エントリーシートの平均通過率・通過率が低い人の特徴

エントリーシートの平均通過率

就活におけるエントリシートの平均通過率はおよそ50パーセントから60パーセントであると考えられます。エントリシートの通過率は就活生によって異なりますが多くの就活生はエントリシートが通過しやすい企業とエントリシートが通過しにくい人気の企業を混合させて就活を行います。そのため、就活におけるエントリシートの平均通過率は50パーセントから60パーセントであると推測することができます。

参考:https://careerpark.jp/36898

また、エントリシートの通過率は基本的に経済状況が大きく関わってきます。日本の経済状況が上向きの場合は多くの企業が採用に使うお金を増やす傾向があるため、全体的な採用数は多くなります。そうした場合はエントリシートの通過率も必然的に高くなります。

しかし、日本の経済状況が下降している状況での採用では、企業の採用活動は消極的になってしまいます。採用活動が消極的になっている年度のエントリシートの通過率は必然的に低くなる傾向があります。就活生はこうした経済状況も考慮した上で就活を行うと就活の成功につながります。

エントリーシート通過率が低い企業

エントリーシートの通過率が低い企業は一般的にマスコミ業界、食品業界です。マスコミ業界と食品業界はともに就活生に人気の業界であるため、多くの就活生がエントリーシートを提出します。企業はエントリーシートを提出した全ての就活生と一人一人面接を行う時間が取れないため、エントリーシートの段階である程度の人数に絞ります。

マスコミ業界は就活生の人間性や性格など性格などが非常に重要となるため面接では時間をかけて就活生のことを知る必要があります。そのため、エントリーシートの段階で志望動機が曖昧であったり、熱意が伝わらないものは不採用として、エントリーシートの志望動機で熱意が伝わる就活生に時間をかけて面接を行う傾向にあります。

また、マスコミ業界は入社時から最低限の学力が必要とされます。そのため、エントリーシートの提出とともに難易度の高いテストを実施することがあるため、面接に進むことのできる就活生はかなり少なくなります。

また、マスコミ業界は基本的に文系の就活生に人気ですが、近年では多様性のある採用を行う傾向にあるため理系の就活生も選考に参加することが多くあります。そのため、かなり多くの就活生がマスコミ業界を選択肢として選択できるようになるためエントリーシートの通過率は低くなります。

食品業界も就活生に人気の企業が多いためエントリーシートの通過率が低くなります。また、近年では技術的な進歩から食品の製造には多くの過程で機械を用いることが増えています。そのため、食品に関する人材だけでなく製造で利用する機械を操作する人材も必要となっています。よって、幅広い分野の就活生が食品業界にエントリーシートを提出するため、エントリーシートの通過率は低くなっています。

また、食品業界は世界的な人口の増加とともに需要が拡大しており、積極的に採用を行う企業が増えてきています。そうした背景が就活生の人気とも繋がっておりエントリーシートの通過率が低くなる原因にもなっています。

エントリーシート通過率が高い企業

エントリーシートの通過率が高い企業は運送業界、地方銀行、飲食業界になっています。運送業界は少子高齢化の影響からトラックドライバーを含めて深刻な人材不足に悩まされています。また、Amazonや楽天などのネットショッピングの普及から配送する荷物が増加しており、かなり多くの人材を必要としています。そのため、運送業界の企業のエントリーシートの通過率は極めて高くなっています。

また、近年では多くの企業が海外で工場や支店を設立していることから海外への運送も必要となっており、こうした状況からかなりの人材を確保するために採用を積極的に行なっています。一般的に食品業界などと比べると就活で選択肢に入れる就活生が少ないため応募する人数がそれほど多くないため、企業によっては90パーセント以上の割合で通過することもあります。地方銀行は近年では経営統合をするなどの状況から多くの人材を必要としています。

しかし、労働力の都市部への集中が起きてしまっているため、地方銀行を就活の際に選択肢として選ぶ就活生は少なくなってしまっています。また、地方銀行の内定獲得者はその地方のみで働くことになることが多いため、その地方出身の就活生にのみ魅力的になってしまいます。そのため、エントリーシートの応募も他の業界よりも少なくエントリーシートの通過率は高くなっています。

飲食業界も深刻な人材不足からエントリーシートの通過率はかなり高くなっています。飲食業界は店舗の24時間化などの労働環境から就活生があまり選択肢として選ぶことが少なくなっているため、エントリーシートの提出も少なくなってしまっています。

