【就活準備】就活前にやっておくべきこと・必要なもの

就活の準備はいつからするべきなのか

就活の準備はなるべく早いタイミングでやることが就活の成功につながります。一般的に就活のエントリーが開始されるのは3月1日からですが、近年ではほとんどの企業がインターンシップという制度を用いて就活生に自社の仕事の内容などの情報を提供しています。こうしたインターンシップに参加することで自分のやりたいことを見つけたり、行きたい企業を選ぶことができるため、就活生にとっては人気の制度になっています。

インターンシップが開催される時期は大きく分けて二回あります。1回目は三年生の夏です。三年生の夏の時期は多くの就活生は自分の希望する企業が決まっていません。また、大学の講義がなくなる夏休みの時期を利用して多くの企業が大規模なインターンシップを開催します。時間的にある程度余裕があるためこの時期に開催されるインターンシップは数日かけて行うものが多くなります。そのため就活生はその企業の情報を多く獲得することができるため就活に有利に働くことがあります。

インターンシップ内で選考が行われることはありませんが企業の採用担当者も数日間インターンシップに参加している就活生は記憶に残りやすくなるため、正式な選考が始まってからの面接などではいい印象を持ってもらえることになります。

また、夏に開催されるインターンシップではその企業の仕事に関することだけでなく、業界全体の仕事のことについても説明されることが多くあるため、希望する業界が決まっていない就活生は志望する業界を選択するいい機会になります。そのため、準備が早い就活生はこの時期から行動を始めます。

2回目は冬の時期に開催されます。冬の時期のインターンシップは夏と比べて、就活のエントリーが近いこともあり短期のインターンシップが多く開催される傾向にあります。夏のインターンシップでは業界全体の仕事についての説明が多くあるのに対して、冬のインターンシップはその企業のことについても詳しく知ることができます。ある程度志望する業界が決まっている就活生はその業界の中でどの企業の選考を受けるかを決めるいい機会になります。

また、開催される日数が夏のインターンシップよりも短いため、短期間に複数の企業のインターンシップに参加することが可能になります。夏のインターンシップなどで準備が遅れてしまった就活生は冬のインターンシップに参加することでその遅れを取り戻すことができます。

インターンシップをする際は1ヶ月前から準備しておこう

また、こうしたインターンシップに参加する際は事前にインターンシップに参加する企業を選択するとともに、多くの企業のインターンシップに関する情報を掲載している大手の就職支援を行なっている企業が運営しているサイトに登録しておくことが必要になります。そのため、冬のインターンシップに参加する際はおよそ一ヶ月前から準備を始める必要があります。

こうしたインターンシップの他にも志望する業界が決まっていない就活生は業界研究セミナーに3月1日することも必要な準備になります。業界研究セミナーは各業界ごとに開催する日程や時期が異なるため、事前に参加したいと考えている業界研究セミナーについて調べておくことが大切なことになります。夏のインターンシップ、冬のインターンシップ、業界研究セミナーなどに参加せずに就活を始めようとすると、自分がどの業界や企業に向いているかわからずに就活が失敗してしまいます。

以上のことから就活の準備はなるべく夏のインターンシップから始めるべきです。夏のインターンシップに参加することが困難であったり出遅れてしまった就活生は冬のインターンシップでできるだけ多くの企業のインターンシップに参加することで夏のインターンシップの出遅れを取り戻すことができます。

また、事前の準備が必要となるため、冬のインターンシップの開催される一ヶ月前から準備するべきです。こうした個別の企業ではなく業界について詳しく知りたい就活生は自分が志望する業界の開催する業界研究セミナーに参加することも大切な準備になります。

就活の準備をしないのはまずいのか

就活において準備をしないと、就活が失敗してしまうことがあります。一般的に多くの企業の選考ではその業界を志望した理由や動機について質問されます。また、その企業でやりたいことなどについても詳しく話さなければなりません。こうしたことは基本的な日常生活で話すことも考えることもないため、事前に準備をしていないと面接などでは話すことができなくなります。

また、インターンシップや業界研究セミナーに参加したことがない就活生の志望動機は説得力に欠けることが多くあるため、面接では採用担当者に熱意が伝わらずに就活が失敗してしまいます。インターンシップなど自分がやっておくべきことだと思うことは事前に行うことが就活の成功につながります。やっておくべきことをやらないと他の就活生よりも不利な状況で就活を進めることになります。

むやみやたらにインターンシップに参加すればいいものでもないので、事前に自分がやっておくべきことについて整理しておくことも大切なことになります。
就活が失敗する主な原因は準備不足になります。やっておくべきことを行なっているかどうかは企業の採用担当者は簡単に判断することができます。やっておくべきことをやっている就活生は自社に対して強い熱意があるものだと判断し、逆にやっておくべきことを行なっていない就活生は自社に対する熱意がないものだと判断します。

また、就活だけでなく入社してから仕事をする際も事前にやっておくべきことをやる必要があります。就活の時点でやっておくべきことを行えている就活生は仕事をするときもやっておくべきことができる就活生であると高く評価されます。そのため就活の準備としてやっておくべきことを行うと他の就活生よりも有利に就活を進めることができるようになります。

就活の失敗の原因は準備不足が多い

就活では事前にやっておくべきことを行うことで選考などの面接に強く影響があります。そのため、就活で失敗する原因の多くは準備不足になります。就活を成功させるためには事前の準備がとても大切になります。

