就活で不安や焦りを感じる時の対処法

就活に不安や焦りを感じた時の対処法

就活に焦りや不安を感じた時の対処法として人に相談することが考えられます。就活では誰もが一度は焦りや不安を感じることがあります。ですのでもし、就活で焦りや不安を感じた時は恥ずかしることなく誰かに相談することが大切になります。

就活は数カ月にも及ぶ活動であり、焦りや不安によって心身ともに疲労が必ずきます。自分だけでなく誰もが感じることなので恥ずかしることはありませんし、それが普通のことです。相談する相手は人によりますが一般的には父親や母親、兄弟などの家族に相談することがあります。

相談はまず親族に

特に両親は過去に就活をしていることもあるため、相談することで焦りや不安に共感してもらい、焦りや不安を解決することができます。就活をしたことがない両親でも、自分の焦りや不安を話すことで心が軽くなり焦りや不安が少なくなることもあります。

さらに、両親に相談し心が軽くなることで就活の成功につながることもあるため、焦りや不安を両親に相談することは非常に重要なことです。また、兄弟に相談することも心の負担を軽くする手段になります。特に年齢が上で就活を経験している兄弟の場合は具体的なアドバイスなど実用的なことを相談できるため就活の成功につながることも多くあります。相談する内容は就活のことを直接しなくても、間接的に焦りや不安を話すことで気持ちが楽にらることがあります。そのため、焦りや不安を感じた時は両親や兄弟に相談して対処することが大切です。

相談相手は友人がおすすめ

相談する相手は家族の他に友人にすることも有効な対処法になります。友人も就活している場合は互いに情報を交換することもできますし、お互いが焦りや不安をぶつけ合うことで心が軽くなります。さらに、他の就活生も自分と同様に焦りや不安を感じていることを実感できるためお互いにとっていい刺激になります。

就活を行なっていない友人であっても、焦りや不安を相談することで就活生ではない視点からのアドバイスなどを受けることがでるためとても有効な対処法になります。また、就活をしていない友人と就活に関係ない話をすることで何かヒントや気づかなかったことに気づくこともあります。就活で焦りや不安を感じた時に友人に相談するのは非常に大切なことです。

大学の教授に相談してヒントを得よう

また、新卒の就活生の場合は研究室の教授などに相談することもできます。研究室の教授は人によっては企業の人と共同研究をするなどしていて、社会のことに詳しいことがあります。そのため、非常に有効なアドバイスや指摘をもらえることがあります。さらに、家族や友人よりも客観的に物事を見ることができるため、就活について的確な意見を聞くことができて、就活の成功につながることがあります。

就活では焦りや不安によって自分のことを客観的に見れなくなることがあります。自分を見失ってしまわないように客観的な意見を聞くことが大切であり、新卒の就活生の場合はそれが所属している研究室の教授になることが多くあります。

一般的には以上のような人に相談することが焦りや不安を感じた時の対処法として有効です。人によっては上記の人以外にも相談する人はいることが多いので、焦りや不安を感じた時は恥ずかしがることなく相談して、焦りや不安を解消することが就活を成功させるためにも大切なことになります。

自分の時間を作ってリラックスしよう

人に相談する以外にも一人の時間を作ることも対処法の1つとしてあげられます。就活は会社説明会や選考を含め人と接する機会が多くあります。また、新卒の就活生の場合は就活に慣れておらず、就活の場では緊張をすることが多くあります。普段行わないことをしているため、知らない間に精神的に疲れていることが多くの就活生に見られます。そのため、就活などの非日常と日常を明確に区別することで就活における焦りや不安を軽くすることができます。

その1つが一人の時間を作ることです。上述の通り、就活の際には必ず人と接します。人によってはそのこと自体が心の負担となり焦りや不安につながってしまいます。会社説明会や選考が基本的行われない土曜日や日曜日や祝日などは一人の時間を作り、趣味などに没頭することで就活の焦りや不安を軽減させることができます。