また、飲食業界は他の業界よりも一つの企業が継続して事業を行う確率が低くなっているため多くの就活生が飲食業界を敬遠してしまいます。こうした背景からエントリーシートの応募も少なくなってしまい、必然的にエントリーシートの通過率も高くなります。

また、日本国内での消費が下降していることから海外に店舗を出店するなどさらに多くの人材が必要となっているます。そのため、全体的な採用数が増加しており、エントリーシートの通過率はさらに高くなっています。

エントリーシート通過率が上がらない理由

エントリーシートの通過率が上がらない理由として、エントリーシートの通過率が低い企業にのみエントリーシートを提出していることが考えられます。エントリーシートの通過率が低い企業は10パーセントを切ることもあります。そうした企業にのみエントリーシートを提出していると、エントリーシートを通過率は下がってしまいます。

また、エントリーシートの志望動機などの内容が他の業界や企業でも通用すると判断できるものを提出している場合はエントリシートの通過率は下がってしまいます。エントリシートの志望動機は基本的にその企業によって異なります。

しかし、多くの就活生は一つ一つの企業ごとに志望動機を作成せずに他の企業のエントリシートの志望動機で用いたものを他の企業のエントリシートの志望動機でも利用することがあります。志望動機を使い回すと他の企業でも通用する志望動機であると企業の採用担当者は判断するためエントリシートの通過率は下がってしまいます。

特に採用担当者はこうしたエントリシートを見ることに関しては慣れているため、使いまわしているかどうかを簡単に判断することができます。魅力的ではない志望動機を他の企業に提出しても、エントリシートが通過することはほとんどありません。そのため、エントリシートの通過率が上がらない時は自分のエントリシートの志望動機などの欄を再確認して、それぞれの企業にあったものを書くことが大切になります。通過することのできないエントリシートは何枚提出しても通過することはありません。

また、稀に手書きのエントリーシートを提出する際に字が雑な就活生が存在しますが、こうしたエントリーシートの場合も通過率は下がってしまいます。エントリーシートの内容を確認する前に字が雑で内容を読み取りづらいと判断されてしまうとその時点で通過できなくなってしまいます。就活生の中ではエントリーシートの志望動機などの内容に固執するあまり字のことにまで気がいかない人がいますが、それではエントリーシートの通過率は上がりません。

エントリーシートの通過率が上がらない時はエントリーシートの志望動機などの内容とともに字が丁寧にかけているかなどについても再確認することが大切になります。

エントリーシート通過率を上げるためにすべきこと

エントリーシートの通過率を上げるためにはエントリーシートを提出する企業ごとに志望動機などを使い分けることが必要になります。その企業にのみ通用する志望動機を書いて提出すると企業の採用担当者に熱意が伝わりやすく、エントリーシートの通過率を上げることができます。

また、エントリーシートを提出すると業界を変えてみることでエントリーシートの通過率は上がることがあります。エントリーシートの通過率が低い時はその就活生が希望する業界がその就活生にあっていないことが考えられます。そのため、あまりにエントリーシートの通過率が低い就活生は志望する業界を増やしてみることで自分にあった業界を見つけることができて、エントリーシートの通過率は上がります。

また、エントリーシートを提出する企業は人気の企業だけでなく、運送業界や地方銀行、飲食業界などのエントリーシートの通過率が高い業界も選択肢に入れることが大切になります。人気の業界のみに固執してしまうと面接を受ける機会も少なくなってしまい、たとえエントリーシートが通過したとしても面接などの選考で不採用となってしまうことがあります。そのため、エントリーシートの通過率が低い業界も選択肢に入れることがとても大切なことになります。

エントリーシートは平均で何社に提出するのか

エントリーシートは平均で30社程度に提出することが一般的であると考えられます。エントリーシートの平均通過率はおよそ50パーセントから60パーセントであるため、選考に進めるのは15社程度なっています。就活生の平均内定獲得社数からもエントリーシートの提出はおよそ30社であると推測されます。

しかし、近年では就活生がそれほど業界にこだわることが少なくなったため、一人が提出するエントリーシートの数は多くなっている傾向にあります。そのため、エントリーシートの通過が不安な就活生は30社よりも多くエントリーシートを提出することがあります。エントリーシートの提出がインターネットなどにより簡易化されため、これ以降も増えていく可能性は大いにあるでしょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です