人事の心を掴む「学生時代に力を入れたこと」の書き方と例文

学生時代に力を入れたことの書き方

学生時代に力を入れたことの書き方として大切なことは、その活動をするにあたって自分が考えたことなどについて書くことです。ただ単に学生時代に力を入れたことについて実績や功績を書くだけでは何の意味もありません。必ずその実績や功績を残すことができた経緯や苦労した点なども同時に記すことが必要なります。

就活生の中には学生時代に力を入れたことに関して自分の功績だけを書き出している人もいますが、それではただの自慢話になってしまい、採用担当者には熱意が伝わりません。

また、実績や功績だけを書いてしまうと他の就活生と簡単に比較することができてしまい、より実績や功績を残している就活生が評価されてしまいます。

しかし、オリンピックに出場など世界的に評価される実績を残している場合はその実績だけを書いても十分に評価されることもあります。

また、学生時代に力を入れたことが仕事をする際にどのように活かされるかについても書く必要があります。学生時代に力を入れたことを書くだけではそのことがどのように仕事と結びつくのかがわからないため、魅力的ではないと判断されてしまうことがあります。

学生時代に力を入れたことを活かして行うことができる仕事について書くことで、入社後も活躍できると判断されるため就活の成功につながります。

多くの就活生は学生時代に力を入れたことについて自分の活動したことだけを記す傾向にありますが、企業の採用担当者は学生時代に力を入れたことが仕事に活かせるかどうかを判断しています。

そのため、学生時代に力を入れたことの一般的な書き方として学生時代に力を入れたことが仕事にどのように活用できるのかも記すことが大切になります。学生時代に力を入れたことがどのように仕事に活かせるかを書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

学生時代の力を入れたことの例文

ここからは、学生時代に力を入れたことの書き方を、状況別に例として解説していきます。ぜひ、自分の該当する部分には目を通しておきましょう。

1:アルバイトに力を入れた場合の例文

アルバイトに力を入れた場合の例文として「私は商品の販売数の増加をするようにアルバイトで頑張りました。ただ単に商品を販売するだけでは販売数は増えないので手書きのビラを作成するなどの工夫を行い販売数を増加させました。仕事をする際もこうした工夫をして行います。」ということを書くことができます

アルバイトでの経験は、多くの就活生が学生時代に力を入れたこととして書くことがあります。この例文の場合、多くの就活生は販売数の増加させたことについて書くことがありますが、大切なのは自分が販売数を増やすために工夫をしたということです。

特に自分から行動を起こして販売数を増やしたことについて述べると、そのことが仕事についても同様に活かされるため、採用担当者には魅力的に判断されます。

また、一般的にエントリーシートや面接などの選考では「バイト」という言葉ではなく「アルバイト」と略さずに書くことが大切になります。生活をする上で「バイト」に慣れてしまっていると面接などでも言ってしまうことがあるため、細心の注意が必要です。

このように学生時代に力を入れたことを書く際はその過程まで丁寧に書くことが就活の成功につながります。

2:学業に力を入れた場合の例文

学業に力を入れた場合の例文は「私は学年で一番の成績を取るように努力しました。特に苦手だった英語には力を入れて取り組みTOEICで700点を取ることができました。」と書くことができます。

学業に力を入れたこととして書く場合は、自分の成績だけでなくどの講義や科目に力を入れたかを書くことが大切になります。

学業に力を入れたこととして書く場合は多くの就活生は抽象的な表現になってしまうことがあるため、採用担当者に実績が伝わりにくくなってしまいます。そのため、TOEICの点数を具体的に記すなど、自分の実績を数字で表すことが大切になります。

ただ単に学業に力を入れたと書くだけならば誰でもかけてしまうので、より具体的にどの科目に力を入れたのかを明確に記すことで他の就活生よりも魅力的なエントリーシートを書くことができます。

また、英語の能力は多くの企業が採用の際に見ることがあるため、学業に力を入れたこととして書く際は英語について書くことが有効なものになります。

そのため、ここではわざわざ仕事に活かせるかを書く必要はなく、どの業界でも活躍できる人材であると採用担当者は判断します。就活生の多くは学生時代に力を入れたことについてアルバイトなどについて書くことがあり、学生時代に力を入れたことについて学業を書く人はそれほど多くありません。