また、就活とそうでない時のメリハリがつくため就活においても良い結果をもたらしてくれることが多くあります。就活がない時は気分をリラックスさせるために一人の時間を作り、生活にメリハリをつけることが就活においては焦りや不安を解消する非常に有効な対処法になります。

一般的に就活での焦りや不安は精神的に疲れていることが原因となるため人と話すことや一人の時間を作ることで解消できます。しかし、それ以外にも人によってはリラックスの方法は異なります。自分がリラックスできる方法を見つけておくことが大切になります。

就活で不安や焦りを感じてしまう理由ランキング

それでは、ここからは就活で不安や焦りを感じてしまう理由を、ランキング形式で紹介していきたいと思います。

1位 内定が全く獲得できない

就活で焦りや不安を感じてしまう理由として最も多いのは内定を獲得できないことです。就活生が就活で焦りや不安を感じる理由として内定が出ないことがほとんどと言っても過言ではありません。就活が将来を左右することもあるため就活生にとって内定がないことは将来の不安につながります。

内定が一社でもある就活生と一社もない就活生の焦りや不安の差は天地の差ほどあります。就活は数カ月にも及ぶものであり、精神的に疲れているにも関わらず結果が出ないとほとんどの就活生が焦りや不安を感じてしまいます。数カ月にも及ぶ就活が無意味なものに感じてしまい、自分の行動を失敗だと決めつけてしまいます。

しかし、就活で大切なことは失敗しても次を見ることです。内定が出ていなくても次の企業の選考のことを考えらければ就活は成功しません。焦りや不安を感じてしまい、次のこともおろそかになってしまうとその企業からも内定を獲得することができず、悪循環が起きてしまいます。

2位 自分の希望する会社で内定が獲得できない

自分が行きたいと思っていない企業の内定を獲得し、自分が行きたいと思っていた企業の選考で落ちてしまった就活生です。自分では納得し難い結果から強い不安に襲われることが多くあります。自分がやりたいと思っていない企業に就職するかどうかを深く悩んでしまい、不安になってしまいます。

就活で悔いが残ってしまい、たとえ入社しても数年で企業をやめてしまうことも発生してしまいます。そのため、自分が行きたいと思っていない企業から内定を獲得した場合も就活生は焦りや不安を感じてしまいます。

3位 優秀な友人と自分を比較してしまう

就活で焦りを感じる理由として、友人と比較してしまうことが考えられます。自分の友人には企業から内定が出ているにも関わらず自分には内定が出ていないときは強い焦りに襲われてしまいます。自分が他人よりも劣っているというと感じてしまい、自信を失ってしまいます。

また、自分が行きたいと思っていた企業の内定を友人が獲得している場合も焦りや不安を感じます。同じ企業の選考を受けていても自分に内定が出ていない場合は自分の評価が低いと思ってしまい、他の企業の選考にも悪影響を与えてしまいます。

以上のようなことが就活で不安や焦りを感じてしまう理由ですが、基本的には精神的に自分を失ってしまうことにつながります。客観的に自分を見ることができなくなるとともに、自分への自信を失ってしまい強い不安や焦りを感じてしまいます。しかし、こうした強い不安や焦りはほとんどの就活生が経験することです。

就活の不安で涙が止まらなくなってしまったら

就活の不安で涙が止まらなくなってしまったら、無理に我慢せずに泣くことが大切です。就活の不安で涙が出てしまうのは精神的に限界がきていることが多くあります。これ以上強がってしまうと精神的に支障をきたしてしまいます。涙が止まらなくなってしまったら、強がらずそのまま泣いてしまうことで少しでも心の負担を軽くすることができます。

現実的には何も変わっていないように感じますが、心の負担を軽くすることで表情などにわずかながら変化が現れ、就活が成功することが多々あります。就活の不安で涙が止まらなくなったら全ての不安や焦りとともに泣いてしまうことが大切になります。

