履歴書・エントリーシートの写真はどうすべき?手順を徹底解説

履歴書・エントリーシートの写真のサイズ

提出先から指定がありましたら、指定サイズに従って用意してください。指定がない場合、一般的な履歴書写真の最大サイズは縦4cm×横3cmです。白紙の履歴書を購入すると、最小サイズ縦3.6cm×縦2.4cm〜最大サイズ縦4cm×横3cmまで、と記載ありますが、少し小さいサイズの場合、実際履歴書・エントリーシートに貼り付けた際に枠が見えて不恰好になってしまいます。最大サイズは見栄えも良く、好印象を与えます。必ず縦4cm×横3cmの、最大サイズで撮影した写真を用意しましょう。

履歴書・エントリーシートの写真の服装

就活の履歴書・エントリーシート写真はスーツ着用が必須です。スーツの色は男女共に黒が良いでしょう。スーツの色は黒や紺と勧められる場合が多いと思いますが、就活生は黒スーツの着用率が高い傾向にあります。明るい紺を選んでしまった場合変に浮いてしまうこともありますので、紺であることに理由がない場合、黒いスーツを選びましょう。

男性の場合、ネクタイは必須です。ジャケットに白いワイシャツを着用してください。ワイシャツは明るい色であれば良いですが、白の方が清潔感がありますので白が良いでしょう。ネクタイは紺や臙脂色などの色を着用。シンプルな柄で、色はピンクや紫などの派手な色を避けて選びましょう。

女性の場合はジャケットに白いブラウス着用。下着は透けないようにカラフルなものを避け、肌色のインナーを着用しましょう。白いインナーは少し透けて見えてしまう場合がありますので、なるべく自分の肌の色に近い肌色のインナーを選んだ方がベストです。

履歴書・エントリーシートの写真は、採用担当者が一番最初に見るあなたの第一印象です。面接に行く時と同様の服装で撮影に挑みましょう。

履歴書・エントリーシートの写真の裏には何を書けばいいのか

写真の裏には大学名、名前を漢字フルネームで記載しましょう。学部や専攻、撮影日も記載すると丁寧で尚良いです。書く順番は大学名、学部、名前、の順に書くのがベストです。縦書きか横書きかはどちらでも大丈夫です。面倒ではありますが、提出する履歴書・エントリーシートの写真の裏全てに書きましょう。

理由は、記載がない場合、剥がれた時に誰の写真か分からなくなるからです。しっかりのり付けすれば大丈夫!と思うかもしれませんが、採用担当の方は膨大な履歴書・エントリーシートを扱います。その際にうっかり、なんてこともあり得るのです。

落選の理由になる場合は少ないですが、もし剥がれてしまった場合、記載があると好印象につながります。また採用担当者によっては、きちんと記載があるか裏面を見て確認する場合もあるのです。手間はかかってしまいますが、必ず全ての写真に記載して、剥がれてしまった場合に備えましょう。

注意点ですが、写真に書き込む際は必ず平らな机の上で書きましょう。ノートの上や紙の上で書くと、写真が文字でデコボコになってしまいます。必ず下に何も敷かないで記載しましょう。筆圧にも強すぎるとでこぼこになってしまいますので気をつけて作業しましょう。

履歴書・エントリーシートの写真はどんな髪型で撮影すればいいのか

髪型は清潔感を意識しましょう。髪色は黒必須です。少しでも染めている場合は黒に染め直してください。髪染めは悪印象を与え、落選の理由になります。少し明るい地毛の場合、大体は問題ありませんが、気になる方は黒に染めても良いでしょう。髪染めはマナーが悪いという印象を与えてしまいます。髪色で個性を出す必要はありませんので、個性を考えず黒色で挑みましょう。

髪型ですが、男性の場合、短髪必須です。長髪は悪印象を与え、落選の理由になりますので、必ず短く切りましょう。前髪は目や眉にかからないようにし、寝癖は直して、顔のラインが見える髪型がベストです。ワックスなどで少し整えるのも良いですが、派手なパーマやツンツンの髪はNGです。

