップエンジニアはHTMLの実装、フロントエンドエンジニアはCSSやJavaScript等の実装もできる人という分け方をしているところもあります。

ユーザーが直接目にするところを担当する仕事でもあり、やりがいがあります。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、460~516万円となっています。

必要なスキル

Webページに関するコーディング知識として、HTMLやCSS、JavaScriptなどのスキルや経験は必須です。

関連資格

HTML5プロフェッショナル、Webクリエイター能力認定試験エキスパート等があります。

制御・組み込みエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

自動車や家電、工業用機械などの機器を制御する、制御ソフトウェアを作るITエンジニアです。製品本体だけでは動かない機能を実装するために、設計・開発・製品への組み込みを行います。
最近では、スマートフォンのシステムも組み込みシステムに含めることがあります。

表に見えないシステムですので地味ですが、様々な種類のハードウェアやOSを使った業務に携われることが魅力です。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、511~558万円となっています。

必要なスキル

C++やJava、アセンブリ言語等、プログラミングのスキルが必要です。
またシステムエンジニアと異なり、組み込みシステムで使われるハードウェアやOSのスキルも必要となります。
さらに組み込み後は修正プログラム適用が容易ではありませんので、高い品質のシステムを作る意志も必要となります。

関連資格

情報処理技術者「エンベデッドシステムスペシャリスト」、C言語プログラミング能力認定試験等があります。

テストエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

開発されたシステムの品質を完成前にチェックするITエンジニアです。プログラムが正しく動作するかどうか、また仕様書に書かれている通りに動作するかということを、実際に操作して確認します。
プロジェクトによっては品質管理のため「テストに対する評価基準値」により目標とするバグ発生数が設定されていることもあります。テストが適正に実施されたかを示すことができる指標ですが、その反面、目標とする数のバグが見つけられるまでテストをやり続けることになり、神経を使う仕事でもあります。
不具合が発生した場合はその条件を記録し、いつでも再現できるように報告することも仕事の一つです。

仕様書をもとに、テスト項目を列記したテスト仕様書を作成することも多いものです。
通常はシステムエンジニア等が兼務することが多く、純粋にテストのみを実施するエンジニアは少ないことが現実です。

平均年収

「テストエンジニア求人サイト」によると、平均年収は500万円となっています。

必要なスキル

プログラムが正しく動作するかチェックするホワイトボックステストでは、プログラム言語の知識が必要です。
また、常識にとらわれず仕様書にもとづきテストを行う忠実さ、テスト項目に抜けがないか確認する緻密さとテストをやり抜く意志、不具合があった場合には開発チームへ伝達するためのコミュニケーション能力も必要となります。

関連資格

世界共通のJSTQB認定テスト技術者、IT検証技術者資格等があります。

セールスエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

受注前の営業段階において営業担当者に同行し、技術的な説明を行うITエンジニアです。営業を助ける存在でもあり、営業と技術者を兼ね備えた存在でもあります。
また顧客が求めるシステム要求に対して、解決するためのシステム提案を行います。コンペ等の場合は営業担当者と共同でプレゼンを行うこともあります。

エンジニアの中では外出することが多い仕事です。顧客からは、様々な種類の技術を知っているという点で一目置かれることが多いです。
顧客への説明に対して反応がダイレクトに返ってくることと、営業成績に反映する仕事でありやりがいがあります。

平均年収

平均年収は578万円となっています。

必要なスキル

IT技術や製品全般に対する様々な種類の知識が必要です。加えて、顧客の言葉に出ていないニーズを聞き出すヒアリング能力や、わかりやすく説明し競合に勝つためのプレゼン能力、社内でのコミュニケーション能力も必要です。
営業の一部門ですので見積り作成作業に参加することもあり、赤字にならないことはもちろん、受注後、自社のシステム開発部門が仕事を進めやすいように知恵を絞ることも求められます。

関連資格

情報処理技術者「ITストラテジスト」、SAPコンサルタント、IBMプロフェッショナル資格等があります。

社内SEの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

企業内の情報システム部門で勤務するITエンジニアです。社内にある各システムを止めないための監視や保守等の運用管理、また社内従業員からのQ&A対応が主な仕事です。
不具合が発生した場合は切り分けのため様々な種類の調査及び原因追究を行い、各ベンダーやシステム会社に連絡し対応依頼をすることも仕事の一つです。
また経費削減やサービス向上等を目的として、システム改修・導入計画の立案も行います。この場合は外部のITベンダーが関わるプロジェクトに関わることも多く、その場合は技術的な窓口となり、また進捗状況のチェック等も行います。その一方、社内でシステムを作る場合はプログラミングも行います。

社内SEが所属する部署は企業内の間接部門であることが多いものです。働いた時間分はそのまま経費となりますので、少数精鋭、少ない時間で高いパフォーマンスを出すことが求められる仕事です。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、478~506万円となっています。

