やりたい仕事が見つからない!やりたい仕事を見つける・選ぶ方法

やりたい仕事がわからない、見つからない場合の対処法

就活においてやりたい仕事が分からない、見つからない場合は自分の趣味や興味のあるものに関する仕事について考えてみましょう。
やりたい仕事が分からない、見つからない人は「仕事」に対して詳しく知らない場合が多いです。また、仕事に興味がない場合も多くあります。そういった人がいきなりやりたい仕事について考えようとしてもうまくいきません。

そのため、やりたい仕事が分からない、見つからない人は、まず最初に自分の趣味や興味のあることに関連する仕事について考えてみましょう。なにか一つの趣味に対して、多くの仕事が関わっているはずですし、自分の興味を深掘りし、発展させていくことでやりたい仕事の発見に結びつくこともあります。

就活で「やりたい仕事が分からない、見つからない」ときは、仕事について漫然と考えるのではなく、自分の趣味や興味のあることについて詳しく知るところから始めましょう。また、今まで関わったことのない人と話すことで自分のやりたいことが見つかるというケースもあります。
やりたい仕事を見つけるためには自分が今まで知らない仕事について調べる必要があります。そのためにも今まで自分が関わったことのない人と話すことで自分が知らない仕事を知るきっかけができるはずです。

やりたい仕事がわからない、見つからない人がやりたい仕事を見つける方法

「やりたい仕事が分からない、見つからない」という人は、業界や企業の説明会などに積極的に参加してみましょう。
やりたい仕事が分からない、見つからないとき、やりたい仕事を見つけるためにインターネットだけを利用していませんか?

インターネットだけで仕事を探そうとしても、その仕事に関するイメージがしにくいため途中で諦めてしまうことがあります。やりたい仕事がある程度決まっている人がインターネットで情報を収集する場合は有効になりますが、やりたい仕事が分からない、見つからない人にとっては時間の無駄になってしまうことがあります。

そのため、やりたい仕事が分からない、見つからない人は業界や企業の説明会に積極的に参加することをオススメします。就活では、ほとんどの業界で業界研究セミナーなどが開催されています。業界研究セミナーでは業界の基本的なことから詳しく説明してくれますし、実際にその業界で働いている人が説明することがほとんどですので、その業界で働くことの面白さについても具体的に知ることができます。

業界での仕事の内容について知るとともに、その業界で働くことの面白さについても知ることで、自分がやりたい仕事を見つけることができるはずです。

また、自分の趣味や興味に近い業界の企業の会社説明会に参加することも非常に大切です。仕事の内容は企業によって異なり、全く同じことをしている企業は存在しません。会社説明会では業界研究セミナーよりもより具体的に仕事について知ることができるため、実際の仕事のイメージをつかむことができます。

近年では業界研究セミナーや会社説明会の他に企業見学や企業訪問を行なっている企業も多くあります。業界研究セミナーや会社説明会は一般的に社員の人が話をして終わることがほとんどです。しかし、企業見学や企業訪問では実際に働いている現場や社員の人に質問する機会など、仕事について知る機会が多く設けてあります。

こうした会社説明会に参加して興味を持ったならば、さらに詳しく知るためにその企業のインターンシップに参加しましょう。インターンシップでは実際の業務に触れながらその企業の魅力について知ることができるため、より働く際のイメージをしやすくなります。

それ以外にも、自分の身近な人の仕事について話を聞くこともやりたい仕事を見つける方法の一つです。両親や大学の研究室の教授など実際に身近で働いている人の話を聞くことでやりたい仕事を見つけるきっかけをつかむことができます。

身近な人の話はより仕事のイメージを持ちやすくなるため、やりたい仕事を見つけるためは大切です。就活生でやりたい仕事が分からない、見つからない人は、やりたい仕事が分からないまま就活をしてしまうと、やりたくない仕事をすることになり、後悔することになってしまうかもしれません。就活を始める前に自分がやりたい仕事をある程度見つけておくことが大切です。

また、やりたい仕事は決して一つに絞る必要はありません。複数の業界について希望を持つことで就活の際には有利に働くため、幅広くやりたい仕事を探すことも大切です。また、新卒の就活生の場合は自分のアルバイトの経験などから自分がやりたい仕事を見つけることができることもあります。アルバイトの経験からその仕事について詳しく知ることができため、その仕事について他の就活生より有利に就活を進めることができます。やりたい仕事を見つける時は漠然と仕事を探すのではなく、趣味や興味のあるもの、経験したことがあるアルバイト、家族の仕事など身近なところから探す方法が非常に有効です。

