エントリーシートの書き方と例文|学歴欄・自己PR欄・志望動機欄の書き方

エントリーシートの書き方として、内容は一般的に基本情報、学歴・職歴、自己PR、志望動機になります。

基本情報の書き方と例文

基本情報の書き方は基本的に次の項目になります。

  • 名前
  • 生年月日
  • 年齢
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • 出身大学及び出身学部

これらの項目は企業によって異なります。基本情報が間違っていると選考に進めなかったり、企業からの重要な書類が配送されないなどの事態が発生してしまいます。普段から書き慣れていて油断し、稀に間違ってしまう就活生もいるため、書く際には注意する必要があります。

学歴・職歴の書き方と例文

学歴欄の書き方1:「出身中学校」から書くのが基本

学歴・職歴の書き方として基本的に出身中学校から書くことがあります。これは面接などの選考の際に学生時代の活動について問われた時、中学生の頃のことを話すことが考えられるためです。面接などの選考で学生時代の活動について問われる時は多くの場合は大学生の時の経験を話します。

しかし、企業によっては就活生の人物像をより性格に捉えるために中学生の頃の話を求めることもあります。そうした時は学歴・職歴の欄に出身中学校を記しておくと話がスムーズにできて、面接が成功することにつながります。学歴・職歴の欄に出身中学校を記していないがために面接で話に戸惑ってしまう就活生が多くいます。学歴・職歴の欄に出身中学校から書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。また、出身中学校を書く際は公立や私立なども含めて正確に記すことが大切です。

学歴欄の書き方2:出身高校は「高等学校」と記載する

出身中学校の次に出身高校を記します。面接などでは一般的に「高校」という表現を用いますが、エントリーシートの学歴・職歴の欄に出身高校を記す際は「高等学校」と記すことに注意する必要があります。出身中学校などと同様に必ず正式名称で記すことが大切になります。これは入社して仕事をする際にも非常に大切なことになるため、多くの採用担当者は注意深く見ています。また、出身中学校も同様に入学年度と卒業年度を記す必要があります。入学年度と卒業年度を正確に記さないと年齢などにズレが出てしまうため間違えないように記すことが大切です。

学歴欄の書き方3:出身大学は「学部」「学科」なども記載する

出身高校の後は出身大学について記します。出身大学を記す際は同時に学部や学科、専攻なども記す必要があります。学生時代の活動について面接で問われる際も多くの場合は大学生の頃のことについて質問されます。そのため、エントリーシートの学歴・職歴の出身大学の書き方として学部や学科、専攻まで記すのが一般的です。

これらの学歴を記す際は出身中学校、出身高校、出身大学の間隔を少し開けて書くと採用担当者も見やすくなります。こうした配慮が入社後の仕事にも大きな影響を与えることがあるため、エントリーシートの学歴を書く際は注意して書くことが大切になります。新卒の就活生の場合はこれらの学歴を記せば特に問題はありません。

学歴欄の書き方4:最後に「以上」と書く

全てを記した後に「以上」などと記して、学歴・職歴の欄は完成します。職歴がある場合は学歴から少し間隔をあけて入社年度とともに入社した企業名を正確に記します。エントリーシートの学歴・職歴の書き方として一般的に「株式会社」を「(株)」と略すことはあまりいいことではありません。その企業の正式名称を記すことが大切です。転職の際の面接ではほとんどの場合前の企業のことについて質問されます。そのため、退社した場合は退社年度も記しておくことが必要になります。

自己PRの書き方と例文

自己PRの書き方として新卒の就活生の場合は学生時代の活動に基づいて書くことが大切になります。例えばただ単に「私は責任感があります。」と記しても何も説得力がありません。書くだけならば誰でもできるからです。

しかし、学生時代の活動を踏まえて「私は部活動で主将をしていたので責任感があります。」と記すとかなり説得力が強くなります。このようにエントリーシートの自己PRでは必ず学生時代の活動に基づいて書くことが就活の成功につながります。

自己PRの例文:

さらに、例文として「私は部活動で主将として50人の部員をまとめていたため責任感があります。」と記すとより説得力が増します。このように学生時代の活動については具体的に書くことが非常に大切になります。具体的に書くことで実績や功績がより明確に採用担当者に伝わるとともに、就活生の人間性や性格が採用担当者にわかりやすく伝わります。

自己PR欄の書き方1:抽象的な表現をしない

多くの新卒の就活生のエントリーシートの自己PRは「私は責任感があります。」のように抽象的で、学生時代の活動などの根拠がないため魅力のない自己PRになってしまっています。エントリーシートの自己PRの欄は学生時代の活動に基づいて書くとともにより具体的に書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

自己PR欄の書き方2:仕事への影響を明確にする

また、記した自己PRが仕事にどのような影響があるかについても記すことが非常に大切なことになります。例文として「私は責任感があります。」と書くだけでなく、「私は責任感があるため、入社したら任された仕事には責任感を持って取り組みます。」と書くほうが採用担当者にはいい人材として判断されます。

