人事の心をつかむ「志望動機」の作り方・書き方・例文

採用担当者は志望動機のどこを見ているのか

採用担当者は志望動機をいくつかの項目に分けて見ています。まず、根本的なものとして字がきれいかどうかを確認します。字がきれいな就活生も字が汚い就活生もいますが、エントリーシートに書かれている志望動機は企業側に熱意を伝えるために大切な項目になります。その項目に対して就活生がどれだけ丁寧な字で書いているかによってどれほど熱意があるかを判断します。

軽く流して読む際に、読みづらかったり読み取れないような字で書かれていると、書かれていると内容を読んでもらう前に不採用となってしまいます。近年ではインターネットを利用にして志望動機を書くこともありますが、まだ多くの企業では紙によるエントリーシートの提出を求めることもあります。その方が簡単に熱意があるかどうかを判断できるためです。

そのため、就活生は志望動機の内容にのみ意識を集中させるだけでなく字が丁寧に書けているかどうかにも細心の注意を払う必要があります。もし、全てのエントリーシートの志望動機の欄を汚い字で雑に書いてしまうと面接などの選考に行く前に不採用となってしまうことも多くありますので、字を丁寧に書くことが大切なことになります。

エントリーシートを手書きで提出するように求められた場合は、いきなりエントリーシートに書くのではなく、エントリーシートをコピーして下書きや練習をするなどの下準備をすることが就活の成功につながっていきます。こうした手間をめんどくさがってしまっていては内定の獲得ができません。

さらに、字を丁寧に書くことは入社してから業務を行う際にも大切なことになってきます。業務の際に字が汚く取引先やお客さんに迷惑をかけてしまうなどのことも考えられるため、志望動機の字を丁寧に書くことは将来のためにも必要なことになります。字が丁寧に書かれていると判断できる志望動機の場合は次に内容について精査されます。

企業に興味を持ったきっかけは明確に書こう

まず確認されるのはその企業に興味を持ったきっかけです。製造業や小売店などの消費者に対してビジネスを行なっている企業の場合は興味を持ったきっかけは比較的簡単に書くことができます。就活生が日常生活で触れることも多く一般的によく知られている企業が多いからです。

しかし、企業間でビジネスを行なっている企業に対する志望動機として、興味を持ったきっかけを書くことは多少困難になります。就活生が日常生活で触れることが少ないためです。そのため、企業間でビジネスを行なっている企業に対する志望動機では、興味を持ったきっかけについて詳しく精査されます。

日常生活で触れることない企業に興味を持ったきっかけが曖昧だと、その企業のことを詳しく知らないことが多く発生してしまいます。詳しく知らないにもかかわらず入社してしまうと、入社前と入社後のギャップから数年で退社してしまうなどの事態が起きてしまいます。そのため、企業間でビジネスを行なっている企業では、その企業に興味を持ったきっかけを見ています。

もし、興味を持ったきっかけが企業の業務の内容とあまりにかけ離れていると判断された場合は不採用となってしまうことがあるため、事前にホームページなどを利用して最低限の業務の内容などは調べておくことが必要になります。多くの就活生は志望動機の欄に自分がその企業に興味を持ったきっかけをあまり重視し
ないで書いていることがあります。しかし、特に企業間でビジネスを行なっている企業の採用担当者はきっかけについて詳しく見ているため、必ず詳しく書くように心がけることが就活の成功につながります。

志望動機では業界への興味も示そう

次に見られるのはその企業が属する業界に対する志望動機です。一般的に業界ごとで仕事内容が大きく異なります。そのため、その業界に対する志望動機の書き方が確認されます。業界に対する志望動機が明確でないと、その企業に対する志望動機も明確ではないと判断することができます。また、他の業界でも通用するような志望動機を書いてしまうと、その業界を志望しているとは思われずに不採用となってしまうとことがあります。

業界の志望動機の書き方がそのままその企業の志望動機にもつながることも多くあるため、多くの採用担当者は業界に対する志望動機をよく見ています。また、採用担当者はその業界のことについてはよく熟知しているため、曖昧な志望動機や中身のない表面的な志望動機では採用されることが難しくなります。多くの就活生は一つの企業のことを詳しく調べることはしても業界について詳しく調べないことがあります。そのため、この業界に対する志望動機を明確に書くことで就活を有利に進めることができます。