しかし、学生にとって学業は一番大切なものであるため、学業について書くことは非常に大切なことになります。

3:資格勉強にを入れた場合の例文

資格勉強に力を入れた場合の例文は「私は三年間かけて通関士の資格を取得しました。むやみにテストを受けることはせずに、毎日三時間の勉強積み重ね、一回のテストで合格しました。仕事でも毎日の積み重ねを大切にしていきます。」と書くことができます。

学生時代に力を入れたことについて資格のことを書く場合は資格の内容とともに、その資格を取るためにした努力についても書くことが大切なります。

一般的に、就活において資格を持っていることが必ずしも有利に働くことはありませんが、学生時代に力を入れたこととして書くことで、仕事への活用がより明確になります。

例文のようにその資格を取得するのに費やした時間や、何回のテストで合格したかについて記すことが非常に大切になります。また、資格の内容をアピールするのではなく、毎日の積み重ねについてアピールすることでその就活生は努力ができる人だという印象を採用担当者に与えることができます。

学生時代に力を入れたことについて資格を書く場合、多くの就活生は資格の内容に固執してしまうことがあります。取得した資格の内容が就活に及ぼす影響はそれほど大きくないため、資格について書く場合は資格の取得に至るまでの経緯や努力、苦労した点などの過程を丁寧に書くことが大切になります。

4:部活に力を入れた場合の例文

部活に力を入れた場合の例文は「私は副主将として部活をまとめることに努力をしました。30人もの部員をまとめるために全員とのコミュニケーションを取るように心がけました。仕事でもコミュニケーションを大切にしていきたいです。」と書くことができます。

学生時代に力を入れたこととして部活について書く場合は、部活としての実績や功績だけでなく部活内での自分の役割を明確に記すことが大切になります。

多くの就活生は主将などの肩書きにのみ固執してしまうことがありますが、全国的にはそうした肩書きは何の意味もありません。主将としてどのようなことを頑張ったのかを明確に書くことが必要になります。

例文のように30人もの部員など具体的な数字を書くことが非常に重要になります。ただ単にまとめたと記しても抽象的すぎて評価することが難しくなります。

また、コミュニケーションを取るなどの過程も記すことで、就活生の人間性や性格を見ることができます。また、コミュニケーションを大切にすることを仕事でも活用できることを書くことで採用担当者にはいい人材として判断されます。

そして、例文にはないですが、部活動を継続させている期間について記すことも大切になります。短期間で部活動を変えてしまっている就活生よりも、長期間で一つの部活動に取り組んでいる就活生の方が忍耐力や継続力があると判断されて、就活の成功につながります。

書き方としては続けている年数や小学生から始めたなどの表現も有効です。

また、練習の内容や練習で工夫した点などについて述べることも大切なことになります。練習に工夫を加えたことは仕事でも活用できることが多くあるため、採用担当者にはいい印象を与えることができます。

ちなみに、大学生の時の部活動を書かなければいけないわけではないので、中学生や高校生のころの部活動を書いても問題ありません。しかし、大学生のときの話の方がより近いため説得力は強くなります。

中学生や高校生のころの部活動について学生時代に力を入れたこととして書く場合は、より丁寧に書くことを心掛ける必要があります。

さらに、所属していた部活動が体育会系の場合は体力があることのアピールにもつながり、文科系の部活動の場合は知的なことをアピールすることができるため、所属していた部活動によって様々な視点から書くことも大切なことになります。

5:研究に力を入れた場合の例文

研究に力を入れた場合の例文は「私は企業のデータをもとに生産性について研究をしました。データを詳細に分析することで生産性の向上につながる成果を導き出すことができました。仕事をするときも研究で学んだことを活かして働きたいです。」などと書くことができます。

学生時代に力を入れたこととして研究について書く場合は、研究の内容について詳しく書くことが必要になります。企業の採用担当者がその分野について詳しくないとわからないような内容の場合は、たとえ書いたとしても採用担当者に伝わらずに不採用となってしまうことがあります。