仕事にも活用できると自己PRすることでその企業の仕事の内容についての理解があることも示すことができるため、就活が成功する可能性が高まります。多くの就活生は自分の長所を記すだけで仕事に対する活用を書いていないことがほとんどです。エントリーシートの自己PRの欄では自分の長所が仕事に活用できることまで書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

多くの学生は自分の過去と経験について書くことが多いが、企業の採用担当者は未来の活躍について考えた上で採用か不採用かを決めています。自己PRの欄では自分の将来についても書くことが大切です。

志望動機の書き方と例文

エントリーシートの志望動機の書き方は基本的に

  • 興味を持ったきっかけ
  • その業界の志望動機
  • その企業の志望動機
  • 将来やりたいこと

などを記すことが必要になります。多くの就活生はその企業に対する志望動機のみに固執して書いていることがありますが、採用担当者はその業界やその企業に興味を持った理由や、その業界に対する志望動機、将来やりたいことなどについても細かく見ています。なぜならその業界やその企業に興味を持った理由や、その業界に対する志望動機、将来やりたいなどがその企業に対する志望動機を根拠づけるものになるからです。

ただ単にその企業に対する志望動機を書いているだけだと説得力がなく曖昧なものになってしまいます。逆にその志望動機を持つまでの経緯やその後のことまで記している就活生の志望動機は説得力があり、採用担当者には魅力的に映ります。

志望動機欄の書き方1:ホームページ以外を参考にする

志望動機の書き方としてその企業のホームページだけを参考にしているとあまり魅力的なものにはなりません。就活生ならば誰でも見ることのできる情報であるためです。志望動機を書く際にはその企業が属する業界の業界研究セミナーやその企業の会社説明会、企業見学、企業訪問、インターンシップなどに直接足を運び、そこで感じたことや学んだことなどを参考に書くことが非常に大切なことになります。

OB訪問などを行なった場合はOBからのアドバイスなども参考に書くことが大切です。このようにエントリーシートの志望動機を書く際はホームページなどの言葉を引用することは避けて、必ず自分の言葉で書くことが就活の成功につながります。

志望動機欄の書き方2:面接で質問されることも意識する

また、志望動機は面接などの選考の際にはほとんどの場合質問される項目です。表面的な内容では不採用となってしまうため、エントリーシートの志望動機を書く際には十分に検討したことを書くことが大切です。

志望動機欄の書き方3:その企業でなければいけない意思を見せる

さらに、自分が書いた志望動機が他の企業にも当てはまっていないかを確認することも非常に重要になります。他の企業にも当てはまっている場合は、他の企業でも働けるためその企業では採用されないことがあります。多くの就活生は志望動機を他の企業でも利用することがありますが、必ずその企業に合わせた志望動機を書くことが必要になります。このような手間をかけることが就活の成功につながります。

エントリーシートを書く時の注意点

エントリーシートを書くときの注意点として字を丁寧に書くことがあげられます。エントリーシートの字を雑に書いてしまうと採用担当者は内容を見ることなく不採用としてしまうことがあります。なぜなら入社後の仕事でも取引先などに迷惑をかけてしまうと判断されてしまうからです。

就活生は数多くのエントリーシートを書くため、字が雑になってしまうことが多々あります。こうしたところまで気を配ってエントリーシートを書くことで他の就活生よりも有利に就活を進めることができます。

エントリーシートは手書きにすべきかチェックしよう

近年ではインターネットを利用してエントリーシートを提出する企業も存在しますが、多くの企業は手書きによってエントリーシートを提出するように求めます。それは字が丁寧であるかなどを判断しているからです。企業によっては指定している場合もあるため、募集要項などをチェックしておきましょう。

エントリーシートを書く際には、字が消えないペンを利用する

また、エントリーシートを書く際は必ず字が消えないペンを利用することが大切です。シャープペンシルなどの字が消せるもので書いてしまうと、郵送や保管の際に字が消えてしまい、選考に進めないことが起きてしまいます。最近では字を消すことができるボールペンなども存在しているため、字が消えないものでエントリーシートを書くことが必要なります。

エントリーシートを郵送する時の封筒の書き方

エントリーシートを郵送する時の封筒の書き方として、必ずエントリーシートが入っていることを記す必要があります。企業には一日に何通もの書類が届きます。そのため、エントリーシートが入っていることを記さないと選考に進むことができないことが起きてしまいます。

エントリーシートと一緒に送る添え状の書き方

エントリーシートと一緒に送る添え状の書き方として、必ず封筒の中に入れたのもを丁寧に記すことが大切なことになります。添え状は就活において大きな役割を果たすわけではないため、そこに志望動機などを熱く書かないよう注意しましょう。可能な限りシンプルに書きましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です