また、相談できる友人などがいる場合はその友人に不安や焦りを吐露し泣いてしまうことで心の負担はかなり軽くなります。我慢しすぎることなく就活を進めることはとても大切なことです。我慢して就活を継続していてもいい結果は生まれにくいため、不安や焦りは適宜排出することが大切です。その一つとして涙を流すことがあるので、就活で不安を感じて涙が止まらなくなったら泣いて不安を出してしまうことが非常に大切なことになります。

就活の不安を煽るようなものは見ないようにしよう

就活の不安を煽るようなものは見ないようにすることが大切です。就活で不安や焦りを感じてしまうと就活の失敗につながってしまいます。むやみやたらに不安を煽るようなのもは見ないことが就活の成功にもつながります。

特に注意すべきものはインターネットなどの情報です。インターネットの情報は必ずしも正しいものではありませんし、誰が掲載してるか確かではありません。そのため、就活生の不安をただ煽るような情報が掲載されていることも多くあります。不安や焦りを感じている就活生にとってそういった情報を目にすることでさらに不安や焦りを増大させてしまいます。

不安や焦りが増大するとともに自分を過小評価してしまうなど就活の失敗につながることも起きてしまいます。就活の不安や焦りを煽るようなものを見ることにメリットはほとんどありません。たとえ就活で不安や焦りを感じても信用できない情報や、むやみやたらに不安を煽るようなものを見ないことが就活にとってはとても大切なことです。

就活で出遅れてしまう人の特徴

就活で出遅れてしまう人の特徴は事前の準備が遅いことがあげられます。就活は三月からエントリーを開始することが一般的ですが、業界や企業に関する情報はそれよりも前に調べることができます。業界については業界研究セミナーが開催されていたり、大手の就職支援を行なっている企業のサイトに簡単な説明が掲載されていることもあります。

業界についてある程度調べておくことで自分のやりたいことや興味のあることを見つけることができて就活をスムーズに進めることができます。こうした業界研究セミナーは二月など三月以前から開催されていため、企業のエントリーが三月からだと考えずに早いうちから業界について調べることが出遅れないためには大切になります。

インターンシップ情報も確認しておこう

多くの企業ではインターンシップという制度を用いて業務の内容などを就活生に伝えています。経団連に所属している企業の選考は六月以降と定められているため、インターンシップで選考を行うことはないですが、その企業の業務や雰囲気が自分に合っているかを確認することはできます。

インターンシップではインターネットなどからはわからない情報を聞くこともできるため、三月以前から情報を集めることはできます。業界研究セミナーやインターンシップなどで情報の収集をしないで三月以降からでいいと考えている就活生は事前の準備が遅くなってしまい、就活で出遅れてしまいます。自分のやりたいことや興味のある業界について考えておくだけでも就活がスムーズにいくことが多くあるため早めの準備が大切になります。

インターネット上の情報を鵜呑みにしないようにしよう

就活で出遅れてしまう人はインターネットの情報を鵜呑みにしてしまう特徴があります。大手の就職支援を行なっている企業の運営するサイトをのぞいて、他のサイトには曖昧な情報や間違った情報が掲載されていることが多くあります。そうしたサイトの情報を鵜呑みにしてしまい間違った事前の準備をしてしまったり、三月から行動を開始するなどのことをしてしまうと就活で出遅れてしまいます。

正しい情報を収集して、不安がある場合は業界研究セミナーやインターンシップなどに直接足を運ぶことが大切です。業界研究セミナーやインターンシップで企業が直接発信している情報はあまり間違いはありません。インターネットなどの情報よりは信用ができるため、事前に業界研究セミナーやインターンシップに足を運ぶことで正しい情報を獲得できて、就活で出遅れてしまうことはなくなります。

アルバイトと並行して就活する場合は気をつけよう

さらに、新卒の就活生の中でアルバイトを継続させながら就活している場合は出遅れてしまいます。就活は忙しい時期には一日で複数の企業を訪問することもあります。そのため就活とアルバイトの両立は難しくなっています。そうした状況でもアルバイトを継続させようとしてしまうと就活で出遅れてしまいます。

