【履歴書】生命保険の志望動機の書き方 | 良い例・ダメな例・注意点

履歴書の志望動機の書き方

履歴書を書くことになったら、氏名や住所、学歴などの事実だけを書いての選考であれば悩む必要はありませんが、どうしても自己PRや趣味、本人希望欄など何を書いたら良いかと悩んでしまう項目が必ず出てきます。その中の一つが「志望動機」です。

では、履歴書の志望動機の書き方の例を先に見てみましょう。

志望動機の書き方例

「私は以前から医療や介護に深い関心を持っておりました。そのキッカケとなったのが、実家での祖母の介護の手伝いでした。実家は病院と遠かったという事もあり、訪問医療や訪問介護の方々に日ごろから訪れていただいておりました。

私も見ているだけではなく、母や兄弟と共に介護の手伝いをしておりましたが、その間に細かな配慮を必要とする介護の難しさや、医療における知識の足りなさを実感しました。

ただ、同時に医療と介護の連携が非常に大事なことだと感じることになったのも、それまでの経験があったからこそだと思っています。

そのような環境下で、貴社の訪問介護や在宅医療における事業はもちろん、障害者支援や医療機器の開発、提案といった他にはない様々な事業展開を拝見した時に、私の経験や知識を存分に活かしたいという思いに駆られました。

また、貴社の事業内容こそ私が必要性を感じていた医療と介護の連携だと強く感じております。

もし私が入社させていただく事となったら、介護の現場にしか分からない困難な事を改善するための提案や、患者様や高齢者の方が真に望むことを実現するためのプロジェクトに参加させていただくなど、これまで以上に医療と介護の密接な関係を気付いていけるよう、また、貴社の事業展開に貢献できるよう精一杯頑張りたいと考えております。」

以上はあくまで一例ではありますが、以下のようなポイントを抑えながらのものです。

・その業界についてどう思っているのかを伝えるエピソード
・何故その業界にこだわるのかという理由
・その企業に入社したいと思う理由
・入社したら何をしたいのか

相手に何かを伝える時に必要な5W1Hとまではいきませんが、「魅力的な会社だからです!」と一言で言うよりも具体的に志望動機を伝えるためには以上のようなポイントを抑えておくと良いでしょう。

生命保険会社の志望動機の例文

さて、もし生命保険会社に入社したいと思ったらどのように志望動機を書けば良いのかというところで、ここでも例文をご紹介させていただきます。

生命保険会社の志望動機の書き方例

「私は小学校の頃に公園の遊具で大きなケガをしてしまい、緊急で病院に搬送されたことがありました。その際に高い費用を払う事になってしまい、母や父には大変な思いをさせてしまう結果となりました。

その事があったからこそ、ケガや病気、万一の事があった際には備えが必要なんだという事は感じておりました。

正直なところ、○○大学の経済学部に入学するまでは「生命保険」という金融商品についてあまり深くは考えたことはありませんでしたが、大学での授業で自分が過去に大けがをした事と保険業界の仕組みを照らし合わせて学ぶうちに、生命保険は単なる「備え」としてだけの考えでは留まらず、人生そのものに備えをするものなのだという事を感じました。

そういった中で、初めて貴社の保険商品の内容を知った時にお客様のニーズに応える様々な商品があるのはもちろんのこと、業界初の○○という商品を開発されたことについては、市場における需要の高さや話題性から見ても大変興味深いものだと感じております。

また、先日の企業訪問の際にも、貴社にお勤めの方々が皆さん活き活きとしていらっしゃったのを見て、是非私もお客様と貴社の架け橋となるのはもちろん、お客様のニーズをしっかり感じて新たな商品開発にも携わっていきたいと考えております。」

誰もが過去に生命保険の必要性を感じたという事はないかもしれませんが、必ずその業界で働きたいと感じたエピソードはあるはずです。

また、就活や転職において、自分が社会人として働き始めた時のビジョンは明確にしておいたほうが、以上のような具体的な志望動機を書く、若しくは伝える事ができるようになります。

志望動機を書くにあたっては、何かと難しく考えてしまいがちですが、「きっかけ」「理由」「目標」といったところを明確にしておけば、実はそこまで難しいものでもないのが志望動機なのです。

生命保険会社の志望動機のダメな例

さて、生命保険会社の志望動機の書き方は難しくはないとは申し上げましたが、少なくとも避けたいNGワードや、伝え方としては良くない例というのもあります。

では、先に例文を見てみましょう。

生命保険会社の志望動機では書いてはダメな例

「貴社の生命保険の商品には魅力を感じます。

また、業界でもトップクラスの売り上げを誇っているのも志望した理由です。やりがいある仕事だと思いますし、自分が成長できるとも思っています。

あと、私ならこの会社に貢献できると考えていますし、給与体系や福利厚生といった点でこの会社しかないと考えました。」

もしあなたが上記の例を見た時に、どのように思うでしょうか。この例でダメな点は以下のようなものです。

・具体性が全くなく、漠然としている
・どこに焦点を合わせたらよいのか分からない文章
・何故その企業を希望したのかという理由が不明瞭
・入社後のビジョンが不透明
・根拠なく自信を持っている
・仕事に対する報酬を前提にしている