やりたい仕事が分からない、見つからない人が仕事を選ぶ時のポイントはその仕事が継続してできるかどうかになります。仕事をする際は楽しいだけでなく苦しい時もあります。そのため、本当にその仕事が好きでないと続けられなくなってしまいます。逆にきつくてもその仕事が続けられると判断できる場合はその仕事がやりたい仕事ということになります。

やりたい仕事がわからない、見つからない人が仕事を選ぶときのポイント

やりたい仕事が分からない、見つからない人が仕事を選ぶときのポイントはその仕事を何年も続けられそうかどうかが大切です。

また、その仕事が複数人で行うものなのか、個人で行うものなのかも大切なポイントです。たとえその仕事がやりたいと思うことができても一緒に働く人によってはやりたくない仕事になってしまうことがあります。逆に大人数で仕事をしたいと思っている人が個人で行う仕事をしてしまうと、数年でその企業を退社するなどの事態が起きてしまいます。

やりたい仕事が分からない、見つからない人が仕事を見つける際にはその仕事の内容にだけ調べるだけでなく仕事の仕方についても詳しく調べることで本当に自分のやりたい仕事を見つけることができるようになります。

例えば事務の仕事などは一般的に人とコミュニケーションをとることはそれほど多くありません。最低限のコミュニケーションは必要になりますが、基本的には書類やパソコンを利用して仕事をすることになります。逆に営業の仕事は取引先などを回ることがあるためコミュニケーションをとる機会は非常に多くなります。事務などの仕事と比べると書類やパソコンを使う時間は基本的に少なく人と接している時間の方が多くなります。仕事の内容だけでなくこうした仕事のやり方も詳しく知ることが仕事を見つける上で大切なポイントになります。

やりたい仕事がわからない、見つからない人はやりたくない仕事を無理矢理やる必要はあるのか

やりたくない仕事を無理矢理やる必要はありません。
やりたくない仕事を無理に続けると、ストレスにつながってしまいます。人によっては経済的な理由から無理やりやりたくない仕事を続けている人もいますが、体に負荷をかけたまま仕事を続けていると、身体を壊してしまい将来的に入院してしまうような事態が起きてしまいます。そうした場合、最終的な経済的な影響は大きくなってしまいます。そのため、自分のやりたくない仕事を無理やりする必要はありません。自分がやりたくないと強く感じた場合は他の仕事に移るなどの行動が大切です。

やりたい仕事ランキング

DODAの仕事満足度ランキングによると、

1位:法務・知的財産・特許
2位:財務
3位:経営企画
4位:技術開発・部材開発・解析・調査
5位:管理会計・内部統制
6位:営業
7位:事業企画・新規事業開発
8位:人事
9位:秘書・受付
10位:分析・評価・品質管理・品質保証
となっています。

就活するときにやりたい仕事が決まっていなければいけないのか

就活するときにやりたい仕事が決まっていなければいけないというわけではありません。会社説明会や企業見学に参加することで自分がやりたい仕事を見つけることができることもあります。そのため必ず就活するときにやりたい仕事が決まってないといけないわけではありません。

逆に就活をするときにやりたい仕事を絞ってしまうと選考を受ける企業の数も少なくなってしまい、就活が失敗してしまうことも起きてしまいます。さらに、就活では選考を進めていくうちにやりたい仕事を見つけることができる場合もあります。就活を始めるときに選択肢を絞ってしまうと、こうした発見をすることができなくなってしまいます。そのため、就活のときにやりたい仕事が決まっていなくても心配する必要はありません。就活を進めながら自分のやりたい仕事を見つけていくことが大切になります。

本当にやりたい仕事がないのか再確認しよう

就活の際には本当にやりたい仕事がないのか再確認することも大切です。
やりたい仕事が分からない、見つからない人は特定の仕事のみに固執してしまっていることがあります。自分が知らない仕事についても調べて、他にも本当にやりたい仕事がないのか再確認することで、自分が知らなかった仕事についても知ることができて、その中で自分がやりたい仕事を見つけることができることもあります。

自分が知らない仕事について知るためには上述した通り、業界研究セミナーや会社説明会に積極的に参加することが非常に大切になります。自分がやりたい仕事が分からないと決めつけてしまう前に、本当にやりたい仕事がないのかを再確認することが非常に大切なことになります。