就活生の中には周りの就活生の準備状況を伺いながら準備する人もいますが、このように周りの状況に流されてしまうことは就活の準備か遅れることにつながります。周りがやっていないから自分もやる必要がないと思っていても、自分の周り以外の就活生は事前に準備を始めているからです。就活の準備はなるべく早く、夏のインターンシップなどから開始することが望ましいため周りの就活生の準備状況に惑わされることなく準備することが就活の成功につながります。

新卒の就活生はOB訪問などを利用する際にどの時期から就活の準備を始めるべきかについてOBにアドバイスをもらうことも大切になります。就活をしたことない周りの友人よりも就活を経験しているOBの意見の方がより実践に近いため、新卒の就活生はOB訪問などを利用することも就活の成功につながります。

就活生の必要な能力

就活生の必要な能力は業界によって異なりますが、近年では多くの業界で英語に関する能力を高く評価する傾向にあります。これは日本が少子高齢化などの影響から経済的規模が縮小していることに伴い多くの企業が海外に工場や支店などを設立されていることが原因として考えられます。

また、アメリカ経済の際行きの不透明さからリスクを分散させるために世界各国に工場や支店を分散させて設立させる傾向があります。そのため、多くの企業では英語の能力を就活の時点で見ることがあります。

また、企業によっては選考を進める際の条件としてTOEICの点数を定めることや、入社して仕事をする際に昇進の条件としてTOEICの点数に条件を課すことも多くあります。就活において英語ができていれば必ず内定が獲得できるわけではありませんが、少しは有利に働くことがあります。英語が苦手な就活生はやっておくべきこととして検討しておく必要があります。

また、海外に工場や支店を設立していることで海外での勤務が発生します。そうした時の海外での生活の適応能力や外国人とのコミュニケーション能力なども必要になります。たとえTOEICの点数が高かったとしても外国人のコミュニケーションが取れなければ意味がありません。英語の能力だけでなくコミュニケーション能力を向上させることもやっておくべきこととして考えられます。

多くの就活生は英語の能力にとらわれすぎるあまり、英語を用いたコミュニケーション能力があまり、高くないことがあります。やっておくべきこととしてコミュニケーション能力を高めておくことは就活を有利に進めることにつながります。英語によるコミュニケーション能力は日常会話に英語を少し取り組むだけでも大きな差が生まれます。英語によるコミュニケーション能力を高めたいと感じている就活生はやっておくべきこととして検討することが必要になります。

就活にTOEICは必要か

就活にTOEICは必要になります。前述した通り近年の就活では英語の能力を問われることがあります。その際に英検などでは国際的なものとして認識されていないため、TOEICが必要になります。しかし、TOEICの点数が高いからといって内定が獲得できるわけではありませんし、TOEICの点が低いからといって内定が獲得できないわけでもありません。

その企業に対する熱意や就活生の人間性や性格など総合して採用を行うため、TOEICの点数にのみ固執してしまうことはよくありません。たとえTOEICの点数が高かっとしても準備を怠っていると就活は失敗してしまいます。

就活にSPIは必要か

就活にSPIは必要になります。特に人気の高い企業では応募する就活生が非常に多く、一人一人の就活生と面接を行なっている時間が取れないためSPIの点数によって就活生を制限することがあります。また、SPIは仕事をする上で必要最低限の学力があるかどうかを判断することもできるため就活ではSPIは必要になります。

SPIが苦手だと感じている就活生はやっておくべきこととして検討する必要があります。しかし、SPIはTOEICの点数と同様に高ければ内定が獲得できるわけではないですし、低いからと内定が獲得できないというわけでもありません。

インターンシップや業界研究セミナーに参加するなどの準備をすることもやっておくべきこととしては大切であるため、SPIにのみ尽力をしてしまわないようにすることが大切です。

本当に資格は役立つのか

資格は就活ではそれほど役に立ちません。業界によっては資格が役立つのともありますが、多くの資格は仕事をしながら獲得していくものになります。そのため、就活生が必ず持っていなければいけないものはありません。

しかし、業務で自動車の運転を行うことがある場合は自動車の運転免許の取得が必須となることもあるため、選考を受ける予定の企業の条件はあらかじめ調べておく必要があります。こうしたこともやっておくべきこととしては非常に大切なことになります。

就活に必要なもの

就活に必要なものはスーツ、メモ、筆記用具、パソコンなどがあります。就活生の中には名刺が必要なものであると考えている人もいますが名刺は必要ありません。名刺はあくまでビジネス同士が取引をする際に用いるものであり、就活生には全く必要ありません。

就活でネクタイピンは必要ない

また、ネクタイピンも必要なものとは言えません。ネクタイピンはスーツを着たまま作業をする際にネクタイが邪魔にならないように留めておくものです。就活において激しい作業をすることはほとんどないためネクタイピンも必要ありません。

就活でパソコンは必要

パソコンは就活では必要なものになります。パソコンを用いて企業についての情報を収集することもありますし、エントリーシートの提出をインターネットを通じて行うこともあります。その際スマホなどでは提出できないこともあるため、パソコンも就活では必要なものになります。

自宅にパソコンがない就活生は大学などで利用する必要があります。基本的には大学生活で使用しているものを利用すれば特別就活のために必要になるものはありませんが、スーツなどの管理が必要になることも予想されるため必要なものは揃えることが大切です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。