【履歴書】グランドスタッフの志望動機の書き方 | 良い例・悪い例・注意点

履歴書の志望動機の書き方

グランドスタッフの採用合否を左右する履歴書の志望動機は、応募する航空会社又は、航空会社の関連会社の企業研究を入念に行い、研究した内容を自分の頭でしっかりと理解し、自分の言葉でしっかりと書くことが重要です。

例えば、N社は、定時到着率部門で世界的に高い評価を受けているとします。そのN社が、高い評価を得られるまでには、どのような取り組みがなされて、今の評価に至っているのかを自分で研究します。

そして、自分は定時到着率向上に向けてどのようにN社で取り組みたいのかを考え、その事を志望動機に書きます。

なぜ、このように書くのかと言うと、企業には、目指す方向性があり、その方向に向かって求める人材像があります。その為、企業が求めていない内容の志望動機は、当然ながら、常識的に門前払いとなってしまうからです。

また、「アルバイト時代に培った接客には自信があり、グランドスタッフの接客面において御社に貢献できるように頑張りたいと思います」というような志望動機を見る事があります。

確かに接客には慣れているという強みなのかも知れませんが、接客が好きな方、慣れている方はたくさんいますし、言ってしまえば、どの会社でも当てはまる志望動機として捉えられてしまい、採用に至る志望動機になるとは言えません。

そして、人から聞いたことは、書いたところで、採用担当者へは伝わりません。何故ならば、そこには熱意が感じられないからです。

採用担当者は、採用試験の度に、多くの応募者の履歴書を見てきていますので、研究されていない、熱意のない、ありきたりな履歴書を直ぐに見抜いてしまいます。

企業の目指す方向にマッチし、その方向性で自分は入社後にどう取り組むのか、内容に重きを置き、自分の言葉で熱意を伝えることが内定へと繋がっていくのです。

グランドスタッフの志望動機の例文

採用担当者の心に響く志望動機が、内定へと繋がっていきますが、では、どのような志望動機が、内定に繋がるグランドスタッフの志望動機なのでしょうか。

その例文を一部ご紹介します。

定時到着率に着目した志望動機の例

定時到着率が世界のエアラインで10位以内に入っており、将来的に1位を目指している御社の一丸となっているプロジェクトに感銘を受けました。

定時到着率を上げる為には、飛行機を出発させるまでの、お客様へのご案内の仕方やお手伝いにかかっていると言っても過言ではないと思っています。お客様の安全を確保しながら、余裕をもって搭乗ゲートまで来ていただけるように、家族連れや、小さなお子様への配慮を行っていきたいと思っています。

企業のキャッチフレーズに着目した志望動機の例

御社のキャッチフレーズから、働く職員の感性を大切にし、個々の自由な発想を接遇に変える事によって、ファンを増やしていくことに魅力を感じました。

いい接客と言われる人は世の中にたくさんおりますが、御社の接客でなければならないという他社との差別化を確立させることで、多くの方にご利用いただきたいと思っています。

その為には、短時間でお客様の背景を読み取り、感動が与えられるグランドスタッフであることだと思っています。搭乗手続きでは、機械化が進んでおりますが、そのような環境においてもお客様との会話が可能な環境作りをしていきたいと思っております。

グランドスタッフの志望動機のダメな例

志望動機で誤字脱字は当然内定には至りません。また、企業研究がなされていない、方向性に合っていない、どの会社にも当てはまるような志望動機は、採用担当者の心に響くことはありません。

では、どのような志望動機がダメなのか、その例をご紹介します。

人と接することが大好きで、憧れであったことしか書かれていない志望動機の例

グランドスタッフになることは幼少期からの夢でした。元々、人と接することが大好きであった私は、空港でグランドスタッフの方の姿を見て、多くのお客様と接して、お手伝いをして差し上げている姿に強く憧れて志望しました。

地元の航空会社で地域に貢献していきたいことしか書かれていない志望動機の例

地元に航空会社が就航する記事を拝見して、いつしか故郷に貢献したい気持ちが強くなりました。地元のよさがアピールできるように御社に貢献していきたいと思っています。

グランドスタッフの志望動機を書くときの注意点

志望動機を書く時の注意点として、まず、誤字脱字は門前払いであることです。どんなに素晴らしい志望動機を書いたとしても、採用には至りませんので、書いた後は、2度、3度、読み返しておくと安心です。

そして、結局何が言いたいのか、纏まりのない志望動機にならないように、読み手に読んでいただける構成にすることです。

何となく言いたいことは分かるけど、焦点がぼやけている志望動機は意外に多いのです。書き方として、結論から書くと、結論から外れずに志望動機を書くことができ、読み手に伝わりやすくなります。

グランドスタッフになるためにすべきこと

志望動機は、採用の合否を左右しますので、時間をかけてしっかりと企業研究をすることです。

そして、企業のホームページに掲載されている内容や、書籍に書かれている内容だけでは、分からない事がありますので、実際に空港に足を運び、現職のグランドスタッフに話を聞くことが、何よりも正確な情報であり、何を今取り組んでいて、今後何が必要なのかが明確になります。

毎年、就活生が空港のカウンターに訪れて、幾つか質問をされている光景を目にすることがあります。それだけ皆さんが、熱心に企業研究をされているという事なのです。

空港には、就航している航空会社のカウンターがそれぞれありますので、1度足を運ぶだけで、各社の研究ができる良い機会になります。

賢い就活生が使う就活ツール「イッカツ」

就活サイトは、実は50以上も存在していて、就活をスタートすると、1人およそ3~5サイト登録します。1サイトに記入するのは50~100項目。全てのサイト登録をするだけで数時間かかることになります。

その非効率さに気づく、賢い就活生が使うのが「イッカツ」。

複数サイトの登録といっても、記入項目はほとんど一緒。「イッカツ」に登録するだけで、複数サイトに自動でユーザー登録をします。

さらには、大量に送られてくるメールも一括管理するので、サービスから送られてくるメールに、選考メールが埋もれて見逃してしまった、なんていう悲惨な自体を招かずに済みます。

ぜひあなたも「イッカツ」で、就活を賢く、効率よく、進めませんか。