就活では企業や業界のことについて詳しく知ることが非常に重要になります。そのため業界研究セミナー、インターンシップ、会社説明会、選考などで実際に足を運び業界や企業について聞くことが就活をする上では必要不可欠になります。

しかし、アルバイトを継続させている就活生は時間的な制約ができてしまい実際に業界研究セミナーやインターンシップに足を運ぶ機会が少なくなってしまいます。そのため、アルバイトを継続させている就活生はインターネットなどで情報を収集しようとします。ですが、インターネットの情報だけでは就活を成功させることができません。他の就活生も同様の情報を得ることができるからです。

就活では実際に足を運んで、話を聞きに行くことが大切になります。アルバイトを継続させていると足を運ぶことが困難になってしまい就活が中途半端な形になってしまい、出遅れてしまいます。三月から本格的に始まる就活の時期から、自分が行きたいと思っている企業の選考が終わるまではアルバイトを一時休止するなどの手段を講じて、活動することが就活の成功につながっていきます。

就活で出遅れないためにも三月の本格的な就活が始まる前にアルバイト先に相談をして、一時的に休止することが大切です。相談が遅くなってしまうとアルバイト先にも迷惑をかけてしまい、自分の不安や焦りにもつながってしまいます。アルバイトでも事前の準備が非常に重要になります。

情報収集は大学も活用しよう

基本的に情報の収集は業界研究セミナーやインターンシップの他に通っている大学でも可能です。就職に関してはいけ企業の情報を収集している課が多くの大学には備えてあります。自分が通っている大学の就職に関する情報は自由に閲覧できることがほとんどです。

業界研究セミナーやインターンシップとは異なり大学が収集している情報は大学の先輩のことなどより身近なものが多くなっています。そのため就活する際に有効に活用できるのもが多く、学生の多くが活用しています。就活に出遅れてしまう人はこうした大学の就職に関する情報を活用できていないことがあります。

大学では生徒を思い通りの企業に就職できるようにバックアップする体制が整っています。業界研究セミナーやインターンシップに行くことができていない学生はこうした制度を活用することで出遅れることを防ぐことができます。幅広く情報を収集することが就活の成功につながっているためこうした制度も活用することが大切になります。

就活で不安や焦りを感じてしまう人の特徴

就活で不安や焦りを感じてしまう人の特徴は自分のやりたいことや興味のあることについて十分検討していないということが考えられます。就活で不安や焦りを感じる理由としては内定が獲得できないことが多くのパターンです。また、内定を獲得しても自分が行きたいと思っていない企業の場合も不安や焦りを感じてしまいます。

こうしたことが起きてしまうのは就活生が自分がやりたいことや興味のあることについて考えていないからです。自分のやりたいことや興味のあることについて考えていない学生は企業の選考においても熱意を伝えることはできず選考でも落ちてしまいます。

また、企業の求めている人材と一致することはないのでどんな業界や企業を選択しても、選考でも通りにくくなってしまいます。そのため、就活で強い不安や焦りを感じてしまいます。

また、たとえ内定を獲得したとしても自分のやりたいことをしている企業でない場合は強い不安を感じてしまいます。自分のやりたいことを考えていない学生はどの企業から内定を獲得してもやりたいと思うことができず、強い不安を感じてしまいます。

自分のやりたいことや興味のあることについて十分な時間を費やしてでも検討することで、就活で不安や焦りを感じることなく進めることができます。逆に自分のやりたいことや興味のあることについて考えていない就活生は、内定を獲得しても内定を獲得しなくても強い不安や焦りを感じてしまいます。

それに加えて、人と比べる特徴のある人も就活で不安や焦りを感じてしまいやすいと考えられます。他の人に内定が出ていて自分に内定が出ていないからといって必ずしも自分が劣っているというわけではありません。そのため、他人と比べることは必要ありません。

