エントリーシートで書き間違えや誤字の場合の対処法

エントリーシートで誤字してしまった時の対処法

就職活動において、面接での受け答えや履歴書と同じくらい大切なのがエントリーシートの書き方です。エントリーシートを正しく書くことは、採用される確率に大きく関わる要素といえるでしょう。もしも誤字脱字だらけのエントリーシートをそのまま提出してしまったら、採用担当の方にマイナスのイメージを与えてしまいます。

なぜならエントリーシートは、就活生が企業に提出する最初の書類だからです。企業側は、間違えだらけの書類を提出してくる社員を雇おうとは思いません。エントリーシートの提出を要求する企業は、就活生が正しい書類作成が出来るスキルの持ち主かどうか、エントリーシートを通して見ているのです。

エントリーシートに誤字を見つけた場合、最も良い対処法は一から書き直すことです。就職説明会のときに複数枚の用紙を貰っていた場合は、新しい用紙に最初から書き直すべきです。企業はあえてエントリーシートを複数枚づつ配り、この枚数以内で誤字の無い書類作成が出来るかという点にも注目しています。もしも作成し終えたエントリーシートに誤字を見つけた場合は、面倒くさがらずにもう一度作成しましょう。

エントリーシートが企業のホームページからダウンロードできる場合もあります。この場合は、何度もチャンスがあるわけですから絶対に誤字の無いエントリーシートを作成しなければなりません。予備の用紙が無い場合ならまだしも、いくらでも新しい用紙をダウンロードできる状況で誤字のある書類を提出すれば「書き直すのが面倒くさかったんだな」と捉えられても仕方ありません。企業からあらかじめエントリーシートを配られている場合でも、念のため企業のホームページから同じエントリーシートをダウンロードできないか確認しておくのが無難です。

予備のエントリーシートが無い場合は、訂正印を用いて間違えた箇所を訂正する方法があります。もちろん誤字の一切無い完璧なエントリーシートを提出するのが最も望ましいのですが、少し書き間違えたからといって落ち込む必要はありません。大切なのは、エントリーシート全体を丁寧に作成し、間違えた箇所を正しい方法で訂正することです。

エントリーシートで誤字をしてしまった時は、正式な書類を作成する時の訂正方法に則って訂正します。間違えた箇所にボールペンで二重線を引き、訂正箇所のすぐそばに訂正印を押しましょう。そのあと、横書きの文章なら訂正箇所の上に、縦書きの文章なら訂正箇所の右側に正しい文字を書き入れます。

訂正印には、同日に提出する履歴書とエントリーシートに押されている印鑑と同じものを使いましょう。同じ印鑑を使って訂正することで、この文章は誰かが悪意をもって書き換えたものではなく、本人が書き直したのだと証明することができるからです。

また、訂正印にシャチハタの使用は厳禁であることにも注意しましょう。シャチハタは同じ印面の既製品が世に多く出回っていることや、ゴム製で変形しやすいことなどから、正式な書類に使ってはならないとされています。

訂正印を使った文字の訂正方法は、正式な文書でも通用する様式です。社会に出てから何度も使う機会があると思いますので、覚えておいて損はありません。

エントリーシートで修正液や修正テープを使っていいのか

作成したエントリーシートに誤字を見つけた場合は、必ず訂正印を用いた正式な方法で訂正します。絶対に、修正液や修正テープを使って誤字の訂正を行ってはいけません。エントリーシートに限らず、正式な書類で修正液や修正テープを使用することはマナー違反です。

修正液や修正テープを使って文字を訂正することを認めると、いくらでも書類を偽造することが可能になるからです。正式な書類で誤字を訂正する場合、書類を作成した本人の訂正印が必要になるのは、その文章が偽造でないことを証明するためなのです。

就活生のエントリーシートが偽造・改ざんされるようなことは滅多にありませんが、それでもエントリーシートの作成には修正液の使用を控えるべきです。間違えた箇所を修正液で直したエントリーシートを提出すると、「正式な書類には修正液を使ってはいけない」という、社会人なら知っていて当然のビジネスマナーすら守れない人間だと思われてしまいかねません。そうなれば、採用される可能性はグンと低くなってしまいます。

