大学生は貯金をすべき?貯金する目的・貯金できる大学生の特徴

大学生は貯金をした方がいいのか

自分の活動範囲・自由な時間が増えるのは大学生の魅力の一つです。そうした自由な時間を、自分のやりたいことに費やすのはあるべき姿ですし、むしろ今しかできないことにどんどんトライしていくべきです。

しかし、そういった自由な時間は永遠に続くものではなく、「卒業まで」という期間限定のものです。学生であっても、「今の自由な時間は将来の自分のためにも使わなければならない」ということだけは、常に念頭に置いておくべきでしょう。

自分の将来のためにも、大学生活の間、ある程度の貯金をすることは重要です。大半の学生はある程度の範囲で、自分の生活資金・遊ぶお金などをバイトで稼いでいるはず。自分の資金に対するマネーコントロール感覚を得るために、そのお金の一部でいいので貯蓄することをおすすめします。

大学生が貯金をする目的

就職活動中の方は体感していると思いますが、就職活動は肉体的にも精神的にも非常にハードなものです。
どれだけ綿密にスケジュールを組んだとしても、選考結果の影響を常に受けてしまうため、一日にいくつもの選考が重なってしまったりしてしまい、その時期に十分なアルバイトをすることはなかなか難しいです。

にもかかわらず、就職活動にはやはるある程度のお金がかかってしまいます。スーツ代、交通費はもちろんのこと、友人との交際費や生活費もそれまでと同じように必要です。そういった状況に対処するため、少しでも余裕を持った就職活動を行うため、学生であっても最低限の貯蓄は必要なはずです。

また、稼いだお金を全て自由に使えなくなるのが社会人というものです。税金、家賃、社会保険料、国民年金など、大学生の間には想像もつかないほどの金額を、社会人になってからは負担しなければならなくなります。
いざ社会人になった時、いきなりそういった状況に置かれたとしても、マネーコントロールの感覚を身に付けていなければ苦労するはず。ほぼ全ての学生にやってくる就職活動に備えて、毎月数千円でもよいので、貯蓄する癖をつけておくことをおすすめします。

貯金をするためにバイトを掛け持ちするのはあり

やりたいバイトをすることに問題ありませんが、「効率的にお金を稼ぐ」という観点を持つことも大切です。例えば、一週間ごとのシフトを組めるバイトを選んでみたり、短時間で効率的に稼ぐことができる学習系のバイトをしてみるなどです。例えば、月曜日が完全に一日使えるのならば、朝昼は何か自給800円のアルバイトをし、夜は家庭教師をするというのもありでしょう。各自の生活リズムの許す範囲ならば、効率的で、しかも自分がやりたいものであれば、何をやっても問題ないのです。

それぞれの能力次第ですが、学習系のアルバイトはおすすめです。時給が高いことが多いですし、就職試験の際に、各社簡単な筆記テストにも有利に働きます。
もちろん学習系のアルバイトは、金銭が発生する時間以外の準備が必要だという意味において、一般のアルバイトよりも負担が発生するとも言えます。しかし、そういった面をデメリットとして捉えるのではなく、メリットとして自分の生活設計の中に組み込むことができます。

さらに、時間調整がしやすいというメリットもあります。特に家庭教師の場合、もちろん最低限の節度は必要ですし、中間テストなどの期間はイレギュラーな対応に迫られることはあるでしょうが、ご家庭との相談の上で比較的簡単にスケジュールを組むことができます。こういった調整方法は極めて重要ですし、社会人になってからの時間コントロールの練習にもなります。

他方、一般的な、例えば飲食系のアルバイトなどは、一か月のシフトを事前に組む必要があるなどして、そういった観点からはなかなか難しいものがあるかもしれません。ただ、時間がある一回生、二回生のうちは、社会生活の中に組み込まれるという意味において、良い社会経験になると思います。

仕事をするとき、人間関係は必然ですし、友人関係とは違った、仕事の上での人間関係構築の術は、そういった場面を実際に経験することでしか身に付きません。時給面、シフト面では学習系アルバイトに比してコントロールしにくい面が多いかもしれませんが、こういった経験を積めるという意味において、勝るものはないでしょう。