最後の「仕事に対する報酬を前提にしている」というのは、働くことにおいては当然の事ではありますが、この文章からすると給与が一番の魅力ですと言っているようなものです。

もちろん、それが志望動機になっている事もあるかと思いますが、伝え方を変えるか、伏せておくかということを考えた方が良いでしょう。

また、文章全体で考えた時に、話がキレイに流れず「こうです。ああです。後これも。でも」というような、どこに重点を置いているのかよく分からない文章となってしまっていますので、志望動機の書き方例でもお伝えさせていただいたとおり、どのようなキッカケで興味を持って、何故その業界に入りたいのか、そして自分はどうなりたいのかといった事を短文で区切ってまとめた方が、相手には伝わりやすい志望動機となります。

生命保険会社の志望動機を書くときの注意点

生命保険会社の志望動機に限ったことではありませんが、就活や転職においての志望動機は、ついつい定型文のようになりがちでもあります。

特に、面接の担当者から見た時に、何人もの入社希望者との面接を行っていることもあって、「自分の言葉で語っていない」という事はすぐに分かってしまうものです。

昔からよく言われているのが「貴社の将来性に魅力を感じ…」なんて文言があろうものなら、「まただ」「何が?」なんて思われてしまう事でしょう。

また、「生命保険会社」を志望しているにも関わらず、損害保険のことを中心に伝えてしまったりするのも良くありません。

生命保険であるという事はしっかり意識しておくことが重要ですし、それを単なる金融商品として考えてしまっていては、志望動機もボヤけたものになってしまいます。そういった点や上記までの例文を踏まえて、生命保険会社の志望動機を書くときに、以下のようなことを注意しておいた方が良いでしょう。

その業界を志望するまでのエピソードが長くなりすぎないようにする

先ほどまでの例文では「こんな事があったからこの業界を選んだ」という簡単なエピソードから始まっておりますが、場合によっては「こういうことをやりたいので志望します!」と先に結論から始める事も必要です。

何故なら、エピソードから始める方は多くいらっしゃる事もありますし、それを聞き飽きている面接の担当者もいるからです。

よって、エピソードが長くなりすぎて、アクビの出るような文章にならないように、エピソードは端的に伝える事が重要です。

「他の業界でもできる事では?」と思われるような具体性のない説明は書かない

これも先の例文にもありましたが、「経済学部で金融について学びました」という一言は良いのですが、「金融額をもっと学ぶ場としても…」なんて言ってしまえば「他の業界でも良いのでは?」と思われることは間違いありません。

「生命保険会社に勤めたいと思った理由」を明確にしておくことも注意点として覚えておきましょう。

稚拙な文章にならないように気を付ける

社会人としての経験が浅い場合、「すごい」「あと、」「○○ですし○○ですし」というような、少々子供っぽい文章になりがちな方もいます。

「すごい」は「大変」、「あと、」は「また、」「尚、」、「○○ですし○○ですし」は「○○という事もあり、○○ですので」というように、キレイにつながった文章になるように言い換えをしっかり行いましょう。

その企業については、何を聞かれても分かるくらい研究しておく

志望動機を伝える上で、その企業について触れる事は多くあるかと思いますが、面接の担当者によってはそれについて意地悪とも思えるような質問をするときがあります。これは何も意味なく行っている事ではなく、「分からない時にどうするか」ということを知りたいという意図があったりします。

もちろん、その企業についての質問された場合に、すんなり答えられれば熱意が伝わるでしょうし、評価も高くなります。逆に言うと、志望動機について意外な質問をされても困らないように、無理に企業研究をした結果を見栄を張って色々書いてしまうと本末転倒な結果になってしまうかもしれません。

起業や出産といったワードはいずれ退職すると思われるので控える

女性であれば出産はもちろんあり得るお話ですし、人によっては自分で保険の代理店などを作りたいなどと考える方もいらっしゃるでしょう。

しかしながら、企業側も採用する限りは長く勤めてもらいたいと考えていますから、それらは心のうちに留めておいた方が良いでしょう。

その企業を褒めすぎると逆にマイナス

「貴社の将来性が魅力です!」「オフィスがキレイで清潔感があると思いました」「お客様の視点で考える社風がとても素晴らしいと…」など、志望動機に関わらず、履歴書でその企業について語る事もあるかと思います。

ただ、企業側はお褒めの言葉を貰いたいと思っているわけでもありませんし、褒められたことは何のプラスにもなりません。悪い気分はしないでしょうが、聞きたいことは志望動機です。しっかりと自分の考えを伝える文章にした方が良いでしょう。

生命保険会社に採用をもらうためにすべきこと

志望動機を履歴書に書くという事は、熱意を伝えるためでもありますし、1人の人材としてどのような活躍に期待できるかを企業側が判断するためでもあります。

大事なポイントになるのは上記までにお話させていただいたような、書き方の流れももちろんですが、以下のような前提があってこそという事は覚えておきましょう。

・具体的な目標があること
・自立した考えを持っていること
・コミュニケーションが取れること
・いざという時のリスク対策ができるかどうか
・自己分析ができること

生命保険を多くの一般の人に利用してもらい、広くその商品を知ってもらうという事が生命保険会社に勤める醍醐味ではありますが、1人の社員として働くのであれば、どのような人間であるかを自分自身でしっかり把握して伝えていく事が履歴書を書く上で大事なことになります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。