エントリーシートの作成は誤字の無いよう細心の注意をもって行い、万が一間違えた箇所があっても修正液や修正テープは使わないようにしましょう。

エントリーシートで誤字をしないようにする方法

エントリーシートは企業に提出する正式な書類です。そのため、誤字脱字の無い完璧な仕上がりのエントリーシートが望まれます。しかし、誰にだって書き間違いの一つや二つはあるものです。作成し慣れていない書類を何の備えもなく書き始めれば、どうしても誤字脱字が起こってしまいます。そうしたミスを抑えるためには、エントリーシートはまず下書きから始めると良いでしょう。

エントリーシートは、ボールペンで記入する必要があります。ただ、いきなりボールペンで書き込むと文章の整合性が取れなくなったり、文字を書き損じたときなどに書き直すことができなくなります。そこで、最初は鉛筆で下書きをするようにしましょう。

まずは鉛筆で薄く下書きをして、最初から最後まで読み直してみます。読み直してみると大抵、前後の文章の繋がりがおかしい部分や、「てにをは」を間違えた部分、誤字脱字がある部分など、小さなミスがいくつか見つかるはずです。

そうした部分を消して、また鉛筆で書き直し、もう一度読み直す。この作業を何回も繰り返して、エントリーシートの完成度を高めていきましょう。今の自分に書ける最高の文章になったと感じたら、そこで初めてボールペンでの清書を行います。こうして下書きと推敲を繰り返すことで、誤字脱字を最低限に減らすことができるのです。

ボールペンでの清書を終えたら、用紙を破らないよう慎重に消しゴムをかけ、下書きを消しておきます。下書きの文章をそのまま残すと見栄えが悪いため、いくら誤字が無くともマイナスポイントになってしまいます。エントリーシートは、綺麗に仕上げるよう心掛けましょう。

エントリーシートでの誤字は合否に関係あるのか

企業によっても対応が違いますが、エントリーシートに誤字があるのは良いことではありません。訂正印を用いて正しく訂正されていれば特に気にしないという企業もありますが、エントリーシートに誤字があるということは書類作成時にミスをしているということですから、良い評価は得られないでしょう。

エントリーシートを完璧に仕上げたことが合格へのプラス評価に繋がることはあっても、誤字のあるエントリーシートが合格に繋がることはありません。ですから、エントリーシートは誤字が無いか徹底的に見直し、もし間違えた箇所を見つけたらすぐに書き直すことをおすすめします。

どうしても予備のエントリーシートを用意できない場合は、訂正印を用いて誤字を訂正しましょう。キチンと訂正していれば、少なくとも誤字を正しい方法で直すだけのビジネスマナーはあると分かってもらえます。

最もいけないのは、誤字脱字をそのまま放置することです。明らかに間違えた箇所があるのに、訂正印も押さず、そのまま提出すると間違いなくマイナス評価に繋がります。「この就活生は誤字脱字のチェックも出来ていない」と思われてしまっては、合格は遠のくばかりです。誤字があることに気付いていて放置したと思われるのは更にマイナスになるでしょう。

エントリーシートの基本は、誤字脱字なく丁寧に仕上げることです。一度作成し終えたエントリーシートも、面倒くさがらずに何度も読み直して、誤字脱字が無いかチェックしましょう。

エントリーシートで消えるボールペンを使ってもいいのか

最近、消えるボールペンという文房具が人気を博しています。たしかにとても便利な文房具ですが、消えるボールペンはエントリーシートを記入するときには使わないほうが賢明です。

消えるボールペンは、熱を利用してインクを脱色する仕組みのボールペンです。
商品によっても異なりますが、およそ60度の熱を加えるとインクが消えるようになっていますしかし60度に達していなくとも、気温が高い場所に放置すると色が薄くなることがあるのが難点です。