女性の場合、長髪は後ろでひとつにまとめましょう。ショートの場合はそのままで問題ありませんが、結べる長さの場合は結んだ方が良いです。男性同様、前髪は目や眉にかからないようにし、顔全体が見えるようにサイドの髪も後ろでまとめましょう。耳は出ていた方が清潔感があります。

髪型も見る人に強い印象を与えます。社会人らしい、清潔感ある髪型にしましょう。

履歴書・エントリーシートの写真の貼り方

履歴書・エントリーシートに写真を貼る際、必ずのりか、両面テープを使用してください。セロハンテープ、シールはNGです。セロハンテープは経年劣化し黄ばんでしまいます。シールは簡単に剥がせてしまうものが多く悪印象ですので避けましょう。

のりは液体のりは避け、スティックのりを使用しましょう。液体のりは水分が履歴書・エントリーシートや写真にうつりシワができてしまう場合や、インクが滲んで見た目が悪くなる場合があります。粘着力のあるスティックのりを使用して貼り付けましょう。

スティックのりを使用する際、写真からのりがはみ出さないように注意しましょう。のりが残ってしまうと、不自然に光ってしまい印象が良くありません。丁寧な作業を心がけましょう。

両面テープを使用しての貼り付けもOKです。粘着性も高く、インクのにじみもありません。白紙の履歴書を購入する場合、貼り付け用の両面テープが付いている場合がありますので活用しましょう。ただし、一度失敗するとやり直しができませんので、貼る際は平らな机の上で慎重に貼りましょう。

また、写真を貼った後は一度履歴書・エントリーシートをモノクロコピーして写りを確認するのがベストです。選考や面接の際、採用担当者に渡す履歴書・エントリーシートはモノクロコピーして配布する場合がほとんどです。そのため、採用担当者はあなたの手にある完成した履歴書・エントリーシートではなく、コピーされた履歴書・エントリーシートで評価する場合が多いのです。

採用担当の方に自分の履歴書・エントリーシートはどう見えるのか、写真の印象を確認してから応募しましょう。

履歴書・エントリーシートの写真はPCのプリントではダメなのか

履歴書・エントリーシートの写真は写真館で撮って現像してもらったもののみを使用しましょう。PCでプリントした写真はNGです。自宅での撮影は、何度も撮り直しが出来たり、自由に加工が出来たりと一見良いかもしれませんが、不自然な影が入ってしまったり、角度がおかしくなってしまったりと、悪い印象を与える写真になってしまいます。

写真館で撮影すると、プロの方がバランスや角度などチェックして適切に整えてくれますので、印象の良い綺麗な写真が出来上がります。良い印象を与えるためにも、プロに撮影してもらい、現像してもらったものを使用しましょう。

現像してもらった写真がなくなってしまった場合、写真館で撮った写真をスキャンしてプリントするのはNGです。PCのプリントは画質が悪く、採用担当の方が気付いてしまった場合、使い回しややっつけ仕事で提出したのではと思い、悪印象を与えてしまいます。

画質の良い綺麗な写真は好印象に繋がります。時間に余裕を持って、プロの方に撮影、現像してもらいましょう。

履歴書・エントリーシートの写真の背景は何色がいいのか

背景色は白、グレー、ブルーのいずれかを選びましょう。白は最も一般的ですので、迷ったら白を選びましょう。清潔感のある写真が出来上がります。ただ、背景と人物が馴染まず、浮き立ってしまうこともあります。そんな弱点を補うのがグレーです。グレーは濃い色を避け薄い灰色にしましょう。濃さによっては暗い印象を与えてしまうこともありますので、薄い色を選びましょう。

ブルーも濃い青を避け、薄い水色がベストです。明るい印象を与える写真が出来上がります。肌の色など、人によって背景の色の馴染み具合は変わります。3色を見比べて、自分にあった色を選びましょう。

履歴書・エントリーシートの写真はメガネをかけたままでもいいのか

メガネをかけたままで問題ありません。履歴書・エントリーシートは就活生の人柄や印象を確認する書類です。普段メガネをかけているのであれば、メガネのままで問題ありません。