業界について詳しく知るには大手の就職支援を行なっている企業の運営するサイトに掲載されている簡単な紹介を見ることもできます。さらに、業界研究セミナーが各地で開催されており、それに足を運ぶことも大切なことです。特に業界研究セミナーは就活のエントリーが始まる3月1日よりも前から開催されることも多くあるため、就活生はこの業界研究セミナーに足を運ぶことでスムーズに就活を進めることができます。

また、業界については3月1日以前にある程度希望を選択しておくことが大切になります。エントリーをしてから志望動機を考えてしまうと、自分が本当に希望している業界の志望動機も曖昧になってしまうため、事前に自分が希望する業界を絞っておくことが大切になります。3月1日以前に業界をある程度絞れている就活生は業界に対する志望動機を書くことは容易であり、また内容も充実したものになるため、内定を獲得する可能性が高くなる傾向にあります。

企業への志望動機では差別化を図ろう

業界に対する志望動機を確認した後に採用担当者はその企業に対する志望動機を見ます。一つの業界には数多くの企業が属しています。そうした中でその企業を選択した理由が非常に大切になります。その企業に対する志望動機が他の企業でも通用すると判断された場合は不採用となってしまうことがあります。似たような業務を行なっていたとしても全く同じことをしている企業は存在しません。わずかな業務の違いや仕事の内容を見極められているかを、その企業に対する志望動機で判断します。

業界によっては就活生にとって企業の差を見極めることが困難なこともあります。そのため、その企業に対する志望動機を書く前には、かなり入念にその企業に対して知っておくことが大切になります。就活生の中にはホームページを見ただけでその企業に対する志望動機を書く人もいますが、それだけでは基本的には不十分です。なぜなら、企業のホームページは他の就活生も同様に見ているからです。そのため、同じような志望動機になってしまい企業側に熱意が伝わりづらくなってしまいます。

企業の採用担当者も同じような志望動機を書いているエントリーシートは通過させないことがあるため、自分で入念に企業について調べて、自分の言葉で志望動機を書くことが非常に大切になります。

自分の足で会社に行って情報を得ることが大切

企業について入念に調べるにはその企業の会社説明会に参加することや企業見学、企業訪問に参加することも大切なことになります。会社説明会や企業見学、企業訪問が直接採用に影響することはそれほど多くはないですが、エントリーシートにおける志望動機などで間接的に影響することがあるため、必ず足を運ぶことが必要になります。

就活生の中には足を運ぶことが面倒だと感じる人もいますが、会社説明会や企業見学、企業訪問ではホームページなどでは知ることのできない情報を多く得ることができます。また、企業の人と直接話すことでその企業の雰囲気や働き方などについても知ることができるため、入社後の仕事のイメージをしやすくなります。

そのため、会社説明会や企業見学、企業訪問に足を運ぶことは就活において非常に大切なことになります。会社説明会や企業見学、企業訪問の他にもインターシップに参加することも、志望動機を書く際には有効なことになります。

インターシップでは企業の業務について触れることができるため、その企業が自分に向いているかどうかを確認することができます。また、インターシップなどで感じた魅力はそのままその企業の志望動機につながっていくため、インターシップに参加することで就活をスムーズに進めることができます。

OB訪問で自分だけの志望動機を組み立てよう

さらに、インターシップの他にもOB訪問をすることも志望動機を書く上で大切なことになります。会社説明会や企業見学、企業訪問では質問しにくい内容のこともOB訪問では聞くことができます。また、採用担当者よりも年齢が近いことがあるためより新しい情報を獲得することもできます。

OB訪問はその大学における特権であるため他の就活生とかぶることも少なくなり、志望動機を書く際も他の就活生よりも有利に働くことがあります。さらに、OBの志望動機を聞くことで自分の志望動機をより充実させることや、採用に関するアドバイスをもらうこともできます。このようにOB訪問は志望動機を書く際に多くのメリットを与えてくれるため、就活生にとってはとても大切なことになります。

また、採用担当者にもその企業を志望しているという熱意が伝わりやすく内定の獲得につながるともあります。就活生の中にはOB訪問を軽視している人もいますが、逆に多くの企業の採用担当者はOB訪問を大切なものと認識しています。そのためOB訪問を行うことは他の就活生よりも就活を有利に進めるために非常に大切なことになります。

もし、自分が希望する企業にOBが在籍していない場合は他の大学の社員の人でも十分に情報を提供してくれるので、一度企業に問い合わせることが大切になります。ほとんどの就活生がここまで行動することがないため、採用担当者にはいい印象を与えることができます。