例えば、エントリーシートを夏場の車内に放置したとしましょう。普通のボールペンで書いていれば何の問題もありませんが、消えるボールペンで書いたエントリーシートの文字は薄くなる可能性があるのです。車内でなくとも日光の当たる窓辺に置いておくだけで、インクの色が薄くなることも考えられます。

実際のところエントリーシートを車内や窓辺に放置することはあまり無いかもしれませんが、正式な書類にちょっとしたきっかけで消える可能性があるインクを使うこと自体が問題なのです。企業に提出するまでにインクが完全に脱色することは無くとも、エントリーシートのインクが薄くなっているのを見た採用担当の方に、消えるボールペンを使ったことがバレることは十分にあり得ます。消えるボールペンの使用を気にしないという企業もあるかもしれませんが、少なくとも良い印象は与えません。

また、消えるボールペンを使って書かれた文字はコピー機を通すと消えてしまうことがあります。コピー機は熱を使ってインクを定着させるため、消えるボールペンのインクを脱色させてしまうのです。もしも提出したエントリーシートが、何らかの形でコピー機に通されてしまったら全ては水の泡です。企業側がエントリーシートをどのように扱うのか解らない以上、エントリーシートに消えるボールペンを使用するのは控えたほうが良いでしょう。

エントリーシートの誤字は何箇所まで許されるのか

エントリーシートは基本的に誤字脱字の無い完璧な状態で提出するのが望ましいと言えます。しかし、どうしても予備のエントリーシートを用意できないという状況で誤字が見つかった場合は訂正印を用いて訂正を行うことができます。

では、1枚のエントリーシートで許される誤字は何箇所までなのでしょうか。企業によっても許容される誤字の数は異なりますが、目安として2箇所までの誤字なら訂正印で直しても問題ないでしょう。

訂正箇所が3箇所以上になると、せっかくの自己アピールの文章が読みづらくなるだけでなく、エントリーシート全体の見栄えが悪くなります。誤字だらけのグチャグチャなエントリーシートを提出することは、書類作成が苦手でミスが多いとアピールしているようなものです。

1枚の書類に1~2箇所程度の間違いなら誰にでも起こりうることですが、誤字が3箇所以上になると「エントリーシートを適当に書いていた」と思われても仕方ありません。あまりに間違えた箇所が多い場合は、速やかに書き直しましょう。

また、企業によっては1箇所の誤字でも訂正を認めていない厳しいところもあるようです。「間違えたのはたった1箇所だから」などと油断せず、やはり誤字は出来る限り抑えたほうが賢明でしょう。

エントリーシートで誤字をしてしまったらお詫びをするべきなのか

エントリーシートに誤字があった場合、間違えた箇所にキチンと訂正印を押していれば、特にお詫びの文章を書き加える必要はありません。もし面接本番にて、企業の方に誤字を指摘された場合はその場で謝罪の言葉を述べますが、その場合でも正式なお詫びの書類を作成するわけではありません。

エントリーシートを手書きの書面ではなく、メールにて送信する場合は少しだけ注意が必要です。メールでエントリーシートを作成する場合は、間違えた箇所をすぐに訂正することができるため、手書きよりも訂正が楽です。しかしその反面、誤字脱字のチェックがおろそかになりやすく、誤字のあるエントリーシートをそのまま送ってしまうことがあります。

送信したあとでエントリーシートに間違えた箇所を見つけた場合は、速やかにお詫びと訂正のメールを送ります。会社の宛名と自分の素性もキチンと記載した上で、「○○大学の○○です。お世話になっております。大変申し訳ございません。先ほどお送りしたエントリーシートに誤りがありました。○○の部分ですが、正しくは××でした。」と、間違えた箇所と訂正した文章を書きます。その後、状況に合った謝罪文も書き加えてメールを送信しましょう。

エントリーシートに誤字が見つかった時点でマイナス評価になってしまうかもしれませんが、自分のミスを認め、対策が出来るところを見せれば挽回できるかもしれません。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です