会社説明会/企業見学/企業訪問でのマナー|質問/受付/挨拶など

会社説明会や企業見学、企業訪問で気をつけなければいけないマナー

会社説明会や企業見学、企業訪問で気をつけなければいけないことは受付でのマナー、挨拶のマナー、言葉遣いのマナー、質疑応答でのマナーなどが挙げられます。会社説明会や企業見学、企業訪問のやり方は企業によって異なりますが、一般的なマナーについては就活生は理解をしておく必要があります。

会社説明会や企業見学、企業訪問が直接的に選考に影響を与えることはありませんが、態度や言葉遣いが良くないと、選考の際に面接官に悪い印象を与えてしまうことがあります。そのため、就活生は会社説明会や企業見学、企業訪問における基本的なマナーについて詳しく理解しておくことが就活の成功につながります。

1:受付でのマナー

受付では必ず自分から名乗ることが大切なマナーになります。多くの企業ではロビーや玄関に受付があります。そのため、会社説明会や企業見学、企業訪問の際は必ず受付を通ることになります。その際に就活生は自分から声をかけることをためらってしまい、受付の人から声がかかることを待ってしまうことがあります。

しかし、受付の人は会社説明会や企業見学、企業訪問に来ているかどうか確認するすべがないため、迷惑をかけてしまうことになります。会社説明会や企業見学、企業訪問の際は必ず自分から受付に行き、自分の出身大学や名前を名乗ることが大切なマナーです。

また、会社説明会や企業見学、企業訪問で来た旨を伝えるとこも必要です。選考で企業を訪ねる場合も同様に受付で自分から名乗ることが大切なマナーになります。会社のロビーや玄関は会社の顔とも言える大切な場所であるため受付の際には失礼のない態度や言葉遣いを心がけることが大切なマナーです。

2:挨拶のマナー

挨拶の際はなるべく自分から挨拶をすることが大切なマナーです。企業の社員と就活生では立場が異なります。そのため、なるべく自分から挨拶をする必要があります。その際に小さな声ではなくハキハキと挨拶をすることが大切になります。会社説明会や企業見学、企業訪問でいい印象を与えておくことが就活を有利に進めることにもつながります。

さらに、その企業に入社することが決まり仕事をする際にも、挨拶は大切なマナーになります。入社して仕事をする際にも大切になるため就活生でも挨拶のマナーは身につけておくことが大切です。これは、会社説明会や企業見学、企業訪問だけでなく選考で企業を訪ねる際も同様に挨拶のマナーには気を配ることが大切です。

3:言葉遣いのマナー

言葉遣いのマナーとして敬語が大切なこととしてあげられます。会社説明会や企業見学、企業訪問で接する社員の人は必ず目上の人になります。たとえ若手の社員が会社説明会や企業見学、企業訪問の際に相手をしていたとしても必ず敬語を用いることが大切なマナーです。

もし、入社をすることが決まった場合その人が上司になることも考えられます。そのため、会社説明会や企業見学、企業訪問の際の言葉遣いは必ず敬語を用いることに気をつけなければなりません。言葉遣いを敬語から崩してしまうと面接などの選考の際にも敬語を使うことができず就活が失敗してしまうこともあります。そのため、言葉遣いでは敬語で話すことが大切なマナーになります。

4:質疑応答でのマナー

質疑応答でのマナーとしてホームページで調べられることを聞かないということが大切なマナーになります。会社説明会や企業見学、企業訪問ではホームページなどからはわからない情報を提供してくれることが多くあります。それにもかかわらず質疑応答の際にホームページで調べればわかることを質問するのは失礼になります。

事前に会社説明会や企業見学、企業訪問を行う企業について最低限のことを調べておき、質疑応答では事前に調べてもわからなかったことについて調べることが大切です。

また、質疑応答の際に質問するときはなるべく自分の出身大学と名前を名乗ることを心がけることも大切なことです。それぞれの会社説明会や企業見学、企業訪問によっては自己紹介を省くように指示がある場合もありますが、特に指定がないときはなるべく自分の出身大学と名前は名乗ってから質問することが質疑応答での大切なマナーの一つになります。

また、出身大学と名前を名乗ることで企業の人に名前を覚えてもらえる確率も高まり、面接などの選考の際に有利に進むこともあります。就活を有利に進めるためにも質疑応答の際はなるべく出身大学と名前を名乗ることが大切なマナーです。また、質問の内容が長すぎたり抽象的すぎるのは良くありませんので注意が必要です。事前にホームページなどで情報を収集して質問したい内容を整理しておくことが非常に重要になります。

5:その他のマナー

以上のこと他にも会社説明会や企業見学、企業訪問では気をつけなければいけないマナーがあります。まず、雨の日に傘を利用している場合、傘はなるべく入口にある傘立てに立ててから建物に入る必要があります。水滴を建物の中に入れないことはとても大切なマナーになります。建物の入口に傘立てがない場合は傘の水滴をある程度払ってから建物に入ることが大切です。

冬の季節に会社説明会や企業見学、企業訪問を行う際に着ていくコートも建物に入る前に脱ぐことがマナーになります。会社説明会や企業見学、企業訪問は正装で行うことが必要であるため事前にコートを脱いでスーツで建物に入ることが大切です。脱いだコートは内側が表面にくるように軽くたたみ片手で掛けるように持つのがマナーです。

会社説明会や企業見学、企業訪問の最中はコートはなるべくカバンやバックの上に丸めておくようにします。それが困難なときは椅子の背もたれにかけることもできますが、なるべくカバンの上にまとめるように心がけることが大切です。コートに関するマナーは多くの就活生が身につけていないため、会社説明会や企業見学、企業訪問をする前に事前に調べておくことが必要です。

マスクも基本的に建物に入る前にとっておくのがマナーです。マスクがあると声も通りにくくなるため企業の人に悪い印象を与えてしまうこともあります。風邪や花粉症などやむをやない場合は着用していても問題はありませんが、面接などの選考の際は必ず事前にマスク着用に関する非礼を述べておくことが大切なマナーになります。

会社説明会や企業見学、企業訪問では以上のような身だしなみや言葉遣いなどの態度によって企業の人に悪い印象を与えることが多々あります。受付でのマナー、挨拶のマナー、言葉遣いのマナー、質疑応答でもマナーについては会社説明会や企業見学、企業訪問の前に自分で調べておき、当日に失礼のないようにすることが大切です。

また、そうしたマナーを守ることが就活の成功にもつながります。さらに、企業に企業に入社してからも必要となる大切なマナーなので就活生の段階から確実に身につけておくと、入社後の仕事にまでいい影響を与えてくれます。

会社説明会や企業見学、企業訪問での質問例

会社説明会や企業見学、企業訪問での質問は細かな業務の内容や仕事の魅力などについて聞くことができます。特に仕事の魅力などはホームページなどではわからないことであるため、直接聞くことで就活に有効に使うことができます。

会社説明会や企業見学、企業訪問で避けるべき質問

会社説明会や企業見学、企業訪問で避けるべき質問は、「ホームページなどで調べればわかること」です。例えば企業理念などは、ほとんどの企業がホームページに掲載しています。

また、より就活を有利に進めるためにも就活サービス「イッカツ」を利用することで就活を成功させることができます。