入社後の自分のやりたいことは明確に志望動機に入れよう

その企業に対する志望動機を見た後はその志望動機から発展させて、就活生がやりたいことについて見ます。志望動機はあくまで入社する前までのことを記すものです。しかし、採用担当者は入社した後のことも志望動機の欄から見ることが多くあります。その一つとして就活生がやりたいことについて確認します。

やりたいことは就活生が入社してからのことを書くことが一般的です。就活生がやりたいことや実現したいと思っていることが、その企業でできないと採用担当者が感じた場合は不採用となってしまいことがあります。なぜなら入社後に自分のやりたい仕事ができずに数年で退社してしまうことが発生するからです。そのため、就活生がやりたいと思っていることがその企業でできるかを細かく判断します。

やりたいことが他の企業でもできると判断できる場合や志望動機とやりたいことが結びついていない場合は、不採用となってしまうことがあります。多くの就活生は自分の学生時代の活動など過去のことについて詳しく書くことがありますが、採用担当者は将来のことについても判断材料として見ています。

就活生は過去の出来事だけでなく将来のことについても十分に考えておくことが大切になります。将来のことについて考える際は、より具体的に検討することが重要になります。具体的に検討した内容がそのまま自分のやりたいことや実現したいことにつながるため、3月1日以前の時間に余裕があるときに十分に検討しておくことで就活を成功させることができます。

以上のようなことを採用担当者は見ています。しかし、これはあくまで一般的なことであるため採用担当者によっては他のことを見ていることもあります。また、業界によっても見るところは変わりますし、企業によっては重視するポイントが異なります。そのため、志望動機を書く際は必ず自分の言葉で書くことが大切になります。インターネットなどに掲載されているお手本やテンプレートを真似するだけで内定を獲得することは困難です。志望動機は時間をかけて丁寧に書くことで就活の成功につながります。

志望動機の書き方

志望動機の書き始めはその企業やその企業が属する業界に興味を持ったきっかけです。多くの就活生は何も前置きをすることなくいきなり志望動機ややりたいことを書くことがありますが、興味を持ったきっかけを書くことが就活では大切になります。書き始めを興味を持ったきっかけにすることで、その後に書く業界や企業に対する志望動機ややりたいことへの説得力が強くなります。

逆に書き始めに興味を持ったきっかけを書かないと曖昧で説得力のない志望動機になってしまいます。内定を多く獲得することのできる就活生の多くは興味を持ったきっかけから書き始めることがほとんどです。そのため、書き始めは興味を持ったきっかけを書きます。その後に業界研究セミナーなどで得た情報を活用して業界に対する志望動機を書きます。

もし、業界研究セミナーに足を運んだ場合はそのことを直接書くことも就活の成功につながります。自分がどれだけ熱意を持っているかを伝えることが大切になります。また、業界に対する志望動機は具体的に書くことが大切です。

例えば「人の役に立つから」や「規模が大きいから」といった例文の書き方のような抽象的な表現はよくありません。どの業界にでも通じることですし、何をやりたいのか伝わりにくいです。そのためこうした抽象的な表現ではなくなるべく具体的な志望動機を書くようにすることが大切です。

基本的な書き方としては、その業界の業務の内容まで踏み込むことが大切です。業界に対する志望動機の後にその企業に対する志望動機を書きます。企業に対する志望動機の書き方はより具体的に書くとともに、他の企業との差を明確に記し、その企業に就職することの意義を示すことが必要になります。

企業に対する志望動機の書き方として必ず興味を持ったきっかけや業界に対する志望動機と結びつけることが大切です。興味を持ったきっかけが大学の講義であるのか、アルバイトであるのかによって志望動機の説得力は変わってきます。

終わりの書き方は自分がやりたいことを書くことが大切です。将来、自分がやりたいことを書くことで過去のことだけでなく未来のことも考えていることが伝わり、採用担当者も迷うことなく内定を出しやすくなります。このやりたいことというのも、志望動機と同様に具体的に書くことが大切です。

抽象的な例文として「世界を変えたい」、「自分の成長させたい」、「人々を助けたい」、「色んなことに挑戦したい」があります。多くの就活生はやりたいことについてこのような抽象的な表現を使ってしまいます。これでは何をやりたいのかが伝わりません。

こうした抽象的な表現をしないための書き方として大切なことは、一般的に5w1hを意識した書き方です。つまり何を、どこで、なぜ、いつ、誰が、どのように行うかを意識することが志望動機を書く際には非常に大切になります。上述の抽象的な例文には何を、どこで、なぜ、いつ、誰が、どのようにがわかりません。