必要なスキル

IT関連でない企業の場合、一般の従業員はシステムに詳しくないことが多いため、わかりやすい説明をする能力が求められます。
外部のITベンダーやシステム会社との技術的なやりとりも多いため、社内で使用中の製品はもちろん、それ以外のIT技術や製品全般に対する知識も必要となります。またプログラミングスキルも必要です。

関連資格

情報処理技術者「ITサービスマネージャ」等があります。上長になった場合は経営にも関与することから、システム監査技術者の資格も有用でしょう。

サービスエンジニア/カスタマーエンジニアの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

主に客先へ出向いて、ハードウェアの設置やソフトウェアのインストール・設定作業を行うITエンジニアです。また保守に携わるエンジニアの場合は、不具合の内容について客先担当者とやりとりを行い、場合によっては現地調査・修理を行います。ハードウェア等の定期点検の仕事を行うこともあります。
客先は他社の場合もあれば、個人の場合もあります。

外出することが多い仕事です。新規に設置する場合は様々な種類、かつ多数の機器を設定する場合もあり、できるだけ短い時間で高品質かつ効率的な作業が求められます。
また、不具合対応で客先へ向かう場合は担当者が不機嫌な場合も多く、顧客対応にも気をつかわなければなりません。しかし、問題が解決し笑顔で送り出される時の喜びは大きいものです。

平均年収

平均年収は462万円となっています。

必要なスキル

業務で仕様するハードウェア、ソフトウェアについての知識がまず必要です。マニュアル通りできるだけでなく、トラブル発生時にも速やかに原因の切り分けを行い、業務を完遂できる能力が求められます。
不具合調査においては客先担当者は困っている訳ですから最短時間で解決できるように、効率的かつ気分を害さないようヒアリングするコミュニケーション能力も求められます。

なお、客先がIT関連企業でない場合は、ExcelやWord等のオフィスソフト製品について質問を受ける機会も意外と多いものです。せっかくの技術に疑いを持たれないよう、オフィスソフト製品についてもマスターしておくと良いでしょう。

関連資格

MCP、Oracle Master、LPIC、CCNA等のベンダー資格があります。ITに関する基本的な能力を証明する点では基本情報技術者、MOSも良いでしょう。

ブリッジSEの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

システム開発やソフトウェア開発において、日本以外の人件費の安い国の企業や事業所に発注することがあります。これを「オフショア開発」といい、これを行う場合に必要な役割を担うITエンジニアです。
受注国側の開発チームと日本側企業との橋渡し役を務める職務で、日本側企業(や事業所)との交渉や調整、報告などのコミュニケーションを担い、チームの人員に必要な情報を伝達します。ブリッジSEは受注国内で勤務する場合も、日本に駐在して勤務する場合もあります。
いわゆる外注先や協力会社を使ってプロジェクトを進めるという側面もありますので、プロジェクト管理という職務も必要となることが多いです。そのため、プロジェクトマネージャやチームリーダーが兼務することもあります。

この仕事では、ITエンジニアは国境を超えた仕事であるということを肌で感じることができるでしょう。

平均年収

「ブリッジSEになるための就職転職ガイド」によると勤務先によっても異なり、400万円~800万円というところが多いようです。

必要なスキル

システム開発に関する知識は当然ですが、日本語及び受注国の現地語の両方に精通していることが求められます。また、両国の文化・商習慣の違い、日本では明示的に表されないような要件や要求水準などにも精通し、説明できる必要があります。さらに、プロジェクトマネジメント能力も求められることが多いです。

関連資格

PMP、現地語の語学検定試験(英語であればTOEIC)、情報処理技術者「プロジェクトマネージャ」などがあります。

プロジェクトマネージャの仕事内容・平均年収・必要なスキル・関連資格

仕事内容

プロジェクトが計画通り実行されるよう管理するITエンジニアです。プロジェクトの責任者であり、その実行と成果に責任を持ちます。そのため、プロジェクトの進捗状況等を把握し、適宜対応することが求められます。ある程度システムエンジニア等の経験を積んだ後に任される仕事です。
予算管理も任されており、予算の範囲内でプロジェクトが完了するようにすることも仕事の一つです。

プロジェクトマネージャの大きな役割は、リスク管理です。プロジェクトに障害となる様々なリスク要因をコミュニケーションや経験等により早めに察知し、スケジュールに影響を及ぼさないよう対応する重要な役割があります。

大きいサイズの仕事を任され、プロジェクトが完了した時の達成感は、何物にも代えがたいものがあります。

平均年収

平均年収は対象となる業務によって異なり、475~600万円となっています。

必要なスキル

担当業務知識やIT知識はもちろん、各プロジェクトメンバーとのコミュニケーション能力は必須です。リスク要因を察知するためにはエンジニアとしての経験も必要です。
また予算管理のため、経営管理能力も必要となります。
場合によっては顧客に対して説明や折衝をすることもあり、このためには交渉力も必要です。

関連資格

PMP、情報処理技術者試験「プロジェクトマネージャ」等があります。