実際に働いている人の話を聞くとやりたいことが見つかるかも

就活において実際に働いている人の話を聞くことでやりたい仕事を見つけられることがあります。

インターネットでは多くの仕事の内容については調べることができます。また、書籍などでも業務内容について知ることはできます。しかし、そうした情報には仕事をする際の楽しさがあまり書かれていないためやりたい仕事を見つけることにつながらないことが多くあります。実際に仕事をしている人の話を聞くことでその人の仕事の楽しさについて知ることができます。

やりたい仕事が分からない、見つからない人の多くは仕事のイメージをあまりつかめていないことがあります。実際に働いている人の話はインターネットなどとは異なり、かなり具体的で現実的な話であることが多いです。そのため、やりたい仕事が分からない、見つからない人にとっては仕事をするイメージをするのにはとてもいい機会になります。就活においては多くの業界や企業が実際に働いている人の話をする場を設けています。やりたい仕事が分からない、見つからない人はそうしたイベントに参加することが大切になります。

やりたい仕事は身近なところにあるかも

やりたい仕事は自分の身近にあることが多くあります。
例えとして、自動車の製造から販売までの工程に関わる仕事で考えてみましょう。まず、自動車の部品を作る仕事があります。自動車の部品は多くの種類がありそれぞれの部品ごとに製造過程が異なります。そのため部品を作る際にも多くの人が携わっています。また、部品一つは小さくてもその性能はかなり高いものになっています。

そのため、部品の一つ一つに高い技術が用いられて製造されています。こうした部品を組み立てる仕事もあります。数多くの種類の部品を組み立てるには高い技術が必要になるため多くの人が携わることになります。また、近年では組み立てる際に機械を用いることがあります。そうした機械を製造したり、機械のメンテナンスを行う人も多くいます。自動車を一台製造するために多くの人の仕事が必要となっています。

また、完成した自動車を販売店まで運ぶ必要があります。こうした仕事を運輸業といい、工場から販売店まで運ぶだけでなく、日本から海外に運ぶためにも必要となる仕事です。運輸業がないとたとえ製造したとしても販売することができません。近年では多くの製造業が海外に工場を建設していることからこうした運輸業の需要も高まってきています。

また、運んだ自動車を販売するためにも多くの人が携わっています。自動車を販売する際にはお客さんに対する接客の技術だけでなく、自動車に対する高い知識が必要になります。そのため、販売をする仕事も大切なものになります。どんなに性能がいい自動車を製造してもそれを買いに来たお客さんに伝えられなければ販売することができません。

また、自動車をメンテナンスする仕事もあります。事故などにより自動車に損傷が起きてしまった場合、自動車を修理する必要があります。自動車は種類が多く損傷の具合によって修理する手順も異なるため、かなり高い技術が必要となります。

また、自動車を動かすためにはガソリンが必要になります。日本ではこうした資源を輸入により確保しています。そのため、燃料を輸送するための仕事も日本においては非常に大切になります。資源の多くを輸入に頼っている日本にとってこの仕事がなくなってしまうと経済が働かなくなります。

また、自動車は定期的に検査をする必要があります。年間に検査する自動車の数はとても多く、それに伴い多くの人がこの仕事に携わっています。こうした検査を怠ってしまうと事故にもつながってしまうため慎重で丁寧な仕事が求められます。一人で検査をすると見落としなどがある恐れがあるため複数人で仕事を行います。

さらに、古くなった自動車を分解するためにも多くの人が携わっています。古くなった自動車はそのまま廃棄するのではなく分解して再利用できる部品を取り出すことが大切になります。自動車は組み立てる時と同様に分解にも複雑な手順があります。そのため、多くの道具を用いて多くの人が行なっています。このように自動車だけでもとても多くの人の仕事が関連していることがわかります。

また、仕事によっては個人で行うものもあれば複数人で行うものもあります。身近にあるのもにはそれぞれ多くの人が携わっているため、やりたい仕事が分からない、見つからない人は自分の身近なものについて調べてみることで自分のやりたい仕事を見つけられることがあります。

また、仕事のやり方はそれぞれ異なっているため、自分にあった仕事を探すことも大切になります。特に身近なものとして自分の趣味に関係するものや興味があるものについて調べてみることで、簡単に自分のやりたい仕事を見つけることが可能です。身近なものから幅広く興味を持つことが大切なことです。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です