面接時にメガネを着用する場合は特にかけて撮影した方が良いでしょう。メガネの有無で印象が変わってしまうこともあります。選考に大きな影響はありませんが、少しでも気になる方は、履歴書・エントリーシートの写真と、面接時のメガネの有無は統一しましょう。

履歴書・エントリーシートの写真はどんな表情をすればいいのか

表情は自然な笑顔で写るのがベストです。表情ひとつで印象は変わります。ですが、不自然な笑顔になってしまうのでしたら真顔で写った方が良いでしょう。暗い印象を与えてしまうので避けた方が良いですが、表情は自然さが重要です。歯は見せないで、あごを軽く引き、頬を少し上げる頬笑んだ表情がベストです。歯が見えるのは不自然で、ビジネスの場では不適切です。

履歴書・エントリーシートの写真は印象を与える重要な顔ですが、社会人として分別のないと思われてしまう、睨んだ表情や笑顔過ぎる写真はNGです。本当に軽く微笑む程度の、自然な表情で写りましょう。

履歴書・エントリーシートの写真撮影で注意すべき点

女性の場合、履歴書・エントリーシートの写真を撮る際のメイクは濃すぎないようにしましょう。かといってノーメイクはNGです。社会人はメイクすることもマナーのひとつですので、濃すぎず、薄すぎない清潔感あるメイクを心がけましょう。ラメは写真のライトアップで変に光ってしまうことがありますので避けた方がベストです。

チークやリップはピンク系やオレンジ系などの派手すぎない自然な色を選び、ファンデーションは首と顔の色味に差ができすぎないようにしましょう。目元はブラウン系の自然な色を選び、アイラインを使用するのはきつい印象を与えてしまうので避けた方が良いです。眉はしっかり描いた方がきちんとしたイメージになりますのでしっかりと、しかし濃すぎない程度に自然に描くのがベストです。メイクは濃すぎず薄すぎない、自然な色で自分をアピールできるメイクにしましょう。

また撮影前に前髪に注意しましょう。目や眉にかかってしまうのは暗い印象を与えてしまいNGです。長すぎる場合はサイドにワックスなどで流して整えましょう。目元や眉をしっかり写すのがポイントです。

撮影の際、自撮りはNGです。履歴書は胸から上を写す必要があります。自撮りすることで肩の高さが平行になりませんし、変な位置に影が入ってしまいがちです。プロの方に撮っていただければ肩の位置や影など整えてくれますので、履歴書・エントリーシートの写真はプロに撮ってもらいましょう。

履歴書・エントリーシートの写真は3ヶ月以内に撮った写真を使用しましょう。3ヶ月以上経った写真の使用はNGです。証明写真は現在の自分を証明する写真です。顔立ちなど大きな違いはないかと思うかもしれませんが、3ヶ月も経てば髪の長さなどは大きく変わります。履歴書・エントリーシートの写真は面接時に印象に大きな違いを与えないためにも、3ヶ月以内のものを使用しましょう。

また、返却された履歴書・エントリーシートの写真の使い回しもやめましょう。変なシワができたり角が折れてしまったりして、採用担当の方に悪印象を与えてしまいます。未使用の写真を使用しましょう。

履歴書・エントリーシートの写真撮影直前に最終チェック

撮影直前に身だしなみを再確認しましょう。服装はジャケットのしわを伸ばして、ワイシャツやブラウスの裾が上がったり、曲がったりしていないかチェックしましょう。歩いている内に案外外れてしまうことがありますので、ジャケットやシャツのボタンが外れていないかも確認し、ネクタイは歪みなく真っ直ぐになっていないか要注意です。

髪も寝癖がないか、変に跳ねていないかを確認し、整えます。女性の方はメイクもしっかり直しましょう。リップが取れてないか、目元にくまがないか要注意です。全て整えたら鏡を見て最後の確認を行い、撮影は万全の体制で挑みましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です