しかし、人と比べてしまうことが多い就活生は他人の就活の状況が気になってしまい、強い不安や焦りを感じてしまいます。他の人に内定が出ていた場合は強い不安や焦りとともに自分の評価を過小にしてしまうことがあり、不安や焦りを倍増させてしまいます。

さらに、内定を獲得したとしても自分の内定を獲得した企業と他の人が内定を獲得した企業を比べてしまい、不安や焦りを感じてしまうことが多くあります。「自分のやりたいことができる企業であれば納得できるが、人と比べてしまうことがある人」は企業の規模などを他人の内定を獲得した企業と比べてしまい、不安や焦りを感じてしまいます。

人と比べてしまう特徴がある人は内定を獲得していない段階から強い不安や焦りを感じてしまい、内定を獲得した後も人が内定を獲得した企業と比べてしまい不安強い不安や焦りを感じてしまいます。以上のような特徴を持つ就活生は不安や焦りを感じやすい傾向にあります。

上述した通り、就活生のほとんどが不安や焦りを感じているため過度に不安や焦りを感じる必要はありません。たとえ不安や焦りを感じても他の就活生も同じように感じているのもだと考えて就活を進めることが大切になります。

就活に不安や焦りを感じすぎるのはよくない?

就活に不安や焦りを感じすぎるのはいいことでありません。しかし、多少の不安や焦りは大丈夫です。就活に不安や焦りを感じすぎてしまうと自分を見失ってしまいます。自分を見失ってしまうと自分がやりたいと思っていることができない企業の選考を受けてしまうなど就活に支障をきたしてしまいます。

また、自分の評価を下げてしまい選考において力を発揮できなくなってしまいます。焦ったまま面接などの選考を受けてしまうと事前の準備がおろそかになってしまったり、質問に適切に回答できなかったりしてしまいます。また、焦っていることが面接官に伝わってしまい精神的に弱い人ではないかと悪い印象を与えてしまうことにもつながってしまいます。

しかし、多少の不安や焦りは大丈夫です。就活に対して多少の不安や焦りがあることによって、選考などにいい影響を与えることがあります。今のままではいけないとさらなる努力を促すこともありますし、面接官に本当の熱意を伝えることにつながることもあります。

不安や焦りによって自分の評価を下げない程度の不安や焦りは就活の成功にもつながることがあるため、多少の不安や焦りは気にする必要がありません。また、就活生のほとんどが不安や焦りを感じながら活動しています。自分だけが不安や焦りを抱えているわけではないので過度に神経質になる必要はありません。

就活に不安や焦りを全く感じないのは問題か

就活に不安や焦りを全く感じないのはあまり良いとは言えません。企業は業界研究セミナーやインターンシップを通じて就活生に情報を提供しています。また、多くの就活生はそうした情報を獲得して就活を行なっています。基本的には多く足を運び熱心に情報を集めている就活生の方が面接などにおいて熱意が伝わりやすく、内定の獲得にも影響がでます。そのため、業界研究セミナーやインターンシップの段階から差が出てしまうことがあります。

不安や焦りを全く感じないと、そうした情報の収集の場に足を運ぶことなく就活に突入してしまいます。しかし、この段階で既に差がついており気づかない間に就活が失敗して終わってしまっているということが起きてしまいます。不安や焦りを過度に感じて自分を見失うのもいいことではありませんが、逆に不安や焦りを全く感じないのも就活の成功には悪い影響を与えてしまいます。

大手の就職支援を行なっている企業が運営するサイトなどで掲載されているイベントなどに参加して自分の就活が遅れているかどうかを確認して、出遅れていると感じた場合は早急に就活に対して準備をする必要があると言えます。前述した通り、多少の不安や焦りは就活の成功につながることもあります。就活で出遅れてしまったり、内定が獲得できない状況に陥ったらできる限りの努力をして選考を受けることが大切になります。

そのためにも多少の不安や焦りは必要です。自分の就活の状況がわからない場合は業界研究セミナーやインターンシップに参加する他に友人の就活の状況を参考にするなどして、出遅れていると判明した場合は精力的に行動することが大切です。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。