貯金ができない人の特徴

やりたいことを実現するのが大学生であり、そのやりたいことに投資をするのは当たり前のことです。ただ、そうではない部分についての我慢は当然ついてくることです。一般的な大学生が稼ぐことのできる金額には限界があるでしょう。

その中で、自分のやりたいことにお金を費やすのであれば、そうではない不要な出費は、自制する必要が生まれます。例えば、毎食毎食外食するのではなく少しは自炊してみるとか、ほんの最低限の節制で良いのです。貯金できない人は、こういった些細なことができません。億万長者ならさておき、一般的な人はそうではないはずです。そういった金銭感覚を身に付けることはとても大切なことです。

また、ギャンブルへののめり込みは厳禁です。年齢的に、それまで社会的に許されなかったことが許されるようになるのが大学生です。法律的に許されなかったことが許されるようになるということは、それに対する判断力であるとか自制心を持っていることが社会的に当たり前だとみなされる年齢に達したということです。そういった自覚をもった上で節度を持ってやりましょう。

また、お金の管理ができる人は、当然自分の管理ができるということです。卒業するため、学問をするため。それぞれ重きは違うでしょうが、大学生になった以上、最低限しっかりと授業に出席して単位を取得する必要があるのではないでしょうか。逆に、この部分がしっかりとしていない人が、来たるべき将来のお金を貯蓄することができるでしょうか。自制の心を持つことは大切です。

貯金ができる人の特徴

貯金ができる人は、つまり自分のコントロールができる人だということです。「〇〇したいからお金を貯めよう」などというように、何かしらの目的意識を持っていれば貯蓄をしやすいはずです。

そして、その「〇〇したい」という部分に、「将来的な目標」や「就職活動の時期に余裕を持った活動をしたい」というように思える自分が居る時、必然的に最低限の貯蓄をするようになる自分に巡り合えると思います。こんな自分になれた時、大学生活は好循環に恵まれるでしょうし、仮に辛いことがあったとしても、それをクリアしていく忍耐力も必然的に兼ね備えているでしょう。

つまり、お金を貯めることができるかどうか、というのは、ただそれだけの意味ではなく、「大学生活を有意義に使えているかどうか、ひいては、自分という人間が成長できているかどうか」という問いに対する客観的な答えの一つと言っても過言ではないでしょう。

それぞれの方が、自分のなりたい像について何かしら理想を持っているかと思います。その理想の中に、長期的な視点から来る自分像というものを持つことができるようになるのが、大学生という時期の必須課題であり、またチャンスなのです。

大学生活をおくる上で大切なこと

大学生という期間は、とにかく自由なのです。
授業も自由に設定できますし、そもそも授業に参加するかどうかを設定できるところから自由です。

しかし、その「自由」というのが最大の味方であり、同時に敵なのです。人間はどうしても欲に流されてしまいますし、苦しいことから逃げたくなってしまうのは仕方のないことです。しかも、大学生というまだまだ未熟で、社会人を経験していないからこそ、未経験のことを想像するのが困難な時期に、その練習をさせられるというのはとても難しいことだと思います。

だからこそ、今が最高のチャンスだと思ってください。こういったことを意識できるかどうかが、意識するチャンスを活かすことができない人たちと差をつける絶好の機会ですし、他者比較の意味だけではなく、自分自身を高め、自己肯定感を獲得するためのチャンスです。

ですので、実家に住まわせてもらえていたり、また親からの充分な仕送りがある場合であったとしても、それに完全に甘えきることはできれば避けた方が良いです。恵まれた環境にあることは当然利用すべきですが、それに甘えきることは、「自由」の中で堕落することではないでしょうか。住む場所のお金を援助してもらえているということをしっかりと理解し、感謝した上で、日々の生活に多少の緊迫感を持つことは大切でしょう。

また、自分で多くの金銭を負担しなければならない方からすれば、貯金にまわす余裕などないというのが本音・実情かもれしません。
しかし、そういった境遇に対して悪態をついてしまっては、最終的に損をするのは自分です。環境はひとそれぞれ、選べない状況に対してネガティブになっては仕方ないでしょうし、それは自分の将来を放棄することになりかねません。

自分の将来をしっかりと構築できるようになるために、お金の管理、貯蓄から始めていきましょう。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。