そのため、学生時代に力を入れたこととして研究について書く場合は研究の内容について初心者でもわかるように簡単に書くことが必要になります。

また、研究の成果も簡単に書くことが大切になります。多くの就活生は研究について書く際に専門用語を多用してしまい、採用担当者は話の内容がわからないまま、面接が終わってしまうことがあります。その場合、たとえ研究の成果が素晴らしいものだとしても高く評価されることはありません。

また、研究の成果が志望する業界と関わり合いがない場合はあまり魅力的に判断されないため、研究の成果がその企業で仕事をするときにどのように活用できるかについても細かく書くことが大切になります。

そして、自分が志望する職種が技術系の場合は研究の成果だけでなく、研究の過程や工夫したことについても細かく聞かれることがあるため、エントリーシートには書かない内容についても面接の前にある程度整理しておくことが就活の成功につながります。

さらに、研究を共同で行なった場合は複数人で作業することでの重要性について書くことが非常に有効になります。仕事をするときは一般的に複数人で行うことが多くあります。そのため、研究を複数人で行った場合は仕事にも活用することができると判断されます。

また、研究職を志望する就活生は学生時代に力を入れたこととして書くことは研究のついての話にすることで面接などでもスムーズに話をすることができて、就活の成功につながります。

さらに、一般的に学生時代に力を入れたこととして研究について書くことが多いのは理系の就活生ですが、文系の就活生も学生時代に力を入れたこととして研究について書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

6:サークルに力を入れた場合の例文

サークルに力を入れた場合の例文は「私はサークルの合宿を企画・運営を行いました。宿の手配など一から自分で行ったため、事前の計画が大切であると学びました。仕事をするときも計画性を大切にしていきます。」と書くことができます。

例文のようにサークル内での自分の役割について具体的な例をあげて書くことで説得力が強くなります。特に合宿などのイベントの際に自分がどのような活動をしたのかについて詳しく書くことが大切になります。

また、自分の役割を完遂するために行った工夫や努力について書くことでその就活生も人間性や性格を判断することができます。多くの就活生は学生時代に力を入れたこととしてサークルについて書くことが多いため、より具体的に書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

また、自分の役割を果たす際の努力や工夫が仕事にも活かせると書くことで入社後も活躍できる人材だと採用担当者に判断してもらうことができます。

企業の採用担当者はサークルの内容だけでなく、その就活生の役割や、仕事での活用などについても詳しく考えているため、自分が行った工夫や努力については細かく書くことが就活の成功につながります。

例文のように計画性を持つことの大切さなど、サークルでの活動を通じて学んだことについて書くことでより、魅力的で説得力の強いエントリーシートを作成することができます。また、計画性は仕事をする上で必ず必要となるものであるため多くの企業で必要とされる人材として判断してもらうことができます。

7:インターンに力を入れた場合の例文

インターンに力を入れた場合の例文は「私はインターンで仕事をする上では他の人との協力が大切であることを学びました。仕事をするときも協調性を大切にして仕事をしていきたいです。」と書くことができます。

学生時代に力を入れたこととしてインターンについて書く際は、参加した企業について必ず書かなければいけないものではありません。そのため、インターンの内容よりもインターンで実際に学んだことや感じたこと、経験したことについて詳しく書くことが大切になります。

インターンでは一般的に、仕事の内容を深く理解するために実際の業務に近い内容の作業を行うことがあります。そのため、参加したインターンが志望している企業と同じ場合はとても有効なものになります。

参加したインターンと志望する企業が同じ場合は学生時代に力を入れたこととしてインターンについて書くことは非常に大切なことになります。

また、学生時代に力を入れたこととしてインターンについて書く際は、インターンの内容だけを書いても意味はありません。インターンで行う内容は基本的に採用担当者も知っているからです。そのため、学生時代に力を入れたこととしてインターンについて書く際はそのインターンに参加したことで学んだことや経験したこと、感じたことについて詳しく書くことが大切になります。

たとえインターンに参加したとしても何も学ぶことがなければ参加した意義がありません。また、近年では多くの企業がインターンを開催しており就活生のほとんどがインターンに参加した経験を持って就活に臨みます。他の就活生と差をつけるためには参加したことだけでなく学んだことや経験したことについて書くことが非常に重要になります。