自分がやりがいことや実現したいことについて十分に検討をしていない就活生は上述の抽象的な例文のような表現を利用してしまう傾向にあります。志望動機を書く前に検討する際は、何を、どこで、なぜ、いつ、誰が、どのようにを意識して考えると具体的な志望動機を書きやすくなり、就活の成功につなげることができます。これは面接などでも大切なことであるため、必ず具体的に書くことを意識することが重要です。

志望動機の例文

さて、ここからは業界や職種ごとに分けて、志望動機の例文を紹介していきます。自分の興味のある分野に関しては、必ず確認しておきましょう。また、現時点で就活していく業界や職種を迷っている方も、以下を見てそれぞれの雰囲気を掴んでおくことをおすすめします。

事務

事務の志望動機の例文としては地道な作業が好きであるからということができます。事務の仕事は華やかなものでないことが多くあります。そのため地道に作業をすることが好きな人には向いている仕事と言えます。しかし、事務の仕事は地道でありながらもスピードや丁寧さも必要となります。こうした点も志望動機に書くことが大切になります。

製造業

製造業の志望動機の例文として小さい頃からその商品を使っていることを述べることができます。製造業は幅広いため、他の企業との差を明確にすることが大切です。製造業で差を明確に示すためにはその企業が製造している商品について述べることが必要です。

また、その商品を作りたいのか、世界中に広げたいのかなど具体的に書くことでより説得力のある志望動機になります。製造業の志望動機として多くの就活生は「手先が器用だから」と述べることがありますが、仕事をする上ではほとんどの仕事が手先を使います。

また、製造業は幅広いため、企業を選択する際には利用できない志望動機として注意をする必要があります。そして、近年では製造業は海外に工場を建設したり海外に支店を設立させたりしています。海外での活動に興味がある就活生はそのことも志望動機に付け加えることで、より魅力的な志望動機になります。

看護師

看護師の志望動機の例文として、自分が病院に行った際の体験を利用することがあげられます。病院で入院した際の看護師の対応などについて述べることでより具体的な志望動機になります。また、人と接するのが好きということも志望動機として考えられます。

他の業界でも人と接することはありますが、看護師は人と接するのが仕事といっても過言ではないほど毎日人と接しています。看護師のスキルだけでなく性格や人間性などの内面が看護師に向いていることを書くことで魅力的な志望動機になります。

公務員

公務員の志望動機なので、例文としては何よりも人のことをサポートすることが好きであることがあげられます。国家公務員は国民のために、地方公務員は市民のために働くことになります。そのため、人々の生活を観光や自然など様々な視点からサポートする気持ちを志望動機には書くことが大切になります。

医療事務

医療事務の志望動機の例文としては、医療に関することを技術的な面からアプローチしたいことを述べることができます。医療の技術は年々進化しており、病院などの施設にも最新の機器が利用されています。そうした状況を支えているのが医療事務になります。

医者はこうした最新の機器に関してそれほど詳しくないことがあります。そのため、医療事務を志望する際は医療の現場を技術的に支えることを志望動機として書くことが大切になります。

営業

営業の志望動機の例文としては、コミュニケーション能力をアピールすることが大切です。新卒の就活生の場合はアルバイト先での経験や、部活動では自分の役割など、自分がコミュニケーション能力を用いてどれだけの功績を残してきたかを述べることが大切になります。事務などと比べると取引先の人などと話すことも多くコミュニケーション能力が仕事に大きな影響を与えます。

もし、コミュニケーション能力が高くなかったとしても、苦手ながらも成し遂げたことなどについて述べるなど具体的な功績を示すとより魅力的な志望動機になります。功績を示さずに書いてしまうと、ただ話すのが好きな人として見られてしまい不採用となってしまうことがあります。経験などについてできる限り具体的に書くように心がけることが大切になります。

アパレル

アパレルの志望動機の例文として、そのブランドに対する思いを書くことが大切になります。就活生の中には「ファッションが好きだから」といった志望動機を書く人もいますが、アパレル業界を志望する学生は全員が同じ思いを持っています。その中でも自分がどのブランドが好きで、どこが好きなのかまで細かく書くことが大切です。

介護士

介護の志望動機の例文としては、介護施設での経験を書くことが大切なことになります。介護は営業でのコミュニケーションなどとは異なります。何よりも経験が必要な仕事であるため、介護施設での経験について述べることが必要です。

特に自分が介護をするにあたって行なった工夫や、得たことについて述べることで、より魅力的な志望動機になります。逆にただ経験したことを述べるだけでは、抽象的な志望動機になってしまうため自分が行ったことを具体的に書くことが重要です。