例文のようにインターンに参加したことで複数人で仕事をすることの大切さを学んだなどより具体的に学んだ内容や感じたことについて書くことでより説得力が強くなり、就活の成功につながります。また、複数人で仕事をする大切さを仕事でも活かせると書くことで採用担当者にはいい印象を与えることができます。

インターンは大きく分けて夏の時期と冬の時期に開催されます。夏のインターンで学んだことは就活の際にも活用できるようにメモなどに整理しておくことで就活をスムーズに進めることができます。

8:遊びに力を入れた場合の例文

遊びに力を入れた場合の例文は「私は一ヶ月間アメリカに旅行に行きました。言葉だけでなくアメリカの文化などについても学ぶことができました。」と書くことができます。ただ単に遊んだことを学生時代に力を入れたこととして書くだけでは不十分であるため、そこから学んだことや感じたことについても必ず書くことが必要になります。

また、遊びはギャンブルなどではなく旅行や読書などについて書くことが基本となります。それに加え、学んだことがどのように仕事に活用できるかも書くことが大切になります。

学生時代に力を入れたこととして遊びと書いてしまうと採用担当者にいい印象を持ってもらえないことがあるため、「旅行」や「読書」などと具体的に書くことも大切なことになります。

また、学生時代に力を入れたこととして遊びについて書く場合は同時に学業についても言及することでその就活生の魅力は高くなります。しかし、年齢の高い採用担当者の場合、学生時代に力を入れたこととして遊びと書くとそれだけで悪い印象を与えてしまい不採用となってしまうことも多々あるため、誤解を受けないように丁寧に書くことが大切になります。

また、遊びの内容も個人で行うものか、複数人で行うものかによって印象が変わってくるため、業界によっては遊びについて書くとマイナスのイメージを持たれてしまうことにもつながってしまいます。

力を入れたことがない場合の対処法

上記ではそれぞれの状況別に学生時代に力を入れたことの書き方を解説していきましたが、ここまで読んで、「実際何も学生時代に力を入れたことがなくて何を書けばいいのかわからない」と不安になってしまっている就活生もいるでしょう。

そんな時に有効なのが、私生活で意識している何気ない習慣をアピールすることです。上記のような具体的な活動ではありませんが、素の自分を伝えることができますし、他の学生とも差別化を図ることが可能です。

ただし、注意したいのが「仕事には活かされない習慣」をアピールしてしまうことです。たとえば、「朝起きたら必ず顔を洗ってすっきり目覚め、1日を気持ち良く過ごすようにしていました」などはやめておきましょう。一見いいことに見えますが、これはほとんどの学生が習慣としていることですので、差別化が図れません。

良い例としては、「休日も含めて毎日、1日のスケジュールを分刻みで管理し、反省があればその都度メモするようにしていました。

それにより、すべての行動をより効率化して行うことが、私が学生時代に力を入れたことです。」などが挙げられます。自分の習慣をアピールする際は、それが必ず仕事に生かされるものに注意しましょう。

採用側が学生時代に力を入れたことを書かせる意図とは?

採用側が学生時代に力を入れたことを書かせる意図はその就活生の人間性や性格を判断するためです。仕事を一緒にする人材を選んでいるため、採用担当者は長い間一緒に働きたいと思える就活生を採用したいと考えています。

そうした人材を確保するには就活生の能力だけではなく人間性や性格などの内面についても詳しく知る必要があります。そのため、学生時代に力を入れたことを書かせることでその就活生の人間性や性格、集団での役割などについて知ることでその就活生の内面を判断することができます。

近年では多くの企業が能力だけではなくこうした内面を考慮した総合的な採用を行なっています。そのため、たとえ能力が高くても内定が獲得できるわけではないですし、逆に能力が低くても内定が獲得できないわけでもありません。自分の学生時代で力を入れたことについて就活の前に整理しておくことで就活の成功につなげることができます。

また、学生時代に力を入れたことが仕事とも結びついていることが多くあるため、自分の過去の活動について検討することが大切になります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です