保育士

保育士の志望動機の例文として、自分の身の回りにいる子供との関係について述べることが大切になります。単に子供が好きというだけでは志望動機としては曖昧になってしまいます。

販売

販売の志望動機の例文としてアルバイトでの接客の経験を述べることが大切です。特に商品を売るときに苦労したことや工夫した点などについて詳しく述べることでより具体的な志望動機を書くことができます。

食品関係

食品の志望動機の例文としては製造するだけでなく管理することについても述べることが大切です。近年では食品の安全面に対してかなり厳しい管理が行われるようになっています。ただ単に製造すれば良いわけではないので、管理まで行うことを述べることでより魅力的な志望動機になります。

飲食店

飲食店の志望動機の例文としては、その店に行った時の思いを伝えることが大切になります。その店のサービスの良かった点や自分が入社して改善したい点などより具体的に述べることで採用担当者に熱意を伝えることができます。

不動産

不動産の志望動機の例文として、自然なや町並みにも言及した志望動機を書くことが大切になります。近年では町ごとで町並みを整備するなどの取り組みが行われています。そのため、不動産をただ売るだけでなく町の魅力についても考慮して仕事をすることが大切になります。

メーカー

メーカーの志望動機の例文としては、将来自分がどのようなものを作りたいのかについて述べる必要があります。多くの就活生はその企業の商品の良さを述べるだけであるため、将来自分が作りたい商品について述べることで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

また、近年では商品の販売を海外に広げている企業が多く存在します。日本国内だけでなくグローバルな視点を持って就活をしていることについても書くことで、より魅力的な志望動機になります。

さらに、商品開発などに関してのアイディアがある場合は、それを書くことで面接などの選考まで進むことができる可能性が高くなります。企業では新しい考えを持った就活生を獲得したいと考えているため、より内定を獲得できる可能性が高くなります。

経理

経理の志望動機の例文としては、パソコンのスキルをアピールすることが大切になります。多くの企業では書面による書類の管理からパソコンなどITを利用した書類の管理に移行しています。

しかし、年齢の高い社員の場合はITに関する知識が少ないことがあるため就活生にはパソコンなど能力を求めます。そのため、パソコンなどの能力をアピールすることが就活の成功にもつながります。

志望動機がない・思いつかない場合の対処法

志望動機がなかったり思いつかなかったりする場合は、その企業のイベントに足を運ぶことが大切です。インターネットなどの情報からでは十分な志望動機は書けません。会社説明会をはじめ、短期インターンシップやOB訪問イベントなど、会社に行ける機会は様々にありますので、ぜひ足を運んでみましょう。

志望動機は箇条書きでもいいのか

志望動機は箇条書きでも構いません。ビジネスで用いる文は長い文章ではなく簡潔にまとめた箇条書きであることが多くあります。そのため、企業の採用担当者は箇条書きの方が見慣れていることもあり、文章の内容が伝わりやすくなります。

面接で志望動機を聞かれたときの答え方・ポイント

面接で志望動機を聞かれた時の答えは自分の力がどれだけその企業で活用できるかを述べることがポイントになります。どれだけ熱意があったとしても、就活生の能力が活かせなければ企業にとっては採用する意味がありません。自分のスキルに関することだけでなく自分の性格や人間性などの内面がどれだけその企業に向いていて、どれだけ活用できるかを述べることが大切なことになります。

就活生の中には面接の際にただひたすら熱意を語って帰るだけの人も存在しますが、採用担当者はより実務的な視点から就活生を見ています。その就活生がどれだけの利益を生み出してくれるかを細かく判断しているため、熱意を伝えるだけでは内定の獲得までたどり着くことはできません。

また、答える時は必ず目を見て答えることが大切になります。特に新卒の就活生の場合は緊張や面接に慣れていないことから答える際に目を背けて答えてしまうことが多くあります。目を背けながら答えることは基本的に失礼にあたりますし、その答えに対して人が無いように判断されてしまいます。た

とえ内容が良くても、目を背けて答えることでその就活生に魅力がないように採用担当者には見えてしまいます。事前に志望動機などについては十分検討しておき、大学の就職に関する課などで練習をするなどして身を背けないように準備しておくことが大切になります。

目を背けてしまうことと同様に、声が小さくなってしまうことも多くあります。緊張は誰でもしてしまうものであるため、面接では緊張するものだと受け入れた上で事前に練習をしておくことが必要になります。練習する時は友人などではなく、研究室の教授などにお願いするとより実践的な受け答えができるようになります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です